BLOG

こんにちは。アフターサービスの西田です。

これまでオーナー様からお問合せをいただいた、ご相談内容を少しずつご紹介していきたいと思いますので、

どうぞよろしくお願いいたします。



さて、今回の一つ目は、「 シャッター 」のお手入れ方法についてです。




オーバースライダーのシャッターの場合は、シャッターを上げた状態で、両側レール内の各スラット板のローラーに

シリコンオイルもしくは三和シャッター採用の潤滑油をスプレーしてください。

また、スラット板の表面(裏表ともに)などに雪がつきましたら払って、シャッターを持ち上げながら動かしてみますと、

モーターに負担がかかりにくくなります。








巻き上げ式のシャッターの場合は、両側のガイドレールの汚れをはけなどでしっかりと払ってから、シリコンオイル

をスプレーしてみてください。雪が表面に付いたりしましたら、シャッターは動きにくくなりますので、いずれもシーズン

前にお手入れさせることをおすすめいたします。






二つ目は、「 埋込の散水栓 」の話です。

こちらも寒くなると、ご相談が多いのですが、立ち上がった散水栓の管の汚れを雑巾で拭いてから下げますと

内部パッキンを傷つけにくいので、長持ちするそうです。

製品奥のパッキンが傷ついてしまうと、ロッド(管部分)を交換しなければならなくなりますので、ご注意ください。

また、立ち上げたまま放置しますと、水抜きがされていないので、使用後は、管を下げることをおすすめいたします。

また、きつくてしまいにくい場合は、一度引いてみてから押してみてください。






三つ目は、 「 LED電球 」の話です。


数年前、蛍光のダウンライトに良く使っておりました、パルックボールのスパイラルは、生産終了となりました。

各メーカーは、LED電球の代替品を発売しておりますので、一部をご紹介いたします。


↓ これまでの電球 (ダウンライトの中にソフトクリームのような形をした電球)








↓ 新 代替品のLED電球 (パナソニックより)






こちらのLED電球は、電気工事不要です。



上記、試してみてもうまくいかないことや、他、リクエスト、ご不明な部分などございましたら、お気軽にご相談ください。




KENT HOUSE 西田



待望のお客様 Ⅱ

2016年11月18日

今年の3月に建物のお引渡しとなりましてから、早くも8ヵ月が経過いたしました。

このたびは、貴重なお写真をお送りいただきまして誠にありがとうございます。



オリジナルバードフィーダーには、向かう冬を目の前に、2人目のお客様が訪れました。





社内、なごやかな雰囲気で写真に見入っております。

KENT HOUSE 田 中


~ 始まる新生活 ~

2016年11月05日

こちらは、先日お引渡しをさせていただきました、南区の邸宅です。

緑と山のパノラマが楽しめる立地にあります。

今回は、リビングとダイニングがひとつながりになった大空間を少しご紹介させていただきたいと思います。
























構造上、大空間に必要となった中央の柱は、ガラスのショーケースでデザインされております。
























オリジナルのキッチンは、奥様のご要望から手元が隠れるように立ち上がりが付いております。

























下の写真は、通路となります。

左下は、ご家族皆様が利用出来る大容量の本棚が造作されています。


右下は、お子様のご要望から生まれた 「 雲梯(うんてい) 」 です。

初めて調べてみましたが、名前の由来は、雲にも届きそうなはしご」、ということからその名が付いたようです。

ちょっとした室内の運動にとても良いですね。

























気づきましたら、モデルハウスにご来場いただいてから、今月でちょうど3年目を迎えられます。

ご計画中は、長い道のりでございましたが、今ではとても楽しい思い出をありがとうございます。


リビングガラスのショーケースには、その歴史が飾られることを大変嬉しく思います。






















いつか見た夢が形となり、新しい生活のスタートでございます。

これからは、オーナー様として末永いお付き合いをどうぞよろしくお願いいたします。






~ 追記 ~

翌、11月6日 日曜日

お写真をお送りいただきまして、誠にありがとうございます。

早速、こちらのブログにも飾らせていただきました。






































雪だるまがお家の中を眺めております。完成度が高く、とてもかわいらしい姿です。




























KENT HOUSE 清 水






~ モデルハウスより ~

2016年10月26日

視点を変えて見ると、違う世界に出会えるかもしれません。

















































豊平マイホームセンターにあります、モデルハウスは、何度訪れていただいてもお客様を快くお迎えいたします。

いつでもお気軽にお越しいただき、ゆったりとした時間をお楽しみ下さいませ。



なお、水曜日は定休日となりますが、事前にご連絡を頂けましたら、ご覧いただくことも出来ます。





KENT HOUSE より















































































先日、アルフレックスジャパンさんよりご招待を受けて山梨県の「カーサミア河口湖」に行ってきました。



カーサミア河口湖は富士山の一合目に位置し、広大な敷地に30年ほど前に建てられた現実的なスケールと設備を持ち、家具を「見る」のではなく家具を含め良質な住空間を「体感」するという施設です。




