BLOG

  今年のフィナーレを飾ったお宅のお引渡しが行われました。 

  

  

例年にない大雪で、戸惑いを感じている年末の札幌。

今年1年は皆様にとってどんな年でしたか?  

 

ご家族の入学、進学、卒業、ご就職、ご結婚。。。新たなる旅立ち。

新しい命の誕生に恵まれ、賑やかな年の瀬を迎えるオーナー様、大切な身内を亡くされ、静かに時を過ごすご家族など、それぞれの

 

除夜の鐘の響きがあることと思います。

 


個人的に私の年末年始は、故人を忍び、来る年をそっと迎えます。  

 
不思議と思い出すのは、床に伏していた死の直前の苦痛の表情より、もっともっと以前の元気だった頃の 生き生きとした笑顔。  

 

現在により近い記憶より、昔の出来事の方が背景まで色濃く蘇ります。 それが、美しい思い出となって記憶に宿り、心に複雑な

 

ヒダが増えてゆきます。 最近の日常も、近い将来はカラフルな色に脚色され、懐かしさと共に記憶にほんの少しの嘘をつくはず。

 


 

何億光年と時を隔てた宇宙の星と現在の私たちの時差のように、今の幸せを噛み締めなければ、永遠に輝く時が重なりあうことは


ありません。 

 

最期の時を病院で迎えた故人に、一日でも長く自宅で過ごさせてあげたいと、家族はお通夜を数日後に延ばしました。  


心なしか、自宅に戻った故人は一層安らかに見えました。


ある統計によると、自宅で最期を迎えたいと考える人は6割以上になるとのことです。  

 

人生の最期を迎える場所など誰にもわからない。 

 

でも、目には見えない家族の手垢が染み込んでいる自宅がホッとできる唯一の場所だということだけは確か。

そう思える゛家゛があるというのは、とても幸せなことではないでしょうか。  

 

私たちがお客様に提供しているのは家という住まい。  


そこから先は、住み手が日々を丁寧に重ねて紡ぐもの

 
そう、家は作るものではなく、紡ぎ出すもの


1滴1滴の小さな幸せにそっと浸しながら、1日では決して染まらない家族の愛着色に染めてゆくもの


両手で抱えきれない家族の喜怒哀楽が姿かたちを変えて、やがては安らぎで満たされるのが、家族にとっての我が家という無二の価値。

 

年越しの団欒で、゛終の住処゛について考えてみてはいかがでしょうか。

 


  

KENT HOUSE 富 沢 

 

忘年会

2012年12月17日

先日、当社の忘年会を行いました。



当社は年末年始以外毎日営業していますので、休日は全員バラバラということもあり、全員が勢ぞろいすることがなかなかありません。

そんな中、忘年会で久しぶりに全員が揃ったのを見ることができました。

その1次会の雰囲気を写真に撮ろうと思っていましたが、食事してお酒も入るとそんなこと忘れてしまうもので、一枚も撮れませんでした・・・

食事中も一方では今年一年間の成長、反省を語り、一方では全く仕事とは関係の話で盛り上がる等それぞれに話が弾んでいたようです。

最後のビンゴ大会は皆、真剣にビンゴシートに穴を開け、豪華賞品をゲットした人、そうでなかった人も楽しんでいたと思います。



ちなみに私は11位で音割れのひどいパンダのUSBスピーカーをゲット。





2次会はお付き合いのあるお客様が経営されているお店でバー・リブート( Bar Reboot)を使わせて頂きました。

元ドリカムメンバーの西川さんが店長をされていて、おしゃれな空間とおいしいお酒を堪能させて頂きました。

お店の方々にはとても良いサービスをして頂き、ありがとうございました。
















そして体力のある若い衆は3次会へ

お酒で身体も温まり、深夜のハイテンションで行くのがカラオケです。

スタミナの続く限り歌い、踊り続け午前3時まで。


























全員スタミナ切れでご帰宅となりました。。。





まだまだ年内の仕事はありますが最後まで気を引き締めて頑張っていきます!





