BLOG

新名所 「頭大仏」

2016年07月29日

こんにちは、草野です。


今週の休日に真駒内滝野霊園に行ってきました。


お墓参りではなく、大仏を見にいく目的で。




数年前から動いていた安藤忠雄のプロジェクト「頭大仏」。


全然メディアで告知されていなかったので知らなかったですが、つい先日から一般オープンしてたみたいです。滝野霊園のホームページにもしっかり宣伝されていました。


お盆前の今の時期、ほとんどの人が完成したことを知らないようで人も少なく丁度良い時期に見ることができます。



















































丘一面綺麗なラベンダー畑で、中央に頭がぽっこり出てます。

想像していたよりもスケールが大きくてかつ、面白い。

私の子供の「うわぁ~」て叫ぶほど。















































すぐに大仏が見れるかと思うとそうではなく、焦らされます。


まずは巨大な水盤。行った日は暑かったのでコンクリートの壁に囲まれた水盤がとても涼しくみえました。



























こういう焦らしアプローチは好きです。






大仏の周りに山を作って山の中央に大仏が端座しています。

大仏にたどり着くまでは薄暗いコンクリートのトンネルを進むので、その先にある大仏の姿が徐々に見えてくる体験感はいいです。



























頭大仏と言っても頭だけではなく、しっかり体もあります。



























この迫力は実際に体感しないとわからないと思いますので是非訪れてみてください。


東大寺もそうですが周りを壁で囲まれると大仏の迫力が増して見えます。



























こちらを考え深い表情で見ている感じがすごい伝わってきます。




これから名所になり混み始めると思いますので早めに見ておくことをお勧めします!


KENT HOUSE 草野

~ くつろぎの時間 ~

2016年07月15日


一日の疲れた身体をリフレッシュする大切な時間の1つとしてバスタイムがあります。


ボーツと窓から外を眺めたり、本を読んだり、湯ぶねに長く浸かって汗をかいてみたり、

くつろぎの時間を豊かに過ごすことで、明日への活力が沸いてくるかもしれません。



さて、今回は、バスルームの写真を少しご紹介いたします。



























































































ワンちゃんも家族の一員です。専用のお風呂には、給排水設備も付いております。























普段は、時間が無くてシャワーだけで済ませている方も、今の暑い時期だからこそ、湯ぶねに

長く浸かってみては、いかがでしょうか。



KENT HOUSE 清 水




こんにちはアフターサービスの西田です。

最近やっと暖かくなってきましたね。我が家も子供にせがまれ、動物園や水族館に連れて行っています。
そんな季節だからこそ、暖房機器のお手入れのご案内をします。

冬には暖房を長い間止めて点検が中々できませんが、これから暖房業者に少し余裕が出来ますのと、
また、部品がない時なども慌てず対処できます。






ケント・ハウスのお客様のお宅のほとんどはセントラルヒーティングを採用されています。
5年に一度は不凍液の交換や膨張タンクの点検をお奨めしていますが、
それに加えて、熱源により点検する内容も変わります。

灯油式なら分解清掃してすすを取り、
ガスのエコジョーズならメーカーによるファンの清掃を5年に一度はお奨めします。
電気ボイラーも別料金ですが、ご希望の際はメーカー点検をします。

また、1階にボイラーがあり配管圧力が下がっているときは2階のパネルが温まりにくくなる場合があるので、
その時は、業者に依頼してポンプで0.08MPa 位まで上げることをお奨めします。

対象となりますお客様にはダイレクトメールを郵送しますが、
お問合せは電話、info でも受け付けております。

KENT HOUSE   西田

~ 中標津便り ~

2016年06月11日

こちらは、2013年~2014年にかけて設計をさせていただきました中標津の邸宅です。

本日、標津町のお客様との打合せで、中標津空港へ向かう帰り道に立ち寄らせていただきました。

お客様は、数年前より、雑木林であった土地を造成して電気や水道を引き、新しい住宅地を造られました。




写真下は、親世帯とお子様世帯2棟とギャラリー1棟の全景でございます。



























ギャラリーの正面と看板です。


























ギャラリーを後ろ側より見ています。

























ギャラリーには外の景色が見えるようにカウンターを設けています


























ギャラリー内部の展示は現在企画展「鬼才・一原有徳」を開催しています。


























ギャラリーから雑木林を見ています。



























こちらは、親御様世帯となります。


























寄棟屋根の平屋です。


























隣接する2棟の住宅です。


























こちらは、お子様世帯の玄関前です。


























また機会がございましたら、立ち寄らせていただきたいと思います。


本日は、急に訪れたにも関わらず、快くお迎えいただきまして誠にありがとうございます。


ギャラリー 残日舎
住所 標津郡中標津町緑町南1丁目2-18
電話番号 090-9754-7013
入館 無料



KENT HOUSE 草野










こんにちは モデルハウス担当の川﨑です。



1か月くらい前から、モデルハウスの中庭に



ヒヨドリが毎日水浴びをしに来てくれる様になりました。





室内からの撮影で映りが悪いですが・・


ビデオ

今日はこの後、すぐ傍まで寄ってきて



“ モフりたい? ” と言わんばかりのポーズです(笑)






