BLOG

 

 

先日完成したお宅は変形した角地に建つ3階建ての建物。

土地の形に添うようにしてつくられた斬新な間取りは、まるで最初から完成系が決まっていたかのように馴染んでいます。

しかし、ここまでたどり着くには数え切れない検討の積み重ねがあったことを、あえて語らなければ、オーナー様と各担当者以外、

知る由もありません。


 

2階建てのプランや階段を中心とした回遊プランなど、色々なパターンで試したプランのシュミレーション。

素材や部材の検討、選択、そして迷い・・・


 
いくつものまわり道を経て完成した事実。 ケント・ハウスにとってはその迂回の部分が 最も伝えたいハイライト。

もしかしたら、完成系以上に脚光を当てるべき部分なのかもしれません。

なぜなら、それは、建売や企画住宅とは違う完全オーダーメイドの注文住宅だから。

完全オーダーメイドということは、0からつくるということで、当然、手間も時間も労力も必要となります。

理由は、家にお客さまを合わせていただくのではなく、お客さまに家を合わせるという点に尽きます。

ケント・ハウスでは、お客さまが選ぶにあたって道しるべとなるような、機器、設備、あるいは素材などの

プレゼンテーションをご用意していますが、それ以外でお客さまが自ら使いたい商品を見つけ、採用することも可能です。

なんでもできるということは、無限のバリエーションから選択可能ということです。ひとつひとつにこだわるほど

お客さまにとっては楽な作業ではありません。それは、ご要望を叶えるために悪戦苦闘する担当者にとっても同じこと。

変更ややり直しのためのフォーメーションの組み直し、工程の調整、業者さんの再手配など、苦労は尽きません。

立派に完成した建物を見学に来られたご計画中のお客さまが、そこに住むオーナー様の声や現場の苦労を具体的にイメージするのは

難しいので、裏話やプロセスをお伝えした上で建物をご見学いただくと、オーナー様の想いだけでなく、

他の会社には到底真似ができないケント・ハウスの細やかさや本質をより理解して頂けるはずです。

そして、ご計画が漠然としているお客さまにも、プランやデティールに潜んだひとつひとつのエピソードの中に、参考になるヒントが

きっと見つかります。

 



 

 

現場の汗は、お客さまの満足の声と最高の笑顔を頂くことで、自信と実績につながります。
 

そして、お客さまが貴重な時間を割いて蓄えた家づくりの知識や、その中から生まれたイメージやアイディアは、空間を司る

お気に入りのデザインとなり、暮らしを豊かにしてくれることでしょう。

 




家づくりの舞台裏を追うドキュメンタリービデオをつくったら、一般的なドキュメンタリー番組なんて目じゃないかもしれません。 

KENT HOUSE 富 沢




桜が満開となり、素敵なGWとなりましたが、皆様はどちらにお出かけでしょうか。


私は一足早く、3月の終りに岩手県盛岡市へ行ってきました。


(家族の卒業と引っ越しという地味な目的ですが・・・)







盛岡市は岩手県の中部に位置する都市で、安土桃山時代に勢力を広げた南部氏が


盛岡城を築いて以後、城下町として発達し今でも瓦屋根の家が見受けられます。


明治以後は岩手県の県庁所在地となり、東北新幹線の整備により都市化が進みましたが


学校が多く、学生さんが住みやすい人に優しい街という印象がありますね。







マリオス盛岡地域交流センターアイーナ







岩手県立美術館はJRタワーを設計した日本設計さんの設計です。




2008年6月14日に岩手・宮城内陸地震が、7月24日に岩手県沿岸北部地震が発生し、


さらにその3年後の2011月3月11日、国内観測史上最大マグニチュード9。0の


東北地方太平洋沖地震が発生し、沿岸部の各地で津波による大きな被害がでた岩手県ですが


『平泉ー仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群ー』の名で、


2011年6月26日(現地時間25日)日本の世界遺産の中で12番目、東北地方では初の


世界文化遺産に登録され、被災地復興の礎となる事でしょう。




機会があれば是非、復興応援に見所いっぱいの岩手県へ足をのばしてみるのも如何でしょうか。




追伸







炭火焼天元”さん こちらもおすすめです



復興応援と息子の卒業&合格祝いにシャトーブリアンを奮発し、懐の痛いGWです(涙)




川﨑

~ ツナガルモノ ~

2014年05月03日

こちらは、先日お引き渡しを迎えました西区の邸宅。

接道10M以上の広い道路の角地に完成いたしました。

5月のあたたかい風がとても気持ちよく通り抜けております。















































さて、少しだけ室内を覗かせていただきましょう。

玄関からまっすぐ入ったその先には、バーベキューの出来るテラススペースがあります。

床材の色は、木目がきれいなブラックチェリー。

































キッチンと建具の基調色は、ウォールナットランダムです。

プランがまとまりに近づいてきた頃、お客様から使いたい商品のご提案をいただきました。






























その1つ、こちらの写真下は、「 グローエ K7 」です。

スタイリッシュ&存在感のあるシルエットがたまりません。

もちろん、シャワー機能なども付いております。





























ケント・ハウスでは、オリジナルカタログに掲載されていない商品の取り扱いのご相談も承っております。

逆にお客様から、こんな商品も見つけましたよ、などと教えていただくこともあります。

いろいろな方々から情報をいただき、選択の幅は、どんどん広がっております。







また、今まで使っていたものが新たに変化したものもあります。



こちらの写真下は、和室の「 欄間 」でした。





























これまで遠く離れたご実家に置いてあったもの。

ゲストルームに遊びに来たご両親、お客様へのサプライズでございますね。







これからスタートする新しい生活、ご家族4人が笑いの絶えない楽しい毎日を過ごせますように。

どうぞ末永いお付き合いをよろしくお願いいたします。










KENT HOUSE 清 水