BLOG

 

 

 

秋赤の 晴れ着のような艶やかさ

目に咲く彼方に 待つ銀世界。。。(字余り)


 

 

 

。。。さて、こちらは我が家のお隣です。

 


 

 

 

2801
 

 

 

 本日の議題は借景についてです

 

 


 

  

借景は、設計のイマジネーションと、巧妙な計算から成り立つ住み手にとっての副産物です。


 

 

 

土地の立地をいかし、窓から見える景色を絵画のように生活に取り込む四季折々の風景


 

 

 それは、借景と云う名の、日々、表情が変化する安らぎの絵画

 

 

 副産物だったはずの借景は、時として、主産物に変わります。

 

 


 

 

 

 

 0128
 

 

こちらのお宅は、建物の裏が遊歩道のある緑豊かな

広場になっています。

 

 

 

広場と言ってもプライバシーの面でも安心して

過ごせそうな のどかで閑静な場所

 

 

 

 

 

オーナー様が、長い時間をかけてこの地にたどり着いた

というのも頷けます。

 

 

 

 

 

玄関を入って目に映る視界の先の

 

大きな窓のフレームの中にちょうど隣接する広場の緑が

 

美しく収まるように設計されています。

 

 

 

 

すべての個室の窓を通して、刻々と変化する自然の移ろいを間近で感じることのできる臨場感は格別なるもの

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  こちらは公園に隣接する立地で手に入れた借景を、“情緒”という和の心で表現している印象のプラン


 

 

0263 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キッチンの窓に映るのは、そっと寄り添うようナナカマドの横顔

 

 

1020 

 

 

 

 

 

 

 

 

風景に向けて大きな窓を設けるのではなく、

 

趣を映す位置にあえて留めることで、

 

奥ゆかしい情景を手に入れることができます。

 

 

 

 

 

 

このあたりは、設計者の意図とお客様の侘び、寂びの感性が合致してこそ具現化できるもの


 

 

 

相互理解や信頼関係なくしてイメージを共有しながら美しい建物を築くことはできません。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、こちらのお宅は、目の前に緑豊かな公園を控えています。


 

 

0842
 

 

 

ご覧の通り、リビング、キッチンの連続した大きな窓を通して季節の移ろいを感じることができます。


 

 

3方向に窓を設けて、山々や空を映し出しています。


 

 

 

 

ここまで大胆な開口部を設けられるのは、プライバシーが確保できる二階リビングならではの発想だから

 

 

そこに身を置くと、借景という土地のお土産を、余すところなくプランに注がれているのがわかります。

 

 

 

ちなみにこちらは、以前の記事で小物を紹介させていただいたSさま邸

 

 

 

 

 

Sさま邸は11/5発売 雑誌『oton』の特集記事の中で紹介されています。

 

 

ダイナミックなリビングや麗しの浴室、ホテルライクな寝室の全貌が明らかになりますのでぜひご覧ください。

 

 

 

 

 


 

 

 

 3000 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同じ借景といっても、我が家のように、

 

“中庭”というプランの要望ありきではじまり、

 

いつの間にかたどり着いた先で、オマケがついてきた

 

という変則的パターンもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際、経験のないお客様には、専門家に聞いて初めて知るような複雑な法律や規制も多く、

 

どうやって土地を選べばよいのかわからないところも多いのも確か

 

 

 

 

 

土地をこれから。。。と思案中の方も、今、まさにご検討中の方も、

 

日々いくつもの土地の情報が目まぐるしく更新している今のネット社会で、

 

一体どんなことをポイントに重点を置けばよいのやら。。。と悩まれている方も多いのではないでしょうか

 

 

 

 

土地選びに正しい順番や定義はありません。


 

 

エリアを絞り、さらに土地をいくつかピックアップした段階で専門家に相談するのも一つの手。


 

 

 

 

そういう我が家も、おススメと言われたこの土地が、本当に希望するプランの要望を満たしてくれるのか

 

半信半疑のままプランをお願いし、提案されたプランを見て土地を気に入ったという逆パターン

 

 

 

~ 頭であれこれ考えるより、百聞はプランに如かず ~


 

 

 

 

土地がよかった、悪かったと言えるのは、建物が完成し、住んだ後に住人だけが語れる話

 

。。。だから、多くの体験者の実話を聞くことも、ないがしろにはできません。


 

 

 

 

1334
 

 

住宅街でも、町の中心地でも、視界と目線に計算を施した、プライバシーと解放感の

 

完璧なバランスをプランに込めることは不可能ではありません。


 

 

 

 

 そんな理想的なプランを、次はあなたの土地でお確かめください。


 

