BLOG

 

 

 

                            私がプランでこだわったものの一つにニッチがあります。

 

 

ニッチは、空間の間延びを上手に解決したり、アクセントの一つとして、
無愛想な壁に華やスパイスを加えることができるのです。

 

 

肝心なのは、そのニッチにどんなものを飾るのか。。。という点です。

 

 

 

ニッチそのものについて語り始めると止まらなくなりそうなので、今回は、あくまでニッチに飾る
アイテムについてのみに限定したいと思います。

 

 

 

 

 

特別な趣味などがあり、飾りたいものが決まっている場合は、あらかじめサイズを確認しておく
必要があります。

 

 

 

 

 

飾るものの大きさによって、目線を考慮した効果的な位置、計算されたライティングなど、
最大限の効果を発揮すると、美術館さながらのような演出も期待できるのがニッチの魅力です。

 

 

 

 

そうは言っても、その効果を発揮させるには、ある程度のテクニックとセンスを磨かなければなりません。

 

 

 

 

 

                                       私も目下のところ、修業中の身。

 

 

 

 

 

ニッチ、ニッチとこだわりながら、ニッチを使いこなせるテクニックを持ち合わせていないことに
気がついたのは、なんと完成後。。。
      

 

 

 

                         これは、我が家のニッチ

 

                   s-194.jpg

                                                                                                 
             

 

 

                              飾り方によって、微妙に印象が変わるフラワーベースは、オブジェとして

 

                                
                              s-254

 

        

 

 

  

             s-192.jpg

 

    1992年に設立されたドイツのデザインメーカーPHILIPPI

   クールでモダンなスタイルに独創的なデザインが印象的
  
 

 

 

 

 

ニッチの話題とは違いますが、お客様からよく相談されるモノとして、時計があります。

 

 

 

シンプルなテイストやインテリアをそのままに、邪魔せず、さりげなく、かつ便利な時計と
なると、なかなか難しいのです。

 

 

 

 

我が家は、壁掛けの時計は採用せず、置時計で賄っています。

 

 

 

ニッチに時計ってどうなんだろう。。。と、躊躇はしましたが、生活するには日用品が必須です。

 

 

 

                                            多少の妥協と、便利さのバランスを考えることも必要です。

 

 

 
                                                                                     s-180_20090227144607.jpg

 

                                                                      無機質な素材のこの時計は、ある程度の厚みと重厚感があって、
                                                                      日付や温度、湿度なども表示されるスグレモノ。

 

 

 

 

我が家は、パソコン周りに1つ、ダイニングテーブルに1つ、さらに洗面に1つと
完全に朝の身支度を踏まえて時計を“設置”(笑)

 

 

 

 

さて、ニッチの話に戻りますが、ニッチは何もリビングだけを彩るためだけのものではありません。

 

 

 

    たとえば、お客様が1番先に目にする玄関。。。

 

             s-042_20090227145251.jpg
      こちらのお宅は、ガラスを採用しています。

 

ダウンライトに照らされたドラマティックな演出のニッチという舞台で
            一体どんなものが主役になるのか気になります。

 

 
                                                                                         s-067.jpg 

                                                                                こちらのお宅はトイレの中に、ニッチを設け、
                                                                                       印象的な空間をつくりあげました

                                         

            

                                                                                壁の素材はキラキラ光るモザイクタイル

 

 

 

このように、バックの壁の素材をひと工夫するだけで、たちまちラグジュアリーな
空間が完成するので、あえて何も置かない事を選択するのも一つの手法です。

 

 

 

                            ちなみに、素敵なトイレのこのお宅は次回の内覧会の会場になります。

 

 

 

 

                                                                                                                           お楽しみに。。。

 
 
 

 

 

   先日、無事に引き渡しが行われました。
 

 

 当日に引っ越しを終えたばかりのお宅は、ご両親や友人が集い、大変賑やかなものになりました。

 

 
       s-002_20090224112553.jpg

 

 

 

 

        ケント・ハウスに決めたキッカケは、奥様の行動力。

 

 
ご主人は、高額だと思い込み、エンジンがかかるのに少々の時間を要しました。

 

 

 

ところが、いざ着工してしまうと、ご主人も情熱のすべてを我が家に注ぎ込み、
こだわりは細部にまで及びました。

 

 

 
     s-033_20090224112635.jpg
      こだわりのスイッチプレート


 

 

 

 

 

「このプレート、いいですね・・・」と感想を伝えると、ニヤリと笑い、
「富沢さんならそう言ってくれるかと思った!!」とご満悦な表情のご主人。

 

 