KENTHOUSE草野


奥様と小さなレディーを待つ休日の昼下がり・・・







こんにちは モデルハウスの川﨑です。



先日、オーナー様のお一人とそのお子様とで、ランチをご一緒させて頂きました。


正面に車5台分の駐車スペース、離乳食メニューもあり、


小さなお子様連れでも、気兼ねなくイタリアンが楽しめます。




イタリアンレストラン TATSUMI





ポーションは割と女性向きなので、男性がご一緒の場合はもう一品ほど楽しめそうです。





たまにお食事をご一緒したり、ご自宅へ遊びに行かせて頂いたり、


この音楽良いよ!なんてご紹介下さったり、そんな近い距離感でお付き合い出来るのは、


ケントハウスならではの魅力なのかしらと、 『 自慢するにも程がある! 』 との突っ込みを待ちながら、


今日も 『 あのお客様は暫くお会いしていないけど、どうしていらっしゃるかな~? 』 なんて


思い出す日々に幸せを感じる師走です。



皆様も、どうしてるかな? と思われる方には、ぜひ年末年始を利用しご連絡してみるのも如何でしょうか。



モデルハウス担当 川﨑

~ 苦労の多い仕事 ~

2012年11月20日

先週、豊平区のモデルハウスにて、3回目の離乳食ランチ会が開催されました。  

ケント・ハウスでは、マタニティーフードアドバイザーである熊谷先生が行っている離乳食のランチ会に賛同し、 

モデルハウスの場所の開放と   調理器の提供などで協力させて頂いる催しです。
 



 

   

  

 

      
 

離乳食がなかなか進まないと悩んでいた新米ママも、今日はたくさん食べてくれたと感激され 

 回を重ねるごとに、充実度を増しているベビーランチ会ですが、赤ちゃんが生まれて以来、    


外食とは無縁になってしまったママたちのランチも楽しみのひとつになっているようです。 

 


 ランチは毎回メニューが全く異なるため 裏方では、毎回バタバタと時間に追われています(笑)  

    

今回のテーマは、【 THE お豆 】 

 

 四季折々の旬を取り入れる初心者にも優しいレシピで、作りやすさと栄養のバランスを  

しっかり考えてくれているのがありがたいですね。
    

   
お豆をたっぷり入れて完成したつくね風ハンバーグです。 

 

 オトナランチはおひとりさま2個なので10人で20個が必要! 


1度にこのような数を焼く機会などないので、絶妙なタイミングで仕上げるのが大変・・・
 


 


料理を振る舞い客人を喜ばせるのは難しい  ・・・

 


食する方が期待するのは、味・新鮮さ・手軽さ・そして、サプライズ感。 

作り手としては、よほどの冒険をしない限り、何をやっても目新しさがないのが新メニュー考案にあたっての1番の苦労でしょう。

オリジナルを考えたと勇んでも、一昔前のどこかの料理本に載っている手垢のついたレシピ に似ていた なんてきっと日常茶飯事。

それだけ料理に歴史があるという証拠です。  

だから、常に思い切ったプレゼンテーションが必要とされます。     
 

今も、先人より伝わる献立に、焼・煮・炒・蒸・茹・揚を繰り返しながら、ほぼ確立された手法より材料を改めて吟味し、 

定番を壊し、家庭に新しい定番を提案していくという休みなき世界・・・ 苦労の多い職業だと関わってみて改めて実感します。
 

そういう意味では、デザインの提案も同じ常にアイディア勝負の世界。  


今回のハンバーグでは、お豆のほかに、キクラゲの細切りを入れ食感に新風をプラスしています。 

キクラゲと言えば、中華料理限定のようなイメージですが、見事にそのイメージをくつがえされました。 

ちなみに、前回は、ハンバーグにヒジキを加えて栄養をプラス。  比較的簡単なひと手間でできる+栄養ですね。

 

