BLOG





























                       写真上は、シンボルツリー 『 ツツジ 』
 






つい先日の出来事です。昨年の夏にお引き渡しをさせていただいたお宅の植栽の状態が気になり、

立ち止まって外観を見ておりましたら、偶然、奥様がご帰宅され、声をかけられるがままにお邪魔して、

室内から庭木の様子を見せていただきました。















































































私と同世代のご主人は、たくさんの趣味を持ち、とても充実した毎日を過ごされている印象でした。

プラン中にご要望いただいたサンルームは、年間を通して温度がコントロールされており、たくさんの洋蘭が

居心地良さそうに育てられていました。






























ほんの少しの滞在でしたが、皆様の幸せそうなお姿を再び拝見でき、とても嬉しくなりました。

これからも末永いお付き合いをどうぞよろしくお願いいたします。





ケント・ハウス 藤 本




晴れました!

2014年06月23日

HONDAのCMでみました








































ポルトガルのエヴォラにある、Ecorkhotelというホテル。
検索するとすぐでてきます。全景はぽこぽこしていてかわいらしいです。




















わたしは、ここの部分がいいなとおもいました。
雨のときもみてみたいですが、しばらくは晴れのことだけ考えていたいです。


のざわ

清らかに

2014年06月13日

ふと窓の外を見ると、なんだか暗い。。。。札幌は雨が続きますね。

春を飛ばして猛暑が続いたと思ったら、次は梅雨のような空模様でクローゼットが大忙しです。



さて、時間を少しさかのぼり穏やかな気候が懐かしい今年のゴールデンウィークは

診療所の改修工事を担当させて頂いておりました。

ケント・ハウスでは改修工事を行っていないのですが、素敵なご縁があり特別に工事を行う運びとなり、

長い計画期間と、短い工期を経て、無事にお引き渡しとなりました。

今回はその一部をご紹介したいと思います。



改修前は段差が多く、内装も古びてきていたため、

バリアフリーへの対応と、シンプルで清らかな空間となるような計画です。
















サニタリースペースも間口を広げてバリアフリー仕様に。









多くの医療関係の機器が納まる受付周りや、デスク周りは、機器類を収納し、配線を処理してスッキリ納めています。




裏はこんな感じです。









改修工事だからこそ特に気を付けなければならないのは、

先生と看護師さんの導線計画です。現状の業務内容の把握と、新設機器類への対応。

患者さんの導線ももちろん大切ですが、今までの業務導線をできるだけ残した計画とすることが重要です。




最近では、休業中のわずかな時間に無事に工事が終わった安堵の気持ちとは裏腹に、

着工前の打ち合わせから完成に至るまで、毎日のように顔を合わせていたのが無くなりとても寂しいです。。。。



これからも長いおつきあいをどうぞよろしくお願い致します!




KENT HOUSE 三本木

 

 

あらゆるものにオリジナリティを追求する・・・ ケント・ハウスのコンセプトの1つです。

全体の印象を決定づける家具・インテリアの部分は大切です。 

  

リビング、そしてダイニングと、ダイナミックな空間のつながりや抜け感の演出を施した見せ場のスペースに 

テイストやデザインがチグハグな家具を置いてしまったのでは、せっかくの空間が台無しになってしまいます。
 
内装の仕様が決まってホッとする間もなく、家具や家電選びなどまだまだ 
  

お客さまのお仕事は山積しています。そしていざ真剣に探してみると、 

意外とシックリくる家具に出会えないことに気がついたというお客さまの声をよく耳にします。 

  

ケント・ハウスはオリジナルがメインだから、ソファーやチェアーだってオリジナルがあっても良いのでは?  

 


そんな声に応えて製作したのが、KENT HOUSEのオリジナルファニチャーシリーズ。
  

こちらは家具づくりの本場 旭川の工場に依頼して、時間を費やし完成した自信作のチェアー 

 


   
オリジナルチェアーはアーム付き・アームレスの2種類   

  

フレームカラーは全部で6種類。  

 


ファブリックは、上質なイタリア製にこだわり、色合い豊かな数種類からチョイスが可能で、   

 


本革やビニールレザーなどの特殊なニーズにもフレキシブルにご対応しています。   


オリジナルシリーズは、ソファーとチェアーのファブリックをお揃いにして、統一感を持たせることもできます。 

  

KENTオリジナルソファー KS Line(カバーリング) 

  

 

そして、もう1つのソファーが、イタリアの人気ブランド アルフレックスとのコラボレーションでデビューしたこちらのソファー   

  

arflex×KENT HOUSE (カバーリング)
 

  

ファブリックはケント・ハウスオリジナル。スペシャルプライスでのご提供を実現しました。   

   

カラーチェンジすると、全く違った表情に・・・  

   
  

どちらのソファーも、 戸建ならではのくつろぎを満喫できるスケール感のあるサイズを中心とした豊富なラインナップ。 

堂々と主役に迎えられる存在感がありながら空間に溶け込むモダンなデザイン。 

そしてなにより“リアリティのある価格”  をモットーとしています。 

  

詳しくはKENT  HOUSEにお問い合わせください。 

  

KENT HOUSE 富 沢


こちらは、冬にお引き渡しを迎えました邸宅。

外構工事は、雪解けを待ってのはじまりとなりました。

早速、完成いたしました外回りの様子を写真で少しご紹介したいと思います。











































































































































さりげなく玄関先にある株立ちの緑やポーチに敷き詰められたインターロッキング、オーナー様が苦労して

根付かせた緑の芝生など、その1う1つが建物のデザインを支える重要なアクセントとなって重なります。




これからますます気温も高くなりますが、どうぞ楽しい夏をお迎えください。





KENT HOUSE 清 水