BLOG








連日の暑さとコロナ禍で、今までに体験した事のない夏を



過ごしている実感がありますが皆様は如何ですか。





こんにちは モデルハウス担当の川﨑です。





今日は、最近のモデルハウスの様子をご案内します。





階段踊り場から見える樹木が最近剪定されたばかりで少し寂しいです笑





現在マイホームセンター内のモデルハウスでは、



手指の消毒やマスク着用の上で、混雑しない程度にご見学頂いております。



お電話で『予約制ですか?』とのお問合せ頂く事があり、



その場合は予め日時をお約束頂き、ご予約のお客様優先でご案内しております。





中庭のヤブコウジが白い花を咲かせ赤い実をつけています。





このコロナ禍での1年半、戸建てでの暮らしが



随分とストレス緩和になっている様子を伺っています。







1年前のインスタにはお客様の家の通路画像を載せていますが、



モデルハウスの通路のドウダンツツジも緑鮮やかです。





これからマイホームのご計画をお持ちの方は、



是非モデルハウスの見学から初めてみては如何でしょうか。



皆様のお越しをどうぞお待ちしております。





インスタグラムには新しい画像をアップしております。



ぜひご覧ください → ☆彡



モデルハウス担当 川﨑

造作建具の可能性

2021年07月27日


ケント・ハウスにとって重要なポイントである建具(ドア・扉)を昔からいつも作って頂いています岡田建具製作所さんを紹介したいと思います。



現在、住宅のほとんどのドア・扉は大型の工場で作られた既製品が流通し、取り付けられていますが、私たちは規格で決められた既製品建具を使用しません。



既製品にもメリットもあります。取り付け、施工しやすい。傷がつきにくい。品質が常に一定で低価格等。



ただ、なぜか仕上げに味がない・・。



空間全体の色が合わない・・。



リスクを抑える作りになっているので見た目が野暮ったい・・。



そんなことを常に考えていたので現在、ケント・ハウスでは全ての建具を自社デザインのオリジナル建具として作っています。











天然木の突板で仕上げた建具は家具含め建物内部の調和をとるには大切なポイントです。



仕上面材の印刷技術が上がっても、天然木の風合いは実物を見ると別格です。



高さ、幅もその空間に合わせた自由なデザインが可能なのが魅力の一つでもあります。

















ここでポイントになるのが建具を作ってくれる企業。



私たちは設計は行いますが、工場を所有していませんので製作はできません。



そこで建具を製作してくれる企業が岡田建具製作所です。ここでは私たちの希望(わがまま)を聞いて常に進化させてくれます。







新しい機械を導入し、作業性の効率化を図り、将来の可能性を広げてくれます。



また、常に改善策を一緒に考え、リスクも一緒になって負ってくれるところが信頼できる企業だと思っています。



現在は両社で毎月ウェブミーティングを行い、新しい商品の開発、研究を取り組んでいますのでこれからのご提案にも期待していてください。





先日、弊社社員が工場見学に行った際の動画がYou Tubeで公開されていますのでご紹介します。












これからも一緒に歩んでいきたいものづくり会社の一社のご紹介でした。



今後も企業同士協力し合いながらより良い商品を皆様にご提供できるよう頑張ります!



ケント・ハウス 草野

家づくり

2021年07月19日


札幌にも本格的な夏がやってきました。



30度を超える日が続き、既に秋が待ち遠しくなっています・・・



皆様くれぐれも体調にはお気を付けください。





今回はお引渡しを終えたお宅を2件ご紹介させていただきます。





こちらは2階にリビングを設けたお宅です。



2階のLDKの間接照明は、夜になるとまた違う表情を見せてくれます。







リビングとつながるバルコニー











正面には重厚感のあるフレームと2台用車庫









こちらは開放的なリビングが特徴的なお宅です。







緑がのぞく玄関







羽目板貼が特徴的なキッチン







羽目板貼の天井や暖炉が温かみのある空間を醸し出しています。







同じ基調色でも、雰囲気の異なる2件をご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。



皆様の家づくりの参考にしてみてください・・・!



