BLOG




クリニック&薬局の完成現場勉強会の翌日の11月14日、



私たちは”設計”のお手伝いをし、2014年にお引渡しをした、



中標津のお客様の邸宅へお邪魔させて頂きました。





名付けて



【中標津 森の家プロジェクト】







ギャラリー残日舎様 → 公式フェイスブックはこちらです→



こちらは施主様個人の所蔵品を展示するギャラリーとして建築した建物です。



当時お客様には、広大な敷地内に親世帯様・子世帯様、



そしてコレクションを展示する施設の構想がおありでした。







向かって手前左側にギャラリー残日舎・手前右側に子世帯様邸宅



奥には親世帯様の平屋の建物が、広大な敷地に建ち並んでいます。





完成現場勉強会のブログの冒頭にも書きました通り、



弊社では“何かあったら駆け付けられる範囲”での施工に限らせて頂き、



当時は2度もお断りしてしまった経緯があります。







それでも、親御様も揃い熱望頂いた事には



社員一同、感謝の気持ちでいっぱいです。





最後はオーナー志道様と、本当に短い時間でしたがお話を伺い、



当日展示していらっしゃいました個展の出品者の方の感想をお伺いし、



楽しい時間を過ごしました。











この2日間の経験を糧にして、これからも熱意を持って



お客様のご依頼をかたちにしていけたら幸甚です。 



長い研修記録を読んで頂き有難うございました。





画像はまた折を見ながらインスタグラムなどにも載せていきたいと思います。







追伸



中標津のオーナー様には、広大な敷地の落ち葉掃除もして頂き、



隅々まで手間をかけてお待ち下さったにも関わらず、



駆け足で見学し、帰路につきました事をとても申し訳なく思っています。



もっとゆっくりとお話出来れば良かったのですが・・



貴重なお時間を有難うございました。心より感謝申し上げます。







ケント・ハウス一同


完成現場勉強会続編





11月13・14日で行った、“釧路で設計・監理”のお手伝いをした



【釧路こうわクリニック】様と隣接した【むつみ薬局】様の



完成現場勉強会の続きです。





クリニックと隣接したその建物は



独立しながらも統一感を持たせたデザインにより



スッキリと洗練された空間に仕上がりました。









むつみ薬局 光和店 様 →











薬局の受け付けや待ち合いスペースは、



優しい陽射しと清潔感のある壁を残して・・









スタッフ側のスペース









調剤室





地元のゼネコン様と、互いの意匠と経験を尊重しながら



お客様のご希望第一に、丁寧に進めさせて頂いた事は、



大変な労力とお手間をかけて頂いただけの価値のある



施設になったのではないかと感じています。





オーナー様含め関係各社様には、この場を借りまして



お礼を申し上げます。誠に有難うございました。



心から感謝申し上げます。



ケント・ハウス





そして翌日、私たちは8年前にご縁が出来た



お客様の邸宅へ訪問する事となります。



続きは第三話〈完〉へ・・



~ 続 ~








隣り合わせの敷地に“2つの建物合わせて一つ”のデザイン



《 Twin Design 》がテーマです。









【何かあったら、すぐに駆け付けられる範囲で請け負う】



私たちが責任を持ってお手伝い出来る範囲で



一軒一軒ていねいな家づくりを基本理念として掲げてきました。











その中で、様々なご縁が重なり、



長い時間をかけ信頼関係の構築を図り、



遠い地でのお手伝いをする機会がありました。







釧路こうわクリニック 様 →











正面には大開口窓で開放的な明るい院内











看板デザイン・ロゴやピトグラムなど、



全てケントハウス オリジナルでデザインしています。











遠く離れた場所で、かつ初めてのチームで医療施設を造るには



関係各社様にも膨大な時間とお手間をおかけしたと思いますが、












釧路に支店を持つゼネコンの皆様にご協力頂き、



この度初めて、釧路にクリニックと薬局の設計・監理を



手掛けさせて頂きました。









むつみ薬局光和店 様 →





完成現場を社員一同で見学しに伺った日は天候にも恵まれ、



一つ一つの造りに思いを馳せ



社員一同ゆっくりと施設を巡りました。







長くなりましたので、明日明後日と続きます・・・



