BLOG




北海道緊急事態宣言に伴い、弊社北海道マイホームセンター札幌会場のモデルハウスの運営方法を変更させて頂きます。



期間:2021年5月16日~5月31日までの期間(延長する場合もございます)



変更内容:ご予約優先で1組ずつでのご見学とさせて頂きます。



モデルハウス内でのお打合せは1階、2階に分けて換気等の感染防止対策を行い2組までの限定で行います。



ご見学ご希望のお客様は事前にケント・ハウス本社にお電話(011-746-5545)



またはお問合せメール(info@kent-inc.co.jp)で事前ご予約をお願いいたします。



また、当日直接ご来場頂いた場合は直接モデルハウススタッフにお声掛けください。



1時間ごとに空いているお時間でご案内させて頂きます。



なお、展示場ご見学のみご予約頂いた場合、弊社には展示場に営業スタッフがおりませんので詳しいお話しができません。



プランのご相談、詳細なお話しをご希望の方は専門のスタッフがご面談させて頂きますのでその旨含めてご予約をお願いしております。



ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。



ケント・ハウス株式会社



モデルハウス
住所 :札幌市豊平区豊平1条10丁目北海道マイホームセンター札幌会場内
営業時間: 10:00~18:00
定休日 :水曜日









かれこれもう1年以上、マスクが手放せない日常になりましたね。



色々と我慢を強いられる日々ですが、そんな中でも人は忍耐力と向上心を併せ持ち、



日々の暮らしを進化させてきました。リモートワークにオンラインイベント・バーチャル展示会、



ミールソリューションに基づくフードデリバリーは、おこもり生活に潤いを与えます。







先日、弊社でご自宅を建築させて頂いたお客様のお店でスープカレーをテイクアウトさせて頂きました。



(時間が経ってしまい残念な画像になりました!)







本物はこちらです。(画像はオーナー様の許可を頂きHPから・・あら?不鮮明になってしまいました・泣)





