BLOG

2018年12月26日

年末年始休業のお知らせ



平素は格別のご高配を賜り誠に有難うございます。


ケント・ハウス株式会社では、誠に勝手ながら下記の期間を年末年始休業とさせていただきます。




【 年末年始休業期間 】



本社 2018年12月28日(金)午後~2019年1月3日(木)


モデルハウス 2018年12月28日(金)11:00~2019年1月4日(金)午前まで close








【 オーナーの皆様へ 】



休業期間中、緊急時のご連絡は以下の通り対応させて頂きます。


何かございましたら本社宛にお電話頂けますようお願い申し上げます。



本社 (011)746-5545



12月29日(土)・30日(日) 9:00~17:00  本社直通にて受付


12月31日(月)~1月3日(木) 9:00~17:00   転送先にて受付



ご不便をお掛けいたしますが何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。





2018年も残すところあと僅かとなりました。


本年は格別のご愛顧を賜わり、誠に有難うございました。


皆様におかれましては、くれぐれもご自愛頂き、希望の新年を迎えられますことを社員一同


心よりお祈り申し上げます。



ケント・ハウス株式会社



今年もあっという間に残すところ数日となりましたね。






先日、会社の忘年会でカラオケのキーが合わず、


“ 年を取ると声まで低くなるのか ” と少し しょんぼりしています。




こんにちは モデルハウス担当の川﨑です。




普段、モデルハウスに常駐しているので、


お引渡しに同席させて頂く事は殆どないのですが、


先日、常呂町で設計のお手伝いをさせて頂いたお客様のお引渡しに


久しぶりに同席させて頂く事が出来ました。






このお家で大きく育っていただけるのかと思うと感無量です・・





札幌市内近郊以外で、設計のみのお手伝いをさせて頂く場合、


何かあった時にすぐに駆け付けて頂けるよう、



地元の工務店様に施工をお願いして頂くため、


お客様自身で信頼できる会社を探して頂く事になり、



札幌と地元を行ったり来たりしながら、


完成までには相当なお手間や時間がかかると思います。








常呂町でご縁を繋いで頂きましたオーナー様、


地元で施工を引き受けて下さった千葉工務店様に


心から感謝致します。本当に有難うございました。






という事で、私からは年末の忙しい時期の癒しタイムにピッタリな


『 キャットウォークからの肉球 』 をお届けしたいと思います。









それでは皆様、今年一年、大変お世話になりました。


Season’s Greeting from my heart



川﨑

北見市常呂町で設計のご依頼を受けました住宅が12月初旬お引渡しを迎え先日行って参りました。

目の前にはサロマ湖もオホーツク海もある場所ですがこのエリアにようやくケント・ハウス1棟目が完成です。

施行・現場監理には北見の千葉工務店さんに自社物件を抱えつつも工事して頂きまして大変お世話になりました。

改めて感謝申し上げます。





今回完成したお宅の原型は豊平区にありますモデルハウスです。

そのプランをお客様の使い勝手の良い動線と距離感にした住宅です。









完全閉鎖のプライベートな中庭を持ち大開口の窓からリビング、キッチン、テラスが一体と感じられる空間。

家に帰ってくるたびに外とは異なる癒しの空間が広がっています。






室内には愛猫2匹がいまして専用のキャットウォークが階段に設けられています。

お引越しされて間もなかったですが、一度登ると慣れて何度も登って遊んでいました。窓台は夕陽を見れる特等席ですね。

下から覗くと歩くたびにアクリル越しの肉球が見えて楽しかったです。





ということで無事お引渡しを終える事が出来ました。ありがとうございました。


お施主様には言えなかったですが、少し猫と距離を置く私、じつは猫アレルギーでした。

良いお年をお迎えください!

草野

~ 静かに佇む ~

2018年12月15日

こちらは、先日、お引渡しを迎えました札幌市内のお宅です。

家族への想いが同居する2世帯住宅が完成いたしました。




今回は2階リビング世帯の室内を少しご紹介させていただきます。

必要なものを最小限に、ダイニングテーブルはあえて置かず、カウンターで食事をする生活スタイルです。

山々が一望できるリビングには大きな窓を設け、ダイニングからつながる和室から通路を通り、浴室へ、浴室から

洗面を通りトイレへ、トイレからホールを通って主寝室へ、主寝室からホールを通り、リビングダイニングへ。

回廊型の動線は、暮らしをスムーズにしてくれます。

















こちらは、ご主人からご要望がありましたオーディオルームです。

照明ダウンライトも電球色と昼光色の光色切替にし、埋込スピーカーを4台配置、

100インチの電動スクリーンで映画や音楽、スポーツ観戦など臨場感たっぷり

の雰囲気で楽しめそうです。





このたびは、数ある会社の中からケント・ハウスをお選びいただきましたこと

心よりお礼申し上げます。





今月は、これから4件のお引渡しを控えております。

社内は、ますます慌ただしくなってきましたが、皆様が楽しいお正月を迎えられますよう、

全力で頑張ってまいりますので、何卒よろしくお願いいたします。



KENT HOUSE 清 水






無機と有機の融合

2018年11月29日

草野です。

前回ブログ更新時に書いた通りいよいよ12月に入りますね。

あっという間でしたが今年も終わりが近づいていまいりました。

ですが、ケント・ハウスはまだまだ終われません!

