BLOG

さり気ない百花繚乱

2011年06月27日

 

 

夏が短い北海道では、庭を楽しめる時間に限りがあります。

 

 限りあるものを最大限引き出すには、

『充実させること・・・』 これに限ります。

 

良い時期にお庭をドレスアップすると、

短い夏を豊かに過ごすことができそうですね。

 

 

今回ご紹介するお宅は、プロの造園屋さんの応援を頂きながら、

ご家族(ご主人)が貴重なゴールデンウィーク返上で

庭づくりに勤しんだというコラボレーションの力作です。

 

 
 

 

今回のお宅のような南向きの立地で、前面をお庭として楽しめるプランの場合、家族だけではなく

玄関にたどり着くまでのアプローチを、お客様に楽しんでいただける見せ場としてイメージすると

手は抜けませんが、作りごたえは充分なので苦労する価値はありそうです。

 

 
 


 

 

 

ちなみに、こちらは工事完了直前のもの。

 

 

 

ほとんど手つかずのままだった外まわりが、色を添えられ、陰影が生まれ、

立体感が出て、お互いの相乗効果で建物もさらに美しく引き立つのです。

 

 

 

 

 その結果、見違えるほど華やかに変貌を遂げました。  

華やかといっても、主張し過ぎず、『さり気ない百花繚乱』

すらりと伸びた背丈とカタチのバランスが絶妙です。


 手前の楓は元々ご実家にあったものを移植したもの。
 

奥の紅葉は、代々故意にして頂いているという

お知り合いの造園業者さんのものを譲り受けたものだそうで、

白いモルタルの壁がまるでキャンバスのようで、淡彩がひときわ鮮やか。

 

こちらの紅葉の種類は、オーナー様もわからないとのことでしたが、

春から夏にかけて、赤→緑に変化し、秋になるころ、真っ赤に紅葉する

という種類のモミジは、ノムラモミジとか、チシオモミジとか、ヤマモミジ

など何種類かあるのでおススメしたい木のひとつです。

新緑の時期の赤い紅葉は、さし色としてもひときわ存在感を放ちます。 

 

 

 

 

 

 

一節には、日差しに耐えるために若葉の頃は赤い葉で身を守り、

成長とともに緑色になってくるとも言われています。

 

それもそのはず。

こちらのモミジは遠く本州からやってきたモミジだそうです。

 

北海道とは環境が異なる“向こう”の木を育てる場合は、

やはり注意深く見守ることが大切。

 

こちらのお宅のように、造園業者さんを味方につければ鬼に金棒ですね。

 

   

芝生の鮮やかなグリーン、洋シャクナゲの控え目なピンク、オフホワイトの砂利など、

色や空間との調和を考えながら、つくりあげた見事なお庭。

 

今後は、石のオブジェや、水瓶を配したウォータープランも構想しているそうで、夢はますます広がります。

 

このように、完成後に、家族で話し合いながら毎年計画し、グレードアップできるのも戸建生活の醍醐味。

 

最初から、完璧につくることは理想の一つではありますが、休日の家族の楽しみとしてあえて“残す”ということも

違った意味での価値として、マイホームへの愛着を育くむのです。

 

 

 

 今度のお休みは、ガーデンプランの参考に、近くのホームセンターへ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

 

 未来に向かって花咲く マイホームプラン・・・ 

 あなたもはじめてみませんか?

 

KENT HOUSE 富 沢

  

 


 

 

 

                       先日、08年に竣工されたお客様のお宅にお邪魔する機会がありました。

 

                  車を愛する男性が憧れを抱いて止まない雑誌「ガレージライフ」にも掲載されたN邸です。

 

 

 

  

 

 

こちらのお宅のガレージは、いわゆる『妥協』とは無縁。

 

徹底したこだわりを追及し、作り込むことで成し得た泣く子も黙る

ガレージワールド。

 

 

ガレージ内は、タイルを敷き詰め、壁面のディスプレイにも隅々まで

気を配り、ショールームさながらの美しさで、見る者を圧倒します。


 

 

 

 
 
 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ご主人の趣味はアメ車 特にお気に入りは、キラリとした個性が光る コルベット 

 

そして、カマロです。

 

当時のプランは、当然、ガレージありきで進みました。  8台を収容できる車庫を持った一般住宅など前例がありません。 

しかも、ガレージ内の構造や仕様は、現実離れしたものばかり。

完成するまでの道のりは、決して平坦なものではなかったことが容易に想像できます。

 

 けれども、ここまで好きなものを追及し、それに投資するには、コストはもちろんのこと、

人並み外れた情熱がなければ、決して実現することは不可能な話です。

 

 
パープルのC3は、元々は某芸能人の愛車だったもの。

 
縁があり、海を渡ってこちらのお宅にやってきました。

 

 

 ご主人にお気に入りを尋ねると、迷いながらも教えてくれましたが、

やはり1台に絞るのは難しそうでした。

 

 

 

おそらく、飛びっきりのお気に入りを集めて、完成したのがこの愛車たちを含めたガレージなのでしょう。。。

 

 

女性にはなかなか理解のしにくい世界だからこそ、奥様の包容力も不可欠となります。

 
 


  



 ご主人の秘密基地内にある、コレクション 




 

 

 
 

ガレージだけでも贅沢なのに、その上、室内には愛車を眺めながら、

 

ソファーにゆったり座り映画を見たり、コレクションを眺めたり・・・

 

と、こっそり楽しめるとっても贅沢なスペース。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

こっそり・・・といえば、こちらのホビールームは、玄関とは別に、ガレージからも直接出入りできるので、

帰宅後に、直接ご主人がホビールームに入っている日は、決まって新たな戦利品が加えられるとか・・・(笑)

 
 

ご主人の、ひとつの好きなものを愛する徹底ぶりは、誘惑の多い豊かな現代には、貴重な存在。

 


 
今回の撮影にあたっては、夜を徹してガレージ内を整えてくださったそうです。

 


 

 

 完成した今も尚、二つ返事で撮影に協力して頂ける気前の良さの裏には、

 

とことん検討された上で、ケント・ハウスに納得して頂いたという決断力に、

 

揺るぎがない自信と気風の良さが見え隠れしているように見えました。

 

 


 

 とことん徹底することで生まれるのは、人を納得させる強い説得力と、美学。

 

 

徹底主義を貫くことは、どこかしらケント・ハウスの思想と一致しています。


 

 

 


 


“好きなものが決まっている”ということは、即ち“強い”ということだと改めて感じた今回の取材。

 

普通ではなかなか真似ができません。

 

他人の嗜好や世の中の動向には脇目も振らず、自分スタイルを確立するには、勇気と自信と努力が必要だから

 
ほんの一握りの人々しか手にできない夢の実現なのかもしれません。

 

そこに、人々は憧れを抱くのでしょう。

 


好きなものをもっと手に入れたい → そのために努力する → 成長する

 

この繰り返しで、パワーをどんどん蓄えてきたようにも見えるオーナーのご主人さま。

 

ハングリー精神の基本です。

 

まだまだガレージを広げたいと夢を語る瞳からは、これからもアグレッシブに頑張るという

ご主人の野望と、エネルギーがほとばしっていました。

 

 

KENT  HOUSE 富 沢