BLOG

ラスベガス研修 前編

2016年02月15日

今年の研修旅行先は アメリカ ラスベガスでした。


世界一流のエンターティメントがここにギュッと凝縮されています。

その一滴一滴が、ラスベガスを象徴しているビッグスケールなホテル群であり、

夜毎繰り広げられる華やかなショーであり、一攫千金を夢見た大人たちが不眠不休でのめり込むカジノであるとするならば、

ひとつひとつが桁違いで濃厚なのも深く頷けます。







私たちはラスベガスの魅力をすべて吸収して学んでまいりました。

各々が各ホテルを見学して歩き、全員でシルクドソレイユの「O」を見学し

夜になるとカジノで人生の厳しさを学ぶ・・・(こちらは任意でしたが)





全世界のホテルの規模ランキングを見ても、ベスト15のうち、10のホテルはラスベガスにあります。

(余談ですが、16位は日本の品川プリンスホテルです)

15位以下もやはりラスベガスのホテルが目立ちます。





私たちが宿泊したホテルでも、部屋にたどり着くまで距離がありすぎて迷うほどです。



テーマ性のあるホテルがとても多く、奇抜な発想を現実にした過程もみてみたくなりました。













ここ、ラスベガスは今から170年前は砂漠の荒野でした。

「ラスベガス」と名付けたのは、この地に砂漠の中のオアシスを発見したスペインの探検家だそうです。

ラスベガスはスペイン語で草原を意味しています。

当時の人口はたったの25人。。。

急速にここまで成長させた軌跡を語るにあたり外すことができな人物がいます。

その男の名はマフィアのベンジャミン・シーゲル

通称 バグジー

ラスベガスのパイオニア的立役者でありながら、その死を持ってして

ラスベガスを人気の町に押し上げたという皮肉なドラマがラスベガスにはあるのです。



次回は、私たちが学んだラスベガスの建築事情についてです。



KENT HOUSE  富  沢

ケント・ハウスでは、グローバスな視点で物ごとに取り組むという目的で


下記の日程にてアメリカ ネバダ州 ラスベガスへ旅立ちます。

1/28(木) ~2/1 (月)


ケント・ハウス創業以来、ラスベガスは今回で3回目の渡航です。



余談ですが、過去の研修旅行先をおさらいすると・・・


2015 カンボジア (シェムリアップ)


2014 インドネシア (バリ島)


2013 香港・マカオ)


2012 アラブ首長国連邦(ドバイ・アブダビ)


2011 ドイツ (フランクフルト・ルクセンブルク・ハイデルベルク)

2010 トルコ (イスタンブール・カッパドキア)