12月は毎週住宅が完成し、新たに工事を始めていきます。

慌てず落ち着いて、丁寧に丁寧に創り込んでいきますので引き続きよろしくお願いいたします。



さて、先日お引渡しを終えたお宅の事例をご紹介します。

~無機と有機の融合~

地下鉄近郊の都会の中に佇む邸宅。




住宅密集地でありながらその雰囲気を感じさせないボリューム感と大空間の吹抜けからはたくさんの光が差し込み、開放感のあるリビングです。








キッチンはケント・ハウスで造作したオリジナルキッチンです。
突板の木目が無いように見えますが、無機質感を出すためキッチン・カップボードの壁面はモールテックスと呼ぼ有れる薄く強度のある左官仕上げを採用しています。
キッチンなのに左官屋さんが表面を仕上げるという手間暇かかる作業でしたが、コンクリートのようなムラが良い味を出しています。

床材の浮造りの無垢板が有機的ですのでキッチンと相性バッチリでした。

キッチン天板には一枚板のセラミック板を使用しています。とても薄いのですが天板だけでも大きくものすごく重さがあります。

重量を実感するため私も手伝って慎重に6人掛かりで運びました。

お客様のセンスの良さが光るダイニングテーブルとチェアにはモルテーニ。
写真のダイニングチェアは”OUT LINE”というチェアです。ショールームで座ったことがありますが、自分の中では抜群に座りやすいと思います。





4台分の車庫を備えた車庫には真っ赤なミニアウディが100台以上格納できそうです(笑)

実際にはしっかり4台納車出来ています。





奥にはご主人の趣味スペースを併設し、そこに置かれたチェアに座りながらいつも見られる愛車は最高の眺めです。




クローゼットは奥様のための特別なお部屋。

飾れるお洋服部屋として全て造作したクローゼットをご用意させて頂きました。

このように様々なご要望、造作家具等に日々取り組んでいきますのでご相談ください。

よろしくお願いいたします。


KENT HOUSE 草野



建築会社にいると設計士ではなくても


新しい建物や素材はついつい興味深く見入ってしまうと思うのですが・・




思った通りに美しかったです。『 創世スクエア 』




創成川の 「 創成 」 の響きを残しつつ、


札幌の未来をここから創造しようとの思いを込めた 『 創世 』 と、


エリアを構成する大通東1丁目、大通西1丁目、北1条西1丁目の


3つの1丁目からなる 「 1.1.1 」


『 創世1.1.1区 』 そうせいさんく と呼ぶそうですが、




そのエリアの再開発の1つの施設として


先月グランドオープーンし、早々に探索してきました。





スタイリッシュでクールな外観のうえに


誰もが利用しやすい使い勝手やデザイン。





ひとつひとつが便利な最新設備で、


未来を楽しく想像させてくれるスペースです。





階段の石と木材の組み合わせも凄く新鮮でしたし、




おトイレ前のタイルですら、こんなに素敵な素材 ( *´艸`)





芸術と文化と札幌の新しい街並みを満喫しに


これからの利用が楽しみになりました。





( そう言えば学生の頃、演劇鑑賞会という会に入会していましたが、


今も続いているのですね。大小さまざまな劇団のお芝居を観劇でき、お勧めです。)




図書館やカフェ・大ホールでの催し物など楽しみに、


皆さんもぜひ新しい施設に足を運んでみてはいかがでしょうか。




勿論、弊社モデルハウスでも “ こんな所にこんな素材!! ” と


新鮮に思うポイントが沢山ありますので、是非モデルハウスへもお越し下さい。






※ 画像の掲載につきましては、さっぽろ創世スクエア管理組合様、


パーク24株式会社様に許可を頂きました。


この場をお借りして改めてお礼申し上げます。






追伸


モリヒコさんのフルーツサンドがモーレツに美味しかった事も


一応、ご報告させて頂きます ( 笑 )




