BLOG

モノトーン

2019年08月01日

春に着工しました現場が、季節の移り変わりとともに完成に近づいています。

その内の1件をご紹介させていただきます。























































ガルバリウムを基調とした事務所です。

コンパクトな平屋ながら、大波のガルバリウムが水平ラインを強調し、存在感を演出しています。








































大小2組設けた表札。夜は陰影がぼんやりと外壁に映り込みます。

オーナー様とのご縁があり、事務所の新築工事を請け負わせていただきました。



次回もお楽しみに!


y.masuda



住まいのお手入れ ⑥

2019年07月21日

ケント・ハウスにお住いの皆様 平素お世話になっております。


いかがお過ごしでしょうか。
















































引渡しの際 お渡ししている 住まいのお手入れを数年ぶりに更新しましたのでお届けします。



キッチン、トイレ、造り風呂、空調・衛生・暖房設備の内容を更新して



換気システム、玄関、壁・床、窓、シャッター、屋根まで加えましたので



お盆などお掃除のお役に立てて頂ければ 幸いです。



下記クリックしますとPDFファイルが開けます。



住まいのお手入れ2019





その中の内容から一部紹介します。



大開口サッシはケント・ハウスの特徴ですが 黄砂の季節や雨の当たりにくい箇所は汚れやすいですが



窓ガラスの外側は洗剤はそんなに要りませんので水洗いをお奨めします。



窓ガラス用スポンジで水洗い、ホースで水洗いすれば 自然乾燥でも大分きれいになります。



さらにひと手間加えるなら 業務用ガラスワイパーで仕上げすると磨いたようにきれいになります。



皆様はどんなお掃除をされていますか? お聞かせしてもらえると嬉しいです。



KENT HOUSE  西田

黒の外観

2019年07月09日





黒の外観



今までのイメージとは異なる、新たな実例をご紹介させて頂きます。












リビング








リビング~ダイニング








キッチン








寝室











和室











円形図書室












リビング夜景












外観夜景









如何でしたでしょうか。





これからも色々とご紹介をさせて頂きます





KENT HOUSE    田中

4月にも一度ご紹介しておりました遠軽町で設計のご依頼を受けていました住宅が先日完成し、お引渡しのため行って参りました。

昨年完成した常呂町の住宅よりも1時間程度札幌寄りにある住宅。




外構工事はお住いになってからの工事となりますが住宅は完成しています。

外観からはわかりませんが、リビングに大きな吹抜けがあり、空間の広がりを感じられます。






その吹抜けには、最初から完成直前までずっとあった渡辺組さん自前のローリングタワーが私にとってはとても印象深いです。



リビングの後ろには和室を設け、別空間として落ち着ける場所となるでしょう。

リビング、ダイニング、和室から見れる中庭は現在工事中ですが完成するとカーテンの開け閉めを気にせず過ごすことができます。




住んでからのご感想では、日々使いやすさを感じていると大好評のキッチンとカップボードの天板。

素材はクォーツストーン(人造の水晶石板)で出来ています。





思い起こせば設計段階でオーナー様にご指定されていた板が途中、在庫が足りないことが判明し急きょ変更。

大変ご迷惑をお掛けしましたが、納品され設置してみるとこの柄もとても良かったです!







運送屋さん、家具屋さん、大工さん、現場監督そして私たち合わせて8人掛かりで設置した天板。
本当に重量がある分、重厚感を感じました。

渡辺組さんの施行・現場監理にはスピードとパワーを見せ付けられまして、こちらも多く勉強にさせて頂きました。
大変お世話になり、ありがとうございました。




最後に遠軽に行くたびにお昼ご飯先としてお世話になりました ”手打ちそば奏(かなで)”

住 所:紋別郡遠軽町大通南2丁目5

TEL:0158-46-7288

URL:https://www.kanade.online/




落ち着いた店内でいただいたそばは、手打ちでとっても美味しいですし、見た目も上品ですがボリュームもあり、いつもお腹をいっぱいにしてくれます。

ここは施工でお世話になりました株式会社渡辺組さんのグループ会社、株式会社オホーツクガストロノミー
が運営するお蕎麦屋さんです。

皆さんも遠軽町へお越しになる際には是非、手打ちそば奏へ行ってみてください。


KENT HOUSE 草野



ゴールデンウィークが終わり、モデルハウス展示場の見学も


少し落ち着いた頃でしょうか。



こんにちは モデルハウス担当の川﨑です。



そんな時期、目の保養に色々な作品に触れたいと思い・・


行って来ました “ 札幌芸術の森 ”





そして、ちょっと面白い企画に参加してみました →





野外美術品を辿っていくゲームです。





途中、パワースポット的な所でマイナスイオンを浴びたり・・




『パンケーキ食べたい、パンケーキ食べたい、パンケーキ・・』



『 はい!食べた! 』




これから新しいご計画の皆さまへ良いアドバイスが出来るように


心身ともに満タンにした初夏でございました。



次はこちら【 テオ・ヤンセン展 】を観に行きたい所存です →





そしてブログをご覧の皆様には、私から “ 謎解きゲーム ” です。




さて、これはどこに描かれてあるでしょうか?


( ※ オーナー様のお家にも 随所にありますが、こちらはモデルハウス内です。)


ぜひ、モデルハウスへ見つけにいらして下さい。



モデルハウス担当 川﨑

Entrance Design 2

2019年05月19日


こちらは、玄関廻りの実例第2弾です。

玄関は、最初に通る住宅の窓口、人を迎え入れたり送り出したり様々な物語があります。

近年、ご紹介が出来ていなかった部分と違った角度から見た部分をまとめてみましたので、ご参考ください。





























KENT HOUSE 清 水



皆さまこの10連休のゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたでしょうか?

