BLOG

~ 逆手の発想力 ~

2010年03月31日

 

 

 

4355
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建物を訪れたお客様の中には、

 

こちらのお宅のようなミステリアスな玄関の演出に

 

驚きと感動の声を上げる人が少なくありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 『玄関は明るい方が良い』 

 

この言葉は、プランをされるにあたってよくお客様から聞かれる言葉です。


 

 

 

それにはまず、土地からさかのぼって考えなくてはなりません。

 

 

玄関も明るく、リビングもダイニングも・・・ といろいろ望むとキリがありませんね。

 

 

ずっと暮らす家に必要なのは、明るさだけではありません。

 

 

住みやすい動線や広さ、外観デザイン、などなど様々な“条件”が必要となってきます。

 

 

通常、全ての要件を満たすのは非常に難しい問題です。

 

 

 

大切なのは、優先順位を考えた折り合いの付け方。

 

 

場合によっては優先順位が高いと思われたものでも、妥協の方向でまったく別な提案をされたことにより、

 

「かえってそちらの方が気に入った」 という感想を頂くこともたくさんあります。

 

 

そのためには、土地にプランを落とし込んでもらい検討するのが1番の近道と言えます。

 

 

 

さて、ここで話を玄関に戻します。

 

たとえば、北向きの土地や変形地、車スペースの都合で建物のセットバックが必要となる場合、

 

玄関の明るさが十分でない場合があったとしたら・・・

 

 

410
 

 

 

 

 

 

無理やり何とか明るさを確保してもらうという方法も一案ですが、

 

逆手の発想で、むしろミステリアスな空間を

 

徹底的につくり込んでみてはいかがでしょう?

 

 

 

 

 

 

 

 

考え方によっては、明るい玄関より、見応えのある独創的なおもてなしの空間となるのです。

 

 

ゲストにもたらすその印象は、やがては記憶となり、住み手の個性と融合します。

 

 

 

「普通」の会社ではダメだ・・・とか、それじゃ「普通」になってしまう・・・

 

これは社内でよく耳にする言葉です。

 

普通というのは、発想力、考え方などいろいろな意味を指しています。

 

 

普通じゃない・・・

 

それは、お客様にご提案する大切なプランにも反映しています。

 

 

 

 4311
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらのお宅は特徴的な変形地

 

 

そんな地形の特徴を利用してつくられた

 

まるで隠れ家レストランのような

 

神秘的なアプローチ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

右手に見える大きな窓から見えるのは、ガレージ内の自慢の愛車

 

正面の窓からは、アートのような階段のシルエット

 

 


4315
 

 

 

 たとえ普通のハウスメーカーならおススメしないような変形地であっても

 

 

ケント・ハウスはあなたの好奇心をプランニングで満たし、

 

冒険心には想像を超えた 新しいご提案でお応えします。


 

 

 

 

 

 

 

 

              

 

 

  

  

吹き晴れて またふる空や 春の雪

 

( quote  /  炭 太祇 )  

 

e78e84e996a2efbd97efbd89efbd8312


 

 

真新しいピカピカのランドセルや、新調した靴が出番を待っています。

 

 

 

 

 

 

 

突然の降雪で、冬靴を仕舞うには不安・・・

 

今日はどの靴が良いのかと、この時期の降雪にハラハラさせられますね。

 

 

 

そんな迷いも楽しみながら、その場でコートや靴をコーディネート出来る、 

 

大容量のシューズクローゼットをモデルハウスではご提案しています。

 

 

 

e78e84e996a2efbd97efbd89efbd8321 

 

玄関の土間が床暖になっている為、雪や雨に濡れたコートや靴を、

 

冬はしっかり乾燥させる事ができ、ご家族皆様の靴・コート・傘

 

ゴルフクラブやサッカーボールなど、何でも収納出来るスペース。

 

このスペースは、使う方のご要望をお聞きしてのオーダーメイドです。

 

 

 

 

 

 

壁を作る事によって、天井まで無駄なく収納でき、

 

ベビーカー等大きな物まで、隠す収納が出来る。 

 

これからの”未来型シューズクローゼット”ではないでしょうか。

 

 

 

 

今週末は、 大容量の収納に ご家族皆様で 「 何を仕舞おうか 」と、

 

