BLOG





ケント・ハウスでは、世界で活躍された建築家の建物、


異国の文化・美術・衣食住に触れ


新たなモノづくりに活かすべく、今年も海外研修へと旅立ちます。



今回の研修先は『 南フランス 』です。



南フランスと言えば、太陽きらめく美しい地中海沿岸の


優雅なリゾート地ニースやモナコ・カンヌ、


その対極とも言える 自然と建築が調和した美しい村 “ ゴルド ”


セザンヌやゴッホなど数多くの画家に愛されたプロヴァンス


そんな美しく優雅なイメージが色濃くありますが、



20世紀を代表する建築家 ル・コルビュジエの最高傑作と言われる


巨大集合住宅 “ ユニテ・ダビシオン ” や


世界遺産のゴシック建築・古代ローマ建築が美しく存在しています。



見どころ満載でどこまで吸収できるか分かりませんが、


社員一同しっかりと学んできたいと思います。



また、美食とワインの国ですので、心持ちふくよかになって帰ってきても


どうぞ温かく見守って頂けると幸いです・・・






つきましては、研修旅行期間中の営業時間のお知らせです。


ご迷惑をお掛けしますが何卒宜しくお願い致します。



日程 1月23日(木)~1月28日(火)


営業時間 AM9:00~PM5:00まで



※ 尚、マイホームセンター札幌会場内モデルハウスは


定休日の水曜日を含む1月22日(水)~1月29日(水)はcloseさせて頂きます。




川﨑

謹賀新年

2020年01月01日

明けましておめでとうございます。

昨年は、格別のご厚情を賜り厚く御礼申し上げます。

ケント・ハウスは、今年の3月で創業28年目を迎えます。







































これまで会社が継続出来ていることは、素敵なお客様達との出会いと協力業者様の力強いサポート、

社員の努力あっての賜物であると深く感謝しております。

昨今は、オーナー様の友人・知人、ご親族様からの依頼も多く、また、オーナーのお子様達が

入社してくる時代となりましたことを大変嬉しく思っております。

これからは、次の世代へと繋ぐ責任を果たすため、社員の教育、モチベーションアップへと一層

取り組んでまいります。




本年も皆様にとって素敵な1年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。


2020 年 元旦

ケント・ハウス 藤本 忠宏





ケント・ハウスでは、年末年始の休業を下記のとおりとさせていただきます。


■ ケント・ハウス本社およびマイホームセンター札幌会場 (豊平モデルハウス) ■


2019年12月28日(土)~12月30日(月) 営業業務休業



※アフターサービス電話受付は9:00~17:00までとさせていただきます



2019年12月31日(火)~2020年1月3日(金) 完全休業


2020年 1月 4日(土)より通常営業致します。




今年より、社内の労働環境を改善するため完全休業日を設けております。

お客様には、大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解の程お願い申し上げます。

来年もケント・ハウスをご愛顧いただきますようお願い申し上げます。




2019年12月23日、今年最後のお引渡し宅より





今年も素敵な出会いをたくさんありがとうございました。



ケント・ハウス 社員一同





一年を振り返って

2019年12月22日

じっくり腰を据えて色々挑戦・改善をしていこうと思った一年でしたが、やっぱり今年もあっという間に過ぎてしまいました。

やりたいこと、やるべきことが多すぎてまだまだ消化しきれていませんが貯め込まず、まずは行動し、前に進めていきたいと思います。


今年も本当に多くのお客様にご検討・ご契約いただきましてありがとうございました。

またオーナーの皆様につきましても大変お世話になりましてありがとうございました。

私たちの会社は営業マンがいません。それでいてこれほどにお客様からご計画のご相談を頂けているということは本当に幸せな事だと思っています。

年月が経つたびにご相談の数、内容も深くなって、最近では3世代に渡りそれぞれのご計画を弊社に委ねて頂きました。

それも建てられた方の率直なご感想、ケント・ハウスの家を訪れた方の感想で次へと繋がっていると実感しております。

本当に今年も皆さまありがとうございました。


来年2020年は28年目を迎え、2022年には30周年。

社内的には30周年オーナーズパーティーの準備もそろそろ始めないと・・。

ということで来年もケント・ハウスは頑張ります!!

ケント・ハウス 草野

無機と有機の融合

2019年12月19日

無機質な素材を多用しながら、有機素材との均整を計ったお宅をご紹介いたします

玄関



ホール

キッチン

リビング
























今後も色々とご紹介させて頂きます




















KENT HOUSE 田中



雪と落ち葉が可愛らしい中庭の様子です。




こんにちは モデルハウス担当の川﨑です。



降雪が始まる頃、毎年 年賀状をどうするか少し悩むのですが、


お返事に気を遣わせしまうのも本意ではないので


個人的な年賀状は極力控えています。




それでも毎年、顧客名簿を眺めては “ どうしているかしら? ” と


打合せを重ねていた頃の様子を思い出します。




中には全国的にご活躍されている有名な方もいらっしゃるので、


プライバシーの面でも、気軽にご連絡する訳にもいきませんが、


気持ちはいつも応援させて頂いています。







という事で、今回はオーナー様のご了承を頂いてご紹介させて頂きます!