ケント・ハウスではこのたび院長先生との縁あって病院のリニューアル工事を行っておりましたのでご紹介させて頂きます。

計画のご依頼をいただいたのは昨年9月頃。その時はまさかゴールデンウィークが10連休になるとは知らずにお引き受け・・。

スタッフのチームワークで事前の準備を念入りに行い、完成できることを信じて実働9日間にわたる工事を開始しました。

工事を担当する職人さんも本来であればお休みのところ、工場を可動して頂いたり、大勢の応援があり、予想よりも順調に流れるように工事が進んでいきました。

今回の工事を支えてくださった方々には本当に感謝しております。ありがとうございました。




従来のスリッパ履き替えの玄関から下足のまま入れる玄関へ変更し、車いすもそのまま出入りができるようバリアフリー改修を行いました。

寺島整形外科の顔をとなる玄関には医院ロゴを強調しデザインしています。








待合室と受付けは明るい雰囲気に変更し、待合椅子を整形外科専用の足腰への負担の少ない椅子へ取り替えをしました。

掲示物も最小限に抑え、デジタル掲示板へ変更。一枚のディスプレイで多数のお知らせを表示することが可能となりました。






診察室、処置室は医師、看護師、患者の動線がぶつからないよう以前より広い空間へ間仕切りを変更しましたのでゆったりと受診することができます。






トイレは男女2つずつあったトイレブースを男女1つずつとし、多目的トイレを新たに設け広い空間にしています。

この10連休に工事を行うことは運搬、配送、緊急的な作業手配が困難であるためリスクが高い工事ではありましたが無事昨日お引渡しを終え、本日より診療を再開。リニューアルオープンすることができました。



寺島整形外科では肩・腰・膝などの関節痛、骨折・捻挫などの外傷、骨粗しょう症などの骨の病気。

関節リウマチに対する診断・治療・リハビリテーションを専門におこなっています。

今年春からは超音波検査装置(エコー)、閉塞感を軽減するオープンMRIを新たに導入し、中規模病院並みの診断が可能になりました。


地域に密着した最善の医療をお届けする病院ですのでお近くにお住まいの方はご利用ください。

医療法人社団 寺島整形外科

院長 寺島 尚志先生

住所 札幌市北区屯田7条8丁目1-11

TEL: 011-774-0011

Web https://www.terashimaseikei.com/

診療内容 整形外科/リウマチ科/運動器リハビリテーション

診療時間

平  日/AM9:00~12:00 PM1:30~5:00

土曜日/AM9:00~12:00(日曜・祝日休診)

なお、ケント・ハウスは木造戸建ての注文住宅を主体としておりますので、このような改修工事のご依頼は本来、受付けしておりません。

ご縁があった際には事前調査した上での判断となる場合がございますのでご了承ください。

ケント・ハウス 草野

Project 再び

2019年04月28日

前回のブログでお話しました KENT HOUSE 地方設計現場の北見市常呂町に続き、


なんと、紋別郡遠軽町で設計現場の工事進行中です!


今年も北見方面にご縁がある様で、お施主様のご期待に添えるよう、


身の引き締まる思いで打合せをさせて頂いておりました。


今回の施工は地元ゼネコン様で、先日各工事業者様との打合せをさせて頂きに


現地へ行って参りましたが、左官工事とタイル工事業者様が常呂町の施工をして


頂いた同じ業者様でした。


前回常呂町で詳しく弊社の仕様を説明させて頂いておりましたので、


すっかり弊社の納まりを理解して下さっており、現場での確認程度で済む位、


しっかりと施工して頂いておりました。















ここ数年で札幌から離れた土地で、KENT HOUSE の家が少しずつ増えてきております。


アフターの観点から基本的には遠方での直接施工はご遠慮願っておりますが、


お施主様と地元施工会社様のご納得とご理解・ご協力を頂いてのお話で進めさせて頂いております。


「家を建てるなら KENT HOUSE で」と弊社を選んで頂いたお施主様に、


更なる感動をお届けできる様、しっかりサポートさせて頂きたいと思います。



KENT HOUSE k.masuda

本日から10連休のゴールデンウィークがスタートいたしましたね。

 
ケント・ハウスでは、4/27(土) ~ 5/6(月) のゴールデンウィーク期間中も、


本社・モデルハウスともに休まず営業しております。


モデルハウスではマイホームセンター内でのイベントも開催しておりますので、


ぜひ皆様のお越しをお待ちしております。




KENT HOUSE 中保

新入社員を迎えて

2019年04月22日

ケント・ハウスも今年3月で27年目を迎え、新年度のスタートとなる4月1日新たな仲間が増えました。



思い起こせば4~5年前、突然オーナーのご主人様より電話があり、「ケントさんに子供が就職を希望しているが、大学で何を専攻すれば良いのか?」とのご質問を頂きました。

その時は「建築学科です。」とあまり深く考えずに回答していました。

そして今年の4月、そのオーナーのお子様がケント・ハウスに入社してまいりました。



また、昨年も設立初期の21年前に当社で新築されたオーナーのお子様が入社し、早くも2年目を迎えて仕事に励んでおります。

彼も幼い頃から住宅への関心を持ち、建築の学校へ進み、入社した一人です。

こうして将来の夢をケント・ハウスに託して頂けることは、100年企業を目指す当社にとって、世代を越えてつないでくれる人材に出会えたことは感謝の気持ちとともに責任の重さを痛感しております。

身の引き締まる思いで、27年目をスタートさせ、これからも末永く会社が継続できるような組織づくりに取り組んで参ります。

平成31年4月吉日
ケント・ハウス株式会社
代表取締役 藤本 忠宏