BLOG

 

 

 

  


1400
 

 

大変長らくお待たせいたしました


 

 

 

 以前ご紹介したカーテン関係の記事 の続きです


 

 

 

 

 

 カーテンの優しい風合いとブラインドの機能面のいいとこ取り 

 

 画期的なシェードについてです。


 

 

 

 

 

 

 

 

   上の画像と下の画像の違いがわかるでしょうか?

 

 

 

 

 

1399
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大きな違いは、画像の大きさ。。。。 じゃなくて(笑)

 

  ~ 光が描く シルエットの模様 ~ です

 

 

 

 

 

 

こちらの商品は、オランダ発 ブラインドのシェアにおいて世界をリードしている

 

Hunter Douglas シルエットシェードです。

 

 

 

 

 

 1440
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

窓周りをスッキリ保ちながら

 

ファブリックのシンプルな素材感で

 

光を自在に操ります。

 

 

スラットを閉じた状態での

 

紫外線カット率は98%

 

性能的にも優秀です。

 

 

 

 

 

 

15201
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

裏と表でレースの構造が異なるシルエットシェードは

 

単純な作りではありません。

 

 

 

適度な光を取り入れつつ

 

視界をカットできる計算を施された上での

 

繊細なデザイン

 

 

 

 

 

 

家づくりが一段落し、予算スパイラルから、ようやく抜け出せたと思った矢先での

 

カーテン選びの予算との格闘は、スパイラル第二幕の始まり・・・

 

 

 

 

 

しかし、実際に素敵なシェードを使用しているお宅をみると、

 

価値観が変わることも。。。 

 

 

 

シンプルでモダンな ハンターダグラスのシェードは、ケント・ハウスのテイストに自然に溶け込みます。


 

 

 

 

 

 

850
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらのお宅の窓の向こうに広がっているのは、

 

野趣あふれる緑。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シェードを上げれば窓はそのまま額縁の役割を果たします。

 

 


541
 

 

“絵画”の光が強いと感じるときは、 シェードを下ろすと、

 

光を優しく拡散させながら静かに室内に導いてくれるのです。


 

 

 

 

 

 

 

 

次に、壁一面に連なる特徴的な長い窓を用いたこちらのお宅


 

 

 

実は立地に恵まれた角地に位置しているので、意外とにぎやか。。。

 

しかし、シェードの内側の世界はご覧の通り

 

 


068
 

 

 

 プライバシー面にも配慮された

 

別世界をつくり出すことに成功しています。


 

 

 

 

 

 窓の幅が広がれば、シルエットシェードはより美しさが引き立ちます。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて、こちらのお宅も、住宅街の公園に面した角地

 

 こちらの窓の外は雰囲気の良い遊歩道。。。

 

 

 0571
 

 

 

 

 

リビング全体が大胆に吹き抜けている

 

こちらの建物は、上の開口部から贅沢な

 

自然光がシャワーのように降り注ぎ

 

一日を通して、いろいろな表情を

 

見せてくれます。

 

 

           

 

 

 

  右も左もわからなかった真夏の内覧会を思い出します(遠い目)


 

 

 

 

 

 

 

そして、思い出の内覧会がご縁で、新たにケント・オーナーとなられた

 

お客様のお家がこのたび見事に完成されました。

 

 

 

 

12431
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                                                                  

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらのお宅も、角地繋がりでした。。。

 

 

 

 

 具体的なご計画はまだ先であっても、良い土地との出会いは偶然降って湧いてくるのです。。。

 

そして、こんなに素敵なお家が建ちました。

 


 

 3400
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のオーナー様が採用されたシェードは、デュエットシェード

 

 

 

 やはりHunter Douglasの商品

 

 

1734
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蜂の巣のようなハニカム構造は、断熱性に優れ、

 

弾力性のあるデザインが空間に奥行きを与え、

 

光やシルエットに柔らかさをプラスします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1998
 

 

木々のシルエットが静かに揺れて、窓を閉じていてもリゾート気分は盛り上がり、

 

思わず長居したくなる空間です。


 

 

 

 

 

 

ちなみに、デュエットシェードは和の空間にも 『おしとやか』におさまります。


 

 

20111
 

 

 

 

 

 

1589
 

 

 

 

 

 

 

 

 

       再び、完成されたばかりのお宅へと戻ります。

 

 8541
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        潜在的な和のモチーフを最大限引き出した和室

 

 

 

  

 

 

 

                                                                                     こちらのお客様が採用された和室のスクリーンはニチベイのプリーツスクリーン


 

 

27902
 

 

 

 

 

現在は、昇降コードの穴がない商品も

 

出回って来ていますが、残念ながら

 

このように光が零れて

 

コミカルな模様が室内を闊歩する

 

小さな光たちの楽しい共演に

 

鉢合わせすることはできません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

偶然が生み出す光と影の気まぐれな模様は、見ていても飽きません。


 

 

 

 11410
 

 

 

 光のハミングが、今にも聞こえてくるかのような午後の風景。。。

 

 

 

 11250

 

 

 

 

初々しいご夫婦が“デュエット”で奏でる幸せを

 

ケント・ハウスはアフターサービスという“コーラス部隊”でバックアップいたします。