BLOG

  今年のフィナーレを飾ったお宅のお引渡しが行われました。 

  

  

例年にない大雪で、戸惑いを感じている年末の札幌。

今年1年は皆様にとってどんな年でしたか?  

 

ご家族の入学、進学、卒業、ご就職、ご結婚。。。新たなる旅立ち。

新しい命の誕生に恵まれ、賑やかな年の瀬を迎えるオーナー様、大切な身内を亡くされ、静かに時を過ごすご家族など、それぞれの

 

除夜の鐘の響きがあることと思います。

 


個人的に私の年末年始は、故人を忍び、来る年をそっと迎えます。  

 
不思議と思い出すのは、床に伏していた死の直前の苦痛の表情より、もっともっと以前の元気だった頃の 生き生きとした笑顔。  

 

現在により近い記憶より、昔の出来事の方が背景まで色濃く蘇ります。 それが、美しい思い出となって記憶に宿り、心に複雑な

 

ヒダが増えてゆきます。 最近の日常も、近い将来はカラフルな色に脚色され、懐かしさと共に記憶にほんの少しの嘘をつくはず。

 


 

何億光年と時を隔てた宇宙の星と現在の私たちの時差のように、今の幸せを噛み締めなければ、永遠に輝く時が重なりあうことは


ありません。 

 

最期の時を病院で迎えた故人に、一日でも長く自宅で過ごさせてあげたいと、家族はお通夜を数日後に延ばしました。  


心なしか、自宅に戻った故人は一層安らかに見えました。


ある統計によると、自宅で最期を迎えたいと考える人は6割以上になるとのことです。  

 

人生の最期を迎える場所など誰にもわからない。 

 

でも、目には見えない家族の手垢が染み込んでいる自宅がホッとできる唯一の場所だということだけは確か。

そう思える゛家゛があるというのは、とても幸せなことではないでしょうか。  

 

私たちがお客様に提供しているのは家という住まい。  


そこから先は、住み手が日々を丁寧に重ねて紡ぐもの

 
そう、家は作るものではなく、紡ぎ出すもの


1滴1滴の小さな幸せにそっと浸しながら、1日では決して染まらない家族の愛着色に染めてゆくもの


両手で抱えきれない家族の喜怒哀楽が姿かたちを変えて、やがては安らぎで満たされるのが、家族にとっての我が家という無二の価値。

 

年越しの団欒で、゛終の住処゛について考えてみてはいかがでしょうか。

 


  

KENT HOUSE 富 沢 

 

忘年会

2012年12月17日

先日、当社の忘年会を行いました。



当社は年末年始以外毎日営業していますので、休日は全員バラバラということもあり、全員が勢ぞろいすることがなかなかありません。

そんな中、忘年会で久しぶりに全員が揃ったのを見ることができました。

その1次会の雰囲気を写真に撮ろうと思っていましたが、食事してお酒も入るとそんなこと忘れてしまうもので、一枚も撮れませんでした・・・

食事中も一方では今年一年間の成長、反省を語り、一方では全く仕事とは関係の話で盛り上がる等それぞれに話が弾んでいたようです。

最後のビンゴ大会は皆、真剣にビンゴシートに穴を開け、豪華賞品をゲットした人、そうでなかった人も楽しんでいたと思います。



ちなみに私は11位で音割れのひどいパンダのUSBスピーカーをゲット。





2次会はお付き合いのあるお客様が経営されているお店でバー・リブート( Bar Reboot)を使わせて頂きました。

元ドリカムメンバーの西川さんが店長をされていて、おしゃれな空間とおいしいお酒を堪能させて頂きました。

お店の方々にはとても良いサービスをして頂き、ありがとうございました。
















そして体力のある若い衆は3次会へ

お酒で身体も温まり、深夜のハイテンションで行くのがカラオケです。

スタミナの続く限り歌い、踊り続け午前3時まで。


























全員スタミナ切れでご帰宅となりました。。。





まだまだ年内の仕事はありますが最後まで気を引き締めて頑張っていきます!





KENTHOUSE草野


奥様と小さなレディーを待つ休日の昼下がり・・・







こんにちは モデルハウスの川﨑です。



先日、オーナー様のお一人とそのお子様とで、ランチをご一緒させて頂きました。


正面に車5台分の駐車スペース、離乳食メニューもあり、


小さなお子様連れでも、気兼ねなくイタリアンが楽しめます。




イタリアンレストラン TATSUMI





ポーションは割と女性向きなので、男性がご一緒の場合はもう一品ほど楽しめそうです。





たまにお食事をご一緒したり、ご自宅へ遊びに行かせて頂いたり、


この音楽良いよ!なんてご紹介下さったり、そんな近い距離感でお付き合い出来るのは、


ケントハウスならではの魅力なのかしらと、 『 自慢するにも程がある! 』 との突っ込みを待ちながら、


今日も 『 あのお客様は暫くお会いしていないけど、どうしていらっしゃるかな~? 』 なんて


思い出す日々に幸せを感じる師走です。



皆様も、どうしてるかな? と思われる方には、ぜひ年末年始を利用しご連絡してみるのも如何でしょうか。



モデルハウス担当 川﨑