ご家族で楽しめる今年のイベントを企画しながらイメージするというのは如何でしょう。

 

 

 

 

不安定なお天気のこの時期、是非 ”全天候型大容量収納技”を

 

どうぞご家族皆様でご覧下さい。

 

週末、モデルハウスでお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

追伸

 

 

今週は私事で恐縮ですが、4月1~3日までお休みを頂いておりまして、

 

いつも、木曜・金曜でご案内しております 「今週の見どころ」 を、

 

早めに掲載させて頂きました。どうぞご了承下さい。

 

また、上記日程につきましては、モデルハウスは通常通り

 

オープンしております。

 

どうぞ、お気軽にモデルハウスへお越し下さい。

 

 

 

 記事が長くなりましたので、「 ちょっと寄り道 」 は、下記にて掲載させて頂きます。

 

                                                 川崎

 

   

 

 

 

 

先日、オーナー様のお家にお邪魔した時の事。

 

以前書いた記事 をご覧頂いていて、 「 エリカ・バドゥ がお好きなら、

 

きっと、この方の楽曲もお好きだと思います。 」 と・・・

 

 

 

e382a8e383b3e38380e383b3e38393

 

 ” エンダンビ ” と言う方のCDをお貸し下さいました。

 

 

 

 

インパクトある風貌のアーティストですが、

 

このアフロヘアー同様にボリュームあるニュー・ソウル、

 

大変にディープな大人のリズムで、素敵な曲の数々・・

 

 

 

ご紹介頂かなければ、出会う事のない楽曲だったかも知れません。

 

とても素敵な曲を教えて頂きました。

 

 

 

新しい音楽に出会う ” きっかけ ” 皆様はどんな時に訪れましたか。

 

 

 

私の場合、相当古いお話になりますが、札幌の地下鉄”北24条駅”近くに

 

以前、 ” 玉光堂 ” さんがありまして、当時の試聴コーナーにはいつも、

 

R&Bやソウル系のCDを数枚用意してあり、担当の方のセンスが良いのか、

 

または単に私の好みと合致しているのか、行く度に”ツボにハマるセレクト”でした。

 

 

 

今日は、その頃購入した古いお勧めのアルバムを何枚か、ご紹介したいと思います。

 

 

 

 

e382b5e3839ee383b3e382b5e382b3e383bce383ab

 

1997年12月 今から13年前に発売された

 

サマンサコールの、タイトル ”サマンサコール”

 

ルックスの良さも然ることながら、

 

作曲家としての才能もあり、1stアルバムから

 

有名なプロデューサーを起用し、完成度の高い作品。

 

アメリカンポップあるいはR&Bと括られるのでしょうか。

 

1曲目のインパクトがお勧めのCDです。

 

 

 

 

joe

 

こちらは、2003年12月に発売された

 

ジョー タイトル ” and them・・・ ”

 

アップテンポな曲も何曲かありますが、

 

基本、スローでメロウなリズムを刻むヴォーカルは、

 

柔らかく優しい雰囲気を醸し出します。

 

夜に一人で、しっとりと聴くのにもお勧めの1枚です。

 

 

 

 

 

 

 The  Best  Jazz  Vocals  Woman

 

woman1

 

 

こちらは、2001年11月発売、女性ジャズシンガー楽曲をコンパイルしたアルバム。

 

当時、お休みの日曜の朝にいつも聴きたくなったオムニバスですが、

 

スィート&メロウなスローバラードで、ジャズに詳しくない私でもすっぽりとハマった楽曲。

 

 

 

今日は ” ブルームーン ” 

 

 

月を見ながら、ロマンティックなひと時を音楽とともに・・・

 

とっておきの室内のお楽しみを、是非 お試しになってみては如何でしょう。

 

 

 

追伸

 

 

本日の満月は、11時25分だそうです・・・

 

 

 

  ***  余談ですが  ***

 

 

 

マセラティー・グランガブリオ が発売されました。

 

このメーカーは昨年、日本国内販売数前年対比25%増だそうですが、

 

日本の経済危機は、多少乗り越えたのでしょうか。

 

私は今がピンチです(笑)

 

                                                川崎

 

 

 

 

 