 

 

 

 

 そうそう、借景と言えば。。。

 

 

 

つづく。。。

 

 

 

世界の中心で ・ ・ ・ 落ち葉掃除をする ・ ・ ・

 

( 被害妄想も佳境に入って参りました・笑 )

 

 

 

e38386e383a9e382b9e585a8e4bd93

 

 

 

マイホームセンターの会場内では、まだまだ落ち葉の季節ですが、

早々に落葉した当社の”カエデ”に、早速イルミネーションを取り付けました。 

 

 

 

 

先日、「 時代はLEDだ!! 」 と 大口を叩いたかの様な発言の裏で、

 

 

 

e38396e383ade382b0e794a8e38080e5aea4e58685e381b812

 

 

”カエデ”に付けたイルミネーションは・・・

LEDでは出せないふわっとした柔らかな色合い。

 

 

数年前の購入時は、個人的な好みですが

温かいふんわりした色合いのLEDがなかったので(汗)

 

 

今年はLEDのイルミネーションでも、

随分と近い色合いの物が発売されていますね。

 

 

 

 

今週のモデルハウスの見どころは、

 

シンボルツリーを中心に、” 四季 を感じる住まい方 ”

 

 

 

 

来週末には、リビングにあるソファーも入れ替える予定になっており、

現在のソファーは今週末が見収めです。この機会に、是非モデルハウスへお越し下さい。

 

 

 

 

 

  

***  ちょっと寄り道  ***

 

 

 

 

 

今年は新型インフルエンザが猛威を振るっておりますが、

これからの時期は、通常の季節性インフルエンザも流行し始めますね。

 

 

そういう我が家も母1人子1人(大学受験2年生)のちょっと淋しい2人家族で、

昨年同様、この時期どちらかが罹っても大変ピンチな状態になります。

 

 

年に2度は、風邪をこじらせて点滴を受けていた私ですが、

何年かに渡り試してきた改善策で成功した例を 、今日はご紹介させて頂きます。

 

 

 

e9b68fe38194e381bce38186e6b1812

e3839fe3838de382b9e38388e383ade383bce3838de9a2a82e383ade383bce383abe382ade383a3e38399e38384e383bbe382b3e383b3e382bde383a1e591b33

 

 

ずばり 「 具沢山( 特に根野菜 )汁物 」 です。

 

 

 

最近では働く女性も多く、実際フルタイムで働きながら

お料理に十分な時間を毎日取る事も中々難しいもの

 

 

 

e383ace383b3e382b3e383b3e38080e382b8e38383e38397e383ade38383e382af

そこで我が家では、お休みの日に予め多くの食材を

直ぐに使用出来る状態で冷凍保存し、

 

仕事の日は、手早く使える様に準備しています。

 

例えば、人参・牛蒡・ピーマン・レンコンetcは

使用する形(薄いイチョウ切りとか)に切り、

 

さっと軽く固茹でし、水気を切って冷凍。

 

 

 

e3838de382aee383bbe38391e38383e382af1

 

きのこ類はさっと汚れを拭き取り、バラバラにほぐして、

 

ネギ・パセリ・ミョウガは千切り・小口切りなど

 

食べるサイズに切り、どれも生のまま冷凍します。

 

使用する際、薬味は盛りつけ時そのままパラパラと・・・

 

 

 

予め調理しやすい様に切ってあるので、

薬味以外の物は、煮物・汁物・炒め物に凍ったまま使用可能です。

 

 

 

 

 

e9b68fe38194e381bce38186e382bfe38383e38391e383bc

 

そして、ここでちょっと手抜き。

 

市販の「鶏ごぼうのすり身」に、ニンニク・生姜・

ごま油・お醤油を少し加え、丸めてこれも冷凍します。

 

我が家では小さめに作り、毎日のお味噌汁にも入れています。

(黒いお椀の写真がその鶏ごぼうです)

 

 

 

 

e3839fe383ab1e382a6e382a7e382a4e38391e383bc2

 

 そして最後、味付けのお助けグッズ!

