BLOG


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 











最近の実績のご紹介です。こちらは二世帯のお宅になります。


じゅうぶんな広さ、収納に加えて、互いの世帯の距離感に力を注いだ設計です。

家族といえども自分以外の他者との距離感を測るのは難しいもの。 

 





人間距離感スケールがあれば楽ですが、人の感情は、宇宙以上に計り知れないため

杓子定規にいかないのが現実ですね。 

適度な距離を保つには、住まいの間取りに助けられることもあるはずです。 

  

  


















     家族みんなが集う キッチンは、オープンな間取りに組込まれ、デザインも美しく整えられています。
















    


 











     
 2ヶ所あるうちの1ヶ所の和室。
















    


 

 

















    


 

    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




   

そしてこちらは、ミニキッチンも備えたより実用性のあるもうひとつの和室。

奥には6.8畳+収納の洋室が続いていて、さらにお手洗いも近くに設けられているので居住空間としても申し分のない間取りです。
 

 

 

2階のパブリックスペースには、床から天井までの本棚が並び、家族のお気に入りのスペースになって

 

2世帯のご家族の世代を繋ぐパイプ役を担ってくれることでしょう。



    


 


























     


 

 

 

 

 

KENT HOUSE 富 沢

7月初旬に自宅庭のカエデの木に一羽の鳥がよく来るようになりました。



早朝から「ヒーヨ」「ヒーヨ」と高い声で鳴きながら木で何かをしています。

「ヒーヨ」「ヒーヨ」鳴くのでヒヨドリというらしいです。

よく観察してみると木の枝やどこからか拾ってきたビニールテープのようなものを器用にカエデの枝の間に挟めていました。

住宅は完成まで4か月くらいかかりますけど、鳥の巣はあっという間で、3日くらいで形になり完成です。











































巣ができるということは新たな生命の誕生です。

巣ができて数日後親鳥がよく巣にいるようになったので出かけたときにそ~っと巣を覗いてみると卵が4つありました。

自分の家の庭木に卵があると思うと、親鳥と一緒に大切に守りたい気持ちになりました。

無事全部産まれてくることを祈り、孵化するのを待ちます。



























雨や風で巣が壊れたり落ちてしまうのではないかと思ってみていたのですが以外に丈夫で、暴風雨の時も親鳥は離れず卵を温めていました。産まれてくる子を守る気持ちは人も鳥も一緒ですね。















































8月に入り、気が付くと親鳥が交代で「ヒーヨ」「ヒーヨ」と鳴きながら巣の上を行ったり来たりしていました。

巣を覗いてみるといつの間にか雛が4匹とも生まれていたのです。











































嬉しくて写真を撮ったのですが、覗いたことを親鳥は鳴きながらとても怒っていました。。。

1週間くらい巣の中で雛達は餌をもらい続けみるみるうちに成長し、いつの間にか巣から出ていました。

これはもうすぐ巣立つということです。





最初は飛べなかったようですが1日も練習すれば飛べるようになり、翌日には親鳥とともに巣立って行ってしまいました。













































巣立ちに立ち会えなかったことは寂しいですが、約1か月間のヒヨドリの巣作りから巣立ちまでの過程毎日楽しませてもらいました。





KENT HOUSE 草野

~ 曲がる LINE ~

2014年08月03日



こちらは、先日お引渡しを迎えました邸宅の玄関です。

オーナー様のお母様より、「 曲線は一番の要望であったので嬉しい 」 とのお声をいただきました。







































この世の中には、建物や内装の曲線・曲面をたくさん見かけますが、それに決めた深い理由は特に

ないのかもしれません。ただ、その見た感じの滑らかさが見る人を魅了するのだと感じます。





曲線の表現は、直線の面を細かくつないで、曲線に近い多角形を構成しながら仕上げ材で曲面に

整えていきます。直線に比べますとやはり手間はかかっております。





今回は、その「 曲がるLINE 」に魅了された、他のお宅も少しご紹介したいと思います。




















































































































































これからも末永いお付き合いを、どうぞよろしくお願いいたします。



KENT HOUSE 清 水