2009 アメリカ ラスベガス



さらに、イタリア、フランス、アメリカ(ニューヨーク)等々

時には歴史的観点から建造物の息遣いを感じ、時には近代建築の技術を学び、時にはホテルや内装デザインに触れ・・・




そして、モノづくりの視察のため、普段はなかなか見ることのできない工場を見学したり、と実に多くのことを学んできました


今回は、来年25周年パーティを視野に入れたエンターテインメントな分野の参考になることを期待しています。







尚、研修旅行期間中の営業時間は 9:00~17:00 となります。


研修旅行期間中はご不便をおかけしますが、何卒よろしくお願い致します。



KENT  HOUSE 富 沢


こんにちは、草野です。

先日、北海道を代表する建築家の倉本龍彦氏の自邸が見学できるということで参加してきました。

倉本氏の良く知られている作品にはニセコ町の「ばあちゃん家」という地面に突き刺さった印象を受ける外観の住宅があります。

個人的に好きな革製品ブランドのソメスサドルが好きですがそこの工場兼ショールームも。

身近なところでは豊平区月寒にある「たくんち」現在はサッポロ珈琲館月寒店。近所なのでたまに行きます。

この他たくさん北海道に作品を残されています。



見せて頂いた自邸は清田区の住宅街に立っていました。






建物は南側の庭に開かれ、玄関へのアプローチを過ぎると開かれた庭があります。






住宅街を感じさせないよう配置された窓からの景色が最高でした。






外壁にはモルタルにくし引仕上げやレンガを使い、内壁はプラスター塗り仕上げ。






和室の作り方は純和室でも洋風でもなく、通路を含めて4畳半。それが2室続く。とても居心地の良い空間でした。






いつもの感覚と違う空間を見るとワクワクしてきます。














全ての部屋という部屋を見せてくださいましたので、内部の作り方やディティールを含めて参考になりました。

見せて頂きましてありがとうございました。

草野


こんにちは モデルハウス担当の川﨑です。



暴飲暴食に明け暮れていたのがほんの一週間前とは思えないほど


毎日が足早に過ぎていきますが、皆様はどんな年末年始をお過ごしでしたか。





我が家ではここ数年、近くに住む両親の分も合わせておせち料理を作っています。




他にローストビーフ諸々作り、万全な態勢で臨みましたが


食べ慣れた味付けになるせいか手をかけた割には早々に跡形もなく消え去り、


あとは明日1月11日の “ 鏡開き ” のお餅を待つばかり(笑)



鏡開きと言っても、そもそも我が家には床の間もなく、刃物を避けて食する為や


衛生面の考慮で “ プラスチック容器に充填したお餅タイプ ” を用意しており、


もはや “ 飾り餅 ” と称したいところですが・・・



業界トップの某メーカー様のホームページ→ には沢山のレシピがあったので、


今年はそちらを参考にしてみようと思っています。






お料理する時、お食事する時、飲食と共に会話を楽しむ時・・


年末年始に限らずダイニングキッチンで過ごす時間は多く、


あたたかな空間から ふわふわと降る雪やキラキラと光るイルミネーションを眺めることが出来たら


それだけで幸せな気持ちになれる様な気がします。




ちょうど今時期、モデルハウスではそんな体験をして頂けます。


週末はぜひモデルハウスへお越し下さい。




追伸

今年一番のニュースでは 【 いま建築のトレンドは木造 】 とありました→


弊社は勿論、トレンド最先端の・・木造住宅です///


川﨑

~ 2016年 スタート ~

2016年01月09日


本年も皆様に満足をいただけるサービスを心がけてまいりますので、

住宅のご相談は、お気軽にご連絡下さいませ。



↓ ご紹介の写真は、昨年秋にお引渡しをさせていただきました、白いタイルが魅力的なオーナー様宅です。
  
 





これからも、どうぞ末永いお付き合いをよろしくお願いいたします。


KENT HOUSE 清 水


~ 2015 KENT GIFT ~

2015年12月21日

今年の冬は、開幕から例年にない積雪に見舞われましたが、札幌のクリスマスはホワイトクリスマスとなるのでしょうか。。。



クリスマスに先駆けて、オーナーさまに今年のギフトをお届けいたしました。



昨年のブログの記事で告知いたしました通り、今年のギフトは昨年の企画の第二弾









カトラリーセット ピックフォーク編。(もちろんmade in japan です)









今年は付録として裏面にカレンダーをお付けしました!









批評されることに耐えられなくては0からのモノづくりはできません。

1番の鬼門は、やはり社内。

今後の参考となるような前向きなアイディアをはじめ、様々な意見を頂戴しますが、

批判の嵐に疲れた時、ケントに好意的なオーナーさまの声を聞くと、とてもうれしく思います。



オーナーのSさん、うれしいお言葉ありがとうございました!



