BLOG

~ 2014 KENT GIFT ~

2014年12月24日

今年1年も残すところわずかとなりました。

12月。皆さまも年の瀬に向かい、忙しく落ちつかない日々を過ごされていることと思います。

そして、お歳暮にクリスマスなど、12月は1年でも最も贈り物で心ときめく月でもあります。

ケント・ハウスが毎年12月にケントオーナー様にお届けしている今年のギフトは、ティースプーンとバターナイフの

カトラリセットでした。









































 

ところで皆さんは、誰かにプレゼントを贈るのは好きですか?

私は、あまり得意な方ではありません。 距離の近い相手だと、嗜好やマイブームなどは簡単にリサーチできるので、

贈り物の候補が次々に思い浮かぶのですが、そうでない間柄の場合だと、1度選んでも、本当にこれで良いのか?

と原点に戻り、いつも店内をウロウロと彷徨ってしまうのです。

1年を通して見ても、イベントやお祝いをはじめ、お礼やお返しなど様々なシーンで贈り物をする機会がある私たち。

相手が求めていたものを、さり気なく贈ることができれば、スマートで素敵ですが、

ついつい、その商品にたどりつくまでの長い苦労話や考えていたシナリオについて熱く語ったり、

自分が費やしたエネルギー分のリアクションを期待したり・・・と、せっかくの演出を自ら台無しにし、

贈った相手に恩を着せてしまうことはありませんか?

・・・私は何度もあります(笑)

そんな贈り物苦手と公言する私が毎年、オリジナルギフトをお届けするにあたり、超えなければならない壁が二つあります。

ひとつは予算の壁。

そしてもうひとつはオリジナルという特性上の商品選びの壁。



たった一人にプレゼントするにでも重労働に感じてしまう私が、400組以上のご家族に贈るのは鉛のような負担です。



でも、厳しい条件ばかりではありません。

そこには、戸建に住んでいるご家族。

そして、シンプルモダンというデザインの好みなど、セレクトするにあたり、商品選びがワクワクするような

心強い共通点もあるのです。











































今回のこだわりは、ロゴをプリントではなく刻印を施したところです。

刻印で制作するにあたっては、まとまった相当数のロットが無ければ単価がびっくりするほど高くなってしまいます。

そして、もうひとつのこだわりが、引き出し仕様のギフトボックス。

光沢感のある深いブルーと黒いマットの2色使いのボックスに、レインボーの箔押し。

さらに取っ手代わりのリボンにも、コーポレートマークのKを印字しました。



こちらにたどりつくまでに、制作したサンプルは軽く10パターンを超えました。

















計算外だったのが、カトラリを包む透明なビニールのラッピング。

これを1本1本隙間なく留めるのは、途方もなく目まいのする作業でした。。。

せっかくだから、出来る限り、きれいな状態で梱包したいとこだわったがための手間が膨大になり、結局たくさんのスタッフの

協力を借りることになりました。



袋詰め、箱詰め、発送用袋詰め、送り状貼りとケントスタッフの多大な労力に、1年の感謝の気持ちが詰まった今年のギフト。


おっと、またここでも恩着せがましく苦労話を披露してしまいました。

反省ですね。。。(笑)



来年はカトラリセット第二弾を予定しています。

お楽しみに…☆



KENT HOUSE 富 沢

~ シンプルの追求 ~

2014年12月23日

先日完成したお宅をご紹介します。



新しい素材を所々に使い、挑戦してみました。







オープン日が近づいてきましたので改めてお知らせします。

12月13日(土)よりNEWモデルハウスが期間限定でオープン致します。


場所は 札幌市清田区里塚緑ヶ丘5丁目5−8(平岡公園ベニータウンライブヒルズ内)  Googleマップ



「KENT COLLECTION’14」




開期間 2014年12月13日~2015年4月5日迄 営業時間10:00~18:00

( 期間限定公開 ・ 毎週水曜日・年末年始定休及び12月9日(火)は都合によりCLOSEさせて頂きます )