ぜひお付き合い下さい。





ケント・ハウス








連日の暑さとコロナ禍で、今までに体験した事のない夏を



過ごしている実感がありますが皆様は如何ですか。





こんにちは モデルハウス担当の川﨑です。





今日は、最近のモデルハウスの様子をご案内します。





階段踊り場から見える樹木が最近剪定されたばかりで少し寂しいです笑





現在マイホームセンター内のモデルハウスでは、



手指の消毒やマスク着用の上で、混雑しない程度にご見学頂いております。



お電話で『予約制ですか?』とのお問合せ頂く事があり、



その場合は予め日時をお約束頂き、ご予約のお客様優先でご案内しております。





中庭のヤブコウジが白い花を咲かせ赤い実をつけています。





このコロナ禍での1年半、戸建てでの暮らしが



随分とストレス緩和になっている様子を伺っています。







1年前のインスタにはお客様の家の通路画像を載せていますが、



モデルハウスの通路のドウダンツツジも緑鮮やかです。





これからマイホームのご計画をお持ちの方は、



是非モデルハウスの見学から初めてみては如何でしょうか。



皆様のお越しをどうぞお待ちしております。





インスタグラムには新しい画像をアップしております。



ぜひご覧ください → ☆彡



モデルハウス担当 川﨑

造作建具の可能性

2021年07月27日


ケント・ハウスにとって重要なポイントである建具(ドア・扉)を昔からいつも作って頂いています岡田建具製作所さんを紹介したいと思います。



現在、住宅のほとんどのドア・扉は大型の工場で作られた既製品が流通し、取り付けられていますが、私たちは規格で決められた既製品建具を使用しません。



既製品にもメリットもあります。取り付け、施工しやすい。傷がつきにくい。品質が常に一定で低価格等。



ただ、なぜか仕上げに味がない・・。



空間全体の色が合わない・・。



リスクを抑える作りになっているので見た目が野暮ったい・・。



そんなことを常に考えていたので現在、ケント・ハウスでは全ての建具を自社デザインのオリジナル建具として作っています。











天然木の突板で仕上げた建具は家具含め建物内部の調和をとるには大切なポイントです。



仕上面材の印刷技術が上がっても、天然木の風合いは実物を見ると別格です。



高さ、幅もその空間に合わせた自由なデザインが可能なのが魅力の一つでもあります。

















ここでポイントになるのが建具を作ってくれる企業。



私たちは設計は行いますが、工場を所有していませんので製作はできません。



そこで建具を製作してくれる企業が岡田建具製作所です。ここでは私たちの希望(わがまま)を聞いて常に進化させてくれます。







新しい機械を導入し、作業性の効率化を図り、将来の可能性を広げてくれます。



また、常に改善策を一緒に考え、リスクも一緒になって負ってくれるところが信頼できる企業だと思っています。



現在は両社で毎月ウェブミーティングを行い、新しい商品の開発、研究を取り組んでいますのでこれからのご提案にも期待していてください。





先日、弊社社員が工場見学に行った際の動画がYou Tubeで公開されていますのでご紹介します。












これからも一緒に歩んでいきたいものづくり会社の一社のご紹介でした。



今後も企業同士協力し合いながらより良い商品を皆様にご提供できるよう頑張ります!



ケント・ハウス 草野



今年の札幌は随分と雪が少なく、

その代わりにいつもより気温が低いと感じる毎日ですが、

皆様のお住まいの地域はいかがでしょうか。


こんにちは モデルハウス担当の川﨑です。


ケントハウスで働いてもう18年になりましたが、

当時小さかった施主様のお子供様達も成人し、

最近ではご結婚を機に、新居のご計画を

お手伝いさせて頂く機会が大変多くなりました。






また、ここ数年は ” ケントハウスで働きたい ” と言って下さり、

入社して頂く機会も増えています。



とうとう 社内コンペを勝ち抜き、

見事プランナーとして社内に新しい風を吹かせてくれました。





創業以来、施主様のご家族やご親類、ご友人、

会社の先輩後輩と仰る方々からのご依頼も多く、

沢山の施主様からのご縁に、身が引き締まる思いです。



その中にはゼネコン勤務の一級建築士の方々や、

社長様のご自宅というご計画もありました。緊張感が増します!

( プロの方にうっかりモデルハウスのご説明してしまう場面がありましたら、

ぜひとも先にお知らせ下さい 笑 )