思いがけない雪も 暖かい春の日差しも 清々しい風も・・・

 

 

e38399e383a9e383b3e383801


 

 

読書を楽しんだり、パソコンをしたり、二階のホールに設けたカウンターは、

 

これからのみずみずしい季節を取り込みながら、多様に楽しめる空間です。

 

 

 

 

 

モデルハウスには、二階に設けたカウンターテーブルがありますが、

 

この様な誰もが利用出来る空間に、本やパソコン・TVゲーム機器など

 

ご家族で共有して使用するスペースをご提案しています。

 

 

 

 

親の目が届く・部屋に籠らない・コミュニケーションが広がる・・・

 

ご家族で楽しめるのは、思い出もそこで育まれるものではないでしょうか。

 

 

 

 

今週は是非、カウンターからご家族皆様で”桜の蕾”を覗いてみませんか。

 

皆様のお越しをどうぞお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

~ マイホームセンターからセミナーのお知らせ ~

 

 

  

マイホームセンターでは、3月28日(日) 午後1時30分~3時

 

「 最新セキュリティーセミナー 」 を行います。

  

 

 

 

 火災対策・防犯対策等、セコム(株)さんからの最新情報をお届します。

 

詳しくは、道新朝刊広告・または マイホームセンター事務局 へお問い合わせ下さい。

 

 

 

 

 

 

 

  ***  ちょっと寄り道  ***

 

 

 

 

 

 

先週の ” 海を渡る ” 記事に続き、今回は飛行機のお話です。

 

 

以前の記事 にも書きましたが、私は女性の割に、車やバイクや飛行機など

 

乗り物や機械が意外に好きです。(鉄道は・・そんなに・・すみません・汗)

 

特に飛行機は、リーズナブルなお席 「 翼 の見える席 」 が大好きです。

 

 

 

 

e9a39be8a18ce6a99f

 いわて花巻空港と新千歳空港を往復する飛行機は、

 

一日3便のうちの2便が、エンブラル170

 

主翼の先がひゅっと上向きになっているのですが、

 

これは”ブレンディッド・ウィングレット”と言い

 

ボーイング737の一部にも使用しているもので、

 

機体の燃費向上・航続距離の延長・低騒音等

 

地球に優しい設計です。

 

 

 

 

 

 

e9a39be8a18ce6a99fe381aee6ada3e99da2e3818be38289e381aee383a9e382a4e38388飛行機が着陸する時、主翼の一部が

 

ひらりと捲れ上がったり、下に伸びてくるのを

 

ご覧になった事はありますか。

 

これは、 ”フラップ” と言った高揚力装置や 

 

”エルロン” と言う横転や回転運動を制御する

 

動翼(補助翼)またはフラッペロン等です。

 

(フラッペロンはコンコルド等にもあります。)

 

 

飛行機が着陸し、こちらへ向かって走ってきています。

 

 

 

 

e9a39be8a18ce6a99fe8aa98e5b08e1

 

 着陸した飛行機を誘導しているところです。

 

 

 

 

飛行機は、(小さければ特に)着陸時にパイロットさんの技術の差が見えるところ。

 

風を受けたり視界の悪いなか、スムーズに着陸させ滑らかに制止させた時には、

 

「出来るなお主!!」と、なんとも失礼な上から目線での感想ですが、

 

ちょっとした感動まで覚えます。

 

 

 

 

ファーストクラスは、バブル時代などにはバックスキンのケースに入った豪華トラベルセットや

 

果てはカトラリーセット・スリッパ・アイマスクetcの大層なプレゼントもあり快適なお席でしたが、

 

 

 

飛行機に乗るなら是非、主翼の見えるお席で、パイロットの方の補助翼操作の

 

タイミングや技術など、かなりマニアックなお楽しみを体験してみるのも如何でしょうか。

 

 

 

ゴールデンウィークの予約がまだの方・・・

 

今年の春は是非、離着陸に携わるスタッフさんの頑張りが垣間見える

 

国内旅行も如何でしょう・・・

 

 

~ ちょっとつぶやき ~

 

 

e38390e382a4e382afe585a5e99680e7b7a81e3838be383b3e382b8e383a31

私のメカ好きに発車がかかったのは学生時代、

 