なお、12月6日よりプレオープンもしておりますので事前のご案内もしております。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。



KENT COLLECTION’14の詳しい内容はこちらをご覧ください。






















NEW MODEL 情報

2014年11月25日

NEW MODEL HOUSE ”‘COMING SOON”


詳細はこちら・・・

~ いつでもどこでも ~

2014年11月23日


こちらは、先日、お引渡しを迎えました邸宅。

山と街の景色を独り占めに出来る、眺めの良い場所にあります。



今回は、大好きなものをたくさん集めたお宅を少しご紹介させていただきます。











































































家の中のどこにいてもいつでも大好きな車が眺められるプラン。

ガレージではないそこは、お家の中。

サッシから車を入れるとき、施主様がハンドル操作をして、ケントスタッフが、

車体を押して定位置へ移動、大変な作業でしたが、楽しみな気持ちと同時に

入るかどうかハラハラドキドキする瞬間であったとのことです。









































2Fホールの椅子に座った目線のその先には、街の景色が広がっております。




































いろいろな、ドラえもんがいます。


























































































新しいお家で過ごされる毎日が、楽しい時間となりますように 。。。

これからもオーナー様としてどうぞ末永いお付き合いをよろしくお願いいたします。




KENT HOUSE 清 水


待機しています・・・



こんにちは モデルハウス担当の川﨑です。


札幌ではそろそろ紅葉も終盤となり、この週末は北大金葉祭 なども行われているようですが、

マイホームのご計画も、降雪前の土地探しに佳境を迎える頃でしょうか。



落葉の季節になると・・毎年、思い出すことがあります。


福祉住環境コーディネーター の検定を受けました。


きっかけは、数年前の今時期にお引き渡ししたお客様が

打合せでモデルハウスにお越し頂いた時の事です。

当時、いつも奥様とご一緒に車椅子でご来場していましたが、

たまたまご主人様お一人で来場した際、

モデルハウスの入り口を上がるお手伝いをしました。


支えた瞬間に・・・思わず泣いてしまいそうになったのを

今もリアルに思い出せます。


軽々とご夫婦で通って来ていた様に見えた光景は、

思いも寄らない程ずっしりと重く、支える手にご主人様の安全が委ねられていました。


不安定な私の力がどんなにご主人様を不安にさせてしまった事でしょう。


車椅子に限らず、人は皆それぞれ身長も違えば年齢も違い、

日常の暮らし方や使い易さも違うはずです。


それぞれの個性やハンディをどう暮らしの快適さに変えるか・・

まずは、特に注意が必要な方々の暮らしに

最低限の知識をと思い、テキスト を買ってみました。



内容は広く浅く、それぞれの障害や加齢・疾病による

住宅での注意点やサポート出来る用具・設計に関する事柄が載っています。


これが全てではありませんが、少しでもお役に立てる事があれば・・

これを機会に少しづつ知識を深めようと思います。


勿論、建築士の有資格者はこれらをマスターしてご相談に乗っていますので、

皆様の快適なマイホームのご計画は安心して当社スタッフへお申し付け下さい ( 笑



追伸


2~3級の検定試験は特に受験資格もいりませんし、高齢化社会への “ 備えの知識 ” としてもお勧めです。



川﨑

建築の秋

2014年10月17日

紅葉も進み、いよいよ秋本番。

この時期になると、○○の秋を楽しみたい!という方に手軽な秋をご紹介いたします。




秋といえば・・・でおなじみの芸術の秋。

ということで、建築的な芸術の秋はいかがでしょうか。







現在、大通駅から地下鉄東西線のバスセンター駅の間の地下コンコース内にある500m美術館では

「 美術と建築、これからの札幌 」 展 が開催中です。




札幌という都市を建築から提示するというコンセプトで、

様々な設計事務所や建築系の大学の研究室から出展されています。







各々いろんな形態で表現されていて、

直感で建築を感じることができるので、専門的な知識が無くても十分に楽しめます。




