BLOG

先日、社員研修にてオーストラリアに行かせて頂きました。
研修内容や詳細は、イケメン社員 草野クンにお任せしまして 今回は、車とバイクについて書いてみたいと思います。
オーストラリアでは意外にも日本車が数多く、レクサス・BMW・メルセデス といった車は
日本以上に目に付きました。マセラティのショールームもあり、ちょっとウキウキ そしてオーストラリア唯一のメーカー 「ホールデン」 は初めて見た車でしたが、
ピックアップタイプよりセダンタイプの方が個人的には好みでした。
マセラティ スパイダー カンビオコルサ ホールデン コモドア2

実は私、女性の割りには比較的、車やバイクが好きだったりします。
(とは言っても超方向オンチなので、運転は大の苦手なのですが・・・)
きっかけは、うんと昔に遡り ある日の事。信号待ちで停まっていた車に突然の一目惚れでした。
「ピリリと小粒の黒胡椒」的な大人の女性を思わせるコンパクトな黒のコンパーティブル。
未だに車種は分かりませんが・・( 昔のジャガーEタイプロードスターを、もう少しシャープにした感じでしょうか )
”車って美しいナ”と思った瞬間です。
そしてまたある日の事、友人が買ったというバイクで来た日。
ヨーロピアンタイプのずっしりとした真っ黒なボディー  ”素敵・・・” 
そうです カワサキ 元祖 「 ニンジャ 」 です。
                                            ニンジャ

それからというもの、気が付くと車やバイクに目を奪われ、
「あれは何かしら?」と雑誌で時折探してみるという何気ない日々、
同時に 愛読書であるハードボイルドでは定番の 「 車とお酒と葉巻 」 が
ページ内に溢れ、ヒール&トゥ等 ドライビングテクニック語録も含め、
私の中の 限りなく浅く広いウンチクが構築されていったのでした(笑)
マイバッハ1 ベンツ SL500

皆さんの憧れの車やバイクは、どんなものですか?
今度お会いしたら、是非 聞かせて下さいね。
追伸
私の自家用車は、一般会社員として 「分相応な価格帯」 「ハッチバックの四駆」
という条件の中で、もっとも 斜め後ろ姿が 小粋で可愛い 「 ランクス 」 に
脚立や養生シートを積んで走ってます(笑)
                               川崎