BLOG

視線

2015年12月09日

早いもので今年も残りひと月を切りました。

本社のBGMはひたすらクリスマスソングで、否が応にも年末を感じます・・・。




さて、先月お引き渡しが完了した中の1棟についてご紹介したいと思います。






静かな住宅地にある平屋のこちらは、道路側に面してほとんど窓がありません。

奥から明かりが漏れていて、楽しそうな雰囲気がチラリと伝わってきます。





リビングとダイニングに大開口の窓を設けた中庭を中心としたプラン。お互いL字の配置です。






L字プランがとても人気なのは、視線が中庭を経由してつながっているため、奥行きが生まれて広く感じられるから。








そして、一番奥の部屋は、車庫とつながるプレイルーム。




車庫とのアクセスのために床のレベルを下げています。



そうした床レベルの操作によってもたらされるのが、視線の変化です。

床レベルを下げたことによって、目線と地面の距離が少なくなり、秘密基地のような落ち着いた部屋に。




こちらのプレイルームも中庭に面して開口部が設けられていますが、

床レベルを下げているため、リビング側との視線が交錯しません。



視線が合わないだけで、

自分のスペースは守られつつ、家族の気配は感じられる。

そんな気持ちのいい空間になりました。



外部からの視線、自分の視線、家族との視線。

視線の効果、ぜひぜひイエづくりの参考にしてみてください・・・!


KENT HOUSE 三本木

~ Thanks to everyone ~

2015年11月22日

11月吉日 3棟のお引渡しをさせていただきました。



のちにホームページのギャラリーやブログなどでクローズアップさせていただきたいと思いますので、

楽しみにお待ち下さいませ。




































































































































今年度も土地のご相談、プランのご依頼、内覧会に足を運んで下さったお客様には、ただただ感謝の言葉のみです。


まだまだ今年も続いておりますので、引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。




KENT HOUSE 清 水

食欲の秋・・景色もごちそうのひとつですね。




こんにちは モデルハウス担当の川﨑です。



ワールドラグビーにて1日(日本時間2日)、


ファン投票で選ぶ 『 ワールドカップ( W杯 )最高の瞬間 』 の部門で、


日本代表が優勝候補の南アフリカから歴史的勝利を挙げた試合が受賞し、



スポンサーが選ぶドリームチーム(ベストフィフティーン)に


五郎丸歩 選手が選ばれたそうですね。(海外進出のニュースが!!)




浅く長いラグビーファンの一人として(過去記事はこちら→


これからまたラグビー人口が増えるといいなとワクワクしています。





個人的に、スポーツ観戦ではラグビーとアイスホッケーが特に好きで、


先日は アイスホッケーアジアリーグ の試合を観戦をしてきました。




場所は、ラグビー競技場も隣接する『 月寒体育館




1972年札幌オリンピックのアイスホッケー会場として建設され


こちらは、ナカヤマビルHIGOの構造設計を担当した 北海道日建設計さんの設計です 。




今も五輪のマークがついています。




久しぶりに見たアイスホッケー、国内は現在4チーム・・少しさみしい。




大きな大会が行われる施設は完成時に多くの注目を浴びますが、


その施設を維持するために日々メンテナンスしている方々や


利用する方がいてこそ維持できるものです。




製氷車のドライビングテクニックは出入り時が見どころ(笑)




アイスホッケーアジアリーグ・ラグビーW杯日本大会・東京オリンピックetc・・


これからの大きな大会にはぜひ大きな施設へ足を運んで楽しんでみるのもいかがでしょうか。




川﨑











































~ 秋色を愉しむ ~

2015年10月19日



今週の受付花   (同系色でコンパクトにまとめてみました)







16時の夕焼け、黄金色のイチョウ並木、熟成されたワイン色のようなモミジの紅葉、売り場を彩るアースカラー..