秋といえば・・・をまだ何も出来ていない私は、

取り急ぎこの展示を 2014年の私的芸術の秋 ということにします。




いつでも無料で見に行くことができるので、まだ○○の秋を済ませていない方にお勧めです。

「 美術と建築、これからの札幌 」 展 は2015年1月23日まで開催されているので、

近くに立ち寄ったときには、ぜひ。



KENT HOUSE 三本木

~ Never say never ~

2014年10月06日

こちらは、先日、お引渡しを迎えました邸宅。

長い坂道を登り切ったその先が今回の舞台です。





































お客様との出会いはちょうど1年前 ・・・・・・・

2年程土地を探しているが見つからないとのことでご相談にいらっしゃいました。

早速、詳しいお話を伺ってみると、ご希望のエリアや時期が明確であったことから、周辺の

不動産に詳しい株式会社ジン様をご紹介させていただきました。

ご担当して下さった方は、販売されていない空き地の交渉から購入可能な面積のこと、価格の

こと隣地の境界のことなど素早い対応で本当にプロフェッショナルなお仕事をして下さいました。

そして、土地がまとまりに近づくにつれ、同時進行でプランが始まりました。






































お客様は、ご要望を雑誌からピックアップしてお持ち下さり、イメージを伝えて下さいました。

プランの修正とご提出・階段の形状などご検討を何度も繰り返しながら、理想のカタチが出来上がっていき、

毎回、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。

いろいろなご縁は、不思議なもので、これまで止まっていたことが急スピードで進みだすと、ときどき不安になり

確認することもございましたが、すべてが次のステップを踏んでまっすぐ前に向かっておりました。





そして、自分の背丈以上もあるジャングルのような土地は、新しい生活の

場所へと移り変わり始めたのです。

















































































































写真下は、夜に撮影、TVボードの上は、光沢のある黒の天然石で落ち着いた雰囲気です。


































お引渡しの当日を笑顔で迎えられましたことは、私達にとって他の何事にも変えられない喜びと今後へ向かう自信へとつながります。

このたびは、素敵なご縁をいただきまして本当にありがとうございます。



これからは、オーナー様としてどうぞ末永いお付き合いをよろしくお願いいたします。

かわいいお子様達のご成長をスタッフ一同とても楽しみにしております。





KENT HOUSE 清 水

発売してから1か月近く経つのでちょっと告知が遅くなりましたが



エクスナレッジムック発刊の建築知識ビルダーズ2014 Autumn No.18 「高級感で勝負するインテリアと家具」























にケント・ハウスの住宅が紹介されました。



建築知識ビルダーズは工務店や住宅会社で働く側の仕事誌ということで

一般の方には馴染みのない雑誌かもしれませんが大型書店の建築・インテリア雑誌コーナーで

販売しておりますので、どうぞご覧ください。

新着アルバム

2014年09月11日

 

数ヶ月前にお引渡しを終えたお客様の住宅で、このたびプロのカメラマンによる撮影が行われました。

オーナー様の温かい協力があってこその撮影です。 ありがとうござました。

一足お先にこちらでご紹介致します。
 

 

 

オールステンレスの天板を採用したキッチンは、奥様のこだわりが特に詰まった場所。

何度も打ち合わせを繰り返し理想に近づけることができました。

 

  

完成後、オーナー様にお呼ばれしたお酒の席で、想い出話に花が咲き、ついつい長居してしまいました。

 


こちらは、2階のフリースペース。 
 
奥の柱のひとつひとつにも、オーナー様ご夫妻の家族への想いが込められています。
 
たどり着いた素材ひとつひとつにも長いエピソードが隠されています。

 
 

ご家族がここで暮らしているとはとても思えない程、スッキリとした美しい住まいを

保って頂いていて、家を大切にして頂いているんだと改めて感じることができました。

こちらのお宅は、近々、ホームページでその他の画像も紹介する予定です。

KENT HOUSE 田 中