BLOG











































ケント・ハウスは3月で25周年を迎えます。



まもなく25周年パーティが行われます。今回も盛りだくさんの企画を練って

オーナーの皆さまをお迎えします。



5年毎に行われているこのパーティの主役はもちろんKENT オーナーの皆さま。


今回、パーティの企画立ち上げにあたり1番最初に議題にしたのはパーティの

テーマとテーマカラーでした。





散々議論を重ねて決まったテーマは「映すカタチ」

それぞれのライフスタイル 住まいのカタチ

25年の歴史で得た 信頼のカタチ

皆さまそれぞれの 家族のカタチ

そして個々が織りなす 幸せのカタチ



このパーティを通して色々なカタチを再発見し、心に刻み

清々しい気持ちで会場を後にできるような…

そんなパーティになることを願って企画しています。

そしてテーマカラーは、「紫」

一口に紫と言っても赤紫、青紫、江戸、京…など様々な紫があります。



小物やオリジナル品の製作にあたり紫のトーンで悩む私達ですが・・・










































先ほどのテーマに付随して、想像力を掻き立て感性を豊かにする…

その最もふさわしいカラーが紫なのです。



イメージの話題はこのくらいにして…



ケント・ハウスがこのパーティで皆さまに改めて約束するのは、

今後もアフターサービスを主軸に誠意を持って真摯に対応します ということ。



問題点を追及して改善することが顧客満足度につながると信じているからです。



大手メーカーのように杓子定規に築年数などで取り決めてしまうことはしていません。



そんな私たちの試みを肌で感じて頂くために企画している

ケントオーナーさま全員を招待するという大規模な感謝と誓いのイベントなのです。









ここは札幌パークホテル












































今のところ800名あまりのオーナーさまの参加を見込んでいます。


毎回楽しみにしているという声も数多く頂き、涙が出そうです。。。




メニューの試食も行いました。

食事を共にして、オーナーの皆さま同士の距離が近づき、記憶のアルバムに

笑顔のカタチを映して頂きたけたら・・・私たちの企画は大成功です。



私の個人的なおススメはコレ↓











































どうぞ温かいうちに召し上がれ。。。





KENT HOUSE 富 沢






2月3日~8日の6日間、スペインカタルーニャ州のバルセロナへ行ってまいりました。

今回は、研修の一部をレポートさせていただきたいと思います。


































































サグラダ・ファミリアをはじめ、グエル公園を巡りました。


















































































写真下は、ミース・ファン・デル・ローエ設計の近代建築、バルセロナパビリオンです。

約90年前に設計された建物のシンプルな素晴らしさに、感動しました。












































アントニ・ガウディ設計のカサ・ミラ、その設計のライバルであるリュイス・ドメネク・イ・ムンタネー

設計のサンパウ病院などを巡りました。


































































どこを歩いても、カメラに収めたくなるような部材や建物。












































世界遺産の一部を見学しながら、街の中に突然現れる近代建築。

バルセロナは、古いものを大切に残しながら、共存し、進化を続けている魅力的な街でした。













































ケント・ハウスは、もうすぐ25周年目を迎えます。皆様、引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。






KENT HOUSE 清 水