 

 

 

 

                                    そこにあるのは、ディテールにこだわるマニアの会話。

                           s-027_20090224112626.jpg

 

 

 

 

遠くで行われる内覧会にもご夫婦仲良くご参加いただき、出席率としては
超優等生だったお二人。

 

 

 

 

 

時にはご両親も一緒に参加され、みんなで心を一つにして、家づくりという
“行事”を楽しまれていました。

 

 

 

 

そんな賑やかな引き渡しには、笑顔がつきもの。

 

 

 

 

          笑顔を通して、家族の在り方を教えられます。
 

 

 

 

 

その暖かくてアットホームな雰囲気に、スタッフは一様にリラックスムードで、
着工前や、建築中の思い出話に花が咲きます。

 

 

 

 

苦労話も“結果オーライ”と笑って頂けたのは、信頼の証しなのかもしれません。

 

 

 

 

 

そして ざっくばらんに余談を多く語り合えるのは、それだけ心を開き、打ち解け合えた
結果なのだと思います。

 

 

 

 

 

そんな確かな“証拠”が、建物のあちらこちらに、新しい試みや、形あるモノとして刻まれていました。
ご主人は、毎日現場に足を運ばれ、現場のスタッフともいわば顔見知り。

 

 
                                        s-003_20090224112613.jpg

 

 

 

 

 

たくさんのコミュニケーションの積み重ねでつくりあげた建物の完成への喜びは
人一倍強く、そして現場に足を運んだ数だけ、達成感もひとしおだと思います。

 

 

 
               s-037_20090224112603.jpg
            シンプルな空間には、どんな小物もすんなり溶け込めます。

 

 

 

 

 

シンプルモダンなテイストは、どちらかというと無機質で、冷たい印象になりがちのイメージですが、
家族の笑顔はそれを超える温もりに満ちているので、程よいバランスなのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご夫婦の人柄と、家族の優しさを通して、素敵な人生が透けて見えた気がした
とても思い出に残るお引き渡しの風景でした。。。

 

 

 

 

 

 
              s-015_20090224154539.jpg
             

 

 

                    実りある新生活を満喫されますように。。。

スタッフが日本を離れている間、1番慌てたのが、あるものが無いという事態でした。
私は、普段それほど深くかかわっているわけではないので、いつも誰かが
気を配り用意していてくれたことが当たり前になっていたのかもしれません。
人は、実際に不便を感じたり、 面倒な事態になった時に、初めてその大切さが身にしみるもの・・・
コーヒー一つ淹れることにもアタフタ・・・戸締りをするのにもひと悶着。。。
そんな一幕もありつつ、のんびりムードな中、林さんと和やかに談笑を織り交ぜ、
ある日の1日はゆっくりと過ぎました。
その時の林語録の中の印象的な一言が、「会社は生き物」という言葉
一人入っただけで、会社の空気がガラリと一変する。
それは、会社自体が大きな波の中で動いているから。
長く勤めていると、家庭や仕事の狭間でつらい時期も皆無ではなかった
はずなのに、なぜか苦労話ではなく、明るい話に聞こえてしまうのは、持ち前の
楽観主義がなせる技でしょう。
林さんは不思議な人です。
社長は、いつも温厚で、社員にも優しいのですが、お客さんのことになると、とたんにキリリと引き締まります。
それが顕著に表れるのは、やっぱり林さんとのやり取り。
「はやしさ〜ん、あの見積もりまだぁ〜?」と、遠くの席で
めまぐるしく働いている本人の都合などお構いなしに、前振りなしで声をかけます。
他のスタッフの時とは微妙に違う 独特なイントネーションで・・・
林さんは、「はぁ〜いぃ〜」と言いながら、そそくさと対応。
その一幕を見ているだけでも、年月の積み重ねと、お互いの人間性を
理解した上だけでしか築くことのできない信頼関係が垣間見えます。
そして、無関係の私には、なぜか微笑ましいとすら感じてしまうのです。
あるお客様に、私がユニットバスの相談を何気なく受けたときは、
希望のものは現行商品では生産されていないことを知りつつ、無理は承知で
担当の林さんに相談したことを、林さんがしっかりと覚えていてくれて、
のちに出た後発の商品がたまたまそのご希望に見合い、、機転を利かせて納品期限ぎりぎりで
対応してくれたことがありました。
お客様にはとても感謝していただいたのですが、私は、たまたま
話しやすい人柄の林さんに相談しただけで、実際に何度も業者さんと
やりとりをしてくれたのは、その時、裏で動いていた林さんのおかげでした。
そんな経験を振り返ると、いろんなことを気軽に言いやすい人というのは、貴重な存在です。
プライドや志を高く持つと、他人に軽く見られたくないという心理が働き、
相手にも緊張感が出るのものですが、ダイレクトにぶつけやすい人というのは、
それだけの余裕や包容力を持ち合わせている度量があるからなのかもしれません。
例えばの話、気分のムラがあるときも、一呼吸も置かずにぶつけられやすい人ほど、キャパシティーが広く
受け入れられやすい人という見方もできます。
林さんの言葉を借りて、「会社は生き物」と捉えたとすると、
クリエイティブな仕事をする上では、ある程度の緊張感は原動力において常に必要なことですが、
そんな緊張感を緩和する人材もまた、貴重な役割を果たすこともあるのです。
“生き物”を成長させるには、様々な栄養源が必要ですから(笑)
会社は一人一人の個性を乗せて、目的に向かって航路を進んでいます。
そして、裏方では様々なスタッフが、1棟に丹精こめて汗を流しているのです。
s-043.jpg
御影石を傷つけないよう慎重に氷を砕いています。

