BLOG





ケント・ハウスでは、世界で活躍された建築家の建物、


異国の文化・美術・衣食住に触れ


新たなモノづくりに活かすべく、今年も海外研修へと旅立ちます。



今回の研修先は『 南フランス 』です。



南フランスと言えば、太陽きらめく美しい地中海沿岸の


優雅なリゾート地ニースやモナコ・カンヌ、


その対極とも言える 自然と建築が調和した美しい村 “ ゴルド ”


セザンヌやゴッホなど数多くの画家に愛されたプロヴァンス


そんな美しく優雅なイメージが色濃くありますが、



20世紀を代表する建築家 ル・コルビュジエの最高傑作と言われる


巨大集合住宅 “ ユニテ・ダビシオン ” や


世界遺産のゴシック建築・古代ローマ建築が美しく存在しています。



見どころ満載でどこまで吸収できるか分かりませんが、


社員一同しっかりと学んできたいと思います。



また、美食とワインの国ですので、心持ちふくよかになって帰ってきても


どうぞ温かく見守って頂けると幸いです・・・






つきましては、研修旅行期間中の営業時間のお知らせです。


ご迷惑をお掛けしますが何卒宜しくお願い致します。



日程 1月23日(木)~1月28日(火)


営業時間 AM9:00~PM5:00まで



※ 尚、マイホームセンター札幌会場内モデルハウスは


定休日の水曜日を含む1月22日(水)~1月29日(水)はcloseさせて頂きます。




川﨑



雪と落ち葉が可愛らしい中庭の様子です。




こんにちは モデルハウス担当の川﨑です。



降雪が始まる頃、毎年 年賀状をどうするか少し悩むのですが、


お返事に気を遣わせしまうのも本意ではないので


個人的な年賀状は極力控えています。




それでも毎年、顧客名簿を眺めては “ どうしているかしら? ” と


打合せを重ねていた頃の様子を思い出します。




中には全国的にご活躍されている有名な方もいらっしゃるので、


プライバシーの面でも、気軽にご連絡する訳にもいきませんが、


気持ちはいつも応援させて頂いています。







という事で、今回はオーナー様のご了承を頂いてご紹介させて頂きます!




2020年1月いよいよテレビドラマがスタート。


著者であり弊社オーナー 東元俊哉様 の 『 テセウスの船 』


豪華キャストで日曜劇場TBS系列、夜9時から・・☆彡



コミックは9巻が発売され、来月には最終巻10巻が発売されます!



ドラマは大抵、原作を少しアレンジしてあるものも多いので、


どんな風なアレンジなのかも含め、どちらも待ち遠しい限りです♪



機会があったら皆様も是非ご覧になって下さい。




ミステリーなのに泣けちゃう場面もあり( これ以上は控えますが笑 )


