BLOG

こんにちは!前編に続いて 南フランスの研修レポートをお届けします。

























今回は限られた時間ながらも訪問したところが多いので全部はお届けできませんがご紹介したいと思います。

南フランスのプロヴァンス地方には まず中世の要塞のようなアヴィニョンという町に行きました。

ここでは法王庁宮殿という1352年竣工のヨーロッパ最大のゴシック宮殿を見学しました。

現在はローマ法王も住んでないので余計に広く感じましたが旧市街全体で一つの要塞のようでした。





























アヴィニョンを後にして次に向かったのは 鷲の巣村として有名なゴルドです。

その昔、他民族の侵攻から守るため崖の見晴らしの良い所に街を造ったのがフランス各地に点在しています。

その迫力は写真では伝えきれないのですが、村の下の方には小さくですが住んでいる人の姿もみることができます。
























































それから前編でご紹介したようにマルセイユのユニテ・ダビシオンを案内してもらい、

次の日はプロヴァンス地方を後にして内陸のル・ト・ロネ修道院を訪れました。


























コートダジュール地方は冬でも温暖なため避寒地としても快適なのですが、

夏ほどは混雑していませんのでのんびりするのには良いようです。

映画祭で有名なカンヌには寄りませんでしたが、ニースからモナコ公国までの



地中海沿岸の道程をお届けします。

ニースは19世紀より保養地として長年芸術家にも愛されました。

1月でも日中は13℃まで気温が上がり日光がとても気持ち良いです。

ニースから海岸線を抜けて 長いトンネルを抜けるとモナコにでますが、そこだけが都会です。

モナコ公国は世界で2番目に小さな国ですが、裕福な国でF1グランプリや世界ラリー選手権の

自動車レースも長い伝統があります。
















































モナコからさらに東に進むとレモン祭りで有名な鮮やかな街並みのマントンに出ました。

高台に車で降りるはずが、渋滞のため下車して登ったので写真では出ませんがすでに疲れてへとへとです。



























































































次の日はニースの朝市、旧市街をまわりました。

南フランスはオリーブの石鹸、お菓子などお土産には困らないです。


























































南フランスは建物、文化、食べ物はもちろん良くて奥深いのですが

何より人々が温かくおおらかで ゆっくり滞在したいと思わせてくれる素敵なところでした。



KENT HOUSE 西田

謹賀新年

2020年01月01日

明けましておめでとうございます。

昨年は、格別のご厚情を賜り厚く御礼申し上げます。

ケント・ハウスは、今年の3月で創業28年目を迎えます。







































これまで会社が継続出来ていることは、素敵なお客様達との出会いと協力業者様の力強いサポート、

社員の努力あっての賜物であると深く感謝しております。

昨今は、オーナー様の友人・知人、ご親族様からの依頼も多く、また、オーナーのお子様達が

入社してくる時代となりましたことを大変嬉しく思っております。

これからは、次の世代へと繋ぐ責任を果たすため、社員の教育、モチベーションアップへと一層

取り組んでまいります。




本年も皆様にとって素敵な1年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。


2020 年 元旦

ケント・ハウス 藤本 忠宏





ケント・ハウスでは、年末年始の休業を下記のとおりとさせていただきます。


■ ケント・ハウス本社およびマイホームセンター札幌会場 (豊平モデルハウス) ■


2019年12月28日(土)~12月30日(月) 営業業務休業



※アフターサービス電話受付は9:00~17:00までとさせていただきます



2019年12月31日(火)~2020年1月3日(金) 完全休業


2020年 1月 4日(土)より通常営業致します。




今年より、社内の労働環境を改善するため完全休業日を設けております。

お客様には、大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解の程お願い申し上げます。

来年もケント・ハウスをご愛顧いただきますようお願い申し上げます。




2019年12月23日、今年最後のお引渡し宅より





今年も素敵な出会いをたくさんありがとうございました。



ケント・ハウス 社員一同





無機と有機の融合

2019年12月19日

無機質な素材を多用しながら、有機素材との均整を計ったお宅をご紹介いたします

玄関



ホール

キッチン

リビング
























今後も色々とご紹介させて頂きます




















KENT HOUSE 田中























十一月も終盤を迎え、冬支度にあわただしくされていることと存じます。例年より少し早い発送になりましたが、

今年の KENT HOUSE 冬のギフトは、復刻版オリジナルハンガーをお届けしております。


既にご存知のオーナー様も多いかと思いますが、新築されて1年目のお客様、これから着工を迎える