また機会がありましたら、ご紹介させていただきます。





KENT HOUSE 本瀬

住まいのお手入れ⑧

2021年06月28日




打ち放しコンクリート塀の塗装 





皆様いかがお過ごしですか 



天気の良い日が続いてお休みには ご自宅の外でバーべキューなど  



されている方もいらっしゃると思います。 



ケント・ハウスでは 塀の仕上げをコンクリートを打ち放しにしている



お宅が多いので10年以上経ってくると汚れが気になることもあるかもしれません



塀の平らな天端に汚れ、黒カビがたまると雨で流れて黒い筋が段々とつきます。 



日当たりが悪いと緑色の藻がついていることもあります。  



ここ10年位のお宅では天端に勾配がついていて汚れにくいかもしれませんが



築17年のお宅の清掃して塗装した塀の写真を紹介いたします。  



 



まずは ステンレスのワイヤーブラシで上から垂れている黒いところをひたすら



こすり、サンドペーパーで下地を仕上げていきます。すると手間は掛かりますが 



あらまあ 黒い筋が消えていくではありませんか。 







・・・下地処理だけでも大分良くなりましたが、



さらにコンクリート用の打ち放し風塗装をします。



専用のベース塗料を塀の垂直面全体にローラーでむらなく塗って乾いたら 



調合したファンデーション塗装を型枠の線など透けて見える 



塀の元々の模様に合わせて 全体に職人さんが経験に基づいて仕上げます。



塀の天端は塗装すると剥がれてしまうので塗りませんが、



雨垂れ対策するなら以前紹介したように 



アルミアングルとコーキングで土手をつくり 片側に流れるようにするか



左官仕上げで勾配をつけるやり方があります。   







工事が終わって見違えた塀を見て お客様も大変喜ばれていました。 



KENT HOUSE 西田

京都散歩

2021年06月19日






風が爽やかな初夏の札幌。



テラスに出て太陽の光を浴び、本を読んで、おいしいお茶をいただく・・・。



豊かな時間をゆっくりと過ごすことのできる季節となりました。



そんな心地のよい気候の影響か、はたまた、抑圧された外出欲のせいか、



ここ最近、どこかに旅をしたい気持ちがふつふつと湧き上がっているのです。





今回はそんな気持ちが少しでも晴れるように、旅行の思い出を振り返ります。





京都市美術館(通称:京都市京セラ美術館)/ 基本設計:青木淳・西澤徹夫設計共同体






現存する日本の公立美術館の中でもっとも古く、創建は1933年。



現存する歴史的本館を保存しながら、新たな機能・魅力を生み出しています。



公開は2020年。(間違っていたらすみません。)































自由に行動ができない時間が続いていますが、



一日も早く平穏な日々が戻り、



また楽しく安全に旅行できる日が来ることを願っています。







KENT HOUSE 三本木




かれこれもう1年以上、マスクが手放せない日常になりましたね。



色々と我慢を強いられる日々ですが、そんな中でも人は忍耐力と向上心を併せ持ち、



日々の暮らしを進化させてきました。リモートワークにオンラインイベント・バーチャル展示会、



ミールソリューションに基づくフードデリバリーは、おこもり生活に潤いを与えます。







先日、弊社でご自宅を建築させて頂いたお客様のお店でスープカレーをテイクアウトさせて頂きました。



(時間が経ってしまい残念な画像になりました!)







