BLOG

~ 誠意のハナシ ~

2017年06月19日



家づくりにお客さまが求めるものは何でしょう。

スペック、クオリティ、アフターサービス…


これら全てに関わっているのが会社への信頼性。

信頼性の中でもとりわけ重要なもののひとつに`誠実さ‘が挙げられます。


「。。。誠意って何かね?」

そんなドラマのセリフを思い出し、本当に何だろう?

と首をひねる方も多いかもしれません。


会社は個々の集団ですから、ひとりひとり誠意に対する価値観も度合も異なりますが、

会社としての誠実さに対する思いは、

お客さまの信頼にこたえる、あるいは信頼を裏切らないことで一致しています。

これ、とても一般的な定義ですが。。。


でも、本当の誠意とは、実はトラブルや行き違いがあったときにこそ

感じてもらわなければならない部分です。


普段の人間関係でも、目には見えない誠意をあえて見せることや

感じることはとても難しいですよね。


誠意は相手を大切に思うことで生まれる行為です。


大切に思う気持ちを伝えたり、それを表現するためには、物事に対して決してごまかしたり、

嘘をつかず、正直であることや相手の立場に立って労を惜しまないこと。

たとえそこに面倒やリスクがあっても、正しい美学を貫き通す 心の美しさと強さが必要です。


ともすれば、誠意が曲がったカタチで変化して方向性を見失うこともあるので

ゆるぎないポリシーと配慮のバランスもとても大切。



・・・多くの社員がこの会社に身を置いている理由のひとつは、

お客さまへの‘誠意ある行動‘をたびたび目の当たりにする機会に触れ、

そこが個人的に、ホッと撫で下ろせる安心できる部分だからかもしれません。



KENT HOUSE 富 沢