BLOG

低彩度の空間

2020年11月21日





11月も下旬に差し掛かり


紅葉を経て役目を終えた葉が散り冬を迎える札幌の風景は


雪を纏う無彩色の世界へと変わり始めました。




先月にお引渡しを終えた二つの住宅にも


そんな風景と呼応する低彩度の空間が生まれました。


























色味を抑え上質な素材で設えた空間に


「豊かな暮らし」の彩を添えて。




KENT HOSUE 三本木

秋に駆ける 冬の足音

2020年11月07日

皆様いかがお過ごしでしょうか。

焼き芋の美味しい季節になってきましたね。

これに某ファミリーマートの抹茶ラテを合わせると冷えた身体も暖まりますね。

下の写真は9月下旬に旭岳ロープウェイからトレッキングしたときのものです。

























お住まいも冬に向けて準備してはいかがでしょうか。

以下のリンクをクリックすると点検リストPDFが出ると思います。

今年になってボイラーに張れるようマグネットシートも作成しておりますのでご希望の方には差し上げます。

冬期間前点検リスト


□散水栓の水抜きは終えましたか?
埋込型の水栓は上がりっぱなしになっていませんか? 下りなければご連絡ください。
立水型も抜かないと凍結したら破損してしまいます。

□床下換気口は閉じましたか?
雪の少ない地域にお住まいの方や、除雪する正面は閉じた方が良いかもしれません。
水道が凍結しないように備えます。

□ドレンヒーターのスイッチは入っていますか?
屋根のスノーレーンの排水管ヒータースイッチがあるお宅は気温が零下になりましたら入れてください。
12~3月は入れっぱなしにしておいて良いと思います。

□ボイラーの元栓の開き忘れはありませんか?
ガスエコジョーズの場合に手動バルブで暖房配管を調整していたら下げて開いてください。

□屋根の排水口に落ち葉は詰まっていませんか?
排水ドレンの隙間から流れていく程度は良いのですが、たっぷり溜まっていたり、
カラスが忘れ物を置いて行っていないか見てください。

ご不明な点ございましたらご連絡ください。


以下 旭岳の他の写真をお届けします。











































































いかがでしたか?