 

 ウェイパーとごま油で中華味完了。

 

 オレガノとローリエとコンソメの素で洋風。

 

 お好みの味にチョイスした専用ミルを

  用意するのも便利。

 

 

 

 

 

お勧めなところでは、写真右の白い袋が入ったビン・・

これは昆布と鰹節を入れた”お手製出汁の素”です。

 

 

 

”一番だしから取って” となると億劫ですが、

「お茶用パック」という様な物に予め詰めておくと、

 

 

このまま一つをポンとお鍋に入れ、冷凍したキノコや

根野菜・鶏ごぼうをひょいっと入れお味噌汁を作り、

 

 

お椀に盛り付ける際に冷凍のネギを・・・あっという間に本格お味噌汁の味です。

 

 

このお出汁パック、お酒・塩で味を調えるだけで美味しいお茶漬けのだし汁にもなります。

 

 

最近の昆布・鰹節は質が良く、お鍋に入れっぱなしでも酷い灰汁はでませんので、

毎日使いとして安易な使用方法もアリではないでしょうか^^;

 

 

 

 

e38182e3828be697a5e381aee69c9de9a39f

そんな訳で、我が家では息子の高校受験以来、

根野菜を中心に沢山の野菜や豆類など摂る様にしてから、

 

軽い鼻風邪程度で終わる様になりました。

 

具沢山が良いのか野菜が良いのか、

 

どちらにしてもちょっとの下ごしらえで

少しずつ様々なお野菜を取り入れやすく、

 

毎日の” おうちご飯 ” が簡単に彩り鮮やかになります。

 

 

 

 

これからの寒い季節、毎日簡単 「 具沢山・根野菜スープ 」 で

家族皆の健康と 美味しい ” おうちご飯 ” を是非お楽しみ下さい。

 

 

 

 

 

寒い季節、皆様どうぞご自愛下さいね。

 

 

                                                            川崎

 

 

今年のモデルハウスの”楓”は、つかの間の紅葉で

せっかく見に来て下さったお客様をがっかりさせてしまいました。

 

 

お詫びとしまして、明日以降のお天気の日(そして仕事の合間をみて)には、

早速イルミネーションを飾ろうと思います。どうぞお楽しみに・・・


 

 

 

 

さて、北大いちょう並木も今週末には歩行者天国となり、

秋を楽しむ最後の時期になってきましたが、

 

これから始まる”冬”に目掛け、マイホームセンターでは

 

来る11月1日(日) 午後1時30分~ インフォメーションセンターにて セミナー を開催致します。

 

 

「 住まいのエネルギー 最新事情 」

 

 

 

北海道の場合には、”積雪”という事情があるという事も考慮し、

初期投資と機器類の耐久性等、複雑な事情を含め 相対的検討も必要かと思われますが、

 

 

何よりも情報は多く収集し、それぞれの価値観に合致したライフスタイルを確立していくのも

これからマイホームをご検討される方には 大切な事ですね。

 

 

こちらのセミナーは、受講料無料・定員50名様です。

 

 

 

詳しくは、マイホームセンター札幌会場 インフォメーションセンター

(011) 824-1525  まで お問い合わせ下さい。

 

 

  

 

 

***  ちょっと寄り道  ***

 

 

 

 

e382b7e3838de3839ee38391e383b3e383953de382b3e383a1e383b3e38388

先日、ようやく3D映画を観てきました。

アニメではないもので、一度見てみたいと・・

 

 

いつも観るテイストの映画ではなかったので

内容や好みかは・・割愛させて頂きます(笑)

 

 

3D映像の感想は と言いますと・・・

見る側の方が慣れていないせいなのか

 

全体の動きを見るのには臨場感溢れる印象ですが、

 

主人公を目で追ってしまいたい観客にとっては、情報量が多すぎ少し疲れました(汗)

 

 

 

 

 ” 3D ” と言えば、現在はフジフィルムより

写真も動画も裸眼で観る事が出来る” デジタル3Dカメラ ”を発売し、

 

 

今月開かれた「 CEATEC JAPAN 」では主要電機メーカーさんもこぞって

” 3Dテレビ ”を目玉にしていましたが・・・

 

 

 私個人的には、3DテレビよりLEDテレビの方に大変興味があります。

 

 

北米では既に新たなカテゴリーとしてコーナーも設けられているとか・・・

韓サムスンに先行された形ですが、日本でもシャープ・ソニーと後に続き、

 

 

折からのエコブームも追い風となり、まだまだ各種改良点などある様ですが、

遠くない将来 様々な場面でのLED使用が主流となりそうですね。

 

 

電化製品も常に時代の流れに合わせ、新機種・価格帯など目が離せない”日常アイティム”ですが、

情報収集し、選ぶのも楽しみの一つですね。みなさんはどんな物に今注目していますか。

(・・・ウィンドウズ7でしょうか?)

