BLOG

~夢見るタイル~

2012年04月27日

 

こちらは世界中に品質の高さと技術が認められたイタリアのモザイクタイル「SICIS]

 


 

 


 

 

シチスは、1987年イタリア北部の小さな町ラヴェンナにて創業した

モザイクタイルブランド

宝石のようにキラキラ空間を演出するヴェネツィアンガラスです





シチスのモザイクタイルは、住宅や商業施設、有名なホテルのインテリアに取り入れられるなど活躍の幅は広く、

シンプルでありながら1つ1つの異なる色合いが見るものを魅了します

                                                            こちらは拡大図です↓



不思議な色合いは、セレニウム・マンガン・コバルトなどの

ミネラルパウダーをガラスに混ぜて高温で溶かすことによって

オリジナルな色を生みだします

ベネチアンガラスは、水を吸収しないので変色・腐食の心配がありません

お手入れも水洗いのみで簡単です

お値段は一般のモザイクタイルに比べますと少々高いですが・・・









 


  

 

 


素材1つで空間がインテリアとなり、 

毎日洗面台に向かうのが楽しくなりそうです 

 

 

  ヴェネツイアンガラス「SICIS]のご紹介でした


 

  

 

KENT HOUSE 清水

 

 



 

こちらは、昨年の夏頃完成したお宅です。

 

パッと見た画像の印象で、こちらが30坪に満たない土地とは想像がつくでしょうか?

 

 

緊張感と温もりが交差し、気品を備えた奥行き感のある玄関。

さらに、こちらのお宅はガレージまであるのです。

 

 

 

プランは、土地の中心を突き抜けるように玄関を配し、右にガレージ、左側には洋室と階段スペース。 

ひとつひとつにゆとりがあり、設計マジックを感じさせる建物です。
 

 

 

ケント・ハウスに寄せられる よくあるご質問の中にあるのが、「狭小地でプランして頂くことはできないですよね?」という言葉。

 
それは、ご質問というより『ケント・ハウス=広い土地だけにしか建てられない』というイメージが先行した 諦め半分の“確 認”・・・。

 

直接お問い合わせ頂いた場合は「ケント・ハウスでは土地の広さは限定していません」とご案内していますが、

問い合わせを頂く前に、無理だろうと考えられているお客様が、おそらくたくさんいらっしゃるんだろうな・・・と思います。
 
 

ケント・ハウスは、土地の坪数を限定しているらしい、あるいは、紹介のお客様しか受け付けない、などという噂話を真に受けて、

選択肢にさえ入れて頂けないというのは、とても残念です。
 

 



 

 

価格の記載がないから とても高そう・・・と、何かと敷居が高いイメージを

持たれがちですが、実際には、“あながちそうでもない”というのが現実です。

 

“あながち”という言葉をつけたのは、価値の基準がそれぞれ異なるからです。


価格だけに焦点を絞れば、もっと安く建てられる会社はいくつもあるので、

高いと思われるかもしれません。

 
 

 

 

 

ネームバリューのある大手と中身を比較すれば、逆に安いと

感じるかもしれません。

 
 

 

                     

 

                      


                          大切なのは、価格と中身のバランスを厳しい目でじっくり見て頂くことです。
 

 

 

 

 

 

 

 

価格にばかり気を取られては、肝心の中身が

 

良くないこともありますし、高額だと安心という

 

わけでもなく、価格の割に中身が期待はずれという

 

こともあります。

 

 

 

 

 

ケント・ハスが価格を大々的に公表していないことには、理由があります。

 

価格に見合った品質なのかを確かめて頂くために、価格と同時に中身のご説明もじっくり聞いて頂きたいからです。

 

坪○○万円 という、最もわかりやすそうで、実はどこからどこまで入っているのかよくわからないインパクト重視のあいまいな表現は 、

 

お客様にとっては逆に不親切だと考えています。

 

その不親切さは、ご契約後の追加料金などでどんどん膨れあがり、やがて不審を招きます。

 

結局、完成してみたら、表示価格の坪○○万円とはかけ離れる結果になりかねません。

 

 


 

 

ケント・ハウスでは、お客様それぞれに明確なお見積りを

 

ご提示しています。

 

時間はかかりますが、ご契約後もこと細かいところまで

 

確認しながら進めることで、「あれれ?」を無くすように

 

心がけているのです。

 

 

 

価格の安さを売りにした会社には決して真似できない“手間暇”こそがお客様の満足度につながるのだと信じています。

 

ぜひ、真実を知るために、お気軽にお問い合わせください。それがケント・ハウスを知って頂くための大きな一歩につながります。

 

KENT HOUSE 富 沢

 

 

 

ご無沙汰しておりました、モデルハウスの川﨑です。

 

体制が替わり、2ヵ月に一度 またこちらに登場させて頂きます。

 

どうぞ宜しくお願いします。

 

 

 

 

 

早速ですが 今回は【ミシュランガイド北海道 特別版】のお話です。

 

 

4月20日発売のこちらの本には、皆様にもお馴染みのお店がずらりと並んでいます。

 

ニュース

 

 

残念ながら選ばれなかった美味しいお店も沢山あると思いますが、

 

接客・格調・お店構えに至るまでの審査なので、なかなか厳しいものですね。

 

 

 

その厳しい審査で選ばれた中の一つ レストランコートドール さん

 

 

 

 

 

 

かれこれ22年ほど経つ建物ではないでしょうか。

 

 

グランメゾンに相応しい重厚感のある外観、ムーディーなイントロダクション

 

1階はお花屋さん 2階がバーになっており 3階がメインのサルとなっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

カトラリーやテーブルスイーパーに至るまでクリストフル

 

 

 

 

 

 

セクシーな大人のためのデザート

 

 

 

 

個人的な印象ですが、評価に最大の彩りを添えたのは、

 

卓越したメートルドテルをこなすシニアソムリエ 福田氏による

 

きめ細やかなユーモアのセンス溢れた接客サービスではないのかと感じます。

 

 

“全てを本物の一流でおもてなしをする”

 

 

CP(コストパフォーマンス)が良いということは

 

 決して“お安い”のではなく、支払った以上の付加価値が付いてくる

 

 

そういう事が人の心を感動させるのではないかと

 

ニュースで流れるミシュランガイドのお話を聞きながら改めて思うのでした。

 

 

 

今頃は相当な混雑かと思われますので、

 

平日のランチなど予約されてみてはいかがでしょうか。

 

 

レストランコートドール

 

KENT HOUSE 川 﨑