2020年1月いよいよテレビドラマがスタート。


著者であり弊社オーナー 東元俊哉様 の 『 テセウスの船 』


豪華キャストで日曜劇場TBS系列、夜9時から・・☆彡



コミックは9巻が発売され、来月には最終巻10巻が発売されます!



ドラマは大抵、原作を少しアレンジしてあるものも多いので、


どんな風なアレンジなのかも含め、どちらも待ち遠しい限りです♪



機会があったら皆様も是非ご覧になって下さい。




ミステリーなのに泣けちゃう場面もあり( これ以上は控えますが笑 )


心にグッとくる作品です。





サインを頂きましたが、ご本人はとてもイケメンさんなのに、


手書きのイラスト同様、ほっこり優しい印象の素敵な方です。




どのオーナー様にとっても居心地が良く、お仕事も捗どり


ご家族に笑顔が絶えない家でありますように・・




川﨑























十一月も終盤を迎え、冬支度にあわただしくされていることと存じます。例年より少し早い発送になりましたが、

今年の KENT HOUSE 冬のギフトは、復刻版オリジナルハンガーをお届けしております。


既にご存知のオーナー様も多いかと思いますが、新築されて1年目のお客様、これから着工を迎える

お客様からのお問い合わせもあったため、毎年、感謝の気持ちを込めて会社で継続していることを

ブログで発信させていただきました。



箱のデザインは、7月くらいから社内でコンペを行い、8パターンほどのデザインが集まりましたが、

投票の結果、入社1年目のスタッフの案が一番人気で採用となりました。

限られた予算の中でのオリジナル商品製作ではございますが、皆様に長くお使いいただけましたら嬉しいです。





KENT HOUSE一同


建築散歩2

2019年11月15日




札幌も初雪を迎え、いよいよ本格的な冬が訪れます。

今回は、8月のブログで触れたスイスでの建築巡礼のお話のつづきです。






スイスのチューリッヒ駅から電車を乗り継ぎ約2時間。

最寄り駅サンヴィッツ駅へ。

広がる風景はTHEスイス。絶景のパノラマが広がります。





そこから目的地は徒歩で1時間ほどの登山の先。

6月初旬でありながら気温はまさかの30度超え。

横を流れる湧き水で濡らしたタオルを頭に巻き、かなり怪しい風貌でひたすら進みます。

途中にある民家の石垣に腰をおろし休憩していると、

車が横をスイスイと駆け抜けていくのが余計に疲労させる。先は長い・・・。






そんな苦労を経て出会うことができるのが、






聖ベネディクト教会 Saint Benedict Chapel/1989/ピーター・ズントー Peter Zumthor





ズントーは2009年にプリツカー賞を受賞したスイスを代表する建築家です。

この小ぶりな教会は彼の出世作であり、代表作の一つ。

壮大なアルプスの山々を背景に、小さな村の景色の中に溶け込みひっそりと佇んでいました。

ファサードを構成している木片の鱗が経年変化でまだらに色を変え、

豊かな表情を生み出しているのもまた美しい。






疲れが吹き飛ぶほど幸せな時間でした。













帰り道の出会い。

もし行きたい方がいらっしゃいましたら、レンタカーを借りることをお勧めします。。。


KENT HOUSE 三本木

長×○○

2019年11月03日

10月は、5件のお引渡しをさせていただきました。

そのうちの1件をご紹介させていただきます。


長い塗壁に誘導されるLDKは、

























大きなウエーブを描く間接照明によって照らされます。






































廊下には雲梯。

仕事・勉強の気分転換、そしてトレーニングにはぴったりです。


























一歩家に入ると、細長い廊下と縦長な吹抜けとが相まって大きな迷路に迷い込んだ気分になりました。

年末にかけて多くのお引渡しがございます。

また、新たなケント・ハウスを皆様にお届け出来ますように。


次回もお楽しみに!



y.masuda






~ 色々な家づくり ~

2019年10月12日

日に日に秋らしくなってまいりました。

今回は、春に着工してから最近お引渡しを迎えたお宅を少しだけご紹介させていただきます。



こちらは、大きな吹抜けと世界の3大銘木、チークを基調色とした明るい木目が魅力的なお宅です。












































こちらは、土地面積37坪、アプローチは楽しく、2Fは、LDKと和室を自由に動きまわる動線のお宅です。












































こちらは、リビングからまっすぐにのびるL型階段とタオル掛け暖房のあるお宅です。


























こちらは、ナラの柾目と板目をミックスしたケントオリジナルの建具です。



























ずっしりとした存在感あるフレームには、グリーンのアクセントがポイントのお宅です。











































ケント・ハウスでは、土地やプランのご相談からお客様との家づくりがスタートします。

豊平のモデルハウスをご覧いただいたり、ご紹介であったり、ホームページで見つけられたり、

窓口は様々です。最初はお互いに緊張をしながら話が進んでいきますが、私共はプランニングが

一番大事と考えていますので、出来ること、出来ないことに関わらず、思いをお伝えいただければ、

きっと素敵な家づくりになると思います。



KENT HOUSE 清 水