街角の景色はすっかり秋色ですね・・・


お家の中にも、秋色を取り入れて季節感を演出してみると、時に華やかに、時にシックで引き締まった印象に・・・



今月のお引渡しのお宅です。 イベントに備えて秋を意識した装いにしてみました。












リビングには紅葉を迎えたナナカマド。 息をのむ艶やかさでした。





玄関のニッチは、奥さまのこだわりのモザイクタイル。 女性らしい花のアレンジメントでトーンを抑えた 花を添えて・・・
















KENT  HOUSE 富  沢

1.5周の旅

2015年10月15日

先日、ちょっとした旅をしてきました。




その旅とは・・・








こちら。





・・・何ともあやしい空間です。






緑色やピンク色に照らされるつり革・・・


実はこれ、札幌の市電の中なんです。


ご存知の方も多いと思いますが、市電を貸し切りにしてイベントを行いながら現行の路線をまわることができるのです~。




当日は現地集合、出発時間ギリギリで市電に滑り込み、乾杯のあいさつと同時に出発。


今回は電車事業所~西4丁目~すすきの往復コースでした。




往路の途中、トイレ休憩で電車事業所に停車してくれるのですが、すぐ横を見ると整備ピットのような裏舞台がチラリ!


なかなかの渋さに思わずレンズを向けたはずが、見返すと写真が見当たりません・・・




高密度な車内は大変盛り上がり、気づけば市電の短い旅はあっという間に終了してしまいました。


とても楽しい短い旅。いつもの飲み会に飽きてしまった方!ぜひおすすめです!!






・・・その後も、秋の夜旅はまだまだ続くのでした。




KENT HOUSE 三本木

~ Enjoy the house ~

2015年10月08日



こちらは、先月、お引渡しを迎えた邸宅の木工事1F部分の写真です。

5月のゴールデンウィーク明けに着工いたしました。






















シート貼りをして建物まわりを養生しています。






















工事期間は、約4カ月。

いよいよ完成した建物の室内を少しだけ覗かせていただきましょう。





こちらは、和室です。吊収納と間接照明の組み合わせは、日常とは少し違った特別感を演出しております。





















こちらは、リビングです。写真では伝えきれませんが、天井には、スクリーンが隠れています。





















写真右上の天井には、プロジェクターも隠れています。



















































この数ヶ月間で施主様が作成した家づくりの資料は数え切れず、私共もいろいろ勉強をさせていただきました。


また、家づくりの新しいアイディアが浮かばれましたら、ご指導下さいませ。





これからも、オーナー様として末永いお付き合いをどうぞよろしくお願いいたします。








KENT HOUSE 清水









現場確認

2015年10月02日

こんばんは。

今回の記事は札幌及びその近郊で現在工事しています物件の一部をご紹介したいと思います。

まずは木工事中の平屋の住宅ですが、現在グラスウールという断熱材を壁一面に貼っています。
室内側からは柱の間に充填していますが、屋外側からももう一枚貼って断熱効果をさらに高めています。



































もう一件、平屋の住宅です。こちらは外観から想像できない内部を現在工事中です。
屋根が大きすぎて大工さんの工程が遅れていますがなんとか完成日に間に合うよう宜しくお願いいたします!


































こちらの物件は仕上げ工事中です。
クロスは貼り終え、現在タイル屋さんがテレビボードの壁にアクセントでボーダー型の石材を貼り合せています。
この作業も貼り方がちょっとでもずれると壁が斜めに見えたり、石と石がかみ合わなくなるので熟練の技が必要です。


































こちらはバルコニーの床に御影石を貼っています。廻りの黒と中央の白のコントラストがいい感じですね!
バルコニーから見える空も気持ちいいです。













































ここは周りが高層マンション、アパートだらけで準防火地域という設計泣かせの土地です。
周囲の建物をさほど気にすることなく、大きな窓から光を取り入れることができ、タイル床とクロスの白さで内部は非常に明るい建物になりました。












































先日引渡しを終えたお宅です。
車庫付で延床面積37坪とコンパクトなお宅ですがLDKはここまで広くとることが出来ました。
基調色もモデルハウスと同じ色で統一。シックで落ち着きのある住宅になりました。















