 

 

 

 

 

さて、今週末はイルミネーションを飾る事が出来ましたら、改めて記事を載せたいと思います。

 

次回予告 ~イルミネーションと ちょっと寄り道 おうちご飯 ~ です。

 

 

 

それでは、週末またお会いしましょう。

 

                                                川崎

 

 

 

以前の記事で、暖房機のご紹介をさせていただきましたが、その記事をご覧下さった

お客様からご質問をいただきました。


 

 

質問の内容は、暖房機のことではなく、後ろに映っていたいたバーチカルブラインドのこと(笑)


 

 

 

789
 

 

 

 

 

 

・・・ということで、今日は“カーテン”についてクローズアップしてみたいと思います。


 

 

 

 

 

 

ケント・ハウスは大胆な開口部。。。とりわけ大きな窓が特徴なので、リビングなどは

 

外部からの視線と光をコントロールできるバーチカルブラインドがおススメです。

 

 

 

 

バーチカルブラインド(縦型ブラインド)がオフィスや病院などのイメージというのは、一昔前の話


 

 

 

 

 

存在を主張しすぎないシンプルさと、開閉の微妙な調節のしやすさ、そして何より、インテリアを邪魔しない

 

シャープでスッキリした空間にまとめることができるのが特徴

 

 

 

 

近年では、海外、国内メーカーともに、住宅用商品にもニーズが高まり、ラインナップも豊富です。


 

 

 

 

 

バーチカルは光と影のコントラストが美しく見えるのも魅力


 

 

 

雨上がりの窓に残る滴の模様が映し出される表情は、儚げで情緒的です。


 

  

 0620
 

 

 

 

 

さて、商品によっては同じサイズで比較しても、価格に相当なバラつきがあるカーテン類


 

 

 

 

 

 

 

高価なものは一体何が違うのか?というと。。。

 

 

 

 

 

 

一言でいうならば、意匠性と手触りのよさの見事なバランス


 

 

 

洗練された装いと質感が、窓辺に描く光のニュアンスを美しく引き立てるのです。


 

 

 1350
 

 

 

ファブリック(布地)の肌触りは、グレードによって見事に差が出ます。


 

 

 

1550
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    サンプルを触り比べると、吸い込まれるような

 

  しっとりとしたもち肌風の感触に、

  

  何も知らなくとも、グレードランクの

 

  想像がついてしまうところが

  

  面白くも恐ろしいところです。。。

 

    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、バーチカルブラインドは縦型でスリムな印象を与えるので、天井が高く、

空間もより広々と見せることができます。


 

 

 

1500
 

 

 

 

 

 

 

 そして、ポイントとなるのが、取り付ける位置

 

2735
 

 

カーテン類は、『内付け』『外付け』などの取り付け位置によっても大きく印象が異なる部分

 

 

 

つけ方を間違ってしまうと、せっかくの窓周りの大切なインテリアも 野暮ったくアンバランスな印象になり、

 

空間が泣いてしまいます。

 

 

 

 

単純に、窓の位置に合わせて取り付けるだけではなく、空間全体のバランスを見ながら

 

美しくおさめることが重要です。

 

 

 

 

 

10301
 

 

もたつきがなく、窓の大きさを存分に引き出してくれるのもバーチカルのメリットです。


 

 

 

 

 

8560
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カーテン類、「シェード」については

またの機会にスポットを当ててご紹介します。

 
 
 
 
 
 
 
 

Novotel

Novotel



 

 

 

 

 

以前、アコーホテルズについての記事を紹介しましたが、今回は同じアコーホテルズの中の

 

ノボテル札幌をご紹介します。

 

 

 

 

こちらの場所には、もともとホテルアーサー札幌がありましたが、2005年に、ノボテル札幌として

生まれ変わりました。

 

 

                 0634
                

 

 

中島公園に隣接しているので、すすきのやコンサートホールkitaraなども徒歩圏内と、利便性も魅力


 

 

 

 

 

  5階にあるフレンチビストロ「ラ・プロヴァンス」


 

 0112
         

   

 

 

 

 

今回は、多くを語らず、目で楽しんで頂きます・・・

 

 

 

 0261
 

 

 

 

                                  

 

 

 

 

            033
 

 

        kwsj_z2l
 

 

 

 037
 

 

                         0431
 

 049
 

 

 

 

 

 さて、こちらは、トップ画像でご覧頂きました

奥行きを持たせた 浮き上がるような照明がニュアンスのある世界を醸し出しているフロント


 

 

 0784
 

 

 

ともすれば、平面的でどこも同じように見えてしまうフロントも、背面をギャラリーに見立てて、

立体的な演出を施すことで“旅”という非日常の世界に期待が膨らみます。

 

 

 

 

宿泊客はもちろん、訪れた人々のほぼすべての人の目に触れるであろうホテルのフロントは、

外観、ロビーと並んで核なる部分

 

 

 

 

住宅でいえば玄関とでも言いましょうか。。。

 