スプーンの先でホロホロとなる鶏肉やコクのある深い味わいのスープ、



プリプリの野菜の仕上げは、自宅では難しいプロのお味!と唸ります。





自宅に居ながら秘伝のお味をゆっくり楽しめる今、



リビングで




バルコニーで




中庭で・・




メニューやその日のお天気に合わせ、ダイニングは勿論、リビングやテラス、バルコニーなど



お好きな場所で、お気に入りのカトラリーを添え、家族みんなで楽しみ、



お味の感想で盛り上がってみるのも如何でしょう。







因みにこちらのお店は現在20時までの時短営業をされていますので、



ご確認の上、ご注文されると宜しいかと思います。



どのお店も換気や消毒を徹底されていますが、テイクアウトも楽しめる恵まれた環境に感謝です。







スープカレーhirihiri 



札幌市北区北6条西6丁目 WEST6



札幌駅西口高架下/西口改札から徒歩2分



ホームページはこちらです→☆彡







川﨑

【2021 project】

2021年05月19日


今年も足早と桜のシーズンが駆け抜けて、新緑の季節が訪れております。



近年、弊社はお客様とのご縁を頂き、札幌近郊以外で住宅設計のお手伝いをさせて頂いて参りました。



2021年、KENT HOUSE初の試みとして、新たなprojectに着手致しましたので、



少しご紹介させていただきます・・・。





今回の場所は、道東の釧路町です。















釧路は札幌より気温が低く、まだ桜が咲いていました。











こちらもお客様より指名・ご縁を頂き、弊社初の住宅以外の案件としてスタートしており、



設計事務所として、設計・監理の業務をさせて頂く事になりました。





建物概要、進捗等は今後ブログでお知らせできればと思っておりますので、



楽しみにお待ちください。







k. masuda


ケント・ハウスでは毎年この時期を迎えますと、家の顔となる 



 「 シンボルツリー 」 を求め、山へ行ってきました。



高大な敷地には、ヤマモミジ、カエデ、アオダモ等、この時期でなければ



良い植栽に出逢う事ができません。



近年、入手困難となったヤマモミジ、カエデ等 厳選したものを今年も14本、



確保する事ができました。



選ぶポイントとして、



・ 株立ちと呼ばれる1本の株から何本も枝が出ていること



・ 空高く、凛とした姿



オーナー様ご家族を思い描き、見極めます。













そして、竣工時にはテラス、玄関周りに飾られ、春夏秋冬 四季折々に表情を変



えます。



新緑から始まり、紅葉を迎えるツリー。



オーナー様宅のご家族を温かく見守る、



そんなツリーとなってくれることがケント・ハウスの想いです。











KENTO HOUSE  Nakatsuka

地鎮祭

2021年04月18日


まだちょっぴり肌寒い4月初めに、地鎮祭に参加させていただきました。





「土地の神様から工事の許しを得る儀式」と聞くと厳かなイメージですが、



にこやかな神主さんにより和やかに式が進められます。





目を引くのが祭壇中央に置かれる鯛。



式が終わるとお酒やお餅などと合わせて、オーナー様にお持ち帰りいただきます。



皆様どのように食べられているのでしょうか。





新年度の幕開けと共に、多くの物件での工事が始まりました。



近くで工事現場を見かけましたら、ぜひ完成まで暖かく見守って頂ければと思います。





y.masuda

仕事×お家

2021年04月12日


「リモートワーク」





この1年でこの言葉をたくさん耳にしました。



リモート会議やオンライン授業の普及により、ご自宅でお仕事されている方も多くいらっしゃるかと思います。





そこで今回ご紹介するのは、デスクスペース。



仕事用・勉強用・趣味用・家事用など・・・



使い方はお客様によって様々です。





~ダイニング横~











~リビング横~











~個室・独立型~













~番外編~



デスクワークで一日中座りっぱなし。



このご時世ジムにもなかなか行けないが、体を動かしたい。



という方へ、憧れのスペースを設けたお宅をご紹介します。















仕事×お家空間の両立。



皆様の参考になりましたら幸いです。





KENT HOUSE 本瀬

社内で出来るまず一歩

2021年03月31日


とてもご無沙汰しております。草野です。
気が付けば最後にブログを書いたのはちょうど1年前・・。
サボりにサボって申し訳ございません。



何もしていなかったわけではなく、しっかり仕事に励み、社内の改革を色々進めていました。



今回はその中の一つをご紹介。





いよいよケント・ハウスは4月から社内資料のペーパーレス化!が始まります





建築事務所は未だに全てが紙だらけ、資料だらけ、カタログだらけ。



と、紙媒体だけで事務所への積載荷重の負担が過小評価できないほどに色々ありました。



昨年は緊急事態宣言中でモデルハウスを閉めている最中、事務スペースのレイアウト替えを試み事務デスクを総入れ替え。



棚の中、机の中あらゆるところから余計な資料を全て処分。



まさに”山ほど”の紙を捨てた状態でした・・。



同時にWI-Fi環境も各階整備し、ノートPC、タブレットの通信環境もバッチリ整えていました。



そしていよいよ今年3月までに社員全員に自由に使える最新のiPadとアップルペンシルを貸与し、ペーパーレス化に向けて準備を進めてきました。







現在、お打合せではお客様にご提出する資料以外では極力タブレットやノートPCでペパーレス化と同時に社内の情報伝達のスピード化を図っています。



いよいよ全員でスタートします。



まだまだ始まったばかりですので手元操作が慣れない人もいますが、皆で協力して無駄な紙を使用しないよう心掛けていきたいと思います!



これで毎週の社内会議資料や指示書、通達事項等で使用する紙を年間3万枚以上節約することができる見込みです。



持続可能な環境作りと業務効率化を一歩ずつ進化させていきます。



やればできる!デジタルトランスフォーメーションの始まりです。



ケント・ハウス 草野


本州での桜の開花がSNSで散見されますが、



北海道は記録的な大雪や断水など、まだまだ厳しい晩冬ですね。



特に除雪や雪道運転での疲労や寒さ・パソコン業務での



体や目の強張り疲れが溜まりがちですが、皆様はどう解消していますか。



今回は、その対策として・・弊社で施工させて頂いた、



住宅併設のフォトギャラリー&アロママッサージでの



初ポラリティセラピー体験をご紹介です!