この手書きマニュアルを書いてくれた友人や、

 

某企業の専属パイロットになった

 

友人達のおかげ?かも知れません。

                            

沢山の好奇心を満たしてくれました。

 

 ホンダ CB650LC                                     kawasaki GPZ 1000RX

  

 

そういう私のいとこも”宇宙飛行士になりたい”と大学院まで進んだ人(女性ですが・・)

 

 

”類は友を呼ぶ”    か、かわり者って事でしょうか・・・(汗・・)

 

 

                                              川崎

 

 

 

 

1522
 

 

 

 

 

 

お引き渡し前のシンプルでスッキリとした

 

ケント・ハウスの建物の空間にも

 

生命力が宿る瞬間があります。

 

 

 

それは、ダイニングチェアーやソファーが

 

搬入されたとき

 

 

 

クールな印象ともいえる室内に、ほんの少しの差し色を

 

加えただけで、その空間はスポットライトを浴びた

 

可憐なオブジェのように心に語りかけてくれます。

 

 

 

 

 

今回は、そんな室内に彩りを与え、テイストを支えるファニチャー(家具)のお話。。。


 

 

 

 

 

 

 

 

 こちらは、床材に無垢を採用した安らぎと温もりのあるナチュラルなテイストのお宅

 

 

建具やキッチン、オリジナル家具にも素材感を出した新しい提案です。

 

 


 

 

4543
 

 

ソファーのファブリックをはじめ、ところどころのカラーにブラックをチョイスすることで

 

空間全体が引き締まって見え、ナチュラルに“モダン”な印象をプラスさせています。


 

 

 

 

 

ブラックを投入しても圧迫感を感じさせないのは、大胆な吹き抜けやダイナミックな窓を設けた

 

ケント・ハウスならではのプランに秘密があります。

 

 

 

4545
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

       窓の外は森。。。

 

 日々の生活がプライベートリゾートです。

 

 

 

 

 

 

 

45222
 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらはモノトーンをバランスよく配分して

 

つくりあげたお手本のお宅

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 45081
 

 

単にモノトーンだけでまとめているのではなく、

 

質感のあるアクセントを上手に入れることで、

 

上質な空間にまとめているのは

 

テクニックがあるからこそ…なのです。

 

 

 

 

  

 

4502
 

 

 

ケント・ハウスは家具などのご相談も含め、あなたのご要望に合わせたスタイリッシュな空間を

 

トータルでご提案しています。

 

 

   

   

 

 

 

 

 

新入学・進級・進学・新社会人、ひとりひとりのプロローグ・・・

 

e6b497e99da21

 

 

始まりは、朝の身支度から・・・

 

晴れ舞台にぴったりと合う装いと凛とした空気を身にまとい、

 

一番素敵な表情を引き出してくれるラバトリーは如何でしょう。

 

 

 

 

 

3月も後半になり、本州の桜開花予想も始まったというのに、

 

残念ながら札幌は、儚い雪が舞い散る毎日ですが、皆様のお近くは如何ですか。

 

 

 

 

そんな待ち遠しい春に向けてのマイホーム計画で、

 

3月に入り、沢山の方がモデルハウスへご来場頂いております。

 

 

 

 

今週末は三連休の方も多く、沢山のモデルハウスを見て回るのに丁度良い時期ですね。

 

春の準備のお出かけがてら、是非ご家族皆様でモデルハウスへお立ち寄り下さい。

 

どうぞお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

  ***  ちょっと寄り道  ***

 

 

 

 

 

新年度を前に、新しい環境へ向かう準備が佳境を迎える頃かと思いますが、

 

皆様は順調にお進みでしょうか。

 

 

 

そういう我が家もようやく新しいスタートラインに立ち、

 

これから始まる新学期に向け、準備を進めている最中ですが、

 

 

 

残念ながら我が家では、第一志望校への夢は儚くも消え、

 

新たに見つけた先は・・・岩手県・・・今日は個人的なお話で大変恐縮ですが、

 

せっかくなので、海を渡ったお話をしようと思います。

 

 

 e5b2a9e6898be5a4a7e5ada61

 

 

こちらは盛岡市の宮沢賢治さんの母校、キャンパスは大変近代的に変わっています。

 