心にグッとくる作品です。





サインを頂きましたが、ご本人はとてもイケメンさんなのに、


手書きのイラスト同様、ほっこり優しい印象の素敵な方です。




どのオーナー様にとっても居心地が良く、お仕事も捗どり


ご家族に笑顔が絶えない家でありますように・・




川﨑


遅ればせながら、明けましておめでとうございます。


今年もどうぞ宜しくお願いします。




こんにちは モデルハウス担当の川﨑です。




年末年始は皆様いかがお過ごしでしたか。私は昨年末、“ 北海道 150年 音楽祭 ”という


北海道にゆかりのあるアーティストさんの楽曲を楽しめるイベントに参加させて頂きました。







MCは、今やすっかり全国区で有名なチームナックス→の森﨑博之さんと北川久仁子さん。


お2人には一昨年の弊社25周年パーティーでも司会をして頂き、


北海道を応援する側に立ち、共に頑張ろう!を言って下さる姿勢に


とても親近感を覚えますし、元気や勇気を貰えます。







開催された場所は 札幌コンサートホールkitara →



北海道産材のマカバを使用した施設内も美しいですが、


照明具合も冬の夜にお似合いな美しさが演出されています。




このイベントや森﨑博之さん、弊社の共通な志しとして、


この “ 豊かな北海道 ” の物造りを応援し


多くの人に愛される元気な北海道にしていこうという想いがあると思います。




ケント・ハウスはこれからも地元で着実に歴史を積み重ねていきたいと思います。




年が明けたので、今年はもうすぐ社歴27年目になりますが、人間で言うと

生まれてからもう社会人数年生だったり、専門的な知識・技術を取得していたり、


もしかすると結婚などしてもおかしくない年齢ですね。




そんな社歴の中で、全てのオーナー様と造り上げてきた実績を、


これからのお客様に反映させながら、新たな進化を遂げていきたいです。





今年もケント・ハウスにご期待下さい。





モデルハウス担当 川﨑



今年もあっという間に残すところ数日となりましたね。






先日、会社の忘年会でカラオケのキーが合わず、


“ 年を取ると声まで低くなるのか ” と少し しょんぼりしています。




こんにちは モデルハウス担当の川﨑です。




普段、モデルハウスに常駐しているので、


お引渡しに同席させて頂く事は殆どないのですが、


先日、常呂町で設計のお手伝いをさせて頂いたお客様のお引渡しに


久しぶりに同席させて頂く事が出来ました。






このお家で大きく育っていただけるのかと思うと感無量です・・





札幌市内近郊以外で、設計のみのお手伝いをさせて頂く場合、


何かあった時にすぐに駆け付けて頂けるよう、



地元の工務店様に施工をお願いして頂くため、


お客様自身で信頼できる会社を探して頂く事になり、



札幌と地元を行ったり来たりしながら、


完成までには相当なお手間や時間がかかると思います。








常呂町でご縁を繋いで頂きましたオーナー様、


地元で施工を引き受けて下さった千葉工務店様に


心から感謝致します。本当に有難うございました。






という事で、私からは年末の忙しい時期の癒しタイムにピッタリな


『 キャットウォークからの肉球 』 をお届けしたいと思います。









それでは皆様、今年一年、大変お世話になりました。


Season’s Greeting from my heart



川﨑



建築会社にいると設計士ではなくても


新しい建物や素材はついつい興味深く見入ってしまうと思うのですが・・




思った通りに美しかったです。『 創世スクエア 』




創成川の 「 創成 」 の響きを残しつつ、


札幌の未来をここから創造しようとの思いを込めた 『 創世 』 と、


エリアを構成する大通東1丁目、大通西1丁目、北1条西1丁目の


3つの1丁目からなる 「 1.1.1 」


『 創世1.1.1区 』 そうせいさんく と呼ぶそうですが、




そのエリアの再開発の1つの施設として


先月グランドオープーンし、早々に探索してきました。





スタイリッシュでクールな外観のうえに


誰もが利用しやすい使い勝手やデザイン。





ひとつひとつが便利な最新設備で、


未来を楽しく想像させてくれるスペースです。





階段の石と木材の組み合わせも凄く新鮮でしたし、




おトイレ前のタイルですら、こんなに素敵な素材 ( *´艸`)





芸術と文化と札幌の新しい街並みを満喫しに


これからの利用が楽しみになりました。





( そう言えば学生の頃、演劇鑑賞会という会に入会していましたが、


今も続いているのですね。大小さまざまな劇団のお芝居を観劇でき、お勧めです。)




図書館やカフェ・大ホールでの催し物など楽しみに、


皆さんもぜひ新しい施設に足を運んでみてはいかがでしょうか。




勿論、弊社モデルハウスでも “ こんな所にこんな素材!! ” と


新鮮に思うポイントが沢山ありますので、是非モデルハウスへもお越し下さい。






※ 画像の掲載につきましては、さっぽろ創世スクエア管理組合様、


パーク24株式会社様に許可を頂きました。


この場をお借りして改めてお礼申し上げます。






追伸


モリヒコさんのフルーツサンドがモーレツに美味しかった事も


一応、ご報告させて頂きます ( 笑 )