( ※今日はそんな体験レポなので少し長くなります。ご了承下さい。)







玄関に入ると、光を纏ったストリップ階段の奥がフォトギャラリー【Aspace】がこちら ⇒ ☆彡



作品の展示・販売もされていますが、フォトアートのサブスクリプションもご利用できます。







そのまま2階へ向かうと、リビング併設マッサージルーム【Aspace Salon Gallery】がこちら⇒☆彡





ゆったりとしたBGMに爽やかなほのかな香り・・もう癒されます♪









フットマッサージから始まり、メインの施術は



『ここが最近少し不調かなぁ?』など自分で感じている所は勿論、



気付かずにいたずっしりと重みや鈍痛がある所に



何度も手が伸びて優しく覆われるのは驚きです。



(目の大きさが変わるほど目も疲れていたみたいです笑)







北海道でのポラリティセラピー有資格者はこちらのサロンだけなので、



機会があったら皆さまも是非おすすめです♪



また、それとは別にお店は弊社施工ではありませんが、



ご自宅の施工をさせて頂いたお客様が



サウナサロンをオープンされたと聞き、こちらもチャレンジ!





今大人気の〝整える〟女性専用サウナサロンライブリー【lively】がこちら⇒☆彡



医師の加藤容崇氏の著書『医者が教えるサウナの教科書』では、



「ととのう」のメカニズムやサウナ利用のメリットについて、医学的に解説されていますが、



こちらのサロンでは最初に丁寧な手順も教えて下さいますので、初心者の私も全然大丈夫でした。



手ぶらで行って、アメニティは勿論、飲み物なども各種揃っています。



セルフロウリュができ、自分のリズムで満喫出来るそのサロンは、グランドホテルの4階、







一流ホテルに相応しいラグジュアリーでうっとりとする空間とサービスでした♪







美しい水風呂とリラックススペースは極上のひとときを体験出来ます。









今回、それぞれ体験しましたが、冬の体は思いがけず疲れを溜めている事と、



人は”人の手”だけじゃなく ” 空間 ” によっても心身が癒される』と言う事を実感しました。



どちらも完全予約制でコロナ対策をされてますので安心してご利用できます。



ご興味のある方は是非それぞれのお店へお問合わせ下さい。



帰りは、30年前からの大好物、



グランドホテルの”パンプキンプリン”を買って帰りました。







ほろ苦いカラメルが物凄く美味しいのです。



以上、エステとスイーツレポでした!



機会があったらみなさまも是非、冬の疲れを取りに・・



ケント・ハウスの建物を素敵に造って下さったお客様には心から感謝致します。



モデルハウス担当  川﨑

住まいのお手入れ⑦

2021年02月18日

皆様いかがお過ごしでしょうか

今年は例年より気温が低い日が多いですね。

今回は長期不在の際の暖房の使いかた、水抜栓についてお話したいと思います。































真冬に1週間お出かけするときも 絶対に暖房の運転は止めないでください。運転温度を低くするかそのままで良いです。

そして床下換気口やシャッターなどが閉じているか 確認されてからお出かけしてください。


もし停電して何日も暖房が止まると室内も外と同じ気温になり、水道管がパンクして水が出っ放しになると大変です。

そのため 水抜栓を操作して水が出ないようにしてください。

水抜栓の位置は脱衣室、UT,階段下が多いですから普段から図面を見るか、問い合わせして頂き、万一に備えてください。















































完全な水落としはご自身では難しいのですが、どうしてもするときは 水道設備業者に依頼するのですが

水抜栓を操作して 水栓レバーを開けるだけでは 配管に水がたまっているので 不充分です。


寒冷地の配管は水栓レバーだけではなく 配管下の水抜き用ねじを操作したり

排水口や便器には不凍液を入れたりと大変です。

室内、床下配管の水を残さず抜くことは難しいので、設備業者に依頼するんですね。





























































暖房ボイラーも 交換できる部品があるうちは良いのですが 10年以上経つ商品は メンテナンスできないことが多いので

暖房の使わない時期に本体交換することをお奨めします。

過去の住まいのお手入れを見たいときは右のCATEGORYから入っていただくと

下の方で続けて見られるように更新しましたので ご覧ください。


ケント・ハウス 西田

新しい日常

2021年01月29日




穏やかな日々がまだ充分に残っていたちょうど1年前。


それからは目まぐるしく情勢が移り変わり、


生活様式がすっかり変わってしまったように思います。


リモートワークの普及によって自宅が仕事場になり、


旅行や外食の機会が減ったことで多くの時間を自宅で過ごすこととなりました。







昨年末にお引渡しを終えた住宅では、


そのような新しい日常を迎え入れることのできる


たくさんのこだわりが詰まった空間を設けました。













雪解けを迎えるころには植栽が加わり、また違った景色を見せてくれる予定です。


KENT HOSUE 三本木