BLOG

ケント・ハウスでは、グローバスな視点で物ごとに取り組むという目的で


下記の日程にてアメリカ ネバダ州 ラスベガスへ旅立ちます。

1/28(木) ~2/1 (月)


ケント・ハウス創業以来、ラスベガスは今回で3回目の渡航です。



余談ですが、過去の研修旅行先をおさらいすると・・・


2015 カンボジア (シェムリアップ)


2014 インドネシア (バリ島)


2013 香港・マカオ)


2012 アラブ首長国連邦(ドバイ・アブダビ)


2011 ドイツ (フランクフルト・ルクセンブルク・ハイデルベルク)

2010 トルコ (イスタンブール・カッパドキア)


2009 アメリカ ラスベガス



さらに、イタリア、フランス、アメリカ(ニューヨーク)等々

時には歴史的観点から建造物の息遣いを感じ、時には近代建築の技術を学び、時にはホテルや内装デザインに触れ・・・




そして、モノづくりの視察のため、普段はなかなか見ることのできない工場を見学したり、と実に多くのことを学んできました


今回は、来年25周年パーティを視野に入れたエンターテインメントな分野の参考になることを期待しています。







尚、研修旅行期間中の営業時間は 9:00~17:00 となります。


研修旅行期間中はご不便をおかけしますが、何卒よろしくお願い致します。



KENT  HOUSE 富 沢


こんにちは、草野です。

先日、北海道を代表する建築家の倉本龍彦氏の自邸が見学できるということで参加してきました。

倉本氏の良く知られている作品にはニセコ町の「ばあちゃん家」という地面に突き刺さった印象を受ける外観の住宅があります。

個人的に好きな革製品ブランドのソメスサドルが好きですがそこの工場兼ショールームも。

身近なところでは豊平区月寒にある「たくんち」現在はサッポロ珈琲館月寒店。近所なのでたまに行きます。

この他たくさん北海道に作品を残されています。



見せて頂いた自邸は清田区の住宅街に立っていました。






建物は南側の庭に開かれ、玄関へのアプローチを過ぎると開かれた庭があります。






住宅街を感じさせないよう配置された窓からの景色が最高でした。






外壁にはモルタルにくし引仕上げやレンガを使い、内壁はプラスター塗り仕上げ。






和室の作り方は純和室でも洋風でもなく、通路を含めて4畳半。それが2室続く。とても居心地の良い空間でした。






いつもの感覚と違う空間を見るとワクワクしてきます。














全ての部屋という部屋を見せてくださいましたので、内部の作り方やディティールを含めて参考になりました。

見せて頂きましてありがとうございました。

草野


こんにちは モデルハウス担当の川﨑です。



暴飲暴食に明け暮れていたのがほんの一週間前とは思えないほど


毎日が足早に過ぎていきますが、皆様はどんな年末年始をお過ごしでしたか。





我が家ではここ数年、近くに住む両親の分も合わせておせち料理を作っています。




他にローストビーフ諸々作り、万全な態勢で臨みましたが


食べ慣れた味付けになるせいか手をかけた割には早々に跡形もなく消え去り、


あとは明日1月11日の “ 鏡開き ” のお餅を待つばかり(笑)



鏡開きと言っても、そもそも我が家には床の間もなく、刃物を避けて食する為や


衛生面の考慮で “ プラスチック容器に充填したお餅タイプ ” を用意しており、


もはや “ 飾り餅 ” と称したいところですが・・・



業界トップの某メーカー様のホームページ→ には沢山のレシピがあったので、


今年はそちらを参考にしてみようと思っています。






お料理する時、お食事する時、飲食と共に会話を楽しむ時・・


年末年始に限らずダイニングキッチンで過ごす時間は多く、


あたたかな空間から ふわふわと降る雪やキラキラと光るイルミネーションを眺めることが出来たら


それだけで幸せな気持ちになれる様な気がします。




ちょうど今時期、モデルハウスではそんな体験をして頂けます。


週末はぜひモデルハウスへお越し下さい。




追伸

今年一番のニュースでは 【 いま建築のトレンドは木造 】 とありました→


弊社は勿論、トレンド最先端の・・木造住宅です///


川﨑

~ 2016年 スタート ~

2016年01月09日


本年も皆様に満足をいただけるサービスを心がけてまいりますので、

住宅のご相談は、お気軽にご連絡下さいませ。



↓ ご紹介の写真は、昨年秋にお引渡しをさせていただきました、白いタイルが魅力的なオーナー様宅です。
  
 





これからも、どうぞ末永いお付き合いをよろしくお願いいたします。


KENT HOUSE 清 水