BLOG

懐かしい風景

2013年09月27日






気が付けば季節は進みすっかり街中も秋の装いです。

大雪山には初雪も積もったそうですね。





そんな短い夏を終えた札幌では、今年はたくさんの建築のイベントがありました。

数多くのイベントの中で、JIA建築家大会2013北海道では

名建築のオープンハウス&オープンガーデンを開催しているという情報をキャッチして、参加を即決しました。





見学に向かった先は、

南区にある 建築家 上遠野徹氏の自邸「札幌の家」です。



こちらは日本が世界に残したい建築DOCOMOMO 100選に選ばれています。




DOCOMOMO【ドコモモ】とは・・・




開催を知ってからは、めったにないこの機会を逃すものかと、

中村好文さんとの対談のあるINAX REPORTのバックナンバーをひたすら読み漁り当日に備えました!



当日は天気にも恵まれて、夏の終わりらしいさわやかな空気。

敷地に入ると、ここは札幌の幹線道路からほど近い場所ということすら忘れてしまうような景色です。

鉄骨ラーメン構造の平屋建、後方は増築しており2階建です。テクスチャーはコルテン鋼のフレームに赤煉瓦。

月日の経過を美しく映しているファサードをみて、口をあけて興奮のあまり無言です・・・。



中に入ると力強い外観とは違い、親しみある空間が広がっていました。





天井高2100mm。現代では低く感じる天井高さが伸びる様に視線を庭へ向かわせます。

建物を構成する形、素材、匂いなど、ひとつひとつが自分の中にある懐かしい風景と重なるのです。

・・・さすが!!の名建築にじっと座って庭を眺めるばかりでした。








札幌の家の見学の後は、上遠野建築事務所 事務所棟も見学させて頂きました。

かわいい玄関から細い階段を上がると・・・






一面水平連続窓。窓からは「札幌の家」と敷地の全景が見えます。



お部屋に置いてある家具も名作揃いで、本棚にある建築の古書は読んでみたいものばかり。

最初から興奮冷めやらぬまま、2棟の見学を終えました。

このような貴重な時間を頂き、ありがとうございました。







素敵な建築の見学の後にはバーベキューのお誘いを頂き、

ぜひぜひ参加したかったのですが、残念ながら予定があり断念。







後日バーベキューに参加した友人より

大学時代の講師による「札幌の家」の解説と、

入れなかった建物のオーディオルームで、ビートルズの初期LPレコードを北海道に数機しかないスピーカーで聴いた!

と、何とも羨ましい報告を頂きました・・・。





KENT HOUSE 三本木



 

 

 

 

先日のこと。 メールの受信箱に数年前にやりとりを重ねた

オーナー様のお名前を見つけ、懐かしさがこみ上げました。

当時のことを振り返り、しばしの間のタイムスリップです。。。

 

それは、今から約4年ほど前のできごと。

当時、分譲のマンションに住まわれていたお客さまがふと、

軽い気持ちで立ち寄られたKENTの内覧会会場が始まりの舞台。

そこで建物に魅せられたご主人が、夢を描き、家族のために

家づくりの大海原に舵を取る冒険ストーリー。

 

 

土地選びからのお客さまは、おのずとそのやりとりが濃厚なものになります。お打ち合わせの時間だけでは足りない

壮大なご計画を、お電話やメールのやり取りで埋めてコミュニケーションを深めていく道中に、多少の険しさはつきものです。

 

半ば思いつきで始めたような家づくりに対する少しの不安、住み始めて3年あまりしかたっっていないマンション売却に対する想い、

終の住処となる土地の場所に対する迷いなど、3歩進んで2歩下がる・・・

 

多くの物語がそうであるように、かえって険しい方が完成時の達成感は得も言われぬものになります。

これがノンフィクションであるならばなおさらのこと・・・

そのような中、最終的に、高低差3.1mという特殊な土地にお客さまが決意したのも、ケント・ハウスにご契約して頂いたのも

おそらくKENTでしか成し得ないだろう・・・土地の特徴をいかしたプレゼンテーションにご納得頂いたからだと思います。

 

 



 

 

 

 

文面からにじみ出る、一軒家で3人のお子さんが

気兼ねなくはしゃぎ、充実した暮らしをされている様子。

さらに、グレードアップした外周りの

ご報告をいただきました。

 

快適な暮らしに色を添えるモダンなお庭。 

そして、お庭のご計画も、過去最大の難工事と嘆くほど、業者さんにとっても荒波の冒険となったそうです。

 

 

 


高い位置にある専用テラスは、ライトで美しく演出することで、

夜もご覧のとおり。

 
ご家族だけで独占できるなんて、贅沢な喜びでしょう。

  

また一歩、ステキな暮らしへ近づきました。

 

