BLOG


涼風の曲がりくねって来たりけり  【 小林一茶 】




こんにちは モデルハウス担当の川﨑です。




気がつくと、あっという間に一年の半分に差し掛かるという驚き、


GWから1カ月しか経っていないなんて、カレンダーをめくりながら驚いています。



そのGW、唯一公休であった4月の最終土日に、地方へ離れてしまった友人達と


待ち合わせをして、札幌プリンスホテルタワーに初めて宿泊してみました。





27階部までの吹き抜けが美しい・・




2004年4月竣工のこの建物は大成建設さん設計施工で、


626室いずれも市街を一望するフォレストビュー。



2010年APEC札幌会議でも海外からの賓客の宿舎となったロイヤルフロアには


専用のエレベーターホールがあり、同フロア宿泊客のみが利用可能です。





残念ながら曇り空・・




コンパクトながらもエステ施設・温泉施設(源泉かけ流し)があり、


昨年開業40周年を迎えた老舗ホテルに相応しい、きめ細やかなサービスに溢れています。




バブル世代と呼ばれる私の年代にとってプリンスホテルは、


アニバーサリーに欠かせない宿泊先であり、


西武黄金期 ( 石毛・秋山・清原・工藤選手でしたか?私はデストラーデ選手のファンでした・笑 )


と重なり、気品あふれ華のある正統派ホテルという印象です。





用とに合わせた照明で、なんとも居心地の良い空間・・




札幌に住み、市内のホテルに宿泊する機会など中々ありませんが、


これからの楽しいイベントなどに是非とも一度、ご活用してみては如何でしょうか。




追伸




職業病でしょうか・・取っ手の一つまで見てしまいます(笑)



川﨑






絵にかきおとりすもの、なでしこ。菖蒲 ( しょうぶ )。桜。


【 清少納 】





こんにちは。モデルハウス担当の川﨑です。





先日、身内に不幸があり、急遽大坂へ行きました。


大坂は、何日後かに満開を迎える桜の花々が美しい季節でした。



本州に多い “ ソメイヨシノ ”



一斉に咲き一斉に花が散り、環境変化に弱いのは、


エドヒガンザクラ ( 母種 ) とオオシマザクラ ( 父種 ) の


交配によって生まれた原木の “ クローン ” だから との理由だそうですが、



美しい花を咲かせ 人の心を掴み、接木からの


“ 人との共存 ” という道を選んだ桜なのでしょう。








人の手を介して受け継がれてきたもの、桜に限ってのものではありませんね。


家も食事もそこかしこに溢れる品々も、毎日の生活の中で


先人達が大切にしてきた “ 宝物 ” なのかも知れません。




なんて、そんな風に考えると2000年以上も受け継がれてきた木造住宅にも


深い愛と優れた部分がふんだんに詰まっているのだろうなと


北海道とは仕様の違う家々を見ながら帰路に着きました。






毛馬桜之宮公園、ソメイヨシノ・ヤマザクラ等、4800本の桜が続いています。





北海道は蝦夷山桜が主流で、開花予想はゴールデンウィークとなる様ですが、


桜の北上するスピードは、3才の子供が歩く速度と同じだそうです。


今頃、どの辺りをてくてくと歩いているのでしょうか・・








おまけ




今や生八ツ橋も進化を遂げながら・・・





川﨑




猫の子が手でおとす也耳の雪【小林一茶】





こんにちは。モデルハウスの川﨑です。


暖かな日と極寒が交互にくり返す今シーズンですが、皆様は如何お過ごしでしょうか。



私は先日、ことし最後の新年会を京王プラザ札幌にて、ランチブッフェを楽しんできました。


メンバーは元高校時代の部活仲間とその子供達(大食漢揃いです・笑)







