BLOG

今回は、先日内覧会をさせていただいたお宅のご紹介です。


7月末の真夏日の暑い日でしたが、たくさんの方にご来場いただきまして、誠にありがとうございます。


また、オーナー様のご厚意・ご協力に大変感謝いたします。








































































































































モデルハウス以外でケント・ハウスの建物を実際にご体感いただける貴重な機会ですので、


不定期ではありますが、今後も出来るだけ開催したいと思っております。


次回の開催も決まりましたら、ご招待状をお送りさせていただきます。



KENT HOUSE 中保















モノトーン

2019年08月01日

春に着工しました現場が、季節の移り変わりとともに完成に近づいています。

その内の1件をご紹介させていただきます。























































ガルバリウムを基調とした事務所です。

コンパクトな平屋ながら、大波のガルバリウムが水平ラインを強調し、存在感を演出しています。








































大小2組設けた表札。夜は陰影がぼんやりと外壁に映り込みます。

オーナー様とのご縁があり、事務所の新築工事を請け負わせていただきました。



次回もお楽しみに!


y.masuda





ゴールデンウィークが終わり、モデルハウス展示場の見学も


少し落ち着いた頃でしょうか。



こんにちは モデルハウス担当の川﨑です。



そんな時期、目の保養に色々な作品に触れたいと思い・・


行って来ました “ 札幌芸術の森 ”





そして、ちょっと面白い企画に参加してみました →





野外美術品を辿っていくゲームです。





途中、パワースポット的な所でマイナスイオンを浴びたり・・




『パンケーキ食べたい、パンケーキ食べたい、パンケーキ・・』



『 はい!食べた! 』




これから新しいご計画の皆さまへ良いアドバイスが出来るように


心身ともに満タンにした初夏でございました。



次はこちら【 テオ・ヤンセン展 】を観に行きたい所存です →





そしてブログをご覧の皆様には、私から “ 謎解きゲーム ” です。




さて、これはどこに描かれてあるでしょうか?


( ※ オーナー様のお家にも 随所にありますが、こちらはモデルハウス内です。)


ぜひ、モデルハウスへ見つけにいらして下さい。



モデルハウス担当 川﨑

Entrance Design 2

2019年05月19日


こちらは、玄関廻りの実例第2弾です。

玄関は、最初に通る住宅の窓口、人を迎え入れたり送り出したり様々な物語があります。

近年、ご紹介が出来ていなかった部分と違った角度から見た部分をまとめてみましたので、ご参考ください。





























KENT HOUSE 清 水



Project 再び

2019年04月28日

前回のブログでお話しました KENT HOUSE 地方設計現場の北見市常呂町に続き、


なんと、紋別郡遠軽町で設計現場の工事進行中です!


今年も北見方面にご縁がある様で、お施主様のご期待に添えるよう、


身の引き締まる思いで打合せをさせて頂いておりました。


今回の施工は地元ゼネコン様で、先日各工事業者様との打合せをさせて頂きに


現地へ行って参りましたが、左官工事とタイル工事業者様が常呂町の施工をして


頂いた同じ業者様でした。


前回常呂町で詳しく弊社の仕様を説明させて頂いておりましたので、


すっかり弊社の納まりを理解して下さっており、現場での確認程度で済む位、


しっかりと施工して頂いておりました。















ここ数年で札幌から離れた土地で、KENT HOUSE の家が少しずつ増えてきております。


アフターの観点から基本的には遠方での直接施工はご遠慮願っておりますが、


お施主様と地元施工会社様のご納得とご理解・ご協力を頂いてのお話で進めさせて頂いております。


「家を建てるなら KENT HOUSE で」と弊社を選んで頂いたお施主様に、


更なる感動をお届けできる様、しっかりサポートさせて頂きたいと思います。



KENT HOUSE k.masuda

新入社員を迎えて

2019年04月22日

ケント・ハウスも今年3月で27年目を迎え、新年度のスタートとなる4月1日新たな仲間が増えました。



思い起こせば4~5年前、突然オーナーのご主人様より電話があり、「ケントさんに子供が就職を希望しているが、大学で何を専攻すれば良いのか?」とのご質問を頂きました。

その時は「建築学科です。」とあまり深く考えずに回答していました。

そして今年の4月、そのオーナーのお子様がケント・ハウスに入社してまいりました。



また、昨年も設立初期の21年前に当社で新築されたオーナーのお子様が入社し、早くも2年目を迎えて仕事に励んでおります。

彼も幼い頃から住宅への関心を持ち、建築の学校へ進み、入社した一人です。

こうして将来の夢をケント・ハウスに託して頂けることは、100年企業を目指す当社にとって、世代を越えてつないでくれる人材に出会えたことは感謝の気持ちとともに責任の重さを痛感しております。

身の引き締まる思いで、27年目をスタートさせ、これからも末永く会社が継続できるような組織づくりに取り組んで参ります。

平成31年4月吉日
ケント・ハウス株式会社
代表取締役 藤本 忠宏

新年度

2019年04月13日

やっと札幌も春らしい季節になってきましたね。


新しい年号の発表もあり盛り上がっておりますが、


ケント・ハウスも新たなメンバーを迎え、4月から新体制でスタートしていきます。





また、最近までたくさんのお客様のお引渡しをさせていただきましたが、


なかなかご紹介できなかったので、完成した各物件を一部ハイライトでご紹介いたします。





~ 小上がりのあるリビング ~






~ 明るい基調色のステンレスキッチン ~






~ 大容量本棚の洋室 ~






~ 造作TVボード壁 ~






~ モザイクタイルの壁 ~






~ タイルの造り風呂(ブローバス) ~






~ 光と影のコントラスト階段 ~






~ 大開口リビング ~







1棟1棟、オーナー様のご希望をカタチにするため、長い時間をかけて打合せを重ね、このたび無事お引渡しすることができました。


今年度もどのような家が完成するのか・・・どうぞご期待ください。



KENT HOUSE 中保

500

2019年03月31日


時間が過ぎるのは早いもので、2019年ももう4月。

昨年4月に入社してから、あっという間に1年が終わりました。



先日、500棟目のお引渡しをさせていただきました。

スイッチ1つにまでこだわりを持っているお客様で、お打合せだけではなくメールでも多くのやり取りを重ねて完成にたどり着きました。



500棟、時間にして26年。

様々なお客様とのご縁に恵まれて積み重ねられた数字です。

たった3つの数字の羅列でも、1つの会社を語る肴にもなるのです。



数字は結果ですが、あくまで結果。

これからもたくさんの夢を形にできるように、また、一つでも叶えられるように日々精進して参ります。




























KENT HOUSE y.masuda


~ 白のルーツ ~

2019年01月24日

非日常で特別な気持ちを感じるような空間

オーナーのデザインをもとに製作したアルファベットのディスプレイスペース










































































































シームレスにつながるガラス張りの腰壁は、まるで室内のバルコニー















































このたび、ご縁という横のつながりがあり 『 別邸 』 が誕生いたしました。

私たちにとっても滅多にないご依頼でしたが、再び、声をかけて下さったこと、心より御礼申し上げます。

今後とも末永いお付き合いをどうぞよろしくお願いいたします。



KENT HOUSE 清 水






新年のご挨拶

2019年01月01日

新年明けましておめでとうございます。


昨年は格別のご厚情を賜り厚く御礼申し上げます。


本年も社員一丸となり、皆様にご満足いただけるよう心掛ける所存でございますので


変わらぬご愛顧のほど心よりお願い申し上げます。


2019年も皆様がご健勝でご多幸でありますようお祈り申し上げます。








2019年 元旦

KENT HOUSE 藤本 忠宏