さらに、ユリ根を入れて、玉ねぎとは違う食感でとても斬新な仕上がりでした。さすがは熊谷先生・・・ 


スーパーで素通りしていたお野菜も、たちまち身近な存在になるから不思議です。


ママたちは、我が子に少しでも栄養のあるものを・・・と願い、離乳食を学ぶ姿も真剣そのもの。 

 

  

私もこれを見習って、前回のユリ根ハンバーグを家庭で再現してみましたが、子供たちは、ハンバーグに投入されている 

得体の知れない黒いひも状の物体(ヒジキ)を見て 怪訝顔・・・ ふと、気づけば、職人並みの丁寧さで慎重にヒジキを 

取り除いているではありませんか!!  

 


「無理しないで普通のハンバーグで良いから・・・」との冷ややかな感想に、ガックリと肩を落とした私・・・   

 


離乳食の時期の赤ちゃんの拒絶ならまだかわいいものですが、口が達者になった成長期の子供の辛口の酷評には 

やる気スイッチも消灯気味です。 

 


『親の心 子知らず』とは良く言ったものです。 先人が生み出すレシピも去ることながら、時代を経ても、大昔からちっとも変わらない 

人間の感情の妙と、それを的確に表すことわざの名言が頭の中を交差します。

 

酷評の先に、進歩あり。。。無理やり気持ちを切り替えつつも、ブルーな気持ちで今夜もキッチンに立つ母親が一体何人いることでしょう。

 

結局、1番苦労の多い仕事は、365日 24時間休み無しのタフさを必要とする“親職”なのかもしれませんね。 

 

何はともあれ、親にとってはその苦労を少しでもサポートしてくれるイベントは心強い味方です。

 

さて、ランチ会は、いよいよ来月でフィナーレを迎えます! 12月はクリスマスパーティー どうぞお楽しみに。。。

 

 

KENT HOUSE 富 沢

 

スケール

2012年11月14日


文房具、食器、家具、トイレ、キッチン、リビング、家、庭、ちょっと大きくなって札幌、北海道、さらには日本・・・



人体と密接にかかわる

触る 使う 座る から

居る 住む そして

その地域の 環境 習慣 風土 と


様々なスケールから読み解いて 住宅 というものが構成されています。






普段何気なく座っているイスも なぜその高さでその奥行なのか

なぜこの空間は快適と感じるのか・・・




身近にあって考えもしなかったものが

実は様々なファクターから検討されて生まれたカタチだったりします。




そういった目に見えないところは、作り手になって気づかされることがたくさんあります。




だからこそ日々出会う真新しいものや、なるほどと思ったものには、

スケールをかざしてみて、自分のストックとして溜めてゆきます。






気になった時にすぐスケールをかざせるように、

毎日持ち歩くならシンプルでかっこいいものを、

ということで私が愛用しているのは、無印良品のスケールです。



コンパクトボディでオートストップ機能を併せ持つ憎いやつです。

小さいので鞄やポケットの中に入れられて、使いたいときにすぐ取り出せます。






ケント・ハウスでの家づくりは、お客様と共にあります。

ぜひ毎日スケールを持ち歩いて、気になったものにかざしてみてください。

今まで見えなかった 家づくりのヒント が見えてくるかもしれません。


KENT HOUSE 三本木



 

 

 

 

 

 

澄み渡った青空の下、新たに完成したご新居。

 

本日のお引き渡しです!

 

これからどんな暮らしが始まるのか楽しみですね。



 

 

 


 

ケント・ハウスはどの空間もスッキリと暮らせるようなご提案を心掛けています。 

  

その秘密は・・・ 

  

機器類をなるべく表に出さないことです。 

テレビまわりの電化製品もテレビボードへ収納して使います。 

中にはコンセントがついていてコードが外に出ないようになっています。 

 


  

開閉金具はゆっくり開け閉めができるソフトクローズを採用。   

ひとつひとつ最も使いやすいものをご提案しています。 

  

 

 

ちなみに、よくご質問いただくテレビの裏側はこのような感じになります。  


壁掛け用の金具を取り付け吊るすと見た目もスッキリです。   



  

