BLOG

 

フランクフルトでの市内観光のハイライトの1つに『ゲーテの家』の見学がありました。

シェイクスピア、ダンテと並ぶ世界の三大文豪の一人です。

  


 

  

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(1749-1832):ドイツを代表する文豪であり、学者であり、法律家でもありました。

代表作には、ファウスト、若きウェルテルの悩みなどがあります。

 

まったく読んだことのない人でも、題名だけは何となく聞いたことがあるのではないでしょうか。



もっと身近なところでゲーテを紹介すると・・・

ペートーペンやブラームスら150人もの作曲家の創作意欲に火をつけたと言われている「野ばら」です。


 
 

  
わらべは見たり、可憐なバラを
                                             
   荒れ野のばらを 若く清やかな美しさ  

 まじかく見んとかけよって

 わらべは見たり、喜びあふれ

 ばら ばら 紅ばら 荒れ野のばらよ

 

 

この詩はゼーゼンハイムという片田舎の村娘フリーデリケ・ブリオンに捧げられたもの。

彼の恋に懸ける熱烈なロマンと彼自身の強烈な個性が伝わってきます。


言葉で伝えられた女性からすると・・・感激?それともドン引き?

 

いずれにしても、激しい情熱と思いこみがなければリスクが高すぎてちょっと真似できない技です。

 

マルチな先駆者として知られる恋多きゲーテは、上流階級の両親の元に生まれました。



 

 

 

 

 

 

 

 

ゲーテは16歳でライプチヒの大学に行くまで、このフランクフルトの生家に住んでいました。  

 
ゲーテの父は子供の教育に強い関心を持ち、幼児期より熱心に初等教育を受けさせたと言います。 

  

建物内の繊細な装飾と重厚感を兼ね備えた空間からは、そんな裕福な暮らしぶりが伺えます。 

  

  

 
   

財力を誇示するために、ことのほかこだわったという 

優美なまでの手すりの装飾 

  

    
当時の美を今に伝えています。
    

 
 

  

  

  

  

  

ゲーテは、多くの大作を残しながらも、普段の生活は肉料理や甘い菓子が大好きな大食感で


お酒はワインが特に好きで 1日2ℓ~3ℓを飲んでいたというハチャメチャぶりでした。

60歳で関節炎と尿管結石、74歳で心筋梗塞を患うも満82歳まで生きたと 言うから、 

当時を今に置き換えても十分大往生と言えるでしょう。 

  

そのエネルギーの源だったものは・・・ やはり恋愛。 

 

77歳のときに17歳の少女にプロポーズしたというエピソードからも一般的な感性をはるかに超えた超人

。。。いや傍若無人?だったことが想像できます。

 

“自分にできること、あるいは夢に思い描いていることはすべて実行に移すことだ。

 大胆であれば、非凡な能力と不思議な力を発揮できる”

このような現実離れした名言も、数奇な人生を歩んだゲーテの一面を知って改めて聞くと、妙に説得力があるように聞こえるから不思議です(笑)

 

しかし、“愛の暴走特急”ゲーテの最後の恋は相手の母親の大反対で失恋に破れてしまいます。

が・・・転んでもただで起きないのがゲーテの情熱家と呼ばれる所以。



この恋のせつなさを綴ったマリエンバートの悲歌できちんと作品として残していました。



ほかにもそんな彼自身の人生経験を元にした 数々の名言も残しました。

独断と偏見でセレクトしたゲーテの名言をご紹介します。 

  

・財布が軽ければ心は重い  

というニヒルで大きく頷けるものから

・今日という日にまさるものはない  

というシンプルな目覚め系まで
マルチの才能をここでも際立たせていました。
  

 


・あなたの心の底から出た言葉でなければ、他人の心に響くことなどないのです。 



・人間はみずからが愛するものごとによって、形づくられる。

 

 美しいものをとことん愛し、自らの言葉で伝える・・・



これぞ長生きの秘訣かもしれませんね(笑)



KENT HOSE 富 沢
 

 

 

ご報告が遅くなりましたが、1月にケント・ハウスの研修旅行がありました。

 

毎年、旅行時期になると研修先の国のエントリーの中から投票が行われます。

 

今回の8カ国の候補から決まった研修先。。。

 

それはドイツです。

 