川﨑



今週末は毎年恒例のライジングサン→ が行われますね。

4年前、偶然お休みが合い、2度とないチャンス!と思って、

オーナー様のご親戚だと伺った “ サカナクション ” さんの演奏を楽しみに

初めて参加した思い出があります。



夕焼けが綺麗でした。




『 今日が人生の中で1番若くて1番暇な日 』

『 やらない後悔よりは、やって後悔  』 『 迷うくらいなら行っておく 』

という私の中の三大座右の銘があり、わりとチャレンジャー体質だと思います。



前置きが長くなりましたが、先日たまたま通りがかった

初めて見つけたお店が可愛くて、こちらも迷わず初訪問!


突然のお願いにも関わらず、写真も快諾下さり感謝です。

(興部町アドナイのフローズンヨーグルトバー、食べた過ぎます!)



全国展開されているお店 “ D&DEPARTMET ” さん→

ツイッターのアカウント→もありました。





こだわりの家具や小物が美しく飾られ、どこを見ても絵になります。

奥には “ マッキナフォトスタジオ ” →さんが入っているようです。



2階は絵本やおもちゃの専門店 “ ろばのこ ” さん→

フリーペーパーも頂き、小さなコマを買って帰りました。




マイホームのご計画がある方の中には、インテリア小物や子供さんのおもちゃなど、

お買い物をする機会もあると思いますので、機会があったらぜひ覗いてみてはいかがでしょうか。





追伸




モデルハウスでは、お打合せ時のお子様用におもちゃを洗い、

小さなコマも用意して夏休みに向け、スタンバイしています(^O^)♪





モデルハウス担当 川﨑

年末年始や春の歓送迎会など、何度か利用させて頂いていた

 

“ スタイリッシュで落ち着く内装で、美味しいお料理のお店 ” がありました。





こちらの店舗は、お身内の方がプロの店舗設計の方で札幌の店舗は全て手掛けられたとか・・


そんなお目が肥えている方のマイホームのご計画をこの度お手伝いさせて頂く事が出来ました。



この日は6人の大工さんが作業中。



お化粧なしで美しい “ 一発仕上げ ” です。


今回、こちらを担当させて頂く現場監督は、


いつも穏やかで沈着冷静、セクシーなハスキーボイスの長谷部さんです。















長谷部さんの図面には綺麗に細かく、細心を払い図面と現場の整合性、


より良い品質、より綺麗なおさまりを考えられているのがわかります。




『 今回は床柱や床の間がある和室なのでその辺りも重点的に・・


テラスもきっと良いテラスになるよねぇ~ 』 なんて、


自分の家の様に目をキラキラさせてお話してくれました。





お引渡しをして20年経っても 『 やっぱり家が一番良いよ! 』 と言って貰えるような


そんな素敵な家になりますように・・



現場の皆さんにもエールを送りつつ、怪我の無い様に・・完成を楽しみに待っています。



そんなオーナー様のお店は、


『風味や』さん









お漬物盛り合わせは安定の美味しさですが、


個人的にはアンチョビチーズ焼きが一押しです。



ちょっとお店PRをしてしまいました。


現場からは以上です!(笑)


川﨑


暑い夏、ヒヨドリの水浴び風景が、涼しげな空間を演出してくれていました。


(画像クリックして頂くと水盤横の台にとまっている小さな姿を見て頂けます。)