 

2月4日の記事 の冒頭で引用しましたのは、宮沢賢治さんの生前出版された唯一の短編集

 

「注文の多い料理店」の中の「水仙月の四日」ですが、盛岡の冬が想像出来ますね。

 

 

自然溢れる小さな町ですが、近代的な建物と切り妻の瓦葺き屋根のレトロな建物が

 

しっとりと共存している、なんとも風情ある素敵な町です。

 

 

 

 

 

e5b2a9e6898be69599e4bc9a2

 

瓦屋根も多いなか、1978年に建てたとされる

 

岩手カトリックセンター四ッ家教会は、

 

カラフルですが、今風の四角い形状です。

 

(バスの中からの写真で失礼します。)

 

 

 

 

 

e5b2a9e6898be382b8e383a7e382a4e3839be383bce383a0

 

     もうすぐ竣工を迎える新しい住宅。

 

    窓がとってもユニークで可愛らしく、

 

    中がどんな様子か、とても気になります。

 

    (職業病でしょうか・・・うふふ)

 

 

 

 

 

盛岡市への交通手段はと言いますと、

 

飛行機でいわて花巻空港へ、そこから連絡バスにて向かう方法と

 

苫小牧⇔八戸をフェリーで渡り、そこから新幹線で30分。

 

あるいはJR東日本という手段があるかと思いますが、

 

 

 

盛岡へ向かう事を決めたのは夕方6時近く・・・当日移動しようという野蛮な計画は、

 

結局、唯一空いていた ” フェリー ” での移動となりました。

 

 

 

 

e38395e382a7e383aae383bce888b9e58685e9809ae8b7afe38395e382a7e383aae383bce5aea4e58685e38395e382a7e383aae383bce4baa4e9809ae382a2e382afe382bbe382b9e8a1a8

 

 

 

 修学旅行を彷彿させる船内は懐かしく、思っていた以上に清潔で(大変失礼・汗)、

 

夜出発し朝方到着するという、三半規管の弱い私には有難いしくみです(笑)

 

 

 

予めきちんと早めの予約をすれば、丁度良い時間帯で運航するフェリーに乗れ、

 

勿論、より綺麗で広々したお部屋を用意する事が出来ます。(意外に混んでいるようです。)

 

 

 

 フェリーと言えば、記憶に新しいのが2007年9月、青函航路に投入された

 

時速にして凡そ65km/h、世界最大級の高速フェリー ” ナッチャンRera ”

 

原油高騰に加え国内不況の影響を受け、1年弱で運航を取りやめてしまいましたね。

 

 

 

大変残念な事でしたが、改めてフェリーに乗ってみると、

 

飛行機でササっと国内移動が簡単に出来る現代に、

 

波に揺られながらお喋りを楽しみ、朝焼けを見ながら目的地に着く時間を楽しむ・・

 

そんなプチ旅行も旅の楽しみの1つになるのではないかと感じました。

 

 

 

残り僅かな春休み、あるいはこれからの暖かな季節の夏休みに

 

のんびりフェリーの旅も如何でしょうか。

 

 

 

 

それでは皆様、どうぞ楽しい連休をお過ごし下さい。

 

 

追伸

 

2月19日の記事にも書きました ”このお方”

 

今週末の三連休には円山動物園にいらっしゃるようですよ。

 

(執拗に気になってしまうのは何故でしょう・・)

 

                                            川崎

 

 

 

 

 

 

25001
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日 ケント・ハウスの『協力業者安全大会』が

行われました。

 

 

1番の目的は、それぞれが工事の安全に対する知識を

深め、再認識すること。

 

 

品質の保持、向上やお客様に対するケント・ハウスの

想いを伝えること。

 

 

 

 

 

普段、現場で日々活躍している業者さんが一同に介して・・・という機会はなかなかありません。

 

 

 

 

 

 

業者さんとともに安全を再確認するという趣旨の会議は、一般的にも行われていますが、

 

実際どの程度のレベルで行われているのか・・・

 

というのは、実は最も肝心であるお客様に伝えきれていない現実があります。

 

 

 

たとえば、業界では常識過ぎて、改めて伝えるまでもないだろう・・・と考えることでも

 