 

取り付けたところを別のお宅で見てみましょう・・・ 




このようなイメージになります。

 

ぜひ、モデルハウスや現場内覧会でお確かめください。

 

KENT HOUSE 富 沢

こちらは、先日お引き渡しとなりました清田区の邸宅。
東西の道路に挟まれたこの建物の大きな窓から差し込む光と吹き抜ける風は格別の
心地良さを感じることができます。




さて、玄関からご紹介いたしましょう。
扉を開くとアーチの壁がお出迎えいたします。


















ニッチには何を飾りましょうか。


















玄関壁のアーチと飾棚のニッチには、ジョリパットを使用。
ジョリパットは、粘性がありますのでローラーやハケで塗ったりスプレーしたりコテを使って
シマシマにしてみたりと仕上げデザインの選択は幅広くお家のアクセントにもなります。
また、耐久性も良いですので、色あせや色落ちしにくい素材であることも魅力の1つです。

























色合いは、落ち着いた銘木のチークで統一。
家族皆が集まりたいと思う空間には、自然と会話もはずみます。
























ひとりひとりの夢は、それぞれオリジナルでひとつひとつ尊重されるべきものがあるからこそ住宅設計は、
住まい手と設計者の夢のかたちの完成でもあります。
何度もお打ち合わせをくり返して最後にたどり着いたお家は、素敵な暮らしが待っているに違いありません。




これからご家族様が楽しい思い出を作りながら幸せな毎日が過ごせますように。。。



KENTHOUSE 清水

~ 言葉ひとつで ~

2012年10月19日



 

 

 

 

今回は先日お引き渡しを終えたお宅のお話です。

 
最初にモデルハウスに来場され、ほどなくしてケント・ハウス本社の扉を

叩いて頂いたのが昨年の12月の出来事。

 

ご夫婦ともにフットワークが軽く、臆することなくご本音で相談下さった

シーンが昨日のことのようによみがえります。

 

 

洗練された雰囲気と余裕の表情の中から、こぼれ落ちる品の良さに、こちらも自然と身構えてしまい、緊張したのもつかの間、

その緊張を解いて下さったのは他ならぬご夫婦たちでした。
 

最初のお打ち合わせから、ご予算も含めて本音を打ち明けて頂く方はそれほど多くはありません。

 

言い方を変えれば、おおよそのイメージはあるものの、実際にどのくらいの額を目安に予算を見込めば良いのかわからないで

家づくりをスタートさせる方がほとんどです。

 

だから、根拠のないイメージの金額をそのまま伝えることに抵抗を感じるというお客様もいますし、あるいは、

本音を打ち明けてしまったら騙されてしまうのではないか?と、オッカナビックリの心境のお客様もいます。

 

そして、ケント・ハウスは高いと考え、自分たちの予算で大丈夫なのだろうか?と思い、なかなか本題に入れなかったという

お客様の声も伺ったことがあります。
 
 

 

 

 

 

 

 

たとえば、こちらの話を聞いてからじっくり比較検討したいと考えるタイプのお客様と、まず自分たちの情報を伝えて相談してみてから

考えよう・・・というお客様で差が出るのは、スピードです。

 

もちろん、家づくりは早ければ良いというものではありませんが、今回のように、テンポが良くオープンな人柄のご夫婦にお会いした

ときは、毎回パワーを頂くので、ついつい熱が入り、時間を忘れてお打ち合わせが進むこともありました。 

 

家づくりの長いプロセスの中のどこかで1度は必ずと言って良いほど出てくる“腹を割らなくてはならない”場面。

『腹を割る』 という響きは、なんだか苦痛が伴いそうです。

それではポジティブに『胸襟を開く』という風に考えてみてください。

聞きにくくて、ついついタイミングを失っていた様々な疑問や気になる予算面・・・

 

勇気と言葉一つで固まっていたイメージがほどけるかもしれません。

 

なんとなく始めた家づくりも、工事が始まると、楽しくて毎日のように訪れていたという今回のご家族・・・

 