のんびりと水浴び・お食事・おトイレを済ませ、



人懐こいヒヨドリは去っていくのでした。(リア充です。)




これがマイホームから見える景色だったなら・・・本当に癒される空間になりますよね。




モデルハウスへご来場された際、ヒヨドリが来ていましたら、



どうぞ室内から、水浴びをする鳥たちをゆっくり眺めて行って下さい。







追伸





賃貸アパートの私は、休日に癒しを求めて


森彦さんの プランテーション に行ってきました。


そう言えば、スガイディノス札幌劇場に


CINEMA CAFE C3 が出来たそうですね。


カフェだけの利用も可能だそうです。




川﨑




今回は、フリースペース、あるいはスタディコーナーとしてのパブリックゾーンを考察します。






お客さまとのやり取りの中で、たびたび登場するフリースペースの有効活用ですが


プロの手にかかれば、有効活用の域を超えたとっておきの場所になります。















ロケーション重視のコミュニティスペース












一方、”勉強”に目的を絞り、本格的なスタディコーナーを設けた実例も・・・





個別の学習スペース



いずれも2階リビングのお宅です。


1階に子供部屋があるため、2階のリビングの一部に充実したスタディコーナーをつくりました。














KENT HOUSE 富 沢






札幌市内、昨日は暑かったですね。


外にいると、ときより吹く風が気持ちよくもありました。


あまりブログで地鎮祭の写真を載せたことはないですが、とても景色が良かったので写真を載せます。




















今日のように晴れているとまだ頂上に雪の残る空沼岳、札幌岳を見ることができました。






















と言ってもどこの山?って思う方が多いですよね。


そんな山岳が見える場所で工事が始まります!


ケント・ハウス 草野

きらきら

2016年05月09日




暖かい日が続き、春らしい景色を迎えた札幌も、桜が散り始め、季節の移り変わりとなりました。















昨年度にお引き渡しを終えた住宅は、まだ雪の残る寒い日々の中で

一足早い春を迎えていました。








ちょっとした空間や隙間に、ちょこんと置いてみるだけでなんだかすごく美しい・・・









季節の花や、お気に入りのものを散りばめ、

お施主様の色に染まった家はどんな景色を迎えているのでしょうか。







素敵な空間のご一報をお待ちしております。

今後とも長いお付き合いをよろしくお願い致します。


KENT HOUSE 三本木





























先日、お引き渡しを終えた建物です。



まだ肌寒い春の空を背景に、真っ白の直線ラインの真新しいフレームが神々しく縁取っています。


中庭と一体化する大きな窓と、丁寧に設えられたスケール感のある家具も優におさまる広さを誇るキッチン。
















オーナー様がインスピレーションを受けたのは、豊平区にあるケント・ハウスのモデルハウス。




モデルハウスはあくまでもモデルハウス。

目の保養と、お客さまの夢を掻き立てるためにある バーチャルなワンダーランド的存在。

部分的なアイディアは参考になったとしても、ほぼ丸ごと現実のものにすることなど予算が許すはずもありません。

それが、モデルハウスの一般的な概念ではないでしょうか・・・



ケント・ハウスでは、モデルハウスと実際にお客様が建てられる家とのギャップを解消することが、理想的な”価値ある家づくり”

につながるのではないか?と創業当初から現在に至るまでずっと考えてきました。





































2015年完成の15モデルは、「中庭リゾート」をテーマに、水盤やオリジナルのオブジェを始めとする 一般住宅にはない

大胆な発想で切り込んだ力作。



15モデルが完成する前に公開していた、前作の04モデルも、多くのお客さまにモデルハウスと同じプランや仕様を…とリクエストや

オーダーを頂き、11年という歳月、ひたすら支持を集め続けたケントのベストセラーでした。



そのベストセラーだった04モデルに初めて訪れた時の熱いインスピレーションを、未だにその体温諸共思い出せる私は、

前作への深い思い入れに比例するかのように、寂寥感もかなりのものでした。



過去、現在のものの評判が良ければ良いほど、リニューアルには慎重になってしまうものです。



そして、新しい時代の第一歩として こうして現在のモデルハウスに共鳴して下さったオーナーさまの建物が完成し、

ご満足頂けることが清新な冀望となって、励ましてくれるようです。


さらにファンがもっとたくさん増えないかと、春の桜を待つ期待に似た 待ちきれなさを感じるのでした…




KENT HOUSE 富 沢

待望のお客様

2016年03月31日

先日  竣工時にご紹介させて頂いた オーナー様の所に、待望のお客様がやって来ました。







主寝室 ベッドサイド 窓越しの写真です。



オリジナルのバードフィーダーを用意して待ちわびていた所、先日やっと来てくれたとご報告を頂きました。

周辺にカラスも多い事から、希望の鳥が来てくれるかどうかをご心配されていらっしゃいましたが、

ついに来たと、感激のご一報でした。



朝 目覚めた時にこの光景を目にする事が出来るなんて素敵ですね。

向かいの林にはリスも見かけましたので、いつ来てくれるのか、私共も楽しみです。



この様な自然に囲まれて、これから迎える春がどんなに楽しみな事かと思います。



次の訪問者のご一報、楽しみにお待ちしております。









KENT  HOUSE      田中