結構足元が悪いので気を付けて歩き、沢山歩いて疲れましたが爽快な気分になりました。

それではまたお会いしましょう。

KENT HOUSE  西田

今年もあと少しで雪のシーズンが到来します。

皆さんも、そろそろ愛車のタイヤ交換の準備をなさっている頃かと思います。

タイヤ交換を前に、色づき始めた紅葉を愛でるラストランにはちょうど良い時期ですね。


今回は、KENT HOUSE の家と自慢のお車との写真を、

少しご紹介させていただきます。








































いつか、夢のガレージを KENT HOUSE でというオーナー様の御要望にお応え出来る様、

これからも新しいご提案をさせていただきます。




k . masuda

2020年10月15日

 今年も早いもので、10月中旬となりました。


この時期を迎えますと、毎年ケント・ハウスではオーナー様への感謝の気持ちを伝えるため、


オリジナルのお歳暮のお品、お品物を入れる箱等を社内で検討し、


12月上旬に発送をさせていただいております。


 オリジナルグッズの中にも、STAFF用のオリジナルトートバックがあります。


 ↓ こちらです







このトートバッグは、岡山県倉敷市の 「 倉敷帆布 」 様で作っていただきました。


お客様のお打ち合わせには、沢山の資料を入れるバックが必要です。


まず、トートバッグに求めたのは丈夫なことでした。


そこで、トートバッグと言えば、伝統のある倉敷帆布様ということでご連絡をし、


色を決め、刺繍で社名を入れていただきました。


これからも大切に使いたいと思います。







Nakatsuka





暖炉

2020年09月27日

太陽が顔を出している時間も次第に短くなり、7時過ぎには暗くなってしまう時期となりました。


そんな夜を照らす灯りにぴったりなのが「火」です。


焚火に代表されるように、火をみるとリラックス効果があるようです。


火を間近に感じることができる暖炉。


導入いただいたお家をいくつか紹介させていただきます。












季節の変わり目、体調にはくれぐれもお気をつけてお過ごしください。


y.masuda

KENT Collection‘20

2020年08月24日

8月も残りわずかとなり、夏の終わりが近づいてきました。
みなさまいかがお過ごしでしょうか。


さて、今回はKENT Collection‘20をご紹介いたします。
昨年の夏からプランニングが始まり、6月に完成いたしました。


テーマはモノトーン。

クロスや基調色はもちろん、家具も細部までこだわり、
ガラス・金属・ミラー・タイルなど様々な素材を取り入れました。


今までのケント・ハウスとはどこか違う・・・
新しいケント・ハウスをご覧ください。



 外観
家の顔となるファザードはあえて窓を1つに。
夜は間接照明が照らし出され、また違う顔を見せてくれます。







 玄関
間接照明に照らされた塗壁・黒の御影石に映された植栽。
正面のアオダモがご家族やお客様を迎えます。





 リビング
ナナメに配置された階段・天井まで続く塗壁と間接照明。




ケント・ハウスのLDKといえば、L型のイメージが大きいですが、
今回はI型にすることで奥行き感を演出しました。



 ダイニング
ケント・ハウスらしさを残しつつ、新たなデザイン・素材をちりばめました。




テラス窓からは山を望むことができます。
また、UTをキッチンの裏に設けることで家事の動線を短くしました。



 洗面化粧台
造り風呂とオリジナルの洗面化粧台は隣に設計し、ホテルライクな仕上がりに。





 2階ホール
オリジナル飾り棚


本を置いても良し、お気に入りのCDを飾るのも良し。
好きなものに囲まれながら、ほっと一息つく空間としてお使いいただけます。








いかがでしたでしょうか。


KENT Collection‘20は社内コンペでプランが決定しました。
入社後すぐにこのようなプロジェクトに参加し、1棟の住宅が完成するまでいかに大変か、
どれだけ多くの人が携わっているかを改めて感じることのできる良い機会となりました。

これからも新しいケント・ハウスをお見せできますよう頑張ります。



ブログでご紹介しきれなかった部分もありますので、見学をご希望のお客様はご予約を承ります。
011-746-5545までお気軽にお問い合わせください。


KENT HOUSE 本瀬




××× 刻印 ×××

2020年08月17日

1988年に購入した ロドルフ・ロンジン、32年経ちました。



今から13年も前に書いた記事に載せた時計です。



当時の記事 → ☆彡



若い方はご存知ない方が殆どかと思いますが、


1832年創業し、現在はスウォッチグループの傘下で


今もなお息づいています。→ ☆彡



1867年以来、全シリアルナンバーをデータ化し、


履歴情報を管理しています。


小さく刻印されたそのナンバーで、30年以上も


私の大切な時計はロンジンの職人さん達に守られ、


品質を保っていられます。



それはケント・ハウスも同じです。


竣工時からお客様のお名前ごとにシリアルナンバーを登録し、


初年度からのお客様も含めて、何かあった時には


アフターサービスをさせて頂いたり、


毎年のノベルティーをお贈りさせて頂いたり、


永いお付き合いをさせて頂いています。




造って終わりの仕事ではなく、その後に続くお付き合い。


それが、拘りを持つ ” パイオニアスピリット ” ではないでしょうか。




お客様のシリアルナンバーとは別に近年の建物には、


ケント・ハウスで建てた印として、小さなロゴマークを入れています。


小さな刻印・・それは、ケント・ハウスオーナー様の証です。→ ☆彡




川﨑

~ 日暮れを待って ~

2020年07月31日

日の出から日没までの時間が長くなる時期、マジックアワーを目掛けてカメラの三脚を準備します。

日中の太陽が照り付けた日没後の空は、美しい青色に変わります。

カラスは、電柱で待ち合わせをしてどこかに去って行き、道路沿いの街灯がつき始めた午後19時からの

15分間は、特別な時間となります。
























普段は、立ち止まって空を見上げることも少ないですが、日暮れ時の屋外は、

とても気持ちが良いものです。

最近、撮影をさせていただいたお宅のご紹介でした。




KENT HOUSE



マテリアル

2020年07月03日

プランニングがまとまり建物の姿カタチが出来上がっていても


選択する素材によって印象は変わります。


先月にお引渡しを終えた住宅にも・・・















選りすぐりの素材で囲まれた空間が生まれました。




建物正面の白い外壁には・・・




赤い「 K 」が映えています。




ベーシックな空間にアクセントを与えてくれるこだわりの素材たち。

空間のシークエンスを構成する 「 マテリアル 」 ご検討してみてはいかがでしょうか?


KENT HOSUE 三本木

【 KENT LOGO 】

2020年06月08日

ロゴタイプ。

ロゴタイプは企業名や製品名、ブランド名などを示す文字を、装飾的に

意匠化したものを指すそうです。





ちょうど今から7年前の2013年に、私が工事監督をしていた頃、

せっかくKENTで御施主様のご要望で唯一無二の家具等を造っているのだから、

弊社の会社名をオリジナルで製作している家具やガラスに刻印できないかと考えました。



当時、車好きな私は、自分の車のフロントガラスやドアガラス等に盗難抑制防止の為、

車の車体番号を刻印していました。

『 ガラスにならできるかも・・・。 』 と思い、ガラス業者に相談して見積したところ、

1か所当たり物凄い見積が出てきて、あえなく断念・・・。

しかし諦めきれず、インターネットで色々調べていくうちに、

ガラスコップなどにフロスト加工して絵や模様を描く工芸の習い事があるのを発見しました。

『 これなら自分で刻印できる!!! 』 と。




あれから7年、弊社のオーナー様の住宅には隠れミッキーの様に、

弊社の 【 KENT LOGO 】 がしつらえられております。

少しご紹介を・・・・。


















いつか皆様から、KENT HOUSEといったらこのロゴを思い浮かべて頂けるよう、

これからも進化し続けます。


k. masuda