お引き渡しの前には、早くから、時間ぎりぎりまで作業している現場の担当者たちの
姿があります。
                           s-048.jpg
監督はもちろん、常務でもアフターでも、一丸となって、真っ白な雑巾を片手に
建物に磨きをかけている背中は、ある種のプライドと哲学を持った男達の気迫が感じられるほど。
s-046.jpg
哲学とプライド、そして包容力。。。。

これこそがまさに生き物を根底から支えるエナジーなのです。

〜賑わいが蘇る日常〜

2009年02月09日

月曜日から、ケントメンバーが帰国して、社内にはいつもの活気とにぎわいが
戻ってきました。
普段の光景と何ら変わりないようですが、心なしかラスベガスでの興奮が冷めやらず、
スタッフの瞳の奥の輝きは鮮度が増して煌めいていたように感じます。
社内研修の考え方はいろいろだと思いますが、特にクリエイティブに携わる職種において
常に鮮度の良いもモノをお届けするために、外部からの刺激は必要不可欠。
それだけではありません。
特に、旅行という非日常の行事は、日常での同じ時間を換算したとしても、
刺激の吸収率は何倍も異なります。
人生は、たくさんの小さな出会いの積み重ね。
海を越えた異国の地では、人生観を変えられるほどの大きな感動に出会えることもしばしば。
そして、普段職場での「顔」としてしか向き合わないスタッフ同士が、同じ目的を持って
その感動を共有できる数日間は、さらなる親近感や、共通点を見出し、
コミュニケーションをより深められることで、きっと仕事や建物に投影されることと思い
ますのでご期待ください。
さて、同じころ、居残り組の私も、新たなる発見に出会えました。
シーンと静まる会社内で、女性二人きりの和やかなトークで、
たくさんの学ぶべきエッセンスを頂きました。
発見させられた相手とは、、、
キッチン担当 林さん。
契約したお客様だけがかかわることのできる、ケントの秘密兵器の一人です。
林さんは、ケントの初期のころからスタッフの一員として屋台骨を支えてきた人です。
いわばケントの生き字引。
苦労知らずのようなあどけない表情からは、とてもお孫さんがいるとは思えないほど。
林さんは、相手の良いところを上手に見つけることと、お客様の減額の相談に関しては
定評があります。
「富ちゃんは、すぐに反省して偉いね・・・」と無邪気に褒めてくれる純真な眼差しには
反省だけはしても、同じ失敗を繰り返す苦い現実を責める毒は一切持ち合わせない
優しさと包容力もあり、私にとっては、甘えやすく居心地の良い
存在です。
バイタリティーがあって、世話好き。
だけど、話に夢中になると、時々論点がズレて。。。
「結局なんでしたっけ?」のところや、天然のところもあったり。。。とお茶目な一面も・・・
次回は、そんな林さんと私の留守番珍道中です。