 

 

サービスやお持て成しのスタイル、そしてホテルの“センス”を一手に引き受け、コンセプトが集約された

大切な『顔』

 

 

 

 

想像力を喚起させる空間を作りこむことで、深い物語り性が生まれるのです。


 

 

 

 

 115566
                

                  小道具たちもホテルの印象の決め手

 


 

 

 

 

ただ、数時間食事をしに訪れただけでも、なんだか特別な気分に浸れるのは、こうした空間演出があってこそ。

 

 

 

 

 

しかし、特別な気分に浸れるのは、ホテルだけというわけではありません。

 

 

 

 

 自宅だって、ケント・ハウスの手にかかればドラマチックな演出に。。。

 


 512

 

 

紅葉が美しいと思ったのも束の間・・・可愛らしい楓の葉もあっという間に落葉し、

今年は早めにイルミネーションを飾れそうです。

 

皆様のお家ではハロウィンの飾りつけが先でしょうか。

 

 

e383aae38393e383b3e382b03


 

日が落ちたあとのモデルハウスの ” リビング ” は

間接照明が、より一層 優しさとアーバンな雰囲気を醸し出しています。

 

( 実際は、写真よりもっと明るいですが・・ )

 

 


 

 

 

10月13日より マイホームセンターでは平日キャンペーンと称しまして

 

 

 

平日にご来場頂き、ご記名頂いたお客様には

マイホームセンター全会場から抽選で

 

 

旅行券や商品券などが当たるプレゼント応募券を

各モデルハウスより進呈致しております。

 

 

 

平日お休みの方や、お近くにお越しの方は是非マイホームセンターにお立ち寄り下さい。

 

皆様のお越しをお待ちしております。

 

  

 

 

 

 

  ***  ちょっと寄り道  ***

 

 

 

 

 

あっという間に街は紅葉に色づき、気が付くと街行く人も”秋の装い”になりましたね。

皆様はもう衣替えは済ませましたか。

 

 

秋・冬の装いには ”ウール” や ”カシミヤ” などの素材も多くなると思いますが、

今日はそんな デリケート な衣類やファブリック を

”おうち洗い”出来る 素敵な洗剤をご紹介したいと思います。

 

 

 

e38395e383abe382bbe38383e38388e7bcb6e585a5e3828a

 

 もうご存知の方もいるでしょうか。

 

2004年ニューヨーク発  「ザ・ランドレス」

 

石油系原料を一切使用せず、生分解性。 

塩素系漂白成分・染料・硫酸・リンも配合していません。

 

人工香料を一切使用していないのにも関わらず、

香りは至って上品で落ち着いたノートを展開しています。

 

環境にも人にも優しい

エコなファブリックケアブランドです。

 

 

 

 

 

 

e3839be383afe382a4e38388e383bbe38380e383bce382afe794a88

 

「 ウール&カシミア用洗剤 」 も勿論ありますが、

 

他にも 「 デニム用 」 「 ランジェリー用 」  「 水着用  」  「 ベビー用 」

漂白剤やシミ取り、「 ペット用 」 etc と多種多様。

 

特にお薦めしたいのは、

 

黒の発色が良く色褪せを防ぐ 「 濃い色の衣類用洗剤 」 と

黄ばみのない澄んだ白を維持する 「 白い衣類専用洗剤 」

 

 

 

 

e382ade383a3e38383e383974

 

 キャップ もワンプッシュで使いやすく、デザインもとてもシンプル。

 

何より、様々なファッションに合わせた専用のケアが出来て、

大切なお気に入りの衣類やファブリックのお手入れをしながら

 

「 大切な物を きちんとケアしながら 長く愛用する 」

 

そんな価値観を改めて考えさせてくれるブランドです。

 

 

 

 

e3839ee383abe38381e382b5e383bce38395e382a7e382b9e6b497e589a4

 

同じく洗剤といえば面白いところで、エコ先進国である

ニュージーランド唯一の環境省推奨ブランド 「 B_E_E 」 

 

ボトルには英語で 「キャッチコピー」 が書かれ、

ユーモア溢れる陽気な印象。

 

こちらのブランドもランドリーキッドだけではなく、

 

アンチバクテリアクリーナーである

「 マルチサーフェスクリーナー 」 は、

 

食物に触れる事が多い場所やバスルーム等に最適。

お子様にも安心な天然成分です。

 

 

 

 

残念ながらどちらも札幌の取扱店での品揃えは少なく、

興味のある方がいらっしゃいましたら、

インターネットや取り扱い店で確認し検討してみるのが良いかも知れません。

 

 

 

 