お客様の目線で考えると、『当たり前』の確認の積み重ねがやがて大きな信頼につながることは

 

間違いありません。

 

 

 

住宅は後悔できない高い買い物。

 

どんな些細なことでも確認したいと望むのは、当然のことと言えば当然の話です。

 

 

 

 

そして、お客様にとって、安全で当たり前というある種の神話も、ほんの些細な事故で  

 

信用はたちまち不信に変わることもあり得ます。

 

 

 

だからこそ、こちらも安全という最も当たり前なことには 常に緊張感を持って

 

教訓として真剣に取り組みたいものです。


 

 

 

 

実際、ケント・ハウスの家が完成するまでに、その家に携わる人々がどのくらいいるかご存じでしょうか?


 

 

700
 

 

 普通のメーカーなら面倒で簡略化してしまうようなデザインの大切なデティールにもこだわり、

 

たくさんのお客様の細かいご要望にお応えしている

 

ケント・ハウスに携わる人々は決して少ない数ではありません。

 


 

 

2752
 

 

 

自分の建物の現場で 大なり小なりの事故が起きるだなんて、どんなお客様にとっても考えたくないもの。

 

 

 

多くの人々がかかわる1棟に『工事の安全』という付加価値をつけるため、関わる全ての業者さんを呼んでの

 

まじめな講習は続きます。

 

 

 

安全であること・・・は、当たり前すぎて、つい軽視してしまいがちですが健康を保つことと同じように 

 

予防と心がけが肝心なんだと改めて考えさせられます。

 

 

3251
 

 

 

 

 

 

 

 

小さな事故をも防止するために

 

クイズやわかりやすい事例を織り交ぜながら

 

安全に対しての知識を深めます

 

 

 

 

労働安全についての取り組みはモノづくりに携わる私たちにとっては決して怠れない使命です。

 

 

 

 

 

安全なくして高品質は絶対に語れない・・・

 

 

そんな言葉を耳にしました。

 

…本当にその通りだと深く頷かされます。

 

 


 

5400
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私たちが目指しているのは、決して妥協を許さない

 

お客様にとって信頼できる住宅会社

 

 

 

 

 

 

 

常に、高いクオリティーの建物を提供し続けること

 

高いニーズに応えること

 

 

そして信頼を裏切らなこと

 

 

 

それには、1棟1棟、お客様の建物を大切に守りながら竣工を迎えるという

 

最も当たり前のことが絶対不可欠なのです。

 

 

   

 

 

 

 

リビングから隠れた階段裏に、細身のシルエット・・・

 

e99a8ee6aeb5e4b88be58f8ee7b48d

 

掃除機を折り畳まずに収納が出来て、すぐに取り出せる。

 

ほんの些細な事で、意外と ”楽しい家事” ”マメなお掃除” に繋がります。

 

 

 

 

これからの季節、雪解けで汚れた足元や春風に吹かれた埃など

 

どの季節よりも汚れが気になるところ

 

 

 

 

そんな季節に充分対応出来る 「 お掃除スタイル 」 を

 

モデルハウスで、春風舞う景色を見ながら想像してみませんか。

 

 

 

 

今週末は、是非 ご家族皆様でモデルハウスへお越し下さい。

 

 

 

 

 

 

  ***  ちょっと寄り道  ***

 

 

 

 

 

気が付けば、もう3月も中旬に近づき、卒業式や入学・進学シーズンですね。

 

今年の春のお天気は、各地で異例の降雪や暴風に惑わされる日も多く、

 

これから出される「桜の開花予想」も、気になるところですが、

 

 

 

昨年12月、気象庁では、「民間が近年、精度の高い開花予想を発表するようになり、

 

役目を終えた」と、今年の春からの桜の開花予想を取りやめるとの発表がありましたね。

 

 

 

・・・・今後、どなたのを、どの様に参考にしたら良いのかと、それもちょっと戸惑います(汗)

 

情報が錯綜する昨今、受け取るこちら側のリテラシーも問われるという事でしょうか。

 

 

 

 

 

e381bee381aae69dbfe381a8e6b0b4e58887e3828ae3818be38194 

と、早速ここで 「 小物情報 」 です。

 

2月11日の記事の写真にも一部載っていました

 