先日、前回内覧会をさせていただいたお宅のお引き渡しが無事に行われました。
引き渡しまでには、お客様とそれぞれの担当者がたくさんの関わりがあり、
その中で、和気あいあいとした空気に包まれながら、時には打ち解けあったり・・・
それでも、引き渡しというセレモニーは、お客様にとっても、私たちにとっても
背筋がピンと伸びるような特別な行事の一つです。
内覧会の当日には、ご自宅の評判や、私たちのことを気にかけて下さり
顔を出してくれるお客様も数多くいらっしゃいます。
         s-116_20090202201646.jpg
こちらのオーナー様もそのひとり。
たくさんの友人知人も駆けつけて、ちょっとしたお祭りムードで家の完成という
人生の特別なワンシーンに賑やかな歓声の華を添えていました。
短い夏の 凍てつく太陽の日差しのように限られたある一時期だけは、
己を失っていた自分に苦笑してしまうほど、寝ても覚めても家一色の時代が
多くの人の身に訪れるものなのです。
そう。。。家づくりは、恋の病と同じように一過性の病気のような症状をもたらすことが
あります。
それほど魔力をもつのが、『家づくり』なのです。
ケント・ハウスのお客様にはそれぞれのタイプが異なります。
そして、その“恋”のスタイルも人それぞれ。
とにかくスタンダードなケントテイストをこよなく愛するばかりでなく、全ての建物を好意的に
純粋無垢に想い続けて下さっているピュアな情熱家
ケントのベースは愛しながらも、その人なりの価値観や人と違う個性を演出したいと考え、
もっとその先の未来をを貪欲に捜し求めたいと考えるアグレッシブな情熱家
                                   s-095.jpg
こちらのお客様はまさに後者のタイプ
ご自身も、1級建築士の免許を持つことから、プロと同じ目線で、プランから細かい配置やおさめまで、
ケントカラー最大限に引き出しつつ、その中に新しいマイカラーを加えて世界でたった一つの住まいを完成させました。
s-069_20090202201607.jpg
こちらのお客様が考え抜かれた点は、『いかにシンプルに見せるか』
“シンプル”にこだわるというのは、一見とても簡単なことのように感じますが、実はその逆。
それは、引き算の発想だから。
モノを足していくのは簡単ですが、引き算をするのは色々な意味で勇気が要ります。
知り合いのあるメークさんの話。
「足し算のメークは基本的に欠点を隠していけば良いから とても楽なのだけれど、
引き算のメークは大胆さと繊細さを持って挑まなくてはならない。 
つまり、引き算のメークの成功カギは素材の良さにかかっているからごまかすことが難しい」と。。。
素材とはメークの場合はその人がもつ顔、雰囲気、素肌などのことを言っていますが、
建物も同じで、例えば家具などでいえば、施工や質感、塗装や、仕上げの細かい配慮、などなど
トータルで感性に訴える力を要します。
多くの人は欠点をカバーするために、そこを覆い隠すことに必死になりがちですが、
意識を変えると、美への価値観がきっと変わります。
インパクトで勝負することとは違い、素材の良さとセンスだけで表現した完成度の高いシンプルには、
人はなぜか無抵抗になってしまうのです。
それは、シンプルな空間から、凛とした強さや奥ゆかしさが生まれ、思わず平伏してしまうほどの
圧倒的な存在感が備わるから。
要するに、素材勝負の着飾らない美しさには、人は最も弱いのです。
。。。ということは、シンプルとは、究極の自己主張だと言っても過言ではありません。
            s-093_20090202201704.jpg
さて、先ほどの話に戻ると、パッシブな情熱家さんも、アグレッシブな情熱家さんも、
どちらのタイプもケント・ハウスにとっては無くてはならない大切なお客様。
純粋な気持ちで好意や信頼を寄せられると、やはりその思いを裏切らないように、
必死になって頑張ってしまうもの。
熱いハートにこたえるために、私たちはいつも“カッコよく”ありたいと願いながら
日夜努力できるのは、やっぱりその羨望の眼差しを『仕事』に代えて
きっちりお返しできるだけの“愛”をもらっているから。
ピュアな信頼は、お客様が持つ、何より最強の武器です。
そして、ケント・ハウスの進化を別な角度から支えてくれるアグレッシブな
情熱家のお客様からは、進化のヒントや刺激をたくさん受けながら、
その勢いに負けないように、わたしたちも腕を磨き、そのパワーだけではなく
新しいことへの勇気や冒険心もたくさん頂いているのです。
今日のケント・ハウスがあるのは、“極限を目指すこと”を恐れない
伝説のパイオニアたちが大きく貢献しくれているおかげだという事は言うまでもありません。

毎々格別のお引き立て賜り厚くお礼申し上げます。
さて、ケント・ハウスでは、社員一同2月2日から6日まで研修旅行のため、アメリカへと旅立ちます。
異国の空気、サービス、建物、デザインに触れることで、お客様に、『感性』という
付加価値をつけ、様々なものでご提供するとお約束致します。
研修旅行の期間は、対応等が遅れる場合もございますが、お急ぎの場合は
アフターサービスも含めまして、係りの者が対応いたします。
何卒よろしくお願い申し上げます。