それぞれコンセプトの違う3棟のモデルハウスとプレゼンテーション施設、食事も可能なクリエイティブスペースの計5棟を一つ一つ説明を受けながら見学。

























































































































































































家具のデザイン、機能に限らず、その空間に置いた時のレイアウト、欧米での日常のくつろぎ方のマナー等多くの事を学ばせてもらいました。


見学日は実際にアルフレックスの家具に囲まれ、寛ぎながら一夜を過ごしました。


寝具に至るまでアルフレックスを体感することができたのは貴重な体験だったと思います。





アルフレックス ジャパン
http://www.arflex.co.jp/


1951年 イタリア ミラノでArflexが誕生

1967年 保科 正氏がArflexにて家具作り、ライフスタイルを学ぶ

1969年 創業者 保科 正 氏がArflex japanとして設立、日本のインテリアデザインの改革を先導してきました。


アルフレックスの品質について

・快適な使い心地

・空間を引き立てることを前提としたシンプルなデザイン

・20年、30年引き継いで修理することが可能な耐久・メンテナンス性

・座り心地の快適さと堅牢を追求し、長く安心して使える耐久性

・自宅で変えることが出来るカバーリングシステム

・搬入時にも分解できるよう考慮した合理性

創業時から変わることないものづくりの思想を持ち続けています。









































































ケント・ハウス 草野




~ sozai ~

2016年10月03日


































素材の使い方が魅力的な今回のお宅。



ダークな色合いでまとめても、ちっとも嫌味にならないのは素材感のなせる業ですね。
























































モルタル

ガルバリウム

RC


それぞれの個性を引き立て合い、調和するファサード。














































KENT HOUSE 富  沢


暑い夏、ヒヨドリの水浴び風景が、涼しげな空間を演出してくれていました。


(画像クリックして頂くと水盤横の台にとまっている小さな姿を見て頂けます。)




こんにちは モデルハウス担当の川﨑です。



モデルハウスを新しく建替え1年半、お陰様でご来場者数はいまだ多く、


遠くから、また何度となくご足労いただく方もあり、心から感謝申し上げます。




そんな中、「このモデルハウスのまま住みたい!」と希望され


その夢を叶えられたオーナー様が立ち寄って下さいました。


「 お庭に咲いた草花を摘んできたの♪ 」 と、小さなグラスご持参で・・



涼しげで可愛らしいお花&奥様のセンスにキュン死します・・




同じお花を今度はモザイクタイルの前に飾ってみました。



生けたお花の角度や位置も多少違うのですが、醸し出す印象は随分と変わりますね。



背景・環境・バックボーンが違うと、同じものでも違う印象になるということを改めて感じた夏の一日でした。


可愛らしいお花をどうも有難うございました♪



追伸




ツタヤ美しが丘店 があと少しでオープンですね。


コメダのシロノワール は早速食べに行ってきました!


食欲の秋、私のなかでは既に始まっています(笑)





川﨑




夏のフィナーレを飾るにふさわしいお宅の完成です。





美しさに”過ぎる“ことはありません。。。






完成度の高さに“過ぎる”こともありません。














































KENT HOUSE 富 沢






























~ 住まいの到達点 ~

2016年08月19日

今回完成した建物は、ダイナミックな平屋です。






広々とした美しい庭は、そこに存在するだけで圧倒的なインパクトを残します。





そして、完成度の高い内装も、思わずため息がでるほどに人々をトキメかせます。








本物が散りばめられたこの空間に暮らし、馴染み、しなやかにその美意識を高めていく“家”と“人”との到達点





不変の豊かさをご提供するために、これからのサポートにもご期待ください。



KENT HOUSE 富 沢

~ 祝 ・上棟 ~

2016年08月14日

先日、上棟式に参加をさせていただきました。

ケント・ハウスでは、これまで地鎮祭は、着工前に多くのお客様が行っておりますが、

上棟式の挙行は、とても珍しいことでしたので、この機会に写真で少しご紹介をさせていただきます。




























































































式典が終わりますと、家の正面となるスペースに施主様が、屋台のやきそば、くじ引き、ヨーヨーなどを準備され、

周囲は楽しいお祭り会場となっておりました。




























ご近所に少し声をかけただけで、たくさんの子供たちが集まり、撒かれたお菓子やお餅を拾いに行く光景は、

どこかとても懐かしい気持ちになりました。


このたびは、楽しい時間をいただきまして誠にありがとうございます。

今後とも頑張ってまいりますので、引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。


ケント・ハウス 清 水