そういう私も 、最初はプレゼントで頂き興味を持ったものの、

ランドレスの”アイロン台カバー”の現物を確認出来ず、今だ購入を検討している最中です。

 

(モノトーンのストライプが可愛いのですが・・・見て・触って・買いたい ”アナログ人間” です(笑))

 

 

これからの季節、冬物クリーニングや年末大掃除のアイティムに、是非お試し下さい。

 

 

 

追伸

 

10月19日~23日の夜間、

「 オリオン座流星群 」が見られるかも知れないそうですね。

 

暫くお天気が不安定だった札幌ですが、今日明日はどうでしょうか。

 

国立天文台HPでは、観測イベントが行われています。 

イベントページはこちら → 国立天文台

 

8月の記事に書いたペルセデウス流星群に匹敵する数だそう ・・ 

流星群についての過去記事はこちら → 過去記事  

 

夜更かしさんや受験生さんのブレイクタイム、花金(古いですか?)のお供に

温かくして、秋の夜空も是非どうぞ・・・                

                                           川崎

 

 

 

2005年から始まりました札幌デザインウィーク。

 

その季節が今年もやって参りました。

 

「SAPPORO DESIGN WEEK 2009」

 

 

poster
 

開催日時:2009年10月28日(水)ー 11月3日(日)
 
ケント・ハウスでは昨年も好評頂きました
デザインした札幌の住まいで、より豊かな暮らしの提案や新しいライフスタイルの情報発信を目的として
オープンハウス及びデザインセミナー、パーティーを今年も開催させて頂きます。
 

sdw2009kent
 

サッポロデザインウィーク2009
ケント・ハウス セミナー&パーティー
(セミナー:KENT HOUSE 建築プロデューサー 横田知朗) 
 

2009年10月31日(土曜日) オープンハウス  14:00~17:00 
              デザインセミナー17:00~18:00 (予約制)
              パーティー   18:30~20:30 (予約制)
 
デザインセミナー及びパーティーは定員に達し次第、受付を終了させて頂きますのでご了承ください。
詳しいご案内とご参加希望の方はこちらの申し込み用紙をご覧ください。
SDW2009 ケント・ハウスセミナー&パーティーのご案内
SDW2009 ケント・ハウスセミナー&パーティー参加申し込み用紙
メールまたは電話でも受付けを行っておりますので下記までご連絡ください。
連絡先:〒060-0809 札幌市北区北9条西4丁目18-1
               ケント・ハウス本社 (担当:工藤)
Mail  info@kent-inc.co.jp
TEL (011)746-5545 FAX (011)746-4735

 

 

 

 

f1ui7sjf
 

 暖房器を購入しました。

 

 

 


私 :「ねぇ、なんか寒くない?」

 

家族たち :「??? ぜ~んぜん。。。」

 

 

 

…という会話が毎年繰り返されている我が家にとって、家族間の体感温度の差は 最早死活問題です。

 

 

 

真冬になってしまえばこっちのものですが(笑) 私が快適温度に感じていると、他の家族は汗だくで 目は冷ややか…

なんてこともあり、なんだか肩身が狭いので、今年は早めに手を打とうと考えました。

 

 

 

特に、気温差が激しいこの時期は、自分専用の小型の暖房があるだけで鬼に金棒です。

 

 

 

 

 

なるべく場所を取らず、ルックスも良いもので、機能的にも使いやすいもの

+αとしてお財布にも優しければ。。。 と 希望するのは勝手です(笑)

 

 

 


 

 。。。ということで、今回は、~美しいライフスタイルは美しい道具から~というキャッチコピーを実践されている

 

デザイン家電の分野に邁進するメーカーElectroluxをご紹介します。

 

 

 

 

Electroluxと言えば、充電式スティック&ハンディー2WAYクリーナー エルゴラピード

が一世を風靡したことでも有名です。

 

 

 

今回、私が選んだのは、遠赤外線のチャコールファイバーヒーター ミュークヴィート・Friska

 

 

“熱源に綿花の綿を採用し、からだの芯までぽかぽかにするオーガニックなあたたかさ”

 

 

スウェーデン語のソフト、ホワイト、そしてリフレッシュを意味するネーミングで商品の特徴を表現しています。

 

 

 

そして、ハロゲンヒーターに比べると、消費電力が約半分で済むというのも、

私が希望していた厳しい条件を サラリとクリアしている頼もしさです。

 

 

 

0498
 

 

 

Electroluxはスウェーデン発のメーカです。


 

 

 

1912年の家庭用掃除機

 

1930年のビルトイン冷蔵庫の発売は いずれも世界初

 