本物はこちらです。(画像はオーナー様の許可を頂きHPから・・あら?不鮮明になってしまいました・泣)





スプーンの先でホロホロとなる鶏肉やコクのある深い味わいのスープ、



プリプリの野菜の仕上げは、自宅では難しいプロのお味!と唸ります。





自宅に居ながら秘伝のお味をゆっくり楽しめる今、



リビングで




バルコニーで




中庭で・・




メニューやその日のお天気に合わせ、ダイニングは勿論、リビングやテラス、バルコニーなど



お好きな場所で、お気に入りのカトラリーを添え、家族みんなで楽しみ、



お味の感想で盛り上がってみるのも如何でしょう。







因みにこちらのお店は現在20時までの時短営業をされていますので、



ご確認の上、ご注文されると宜しいかと思います。



どのお店も換気や消毒を徹底されていますが、テイクアウトも楽しめる恵まれた環境に感謝です。







スープカレーhirihiri 



札幌市北区北6条西6丁目 WEST6



札幌駅西口高架下/西口改札から徒歩2分



ホームページはこちらです→☆彡







川﨑

【2021 project】

2021年05月19日


今年も足早と桜のシーズンが駆け抜けて、新緑の季節が訪れております。



近年、弊社はお客様とのご縁を頂き、札幌近郊以外で住宅設計のお手伝いをさせて頂いて参りました。



2021年、KENT HOUSE初の試みとして、新たなprojectに着手致しましたので、



少しご紹介させていただきます・・・。





今回の場所は、道東の釧路町です。















釧路は札幌より気温が低く、まだ桜が咲いていました。











こちらもお客様より指名・ご縁を頂き、弊社初の住宅以外の案件としてスタートしており、



設計事務所として、設計・監理の業務をさせて頂く事になりました。





建物概要、進捗等は今後ブログでお知らせできればと思っておりますので、



楽しみにお待ちください。







k. masuda


ケント・ハウスでは毎年この時期を迎えますと、家の顔となる 



 「 シンボルツリー 」 を求め、山へ行ってきました。



高大な敷地には、ヤマモミジ、カエデ、アオダモ等、この時期でなければ



良い植栽に出逢う事ができません。



近年、入手困難となったヤマモミジ、カエデ等 厳選したものを今年も14本、



確保する事ができました。



選ぶポイントとして、



・ 株立ちと呼ばれる1本の株から何本も枝が出ていること



・ 空高く、凛とした姿



オーナー様ご家族を思い描き、見極めます。













そして、竣工時にはテラス、玄関周りに飾られ、春夏秋冬 四季折々に表情を変



えます。



新緑から始まり、紅葉を迎えるツリー。



オーナー様宅のご家族を温かく見守る、



そんなツリーとなってくれることがケント・ハウスの想いです。











KENTO HOUSE  Nakatsuka

地鎮祭

2021年04月18日


まだちょっぴり肌寒い4月初めに、地鎮祭に参加させていただきました。





「土地の神様から工事の許しを得る儀式」と聞くと厳かなイメージですが、



にこやかな神主さんにより和やかに式が進められます。





目を引くのが祭壇中央に置かれる鯛。



式が終わるとお酒やお餅などと合わせて、オーナー様にお持ち帰りいただきます。



皆様どのように食べられているのでしょうか。





新年度の幕開けと共に、多くの物件での工事が始まりました。



近くで工事現場を見かけましたら、ぜひ完成まで暖かく見守って頂ければと思います。





y.masuda

仕事×お家

2021年04月12日


「リモートワーク」





この1年でこの言葉をたくさん耳にしました。



リモート会議やオンライン授業の普及により、ご自宅でお仕事されている方も多くいらっしゃるかと思います。





そこで今回ご紹介するのは、デスクスペース。



仕事用・勉強用・趣味用・家事用など・・・



使い方はお客様によって様々です。





~ダイニング横~











~リビング横~











~個室・独立型~













~番外編~



デスクワークで一日中座りっぱなし。



このご時世ジムにもなかなか行けないが、体を動かしたい。



という方へ、憧れのスペースを設けたお宅をご紹介します。















仕事×お家空間の両立。



皆様の参考になりましたら幸いです。





KENT HOUSE 本瀬