  今回のドイツ訪問では西洋の宝石といわれるローテンブルク
 

 

 

 

 

 

 

        大学とお城の町ハイデルベルク



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

           ドイツの玄関口に当たる大都市フランクフルトをめぐり、モノづくりに触れる充実した6日間となりました。

 

 

  


 


 

                                                     マリンタワーよりフランクフルト市街を一望         
   

 

 

 

 

 

 

 

世界的なモノづくりのイメージと言えば、真っ先に思い浮かぶのがドイツではないでしょうか。

ご承知の通り、ポルシェ、ベンツ、BMW、アウディーなど世界を代表する自動車メーカーが

名を連ね、とくに自動車産業はドイツの基幹産業だといえます。

 

それは、ドイツ人被雇用者の7人に1人、ドイツの輸出の40%が自動車に関連しているという数字からも

いかにドイツにとって自動車産業がモノづくりのベースを支えているかがわかります。

今回は、そんな世界的にも知られるアウディーの本拠地インゴルシュタットを経由し、工場視察を行い

フランクフルトでは、大型家具センター、住宅展示場などの施設を視察しました。

 

 

 

 

  

 ほかに、ドイツと言えばみなさんは何を連想しますか?

 

・・・実は、ドイツは、国の歴史のルーツや訪れる場所によって受ける印象も様々。

 

町によって、表情をガラリと変えるところも魅力のひとつです。

 

ぜひ、ヨーロッパツアーの国の一つと決めず、じっくりドイツに浸ってみてはいかがでしょうか?

 

歴史ある建築様式、中世の面影を残す古城、グリム童話のファンタジーな世界など

伝統的で格調高い昔ながらのドイツと、思わず目を見張る高層ビル、オリジナリティーあふれるデザインや新しいトレンド、

芸術が生まれる今日のドイツに触れることのできた今回のツアー。

 



 

 良い旅は人生を変え、良いホテルは仕事と会社を変える という名言を

残しているのは、最高のホスピタリティーを提唱するリゾートレストランCasita(カシータ)

オーナー高橋 滋 氏 

                                                                                                                    





 

質の高いおもてなしやサービスは、誰かに語られるより、

実際に味わうことの方がしっかりと体内に沁みわたる気がします。
 



 

 

 

 

 

 

 

ドイツを言えばビール、そしてワイン。

 





 

 

 

 

 

ドイツビールは5000種類以上。

 

そしてドイツワインは13地域もあるそう。

 

 

 

300種類以上あると言われるパンや本場のソーセージもほんの一部ですが、食べ比べることができて、ドイツのグルメも満喫。

 

 

旅が好き。 旅行が趣味という人は多いもの。

 

旅の目的はシチュエーションによってそれぞれ。

 

多くの人が“旅”という非日常に求めるものは、新しい発見や刺激なのではないでしょうか。 

 

                     プルーストの格言に、

                   本当の発見の旅とは、新しい風景を探すことではなく、新しい物の見方を得ることだ。 

   

                     という言葉があります。  

  

普段の日常で、新しい価値観や、物の見方を変えることは大人になればなるほど難しくなるものです。 

  

人生を旅にたとえられることがしばしばありますが、本当の旅もまた、長い人生に新しく素敵なエピソードを残しますね。

 

  

 

                        私たちは、今回の滞在でその表情の豊かさや、空気、文化、短い時間でも縁があり、

                 関わったドイツの人々の人柄に触れ、ドイツという異国を身近で親しみのある国に感じることができました。 

  

                              日々進化するケント・ハウスの新しい幕開けにご期待ください。。。 

  

  

                                                                  KENT HOUSE 富 沢 

 

皆様、こんにちは。ケント・ハウスの草野です。



いつもケント・ハウスWebサイトをご覧頂きましてありがとうございます。



この度、トップページをリニューアルいたしました。







































リニューアルと言っても全てが変わったわけではありません。

トップページを見るたびに2パターンの映像がランダムに流れるようになっただけです。



これから数パターン作っていく予定でいますのでご興味のある方は定期的にチェックしてみてください。



と、同時にギャラリー写真も少しずつ追加していきますので、そちらの方も是非ご覧ください。

冬はなかなか写真が撮れなかったので少ないですが、春はたくさん撮って追加できるよう頑張ります!