 

最近では、コーヒーメーカーやコードレスケトルのNEROシリーズ

トースターなどのPrecisionシリーズが09年にグッドデザイン賞をW受賞しています。

 

 

 

さらに、住宅関連として馴染み深い キッチン関係でAGEが挙げられます。

 

 

 AGEはドイツのメーカーでしたが1994年にエレクトロラックスの傘下に入りました。

 

 

 

 

 

 

 さて、今回購入した遠赤外線ヒーター フリスカ

 

 

 

機能面では。。。

 

 

切り替えは150wと300wの二種類

 

 

 

チャイルドロックと、私のような慌てん坊でも安心の消し忘れ防止タイマー付き

 

 

 0113
 

 

 

 

 

 シンプルながらも、便利な機能は搭載

 

 

 

 

 

 

 

色違いも売っていました。081
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうそう、肝心なこのヒーターの置き場所ですが。。。

 

 

 

 

 

 

 

 ココです


 

 ↓


 

 

 

 

650
 

こんなにコンパクトなのに、本当にポカポカ。。。


 

 

 

スイッチを入れて、立ち上がりが早いのも魅力のひとつです。

 

 

 

 

私は、ブログの記事を、たいていはこのスペースで、家族の寝静まった後、のんびり仕上げています。

 

 

 

 

普段も、洗い物を片付けては休憩、洗濯物を干しては休憩と、ついついお世話になってしまう場所なのです。

 

 

 

自分のタイプを最初から見抜かれていたかのような設計は、暮らしてみて、本当のありがたさが骨身に沁みます。。。

 

 

通り道で、つい腰掛けたくなるようなベストな位置に休憩用の?イスが用意されている我が家のPCスペース

 

 

 

ついつい長居してしまう唯一の自分だけの城です。。。

 

 

あっ、 唯一というのは、少し語弊がありそうですが・・・

 

 

 

 

“城”と言えば。。。

 

先日、お引き渡しされたお宅では、奥様専用の大きなミシンコーナーがありました。

 

 

 

 

仕切りのない小部屋風の空間に、長いカウンターテーブルが設けてあり、ミシン以外にも

楽しい空想を掻きたてられそうな贅沢スペース。。。

 

 

 

 

うらやましいな~と思いつつ、私だったら、そこに根が生えてますます動けなくなりそうな悪感です。

 

 

奥さまは、「最近、ミシンもやってないから引っ越ししたらやらなくちゃっ」と目を輝かせていました。

 

 

やはり新築は、モチベーションを上げる最高の良薬ですね。。。

 

 

 

 

そして話は変わりますが。。。

 

 

前回の記事でBinBinのダストボックスを紹介しましたが、 実はペン立てもあるのです。

 

 
 

essey  PenPen

essey PenPen



 

PenPen/ペンペン というネーミングもオチャメです  

 

 

先ほどのフリスカのように、イメージをネーミングに投影するのか、

それとも、ペンペンのように遊び心をそのままストレートに商品名にするのか。。。

 

 

違った角度で観察するのも面白いかもしれません。

 

 

 

 

ちなみに、よく質問をいただく、ケント・ハウスのネーミングの由来。。。

 

 

えぇ~っと、、、深い意味はありません。

 

 

 

覚えやすくて、親しみやすいとか、そんな理由です(笑)

 

・・・・。

 

ご期待に添えなくて、申し訳ありませんが、そういうパターンもアリということで。。。

 

 

意味なく凝ったりしないのが、KENT STYLEです。

 

 

これからも、皆様の身近な会社として、フリスカのようにポカポカと温かい目で

見守ってくださいませ。。。

 

 

・・・ということで、ますます快適な空間になった我が家のPCスペースですが、

 

それに伴って、記事も充実するのか? と言えば。。。

 

 

 

それは別問題のようです(涙)

 

 

気温の寒暖が紅葉を美しく演出する週末となりましたが、

 

こちら マイホームセンターのモデルハウスの楓も、美しい紅葉となりました。

風が吹く度にはらはらと舞い落ちる姿は、儚げでそれでいて艶やかです。

 

 


 

e38396e383ade382b0e794a8-1017-002
 

 

本日は「速報」としまして、皆様に ” 紅葉 ” のご案内です。

見ごろは明日から2~3日で終わってしまいそうです。

 

 

 

明日日曜日、お近くにお越しの方は、モデルハウスと紅葉を見に

 

是非 お立ち寄り下さいね。どうぞお待ちしております。

 

                                                          川崎

 
 
 
 
 
                                                                                                      
 
 
 

 

 

   a7thgyvj      

 

            
 
 
 