こんにちは モデルハウス担当の川﨑です。



モデルハウスを新しく建替え1年半、お陰様でご来場者数はいまだ多く、


遠くから、また何度となくご足労いただく方もあり、心から感謝申し上げます。




そんな中、「このモデルハウスのまま住みたい!」と希望され


その夢を叶えられたオーナー様が立ち寄って下さいました。


「 お庭に咲いた草花を摘んできたの♪ 」 と、小さなグラスご持参で・・



涼しげで可愛らしいお花&奥様のセンスにキュン死します・・




同じお花を今度はモザイクタイルの前に飾ってみました。



生けたお花の角度や位置も多少違うのですが、醸し出す印象は随分と変わりますね。



背景・環境・バックボーンが違うと、同じものでも違う印象になるということを改めて感じた夏の一日でした。


可愛らしいお花をどうも有難うございました♪



追伸




ツタヤ美しが丘店 があと少しでオープンですね。


コメダのシロノワール は早速食べに行ってきました!


食欲の秋、私のなかでは既に始まっています(笑)





川﨑



こんにちは モデルハウス担当の川﨑です。



1か月くらい前から、モデルハウスの中庭に



ヒヨドリが毎日水浴びをしに来てくれる様になりました。





室内からの撮影で映りが悪いですが・・


ビデオ

今日はこの後、すぐ傍まで寄ってきて



“ モフりたい? ” と言わんばかりのポーズです(笑)






のんびりと水浴び・お食事・おトイレを済ませ、



人懐こいヒヨドリは去っていくのでした。(リア充です。)




これがマイホームから見える景色だったなら・・・本当に癒される空間になりますよね。




モデルハウスへご来場された際、ヒヨドリが来ていましたら、



どうぞ室内から、水浴びをする鳥たちをゆっくり眺めて行って下さい。







追伸





賃貸アパートの私は、休日に癒しを求めて


森彦さんの プランテーション に行ってきました。


そう言えば、スガイディノス札幌劇場に


CINEMA CAFE C3 が出来たそうですね。


カフェだけの利用も可能だそうです。




川﨑

去年3月に建替えたモデルハウスは除雪スペースが格段に減り便利です!





こんにちは モデルハウス担当の川﨑です。



先日、マイホームのご計画が進んでいる方のご来場があり、


造作家具を含めてモデルハウスを興味深げにご覧になっていました。




家具と言えば、デザイナーズのリプロダクト(ジェネリック)家具という言葉も


すっかり定着している様に思えますが、どこからどこまでが “ オリジナル ” ?


“ リプロダクト ” ?と 改めて考える場面が何度かありました。





シックな印象の造り付けの棚には、ちょっと色味のある物が映えますね。





そもそも “ リプロダクト ” “ ジェネリックプロダクト ” と


オリジナルブランド (正規品) とでは根本的な目的が分かれている様に思います。




かたやその製品を作り出す事になったきっかけ、デザインの発想、素材の選出、


何度も試行錯誤し辿り着いた作品には、携わる人それぞれの経験と実績、


そして使った方々の感想もその年月分だけ加味されている事でしょう。


当然それらが対価に反映しているのも頷けますね。






わが社の2015年集大成・・・の一部です。




一方、いかにコストパフォーマンスよくオリジナルの優れた部分を模倣し、


消費者に還元できるかを中心とした考えに突出したものがリプロダクト製品ではないでしょうか。


ベストセラーやロングセラー、人気商品を身近に利用できる利点や、


正規品にはないカラーアレンジなども、多くの方に喜びをもたらす要因となるでしょう。





先発ブランドメーカーのごとく誤解をもらたす販売のジェネリック製品は違法ですが、


しっかりと 【リプロダクト】 と銘打ち、初期不良時の対応や保証、・


サポートが確認出来る所でしたら、あとはそれぞれユーザー側の理解と


価値観に見合った製品をセレクトするのが一番かもしれないですね。





似而非なり   納得の出来る物選びを・・



追伸


社員研修のお土産を色々頂きました。有難いですね♪


流行に敏感なメンバーさんからケース入りフリスクを頂きました。


今、アメリカでは流行なんでしょうか。

アラフィフになると流行にさえ鈍感になるので・・・勉強になります(汗


川﨑