お客様からのお問い合わせもあったため、毎年、感謝の気持ちを込めて会社で継続していることを

ブログで発信させていただきました。



箱のデザインは、7月くらいから社内でコンペを行い、8パターンほどのデザインが集まりましたが、

投票の結果、入社1年目のスタッフの案が一番人気で採用となりました。

限られた予算の中でのオリジナル商品製作ではございますが、皆様に長くお使いいただけましたら嬉しいです。





KENT HOUSE一同


長×○○

2019年11月03日

10月は、5件のお引渡しをさせていただきました。

そのうちの1件をご紹介させていただきます。


長い塗壁に誘導されるLDKは、

























大きなウエーブを描く間接照明によって照らされます。






































廊下には雲梯。

仕事・勉強の気分転換、そしてトレーニングにはぴったりです。


























一歩家に入ると、細長い廊下と縦長な吹抜けとが相まって大きな迷路に迷い込んだ気分になりました。

年末にかけて多くのお引渡しがございます。

また、新たなケント・ハウスを皆様にお届け出来ますように。


次回もお楽しみに!



y.masuda






~ 色々な家づくり ~

2019年10月12日

日に日に秋らしくなってまいりました。

今回は、春に着工してから最近お引渡しを迎えたお宅を少しだけご紹介させていただきます。



こちらは、大きな吹抜けと世界の3大銘木、チークを基調色とした明るい木目が魅力的なお宅です。












































こちらは、土地面積37坪、アプローチは楽しく、2Fは、LDKと和室を自由に動きまわる動線のお宅です。












































こちらは、リビングからまっすぐにのびるL型階段とタオル掛け暖房のあるお宅です。


























こちらは、ナラの柾目と板目をミックスしたケントオリジナルの建具です。



























ずっしりとした存在感あるフレームには、グリーンのアクセントがポイントのお宅です。











































ケント・ハウスでは、土地やプランのご相談からお客様との家づくりがスタートします。

豊平のモデルハウスをご覧いただいたり、ご紹介であったり、ホームページで見つけられたり、

窓口は様々です。最初はお互いに緊張をしながら話が進んでいきますが、私共はプランニングが

一番大事と考えていますので、出来ること、出来ないことに関わらず、思いをお伝えいただければ、

きっと素敵な家づくりになると思います。



KENT HOUSE 清 水







今回は、先日内覧会をさせていただいたお宅のご紹介です。


7月末の真夏日の暑い日でしたが、たくさんの方にご来場いただきまして、誠にありがとうございます。


また、オーナー様のご厚意・ご協力に大変感謝いたします。








































































































































モデルハウス以外でケント・ハウスの建物を実際にご体感いただける貴重な機会ですので、


不定期ではありますが、今後も出来るだけ開催したいと思っております。


次回の開催も決まりましたら、ご招待状をお送りさせていただきます。



KENT HOUSE 中保















モノトーン

2019年08月01日

春に着工しました現場が、季節の移り変わりとともに完成に近づいています。

その内の1件をご紹介させていただきます。























































ガルバリウムを基調とした事務所です。

コンパクトな平屋ながら、大波のガルバリウムが水平ラインを強調し、存在感を演出しています。








































大小2組設けた表札。夜は陰影がぼんやりと外壁に映り込みます。

オーナー様とのご縁があり、事務所の新築工事を請け負わせていただきました。



次回もお楽しみに!


y.masuda





ゴールデンウィークが終わり、モデルハウス展示場の見学も


少し落ち着いた頃でしょうか。



こんにちは モデルハウス担当の川﨑です。



そんな時期、目の保養に色々な作品に触れたいと思い・・


行って来ました “ 札幌芸術の森 ”





そして、ちょっと面白い企画に参加してみました →





野外美術品を辿っていくゲームです。





途中、パワースポット的な所でマイナスイオンを浴びたり・・




『パンケーキ食べたい、パンケーキ食べたい、パンケーキ・・』



『 はい!食べた! 』




これから新しいご計画の皆さまへ良いアドバイスが出来るように


心身ともに満タンにした初夏でございました。



次はこちら【 テオ・ヤンセン展 】を観に行きたい所存です →





そしてブログをご覧の皆様には、私から “ 謎解きゲーム ” です。




さて、これはどこに描かれてあるでしょうか?


( ※ オーナー様のお家にも 随所にありますが、こちらはモデルハウス内です。)


ぜひ、モデルハウスへ見つけにいらして下さい。



モデルハウス担当 川﨑