  先日、今年完成されたオーナー様のお宅の撮影にお邪魔させていただきました。


 

 

           

 

 

 

 

                      uhjc2gdy
 

 

 

 

 お引き渡しのときには、“スケール感”が先行し、近寄りがたい雰囲気に圧倒された空間も、

 

小物が入ることで、明るいお部屋に優しさが増し、私たちが目指す“美しく住まう”という

 

理想郷を見事に実践されていたオーナー様

 

 

 

 

 

 

家の完成がフィナーレに近づくころ、お客様の悩みは、電化製品や家具から、雑貨や生活小物などの

日用品へと流れていきます。

 

 

 

女性にとって特に楽しいのが雑貨選び

 

 

だって、『家』そのものにかかわる部材に比べたら、ずいぶんと身近なお値段ですもの!

 

 

 

・・・ということで、今回はSさまに学ぶ 生活をオシャレに彩る雑貨のご紹介です。

 

 

 

 

 

 

 

BinBin

BinBin



 
 
 
 
 
 
こちらは、05年のグッドデザイン賞受賞 BinBinのダストボックス
 
 
デンマーク出身のプロダクトデザイナー ジョン・ブラウアーの作品
 
 
くしゃくしゃっとした立体感のあるデザインが斬新で、ゴミの形の
 
イメージを見事に美しいデザインで表現したセンセーショナルな商品
 
 
 
 
 
 
 
 
                                         
 
 
 
    
                                                   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 x19hx_sq
 
  なにを隠そう 実は我が家も色違いを愛用中 (笑)  
 
                                                                                                 
 
            
 
 
 

 
 
 
 
 
 

 

 

 

そして、奇遇はこれだけではありません

 

 

  
 
 

 ce4ivitx
 

こちらはSさま邸

 

ニッチにさりげなく置かれたキートレー

 

カギを入れていなくてもオブジェにもなりそうな優美なデザイン

 

 

 

 

 

 

                   

 

 

 

 

                                  

 

 

 uumtfwp8
                                                                                                     

こちらは我が家のキートレー 

 

形こそ違いますが、素材は同じ

 

 

 

ちなみに、 オリジナルキーホルダーはお引き渡し時に

 

プレゼントされるもののひとつ

 

 

 

 

          

 

 

 

           

 

          

  

 

 

STAND!

STAND!



 

 

 

 

06年のグッドデザイン賞を受賞した金山元太デザイン

 

直立型ティッシュケースSTAND!

 

 

 

今や、偽物が出回るほどの人気ぶりだそうです。

 

 

 

取扱のメーカーでは、この他にもユニークな商品が購入可能です。

 

 

 

 

 

 

     そして、時計は、以前こちらのブログの記事でも紹介させて頂いていたLEXONを愛用されていました。

 

 

 

     

 

            こちらは我が家 ティッシュケースはレイアウトまで同じ!                                         

 

           1492      0032      

 

 

 

               思わず、感激してしまいました

 

 

 

 やはり、お家のテイストの好みが同じだと、それに付随する小物の好みも似てくるのでしょうか。。。

 

 

 

 我が家より、Sさまの方がエレガントに見えるのはこの際、置いておくことにして…(涙)

 

 

 

 

好みというものは感性の中でも大きなウエイトを占める部分

 

好みが合うというだけで、立派な共通点として関係が成り立ちます。

 

 

 

 

センスは、当事者の主観に託されていますが、その価値観を

たくさんの人が共感することによって確立されていくのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 これ、素敵だな。。。と思う同じ感性が大切で、価値観が共鳴することで愉悦する先にあるものは

 

                   爽やかな感動。。。

 

 

 

 

              例えば、内覧会はそんな舞台の場です。

 

 

    

 

 

こちらのお宅のスゴイところは、レイアウトのさり気げなさがスマートである点です。

 

 

ここまで徹底されると、空間内に“気負い”のようなものが感じられるのが普通ですが、

 

まるで、最初からそこに佇んでいたかのように、あくまでナチュラル

 

 

 

 

無駄がなく、カラー、素材なども含めた小物配分のバランスが絶妙だからなのでしょう

                   

 

 

                                         xb2ezm77
                   

        

    生活感が出てしまいがちなスペースにも、美意識を忘れないことで、素敵な暮らしは実現できる

    ということを教えてくれたS様。。。

               

 

       

   shsfs7mn      _fexeho7
 

 

        

                lx6yvdb7
 

 

 

 

   rrwfswfq      u4oecezn
  

 

   

 

             hsesus02
 

 

        私たち贈り主の想いをこんな風に大切に飾っていただいていることにも感謝です。。。