率直なご質問や希望などをお聞かせ頂き、充実したやり取りができたことによって、各担当者との良い関係ができました。

 

最後に、ケント・ハウスにして良かったとのご感想を頂きました。 

 

KENT  HOUSE 富 沢





10月に入り秋のお便りがモデルハウスにも・・・










こんにちは モデルハウス担当の川﨑です。





季節がめぐり、年月が経つごとに新しい世界が開けていくなか、


すっかり定着してきた一つに “ SNS ( ソーシャルネットワーキングサービス )”


というものがあります。




フェイスブックやミクシーと言った、ネットの中で様々なコミュニケーションが


図れるというものですが、その中で私はかれこれ2・3年ほどツイッターを利用しています。




そのツイッター、私の利用の仕方は少し変わっていて、凡そ700人ほどの学者


研究者・各種専門家・ジャーナリスト・公的アカウント(官公庁・企業)などのプロの方を含め


“ 情報集め&お勉強 ” として1000人程度の方をフォロー(登録)しています。




その位の人数をフォローしていますと、私のTL ( タイムライン ) は連日、報道前や


報道にならない 『 えっ?! 』 というニュースなども流れてきます。










ちょっと面白アカウントはゆるくお知らせ NHKさん







数ヵ月前にはキッチンメーカーCEOの方がつい発表前の商品を呟いてしまい、


スタッフの方が 『 あの、それはまだ・・・ 』 などのやり取りが・・・(笑)




そんなハプニングをみていると、今もすぐそこで沢山の人が切磋琢磨し


頑張っているんだなぁという親近感さえ湧いてきます。





最近ではショップのアカウントも増えてきており、フランフランさんカッシーナさん


札幌ファニシングさんなどが、商品やイベントのPRもタイムリーに呟いていたり、





あるいは北海道近代美術館主任学芸員さんの個人アカウント


多くの情報なども読ませて頂くことが出来たりします。



また、個人の方のアカウントで、お勧めのジャズについて詳しく解説付でPRされており、


音楽の幅を広げられる特典も・・・




テレビでは見られないニュースや真実あるいは情報操作なども錯綜しており、


受け取る側がしっかりとした “ 目 ” を持つというのが大前提のネット情報ですが、




“ 誰が 今 どうしてこの情報を出したのか ” という点を見極めつつ、



お天気が不安定なこの季節、お茶をしながら暖かい室内で、


ネットの中の “ その人 ” に見て触れて楽しんでみるのも如何でしょうか。








追伸  ステマ逆ステマは遠くから静観するに限りますね・・




川﨑

 

 ここ数日、過ごしやすい気温が続いていて、暑かった今年の夏が遠い空の彼方へ飛んでいき   


記憶の輪郭が不確かなものになってきました。。。季節はすでに本格的な秋です。 

 

そして、夏と秋の間を行ったり来たりしていた先週 

 


お引き渡し直前のお宅の屋根の上から見えたのは
     

 
   

季節を決めかねていた空の様子と札幌のパノラマ

 

 


  しばらくの間、誰も言葉を交わすこともなく



 ただじっと遠くの景色を見つめていました。 

  

 


映像で見る景色と肉眼で見る景色とではまったく違います。

 

映像や写真で見る景色はあくまでも疑似体験でしかないので    

 


本物から得られる癒し効果は測り知れません。
  

 

季節によって、日によって、時間帯によって刻々と色を変化させる景色 

  

 


疲れを感じたとき      
 

 


ふと立ち止まったとき   

  

喜びや悲しみに触れたとき     

  

人生を変える大きな決断を迫られたとき  

  

懐に抱かれる安らぎやなぐさめや 

  

時には強く、時には優しく背中を押してくれるような 

  

勇気と癒しをもらえる とっておきの場所が  

  

家族だけのために用意されていたとしたら・・・ 

  

かかりつけのセラピスト以上の効果が期待できるかもしれません。  

   

  

KENT HOUSE 富 沢