KENT HOUSE  富  沢

最近のモデルハウス

2015年12月12日

2015年3月にグランドオープンしました北海道マイホームセンター札幌会場内にありますケント・ハウスのモデルハウス「KENT

COLLECTION’15」のイメージ映像が出来上がりました。ケントニュース、Facebookではお知らせしておりましたが、こちらケントスタイルでもご紹介させて頂きます。(BGM付きです)







また先日、モデルハウスにイルミネーションを設置しました。














マイホームセンター札幌会場ではクリスマスに向けて徐々に色々なモデルハウスで飾り付けをしているみたいです。

今週末、来週末お時間ありましたら家の飾り付け、ライトアップのご参考に是非札幌会場までお越しください。

お待ちしております。

草野

視線

2015年12月09日

早いもので今年も残りひと月を切りました。

本社のBGMはひたすらクリスマスソングで、否が応にも年末を感じます・・・。




さて、先月お引き渡しが完了した中の1棟についてご紹介したいと思います。






静かな住宅地にある平屋のこちらは、道路側に面してほとんど窓がありません。

奥から明かりが漏れていて、楽しそうな雰囲気がチラリと伝わってきます。





リビングとダイニングに大開口の窓を設けた中庭を中心としたプラン。お互いL字の配置です。






L字プランがとても人気なのは、視線が中庭を経由してつながっているため、奥行きが生まれて広く感じられるから。








そして、一番奥の部屋は、車庫とつながるプレイルーム。




車庫とのアクセスのために床のレベルを下げています。



そうした床レベルの操作によってもたらされるのが、視線の変化です。

床レベルを下げたことによって、目線と地面の距離が少なくなり、秘密基地のような落ち着いた部屋に。




こちらのプレイルームも中庭に面して開口部が設けられていますが、

床レベルを下げているため、リビング側との視線が交錯しません。



視線が合わないだけで、

自分のスペースは守られつつ、家族の気配は感じられる。

そんな気持ちのいい空間になりました。



外部からの視線、自分の視線、家族との視線。

視線の効果、ぜひぜひイエづくりの参考にしてみてください・・・!


KENT HOUSE 三本木

~ Thanks to everyone ~

2015年11月22日

11月吉日 3棟のお引渡しをさせていただきました。



のちにホームページのギャラリーやブログなどでクローズアップさせていただきたいと思いますので、

楽しみにお待ち下さいませ。




































































































































今年度も土地のご相談、プランのご依頼、内覧会に足を運んで下さったお客様には、ただただ感謝の言葉のみです。


まだまだ今年も続いておりますので、引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。




KENT HOUSE 清 水

食欲の秋・・景色もごちそうのひとつですね。




こんにちは モデルハウス担当の川﨑です。



ワールドラグビーにて1日(日本時間2日)、


ファン投票で選ぶ 『 ワールドカップ( W杯 )最高の瞬間 』 の部門で、


日本代表が優勝候補の南アフリカから歴史的勝利を挙げた試合が受賞し、



スポンサーが選ぶドリームチーム(ベストフィフティーン)に


五郎丸歩 選手が選ばれたそうですね。(海外進出のニュースが!!)




浅く長いラグビーファンの一人として(過去記事はこちら→


これからまたラグビー人口が増えるといいなとワクワクしています。





個人的に、スポーツ観戦ではラグビーとアイスホッケーが特に好きで、


先日は アイスホッケーアジアリーグ の試合を観戦をしてきました。




場所は、ラグビー競技場も隣接する『 月寒体育館




1972年札幌オリンピックのアイスホッケー会場として建設され


こちらは、ナカヤマビルHIGOの構造設計を担当した 北海道日建設計さんの設計です 。




今も五輪のマークがついています。




久しぶりに見たアイスホッケー、国内は現在4チーム・・少しさみしい。




大きな大会が行われる施設は完成時に多くの注目を浴びますが、


その施設を維持するために日々メンテナンスしている方々や


利用する方がいてこそ維持できるものです。




製氷車のドライビングテクニックは出入り時が見どころ(笑)




アイスホッケーアジアリーグ・ラグビーW杯日本大会・東京オリンピックetc・・


これからの大きな大会にはぜひ大きな施設へ足を運んで楽しんでみるのもいかがでしょうか。




川﨑