” ジョセフジョセフ ” さんの小物。

 

デザインがポップで使い勝手も万能、

 

皆さんもご存知な物が幾つもあるのではないでしょうか。

 

こちらは、カッティングボードとコランダーです。

 

このカッティングボード、片面はフラットで真っ白なノーマル仕様、

 

片面はカラフルでユニークな物になっています。

 

グリップトップで滑りにくい仕上げです。

 

 

 

 

 

e6b0b4e58887e3828ae3818be38194

 

また、こちらのコランダーは、開くと一枚のフラットな板に・・・

 

普段使用しない時にはフラットにしてスリムに収納、

 

使う時には、パチンパチンと止めるだけ・・・

 

ポップなデザインで、親しい友人へスナックを出したり、

 

我が家では、果物を入れて使用しています。

 

 

どちらも頂いた物で、中々自分では選ばない物でしたが、

 

使ってみると、意外に使い勝手も良く、楽しく使用出来、

 

新しい情報をくれた友人に感謝しています。

 

 

 

 

 

 

 

情報と言えば、話はど~んと飛びまして・・・

 

今年”2010年”は、幸運の兆しとされる ” ブルームーン ” が2回も起きるという

 

とてもラッキーな年だそうで、そのうちの2回目となる日が、3月30日です。

 

 

 

また、今年は ”ショパン生誕200年記念” の様々な取り組みがあり、

 

そのうちの1つに、5月には クリスチャン・ツィメルマンによる

 

「オールショパンプログラム」のピアノ・リサイタル がkitara にて行われます。

 

 

 

 

さてさて、本日のわたくしのプチ情報、

 

何か少しでも興味をお持ち頂ける情報があると良いのですが・・・

 

 

 

何かしら新しい情報満載の2010年、これからも期待したいですね。

 

 

 

それでは皆様、良い週末を・・・

 

 

 

                                               

                                            川崎

 

 

 

 

7522
 

 

 この春 新たに、ケント・ハウスのカタログに 写真集vol2が加わりました。


 

 

 

シンプルなテイストはそのままに、着実に進化を遂げているケント・ハウスの新しい

歴史が刻まれている見応えのある1冊になっています。

 

 

vol1に引き続き、こだわったのは、カタログを手にした時のその質感

 

 

 

 

 


 

0132
 

 

 

肉厚でやや重みのある表紙には

 

決して負けてはいない建物が放つオーラを

 

余すところなく伝えるために

 

余白部分をなるべく少なく、素材やデティール

 

より空間全体をわかりやすく伝えられるような

 

レイアウトに仕上げています。

 

 

 

 

 

 

 

 

厳選されたケント・ハウスの建物の写真の中から、何度も校正や議論を重ねながら

 

やがてカタチとなる様は、実際に家が完成するまでの工程とよく似ています。

 

 


 

 

 

 

0170
 

 

 私たちと、実際に建てられたオーナー様のこだわりを、ケント・ハウスの建物がまだ未体験という方でも

 

ほんの少しの創造力をプラスさせるだけで、その建物に足を踏み入れた時の臨場感をリアルに感じて頂けるような

 

そんな1冊になることを願っています。

 

 

 


 

 

 

 

 今回vol2にて掲載させて頂いている建物のオーナーの皆様には、感謝の気持ちを込めて

 

こちらの写真集を進呈いたしますのでお待ちください・・・

 

 

 

 

0220
 

 

 

 

 

この写真集は、未来へと続くケント・ハウスの

 

歴史とともに、やがてvol3へと引き継がれます。

 

“シンプル”は決して古びない

 

この言葉を 肌で感じて頂ける

 

“歴史絵巻”を目指して…

 

 

 

 

 

        

 

 

 

 

 春めくや 藪ありて雪 ありて雪 

 

( quote / 小林一茶 )

 

e383aae38393e383b3e382b0efbd81

 

 

一年中、室内にある観葉植物も、

 

春の訪れを感じ、若草色に染まってきました。 

 

 

 

 

 

 

 

弥生三月春うらら、桃の節句も終わり公立高校入試も終わり、

 

そろそろ入学や進学、そして新しいマイホーム計画の準備が

 

本格的にスタートする時期ですね。

 

 

 

 