ケント・ハウス 草野

~ 相乗効果 ~

2015年09月22日


秋のお引渡しラッシュが始まろうとしています。




リビングに段差をつけたのはオーナーさまのこだわりでした。








もたらされたのはリズム感と立体感



暮らしの中のシーンがよりクリアに色分けされ、充実した時が刻まれます。





ハイブランドのインテリアでまとめると、相乗効果で表情にも深みが生まれます。




空間、インテリア それぞれのクオリティーがどちらかに極端に負けてしまうとチグハグなものになってしまいます。









相乗効果の鉄則は、それを受け入れできる〝度量〟が必要不可欠です。



KENT  HOUSE  富 沢


雨が降るか降るかと空を見ても札幌は雨が降らないここ数日・・いかがお過ごしでしょうか。

この度の関東・東北での台風18号による大雨で大きな被害に遭われた方へはお見舞い申し上げます。



来週末にはシルバーウィークがあります。皆様のご予定はお決まりでしょうか?

その初日となる19日にケント・ハウスでは白石区で2邸同時内覧会を開催させて頂きます。


A邸は敷地面積82.7坪、延床面積71.1坪(4LDK+1台用車庫)


B邸は敷地面積74.8坪、延床面積66.1坪(6LDK+2台用車庫)






両物件とも内装の基調色はたまたま同じダークグレーのオークを使用しておりますが

その他の色、仕様、間取りと全く違ったご提案になっていますので2件見ても楽しめると思います。

きっとそれぞれでお好きなところがあるはずですのでご参考にしてください。


駐車スペースをそれぞれ3台ずつご用意しております。

両物件はお車で5分程度と近所ですので一日で2邸共ご覧いただけると思います。


ご覧になりたい方はお手数ですが弊社までご連絡ください。

ご招待状をお送りさせて頂きます。

お問合わせ先
ケント・ハウス本社
担当 清水・富沢
TEL 011-746-5545 / MAIL info@kent-inc.co.jp



また、今回はカンディハウス札幌さんにご協力頂きましてarfrex(アルフレックス)Molteni&C (モルテー二)の家具を展示させて頂きます。

この機会に是非ケント・ハウスの家に合うアルフレックスとモルテーニによるコーディネートをご覧ください。


当日家具をご覧いただけない方は、カンディハウス札幌(札幌市中央区双子山4-1-10)にて常時ご覧頂けますのでショップにお立ち寄り下さい。


皆様のお越しをお待ちしております。

ケント・ハウス 草野 (当日はA邸に常駐してます)



ケント・ハウス オフィシャル Face book ページ



札幌の “ 春から秋 ” が、年々と高温多湿になっている気がするのですが・・・


皆様のお住まいの地域ではいかがですか。





こんにちは、モデルハウス担当の川﨑です。


我が家では息子に幼少の頃から “ 一級建築士の資格を持った宮大工になって


仕事先を地球規模で見据えれば、晩年は人間国宝も夢じゃない!”  と


プレゼンしていた私の夢は、


「 北海道の夏以外、耐えられる自信がない 」 とのご意向により無残に砕け、


3勝3敗にて彼の就活はようやく閉幕となりました。( 私ごとで恐縮です。 )






そんな夏の終わりの休日、『 「 君の椅子 」 10年展 』 を観に 芸術の森 へ行ってきました。



「 生まれてくれてありがとう、君の居場所はここにあるからね 」



2006年、旭川大学大学院ゼミから始まったプロジェクト 、今年で10年を迎えるそうです。


2011年の大震災の日、想像を絶する状況の中で誕生した104人の子供たちへ


『 希望の 「 君の椅子 」 』 を贈る取り組みもなされていました。




か・・かわいい (*゜ー゜*)




少子高齢化のいまだからこそ、新しく誕生した子どもたちを


地域のみんなで見守り育て、継承していくという事が大切ではないかと


改めて考えさせられます。





会場には “ 大人の椅子って、こんなにも大きい! ”  と、子とも目線で体験できる


ビッグ トリップトラップチェア が用意されています。




9月13日(日) まで行われていますので、マイホームをご計画されている方は是非、


“ 小さな子供さんから見た大人の椅子 ” を体験してみてはいかがでしょうか。




追伸





せっかく常盤に行くのなら・・・ レ・ディ・ローマ・プラス さんのジェラードは欠かせませんよね!(キリッ



川﨑