BLOG

 

 

 

 皆さまがマイホームに1番に求めるものは何でしょうか?

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

快適性、安らぎ、暮らしの豊かさ・・・

 

すべてに共通する基本は、安心できるプライーベートな空間だということがポイント。

 

家族のプライバシーが守られてこそ、快適性も安らぎも、そして豊かさも手に入れることができるのです。

 

光と風をもたらし、なおかつプライバシーが保たれる中庭のある暮らしは、ケント・ハウスでは最もポピュラーなプランです。

 

中庭は、お手入れが最小限で済むうえに、バーベキューや憩いスペースなど多目的に使えるのも魅力ですね。

 

 

 



9月にお引き渡しをさせていただいた こちらのお宅は、

玄関、リビング、ダイニングと3方向から大きな窓を通して

美しい中庭を眺めることができるプラン

 

迫力のあるシンボルツリーとオリジナルオブジェをバランスよく配置した

光が共演する中庭は、住宅というよりもむしろ、ホテルやレストランを

想像させます。

 

夜の闇にLEDの青い光が妖しい存在を放つオブジェは、

見る人の感性を常に刺激します。

 

雪が降ると、シンボルツリーのイルミネーションとオブジェの光が

さらに鮮やかに中庭を彩ることでしょう。
 

 

 

 
 

いくら間取りが広くても、閉鎖された単一な空間では、魅力的なプランとは言えません。


 

 

  

   

解放された充実感は、視界を通し体に浸透するもの。

もちろん、“人目を気にすることなくくつろげる” 

という条件が大前提です。
 

 

  

  


  


プライバシーの保護と解放感    


  

相反する2つの条件を手に入れることのできるコートハウスはお勧めです。 


 

     


    

 


 心から満足できる住まいを望むなら、『それが良い』 と思える感覚が一致する相手とでなくてはなかなかうまくいきません。   
 


いわゆる、“フィーリング”です。   

 


  フィーリングが合う、合わない、を判断するのは実際にプランを試すのが、1番わかりやすいもの。   

 


   家づくりでは、素敵だと思えるもの、大事だと思える部分の共感性が何よりも大切。   

 
 そこは、妥協せずに、とことん追及しましょう。   

 
 直観的な “ツボ” が合えば、時間がかかる買い物のマイホームであっても、きっとアッという間に思えるはずです。   
 

 

KENT HOUSE 富 沢