今からのご計画は、夏休みやお盆にお引っ越しなど、

 

環境を変えるのに、丁度良い時期の竣工が可能です。

 

 

 

 

降雪の合間、暖かい春の日差しをいっぱいに受けるモデルハウスは、

 

新しい環境を、一段と楽しく想像させてくれる空間です。

 

 

 

 

 

今週末は、是非 モデルハウスで、柔らかい春の日差しをご体感下さい。

 

皆様のお越しをどうぞお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

  ***  ちょっと寄り道  ***

 

 

 

 

 

 

先月のバレンタインデーに引き続き、来週はホワイトデー。

 

元々、ホワイトデーというのは 「バレンタインデーのお返しをしよう」 と

 

全国飴菓子工業協同組合さんが催事化されたという説や、

 

 

 

福岡市の老舗菓子屋 「 石村萬盛堂 」 さんが 「お返しに」 と

 

白いマシュマロを売り出した、という説がありますが、

 

 

 

今やバレンタインデー同様、この日に合わせた街のディスプレイも

 

賑やかに行われていますね。

 

 

 

 今日は、そんなホワイトデーに便乗し、スイーツのご紹介です。

 

 

 

e382ace38388e383bce383bbe38389e383bbe3839ce383afe382a4e383a4e383bce382b8e383a5

 

マシュマロと言えば ブールミッシュ の ” ギモーヴ

濃厚な果実の味わい、見た目も美しいパステルカラー。

お味は全部で6種類です。

 

このブールミッシュさんを展開するのは吉田菊次郎氏。

 

片道切符でフランスに渡り、数々のコンクール受賞、

帰国後、全国百貨店に100店舗出店した方で有名ですね。

 

義理人情を貫く為、「 一地域一店舗 」 を徹底し、

その後の多くの需要に、必要に迫られた策が、

ガトー・ド・ボワイヤージュ 」 です。

 

 

 

 

札幌では、札幌東急百貨店さんにブールミッシュさん、

 

三越さんにガトー・ド・ボワイヤージュさんがあります。

 

マカロンなども、新しく用意されている様です。 

 

 

 

 

 e383a9e38387e383a5e383acマカロンと言えば、勿論 ラデュレ さんは外せませんね。

 

1862年にブランジュリー(パン屋さん)を 

オープンさせ、その後パティスリー(ケーキ屋さん)、

 

カフェとの融合などで現在のメゾン・ラデュレに

至ります。(省略し過ぎです・・汗)

 

美味しいマカロンでは、 ジャンポール・エヴァン

ピエール・エルメ・パリ なども、有名なお店ですが、

中々、札幌では直接購入出来ず・・・

 

こんな時こそ、便利な通販ですね(笑)

 

 

 

 

 

 

載せないでと仰っていたのですが、数年経ちましたのでもう時効でしょうか。

 

 

 

 

e38381e383bce382bae382b1e383bce382ad1

 

 

 ある年のホワイトデー、数年前に当社でお家を建てて頂いたお客様が突然訪ねて来られました。

 

「主人がチーズケーキを焼いたので。是非・・・」と、ワンホールのケーキをご持参され・・・

 

 

 

何気ない日常に、ふと思い出して頂ける事だけでも感激でしたのに、

 

手作りのチーズケーキまで・・・胸がいっぱいになりました。

 

 

 

 

 

有名なお店の有名なお菓子より、

 

目の前に立っている方のお手製のお菓子に敵うものはありません。

 

 

 

 

贈り物・・・男性女性問わず、何かの機会には是非、手作りのお菓子も如何でしょうか。

 

 

 

 

追伸

 

 

 

チーズケーキは驚く程、物凄く美味しかったのですが、

 

もしかすると、”私”をダシに、お二人仲良くキッチンでのひと時を楽しむのが

 

メインだったのでは、と思うほど仲良しのお二人に軽い嫉妬を覚えながらも、

 

ご夫婦二人で立つキッチンというのも素敵だなと

 

ほっこりした幸せな気持ちにさせてくれました。

 

 

有難うございました。改めてお礼の言葉と、こっそりブログに載せたお詫びを申し上げます・・・

 

(ケントハウスのキッチン・・・やっぱり良いですよね^^)

 

                                               川崎