BLOG

 

 
今回は、住まいのポイントをキッチンに置いた実例のご紹介と、ケント・ハウスの造作キッチンについてお話します。

ケント・ハウスでは、お気に入りのメーカーのシステムキッチンをチョイスしていただいたり、オリジナル造作キッチンのデザインを

ご提案させていただいたりなど、お客さまのご希望や生活スタイルを伺い、リクエストに応じています。

しかしながら、造作キッチンの魅力を了知してしまったお客様が、それでもなお、システムキッチンを切望されるケースは

皆無に等しく、造作キッチンありきにシフトされるケースが圧倒的多数を占めています。

ひとたび触れると、存在感が加速する。。。

オリジナルキッチンは、妥協しない家づくりを目指しているお客さまにとっては、まさに理想のカタチと言えるでしょう。
 



では、造作キッチンは、具体的にどのような魅力があるのでしょうか。

まず、自在にレイアウトができ、さらにそれにアレンジを加えて機能性を充実させ、ビジュアル性の高い

“水回りの家具”のように設えることができるのが大きなメリットです。

そのため、リビング、キッチンなどのスペースをはっきりと区切らなくとも、空間全体の統一感を演出することができ、

プランの自由度が約束されます。

また、一般的に、メーカー品は商品のサイクルが早いため、廃盤を理由に一部の劣化においてもパーツの入手が困難になり、

メンテナンスの苦労がつきものなのに比べ、造作キッチンでは比較的柔軟に対応することができます。

キッチンに限らず、家は末永く愛用するものだから、生産性の高い量産の商品と、カスタムメイドの商品を比較するにあたっては、

耐久性やメンテナンス性、コストパフォーマンスなどの優劣のジャッジは長期的な視野に入れて判断するべきでしょう。

 
さて、造作キッチンの利点はそれだけではありません。 

実際にオリジナルキッチンを使っているお客さまの声に日々耳を傾け、改善点を明日にでもアップデートできる

スピーディな現場力は、大量生産の大手メーカーではとても真似のできない、ケント・ハウスの造作キッチンが誇る敏捷性でもあります。

オリジナル造作キッチンは、日進月歩でお客さまの胃袋へとつながってゆくのです。


重厚感のある天板と、艶のある素材でラグジュアリーなプロポーションを完成させたキッチン
 

では、一般的なハウスメーカーでは、なぜ造作キッチンを積極的に取り入れないのか?

という単純な疑問が沸いてくる方もいらっしゃると思います。

…その答えは、手間。

既製のものを規定の寸法に設置する方が、何倍も楽だということは多くの人が想像できることですが、

実は、原価においても同じことが言えます。

造作はひとつのキッチンを完成させるにあたり、資材や部品など仕入れ先の会社が複雑に関与している点や、途中段階の少しの変更で、

予定の価格を大きく上回ったりなど、蓋を開けてみると施工側にとって割に合わないという事態が起こるリスクを含んでいます。

その矛盾点をなくすために、真っ先に行った作業が、単価の取り決めによる原価の管理。

それを軌道に乗せるまでの苦労があったから、ケント・ハウスの今のカタチがあるのです。


大胆な間接照明をデザインに取り入れた印象的なデザインのキッチンは、キッチンというより近未来のオブジェ

 

また、キッチンに限ったことではありませんが、造作ものは、 会社や担当者の知識と経験が無ければ現場は混乱します。

工事をスムーズに進行させるためには、詳細な図面や先読みを含めた的確な指示が必要となります。

ケント・ハウスは、分業化により技術者のプロ集団を育成し、造作に特化したオートメーション部隊をつくっています。

さらに、お見積り提出の段階で、詳細な図面を完成させ、ご契約後の価格の変動をできる限り無くすとともに、

あらゆる面での効率化、迅速化を目指しています。 これは、全国の住宅業界でもほとんど例をみないシステムです。


浮遊感を演出したシンク天板と、ランダムなチークをエレメントの要素に取り入れた遊び心のあるキッチン

 

オーストリアの高級金物 ブルムを標準仕様としたオートマチックな引き出しは、開閉が滑らかで使い心地が抜群




家の中心にキッチンを招き 機能、デザイン共に理想を追求したキッチンは、まさにキッチンありきの家の代表格
 


お客さまのご要望にこたえ、3Dタイプの深型シンクを取り入れた用の美を極めたキッチン

 
ケント・ハウスのこうした技術力が結集して、世代を超えてもコンテンポラリーであり続けられるキッチンを生み出して

いる今日があるののです。

 