川﨑

~ 感謝を込めて ~

2018年10月28日

10月に入って日が暮れるのがずいぶん早くなりました。

このたびは、家づくりのご縁をいただきまして誠にありがとうございます。

ケント・ハウスでは今月4件のお引渡しを迎え、社内は、慌ただしくブログの更新も遅くなってしまいましたが、

完成写真がまとまりました2件のお宅を少しご紹介させていただきたいと思います。




~ 大空間の吹抜けリビングの家 ~


空が家の中へ溶け込んでくるような心地良さがあります

こちらのお宅は、天井高約5.4Mあり、山の景色も望めます




中庭を眺めながら歩く玄関前




白を基調としたダイニングとペンダント照明が落ち着きます





家の中心にある暖炉とゆるやかな階段は、存在感があります





ヘッドボードに間接照明を埋め込んだ主寝室は、眼鏡や携帯も置けて便利です









~ 正統派フレームのある家 ~


外観フレームと1台車庫のシャッターをデザイン




ケントオリジナル表札、最近人気があります




道路側も間接照明と植栽で演出させていただきました




階段を上がった先のホール




シャッターを開けた先の 「 おかえりなさい 」 の窓がポイントです






ケント・ハウスでは、社内活動としてお引渡しを迎えるすべてのお客様宅の最終クリーニングを実施しています。

美装の専門業者も入りますが、私たちも現場ごとにクリーニングのリーダーを1人決め、お客様の建物完成が

近づくにつれて、各々のスケジュールを調整、スタッフ3~4人が完成したお宅にお邪魔して掃除をします。



普段は、社内で設計図面を描いていたり、構造のチェック、経理の仕事をしていてもこの日がやって来たら、

普段の業務内容も関係なく1台の車に乗り込み、現場へと向かいます。

まだ始めて1年少しですが、この活動が永く続けられますよう皆で協力して頑張っていきたいと思います。






KENT HOUSE 清 水







今回は、ケント・ハウスで初めて導入しましたトーヨーキッチンさんの商品をご紹介致します。


トーヨーキッチンさんのキッチンの特徴は近代的なデザインと計算しつくされた機能性です。

インテリアとしても存在感を発揮しているスタイリッシュなステンレスのワークトップは、

熱、水、汚れ、衝撃などに強く、一般メーカーよりも厚みのあるものを採用しているそうです。

また、広々としたシンクには、水栓が2つ付いているのもポイントです。




キッチン ~ BAY メタルスモーク ~

フード ~ Flat [フラット] ~




キッチンだけではないんです。トイレにも使用しています。

クリスタルのボウルと、ベネツィアンモザイクのタイルで、雰囲気のある空間になっています。




洗面ボウル ~ クリスタル 003 ~

水栓 ~ フォーセット 002 ~

タイル ~ Fibers[ファイバーズ] ホワイト ~





ご興味をお持ちの方は、トーヨーキッチンさんのHPをご覧ください。

https://www.toyokitchen.co.jp/ja/






KENT HOUSE 中保


~0.5坪のススメ~

2018年09月29日

全ての住宅に必ずなくてはならないもの。


・・・例えばトイレ。


生活の中で一日一度は訪れる場所であり、来客があれば家族以外の方も使うことがある、いうなればもてなしの場所です。

住宅の床面積の内、占有面積が1%ほどのトイレですが、

今回は住宅設計の小さなお悩み解決のメソッドとしてトイレの収納デザインに注目してみたいと思います。




グレイッシュなトーンでまとめられたシンプルなデザイン。

床から浮いたフロートタイプはデザインがカッコいいだけではなく、床のお掃除が簡単にできるのが嬉しいポイント。




もっとたくさんの収納スペースがほしい!

というご要望の方には、カウンターと収納が一体となったデザインがオススメです。






しかしプランニングを進めていくと、

限られた条件の中では広々とした面積を確保できないことは少なくありません。





ケント・ハウスでは、一般的なトイレの床面積0.5坪のタタミ一枚分の中で素敵な空間をデザインすることができます。







ニッチの質感が美しいデザイン。床から天井までの大容量の収納力です。




わずかタタミ一枚分のスペースでありながら、

たくさんの収納量に加えて、ご自身でささやかな演出ができる余白を残しています。




ほかにも、、、





銘木のエッジが照明で浮かび上がるデザイン。 こちらもタタミ一枚分のスペースで、たくさんの収納量。




実はもう一つ隠しポイントが・・・。


扉の裏側を覗いてみると・・・




なんとお掃除用のブラシを隠してしまえるスペース!

さらには、トイレのプラグも隠すことによってすっきりとした空間に仕上がりました。





・・・プランニングの小さなお悩みの解決になりましたでしょうか?

私たちが空間の細やかな部分にまで目を配ることができるのも、今までご依頼いただきました多くのオーナーの皆様と

お家づくりを一緒に悩みながら創り上げることで生まれた実績の賜物だと思います。


マイホームをご計画中の皆様の参考になりますように!


KENT HOUSE 三本木

RCガレージ2

2018年09月18日

この度の地震で被災された方、ご関係の皆様には改めて心よりお見舞い申し上げます。



地震からもうすぐ2週間が経とうとしています。

色々な事が少しずつ通常に戻りつつあるのではないでしょうか。

お陰様で建築中の現場や会社の方は、節電はしておりますが通常通りに戻っております。



そんな中ではございますが、お約束しておりました画像をお届けしたいと思います。

先日ご紹介させて頂いたRCガレージの夜景です。









ライトアップによりRCのエッジがより鮮明に





趣味の空間









昼と夜

照明によって表情の違いが楽しめます





次の機会には別の実例をご紹介させて頂きます。





KENT HOUSE 田中

RECENT ENTRY

2019年10月12日
~ 色々な家づくり ~
2019年9月30日
外と内のギャップ
2019年9月14日
【関西建築巡り】