沢山の施主様と、その先もずっと繋がっているご縁に

来年予定している ” 30周年オーナーズパーティー ” で

日々の感謝を、お伝え出来る事を切に願い

コロナ終息を何としても実現出来るよう、今一度

一人ひとりが出来る感染防止策に取り組む所存です。



沢山のご縁に、改めてここで感謝致します。




25周年オーナーズパーティーの模様です→☆彡

20周年オーナーズパーティーの模様はこちら→☆彡




川﨑

KENT Collection‘20

2020年08月24日

8月も残りわずかとなり、夏の終わりが近づいてきました。
みなさまいかがお過ごしでしょうか。


さて、今回はKENT Collection‘20をご紹介いたします。
昨年の夏からプランニングが始まり、6月に完成いたしました。


テーマはモノトーン。

クロスや基調色はもちろん、家具も細部までこだわり、
ガラス・金属・ミラー・タイルなど様々な素材を取り入れました。


今までのケント・ハウスとはどこか違う・・・
新しいケント・ハウスをご覧ください。



 外観
家の顔となるファザードはあえて窓を1つに。
夜は間接照明が照らし出され、また違う顔を見せてくれます。





 玄関
間接照明に照らされた塗壁・黒の御影石に映された植栽。
正面のアオダモがご家族やお客様を迎えます。




 リビング
ナナメに配置された階段・天井まで続く塗壁と間接照明。


ケント・ハウスのLDKといえば、L型のイメージが大きいですが、
今回はI型にすることで奥行き感を演出しました。



 ダイニング
ケント・ハウスらしさを残しつつ、新たなデザイン・素材をちりばめました。


テラス窓からは山を望むことができます。
また、UTをキッチンの裏に設けることで家事の動線を短くしました。



 洗面化粧台
造り風呂とオリジナルの洗面化粧台は隣に設計し、ホテルライクな仕上がりに。




 2階ホール
オリジナル飾り棚

本を置いても良し、お気に入りのCDを飾るのも良し。
好きなものに囲まれながら、ほっと一息つく空間としてお使いいただけます。







いかがでしたでしょうか。


KENT Collection‘20は社内コンペでプランが決定しました。
入社後すぐにこのようなプロジェクトに参加し、1棟の住宅が完成するまでいかに大変か、
どれだけ多くの人が携わっているかを改めて感じることのできる良い機会となりました。

これからも新しいケント・ハウスをお見せできますよう頑張ります。



ブログでご紹介しきれなかった部分もありますので、見学をご希望のお客様はご予約を承ります。
011-746-5545までお気軽にお問い合わせください。

KENT HOUSE 本瀬




××× 刻印 ×××

2020年08月17日

1988年に購入した ロドルフ・ロンジン、32年経ちました。

今から13年も前に書いた記事に載せた時計です。

当時の記事 → ☆彡


若い方はご存知ない方が殆どかと思いますが、

1832年創業し、現在はスウォッチグループの傘下で

今もなお息づいています。→ ☆彡

1867年以来、全シリアルナンバーをデータ化し、

履歴情報を管理しています。

小さく刻印されたそのナンバーで、30年以上も

私の大切な時計はロンジンの職人さん達に守られ、

品質を保っていられます。

それはケント・ハウスも同じです。

竣工時からお客様のお名前ごとにシリアルナンバーを登録し、

初年度からのお客様も含めて、何かあった時には

アフターサービスをさせて頂いたり、

毎年のノベルティーをお贈りさせて頂いたり、

永いお付き合いをさせて頂いています。



造って終わりの仕事ではなく、その後に続くお付き合い。

それが、拘りを持つ ” パイオニアスピリット ” ではないでしょうか。



お客様のシリアルナンバーとは別に近年の建物には、

ケント・ハウスで建てた印として、小さなロゴマークを入れています。

小さな刻印・・それは、ケント・ハウスオーナー様の証です。→ ☆彡



川﨑



一年前の7月下旬、初めてモデルハウスにお越し頂き、

プランを数社で検討中とのお話だったと思います。


カフェ併設の住宅を計画・・



ナチュラルでシックなカウンターテーブル


オーナー様がチョイスした照明器具や椅子は

温かく優しく、それでいて知的な印象があります。


restroomもおしゃれに仕上がりました。



リビングは吹き抜けの大空間。それに負けない存在感の椅子たち



これから沢山の時間をご家族やご友人知人、

あるいはこれから出会う人達とここで

楽しく過ごして頂ける空間になると嬉しいです。



これから永いお付き合いになりますが、どうぞ宜しくお願いします。


川﨑

雪解けを迎えて

2020年04月03日

こんにちは。草野です。

2月、3月と新型コロナウィルスの影響もあり、北海道マイホームセンターの展示場でも

臨時休業及びイベントの自粛がありました。

4月に入りましても展示場では大きなイベントの開催はありませんが

ケント・ハウスのモデルハウス含め全ハウスメーカー通常通り営業しております。

住宅展示場ですが、一度に来場されるお客様は多くありませんので

混雑しにくくゆっくりご見学できると思います。

換気、消毒には心掛けてお営業しておりますので住宅をご検討の方は是非お越しください。



今年の札幌は雪解けが早く、3月はスムーズな建物完成ができまして春のお引渡しを終える事ができました。

また、ご検討中のお客様にとっては雪が無くなり土地の形状や大きさがわかりやすい季節です。

注文住宅は規格型住宅とは異なり、土地の形状、ご要望・条件によって住宅の計画と形が様々に変わります。

自分達だけのカタチを叶えるには注文住宅をお勧めします。

コロナウィルスでの情勢不安の中、家を建てて大丈夫なのかという声をいただくことがありますが

一部の部品を除き工事は現在も計画通りスムーズに進んでいますので問題はございません。

その他、不安な点などありましたらお気軽にご相談ください。

いつ建てるべきなのか、いつから計画しておくべきなのか

自分達のスケジュールだとどのくらい時間が掛るのか等何でも結構です。

不安点をクリアして、今から余裕のある計画を進めることをお勧めします。

.

最後に3月にお引渡しを終えました住宅から一部の写真をご紹介します。

.

新年度もがんばります!

KENT HOUSE 草野