KENT HOUSE 富 沢

RC × Black Walnut

2014年07月15日

久しぶりにブログを書かせて頂きます、増田です。

実は、あるご縁があり、RC11階建て賃貸MS(マンション)最上階オーナールームの内装を、

KENT HOUSEで設計プロデュースさせて頂きました。

オリジナル家具・建具工事を始め、床材まで弊社で御支給させて頂き、

非常にKENT HOUSEらしいMS(マンション)の一室が完成しましたので、その一部をご紹介致します。
























このプロジェクトの始まりはちょうど1年前・・・。
去年の7月に遡ります。

建築の基本設計・施工は、既にお客様と契約されたゼネコン様で杭工事まで進んでおりました。

お客様とゼネコン様、弊社の三者での打合わせ・会議・協議が幾度となく行われ、躯体工事に関する内容がまとまり、

今年4月に漸く躯体が完成。

そこからさらに、6月末の完成までお客様と重ねに重ねたお打合せ・・・。

完成間近には、お客様と現場監督と夜遅くまで工事現場で協議したりと・・・。























デザインや施工的な納まりの一つ一つまでこだわっていらっしゃったお客様でしたので、

私達も妥協を許さず全力でぶつかり、過去に施工した事の無い納め・手法を協議し、

現場の方々のご協力で、先日ようやく完成に至った次第で、お客様の想いが形になった瞬間です。



































KENT HOUSEは現在、木造住宅を造っております・・・。


弊社に入社以前、RC・SRC造を専門に施工してきた私にとって、今回の実績はとても楽しく、

KENT HOUSEとして新たな可能性を発見出来たプロジェクトでした。



これからも、完成した「家」がお客様の笑顔に繋がる様、努力してまいります!



KENT  HOUSE   増田




こんにちは モデルハウス担当の川﨑です。





世の中はワールドカップの狭間に現れた巨大勢力の台風に


目が離せなくなりましたね。那覇の様子がネットに出回り心配しています。




Wカップと言えば、残念ながら日本チームはグループリーグ敗退し、


大震災を体験してもなお日本に残りチームを指揮して下さった


親日家と言われるザッケローニ監督の退任や、




死の組と呼ばれるブループDを突破し、


見事なラインコントロールと集中力を見せたコスタリカの試合が


とても感慨深い出来事でした。




そのWカップにまつわるお話といえば、『 2002年のWカップの開催地候補 』 に名乗りをあげ


野球やサッカー等、“ 多目的に利用出来るドームスタジアムを ” と、完成させたのが


札幌ドーム と呼ばれる 、愛称 『 HIROBA ( ひろば)  』( ご存知でしたか? )




あの銀色に輝くステンレス (  【 Stainless Steel 】 の略称で


【 さびにくい 銅 】 と言う意味 ) の屋根が特徴ですが、




( この日は野球、お決まりの風船タイム )




設計とお料理と数学と将棋しかしないともっぱら噂、東京大学名誉教授 原広司氏による設計


世界初 “ ホヴァリングステージ ” ( 移動式天然芝サッカーフィールド )  を採用した


多目的に利用出来るデュアルアリーナです。





( 大谷vsマエケン初対決・・行ってきました )





来年3月に向けて、今は一基しかない大型ビジョンを


左翼スタンド側に増設し、右翼側のビジョンも更新するそうです。




私のお気に入りはココ ( 笑 ) 通気口です。




設計は依頼した方の想いを形にする反面、


設計者ご本人の “ ここが一番お気に入り ” っていう所があるのではないかな?と


いつも思うのですが・・




弊社でプランをお試し下さったお客様へ

そこをお聞きになるのは、ぜひご計画が終わってからをお勧めします。


( 多分、年内では言いつくせないほど溢れてくるのではないかと・・笑 )





追伸

くれぐれも自然災害にお気を付けてこれからの夏をお楽しみください。


川﨑




建築の専門誌である日経BP社の「日経アーキテクチュア」「日経ホームビルダー」「日経不動産マーケット情報」の三誌合同特別編集冊子にケント・ハウスが取材を受けまして紹介されました。


詳しくはケント・ハウスのお知らせの記事ご覧ください。



NEWS ケント・ハウスのお知らせ



KENT HOUSE  草野

雲海

2014年07月01日

こんにちは。

久しぶりのブログを書きます草野です。

前回書いたのが3月で、もう7月になってしまいました。あっという間です。



今更な話ですが、5月末にゴルデンウィークの休暇を頂いて行ってきたトマムの話です。





そこで見に行ったのが雲海


































写真やグーグルイメージで見たことはあったのですが本物を見たのは今回が初めて。

天候に左右される自然現象+早朝にしか発生しないので見れたときはラッキーらしいです。



発生する原理

夜半、山間部などを低気圧が通過して湿度が高くなったとき、放射冷却によって地表面が冷え、それによって空気が冷やされていく。

ここで風の流れがない場合に、冷えた空気はその場に留まり、さらに冷却され続ける。

やがて一帯が飽和状態となり、空気中の水分が霧となって発生する。このときの様子が、山頂などの高所からは雲海として観察できる。

ウィキペディアより引用



ということで山頂までゴンドラで行ったのですが下から見上げてもただの曇り空にしか見えない雲が山頂から見下ろすと

本当に綺麗な雲海を作り出していました。





自分のスマホで撮った写真ですが簡単に撮った写真でもここまで綺麗に写ります。


































実物は写真よりもはるかにインパクトがあり良かったです!





海を眺望したり、夜景を眺望する住宅はありますが、雲海を眺望する住宅なんて聞いたことがないですね。

是非機会があれば挑戦してみたいです。

そもそも山頂に住まなければいけないのでいろいろな覚悟が必要かもしれないですね。

KENT HOUSE 草野