BLOG

~ あかりのお話 ~

2015年05月26日

この2~3年の間、内蔵型のLEDダウンライトの価格が大幅に下がりました。

そして、ちょうどこの時期になりますと、各社様々な新商品のご紹介とカタログをお持ち下さいます。

価格重視の普段使い用、吹抜け天井用、傾斜天井用、拡散タイプ、集光タイプ、色温度など

様々な商品が勢ぞろいしており、選択肢も幅広くなっています。





さて、写真下は、ユニバーサルタイプのダウンライトです。

こちらは、ダウンライトですが、枠から少し飛び出たりして、照らしたい方向に向いてくれる優れものです。





















































こちらの写真下は、まぶしさを押さえたダウンライトです。写真ではお伝えきれず・・・。


























ダウンライトの配置も重要です。





















































































病院の待ち時間やデパートの中など思い出した時に、建物の天井を見上げて、ダウンライトの違いを


探して見つけてみることも楽しいかもしれません。




KENT HOUSE 清 水






 
                                                                                              日々、たくさんの方にケント・ハウスを応援して頂きありがとうございます。

                                                                                          ケント・ハウスではモデルハウスの新しいカタログも加わり、アップデート中です。

                                                                                                            オリジナル商品のフェイスタオルも完成しました。

                                                                                        こちらの商品は、工事のご挨拶で近隣の方々へお届けするご挨拶のしるしとして…


 



近隣あいさつのタオルといえば、多くは社名をプリントした薄手のタオルを使用しますが、

ケント・ハウスもそれに倣っていたのでは、品質に対する会社の想いをお届けすることはできません。

オリジナル商品をキッカケに、会社に興味を持って頂いたり、会社のコンセプトを表現してみたり・・・と、

貴重なツールとして捉え、手掛けることに心がけました。         

今治タオルや社名のロゴを刺繍にこだわったのもその理由から。

 

愛知県今治市の今治タオルは、日本最大級のタオルの生産地。

硬度成分も低い、晒しや染めに適した良質の豊富な水に恵まれた環境の中で発展した日本が誇るトップブランドのひとつです。

いくつもの厳しい品質基準をクリアしたものだけにブランドタグをつけることが許されるという工程は、

まさにケント・ハウスが理想としているところの品質重視のポリシーと同じ。

 
                                                                                                                                                                                                                           

ちなみに、前回までの近隣あいさつでお届けしていたオリジナル商品はこちら。



スティックシュガーです。
 

 

クオリティーに力を入れることも大事なのですが、シュガーは、ご家庭によっては、あまり使わないという意見も

真摯に受け止め、シュガーから、マストアイテムのタオルにしてみました。

小さなことにも妥協してしまうと、それがずっとシコリとなり、良い結果が出ないことがあります。

お客様への心に、決してカタチにはできないイメージをステキに実らせるには、枯らさないよう丁寧に丁寧に育まなくてはなりません。

手を抜かず、今後も、様々なご意見に耳を傾けて、もっと喜んでいただけるような商品の開発に取り組みたいと思います。

 

KENT HOUSE 富 沢


今年の桜も綺麗でしたね。


中島公園 の桜




こんにちは モデルハウス担当の川﨑です。


お陰様で15モデルハウスはGW期間中、延べ150組近くのご来場を頂きました。


また、それ以外にもオーナーの皆様が多数ご来場頂き、


何年経っても変わらずに温かいご支援をして下さっているとしみじみ感じました。


本当に有難うございました。



期間中はご来場のお礼も言えずお帰り頂いてしまったお客様や、


お茶も出せずお帰ししてしまったオーナー様も多数・・・


この場をお借りしてお詫び申し上げます。




さて、そんな大盛況の狭間の公休に癒しを求めてちょっと寄り道、




建築家 上原秀晃 さんの個展 『 デザイン・エンジニアリングの精神 』 に行ってきました。





旧 アルファリゾートトマム(現 星野リゾートトマム)の全体プラン設計や


カルム宮の森ハウスを設計した方です。






当時はバブルの象徴とも言われ、北海道で初めての


道内最大級本格リゾート施設の計画でした。



ドアを開けると上下階に分かれるメゾネットタイプのコンドミニアム(旧ビレッジ)や


15畳ほどのバスルームの中心にサラダボウルを彷彿させる半円形のバスタブ(旧ホテルアビチ)


19面あるテニスコートにスキー場からブーツのまま入れるレストラン、専用送迎バスなど


それはそれは豪華で優雅な休暇を楽しめる施設だったと思います。






現在は経営権が移り、今もなお星野リゾートトマムとして愛されているようですが、


オールドトマムと呼び当時の贅沢な空間演出やサービスを思い出している人も少なくありません。



あの贅沢な空間は、自然を最大限に取り入れゆったりとした空間に


質の良い調度品やアメニティー・リネン類などトータルに演出していたのだと


自宅に帰り当時の写真を引っ張り出し納得してしまいました。


良いものはいつまでも心に鮮やかな思い出を残しますね。



リニューアルしながら現代に相応しいアレンジをしつつ


いつまでも楽しめる空間であって欲しいと思います。


楽しい思い出が甦った一日になりました。







ギャラリー創
さん 階段の取っ手の拘りが好きです。


川﨑

こんにちは、草野です。



今日は計画中の土地を見に行く途中、近くで昨年竣工したお宅にちょっとお邪魔しました。


突然思いついたので、お休みの日にアポなしで伺いましたが、快く家の中にお招きいただきました。


本当にいつも優しいご夫婦です。


ちゃっかりコーヒーもご馳走になって。 ごちそうさまでした。



木々が生い茂るとても静かな住宅街に建っているので、窓を開けても鳥の声と青葉がそよぐ音しか聞こえません。とてもリラックスできる場所です。

最近庭にチューリップが咲いた連絡をご主人から頂いていたのでお庭を拝見させて頂きました。





見事に敷地いっぱいにチューリップが咲いていました。傾斜地でも元気に咲くみたいですね。


今年は赤、黄、白色で1000本!!






来年はピンク色のチューリップが200本追加され、さらに綺麗さを増すみたいです。

また来年も楽しみです!



 

ぽかぽかと暖かい日が続いています。 モデルハウスの前の桜も見頃を終え、いよいよ中庭の緑が芽吹く季節を

迎えています。

北海道マイホームセンター札幌会場では、ゴールデンウィークの期間中、スタンプラリーのほか、

日替わりで様々な催しが用意されています。

詳しくはこちら

 

また、KENT HOUSEのモデルハウスでは、ゴールデンウィーク期間中、10:00~18:00まで毎日OPENしています。

5月の定休日:5/13(水)・5/20(水)・5/27(水) 

 

戸建をこれからご計画のお客さま、土地や資金についてのご相談、お気軽にスタッフまでお問い合わせくださいませ。

 

KENTオーナーのご家族もぜひ・・・(^−^)

 

皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

 

KENT HOUSE 富 沢