しかし、オーナー様の持ち前の情熱で、さらなるグレードアップ

へのあくなき挑戦と大航海時代はまだまだ続くでしょう。

そこにロマンがある限り・・・いつまでも。。。

 

KENT  HOUSE 富 沢

 

         
               

【 fusion ~融合~】

2013年09月18日

先日、洞爺湖町にてお客さまのお宅のお引渡しが行われました。


 

 

ケント・ハウスではアフターサービスの観点から施工範囲を限らせて頂いています。

 

それでもありがたいことに遠方のお客さまからお声を掛けていただくことがあります。

 

今回は、ケント・ハウスが設計のお手伝いをし、地元の工務店さんのご協力の元、建物が完成しました。


 

 

地元の工務店さんとタックを組んで取り組ませて頂いていて、完成時に毎回感じることがあります。

お客さま、ケント・ハウス、協力業者さんの3つの想いが融合した結晶が、今日この日だということ。

遠方にいらっしゃるお客様のご要望や大切にされているこだわりの部分を打ち合わせの中でお話しし、デザイン・図面化する・・・

完成前のイメージを理解していただき、共有しながら具現化する現地の様々な業者の方々・・・



ケント・ハウスのデザインはシンプルですが、シンプルに見せる施工は複雑で多くの手間がかかります。

付き合いの長い業者さんとの言葉を交わさずとも通じる施工基準にも、はじめての業者さんには

1つ1つ解きほぐして丁寧に伝えていく必要があるのです。

そして施工が複雑になればなるほど、関わる人間が増えれば増えるほど、その複雑さは混迷を深め容赦なく時間を奪います。

 

うまく伝えられないこちらのジレンマ、はじめてづくしに戸惑う業者さんのジレンマが交錯し、それを乗り越えた先に

理想的な融合が生まれて、ようやく完成した力強い今回の建物。

お客様を筆頭に、プロジェクトチームの想いが3つに重なった3層構造です(笑)

ケント・ハウスのプラン・デザインはお客様の“想い”にケント・ハウスの“想い”が掛け合わさり織り成したもの。

熱い想いを融合して、完成度の高い建物が形作られるのです。

今回、地元の工務店さんのご協力によってお客さまの夢の実現にお手伝いすることができました。

そして現在、稚内市・中標津町でも同様にケント・ハウスの家がお客様の“想い”のバトンを携えて建設中です。

どうかこのバトンが、次のお客様の笑顔へと無事に引き継がれますよう、今後もしっかりと見届けさせて頂きたいです。

 

KENT HOUSE 増 田

コートハウス

2013年09月09日

昨日、緑豊かな住宅街でお引渡しを終えました。



最初にお会いしてから早いもので約一年が経ちました。



土地が変形していましたのでご要望を満たすプランを作るのに大変苦労したことを今でも覚えております。







完全に外部からは見えない中庭と公園側の緑が両方見える家



建ぺい率には制限があるのに・・・と思いつつもやればできるものです。













あの中庭を一家族で独占するのはもったいないと思います。



バーベキューを行う際は是非お声掛けください。



食材持って駆けつけます!





これから末永いお付き合いになりますがどうぞよろしくお願いします。





KENT HOUSE  草野







 

先日、笑顔あふれるご家族のお引渡しが無事に行われました。


 

 

いつお会いしても底抜けに明るい奥さまに私たちもたくさんの元気を頂きました。

 

ご家族の楽しいエピソードやお勤め先での会話などをお伺いしては

 

奥さまの明るい人柄に、私だけではなくたくさんの人たちが


笑顔のおすそ分けをされているんだな・・・と。
 

 

 

始まりはモデルハウスへのご来場でした。

 

他社でお申し込み寸前のところで、“高い”と評判のケント・ハウスへ見納めに・・・

 

とご夫婦でいらっしゃったのが出会いでした。


 

   

ケントさんは高いからとてもとても無理だから・・・と何度もおっしゃるので、

決してそうではないことを実証したくて、半信半疑のお二人をよそに半ば強引に引き止めてしまいました。

今、思えばトントン拍子で進んでいた家づくりの計画そのものに水を差し兼ねない行為だったかもしれません。

最後にやっぱり高かったじゃないの~ と断られ、奥さまに責められても仕方が無いところでしたが、

こうして無事に建物が完成し、お引渡しの喜び様は未だかつてないほどのテンションだったという

報告を受けて、私もやっと心から安堵することができました(笑)

   

1年先も数年先もずっと、やっぱりあの時ケントにして良かったね・・・

と笑顔でお話しているご家族の姿が目に浮かびます。

これが単なる想像で終わらないように、ステキな住まいをしっかりサポートして行けるよう、

アフターサービスに万全で臨むのがケント・ハウスの使命です。

奥さまの笑顔が恋しくならないうちに、会社にも遊びに来て頂きたいです。

これからもよろしくお願いします。

 

KENT  HOUSE 富 沢