アトリエ ドゥ レギューム 多彩なメニューに実演もあり、驚きのコストパフォーマンス。


30年近くなる長いお付き合いの私達、同席した“大きな子供達”も大満足です。



この京王プラザホテル札幌さんは、当社主催のパーティー会場としても使わせて頂いたホテル。


1982年開業、今年で30周年記念の老舗ホテルです。



改装などもしており当時とは随分と様変わりし常に進化を遂げてこられた印象ですが、


一番の偉業は、市内ホテルでは初めて “ 札幌市食品衛生認定制度 ” において全施設の認定を受けている事。



飲食に携わる方々にとって基本中の基本ですが、その一番の基本を形に示すという


信頼に値する表明でもあるのではないかと思います。





こんなに美味しそう♪




昨年はあの有名なすし善さんで、従業員の方がノロウィルスに感染したと分かるや否や、


店舗はもちろん予約を受けていたおせち料理も全てキャンセルした時の迅速な対応は、


一人のお客様にも被害が出なかった結果に繋がったのではないでしょうか。




“ お金 ” では大きな損害を受けた事と思われますが、“ 信頼 ” にはまた一つ積み上げたものが出来たと思います。


“信頼に値する仕事”とは、基本をどこよりも積み上げた上の結果なのかも知れませんね。



節分という新しい節目に、ふとそんな事を思い出しました・・・


皆様も節分を迎え、新年では立てられかなった新たな志しを


いま一度考える日にしてみては如何でしょうか。




おまけ  

建替え前の “ はなれ ” で戴いたきり、すし善さんには中々ご縁がありませんが、


ご自宅までお送りした事をふと思い出しました。どうして坊主なのですかと、


下らない質問が今になって悔やまれます・・・若かったのですね(笑)



川﨑

2013年01月21日

ふわふわに積もった雪がなんとも美味しそう・・(あれ?)





こんにちは。モデルハウスの川﨑です。




今日からほとんどの社員は海外研修で本社は手薄になりますが、


モデルハウスは平常通りオープンしております。




今年に入っての記録的な寒さと降雪で、


モデルハウスのテラスも記録的な積雪となりました。


『大きな窓で寒くないですか?』とご質問を頂くのは


なぜか決まって冬以外なので、せっかくのこの時期には


ぜひ窓を “ 見て 触って ” 確かめて頂ければと思います。




二階の窓も、竣工8年目にして初めて半分が雪で埋まりました。




いつもは太陽光でこんなに残る事なんてなかったのですが。


それより・・・見て下さい。窓に水滴ひとつ付いていません。




断熱性能の良い窓は、雪国の長い冬には必要不可欠ですが、


寒いこの時期こそ、その暖かさを実感して頂けるのではないでしょうか。


是非、冬のモデルハウスへお越し頂ければと思います。








~~~ ちょっと寄り道 ~~~






先日、豊平区にあります ダルジャン・ノア へ行ってきました。


もう20年以上も前のお父様の時代から時々行っていたお店でしたが、


暫くcloseされた後、新しくマンションの最上階にご子息が世代交代され


同じ名前でオープンされたようですね。





携帯からなので画像が悪いのですが、豊平川や藻岩山が見えます。



お父様の代よりもさっぱり目なホワイトソース




夜景は見えますが、とてもカジュアルな雰囲気のお店になっていましたので、


気心知れた方とふいにお立ち寄りになるのも悪くないかもしれませんね。




因みに冬の夜景のお勧め、N43・の記事(古いですが)はこちら→





寒い季節、札幌らしい雪景色をどうぞ皆様ぜひ満喫してみてはいかがでしょうか。


                                                                          川﨑


奥様と小さなレディーを待つ休日の昼下がり・・・







こんにちは モデルハウスの川﨑です。



先日、オーナー様のお一人とそのお子様とで、ランチをご一緒させて頂きました。


正面に車5台分の駐車スペース、離乳食メニューもあり、


小さなお子様連れでも、気兼ねなくイタリアンが楽しめます。




イタリアンレストラン TATSUMI





ポーションは割と女性向きなので、男性がご一緒の場合はもう一品ほど楽しめそうです。





たまにお食事をご一緒したり、ご自宅へ遊びに行かせて頂いたり、


この音楽良いよ!なんてご紹介下さったり、そんな近い距離感でお付き合い出来るのは、


ケントハウスならではの魅力なのかしらと、 『 自慢するにも程がある! 』 との突っ込みを待ちながら、


今日も 『 あのお客様は暫くお会いしていないけど、どうしていらっしゃるかな~? 』 なんて


思い出す日々に幸せを感じる師走です。



皆様も、どうしてるかな? と思われる方には、ぜひ年末年始を利用しご連絡してみるのも如何でしょうか。



モデルハウス担当 川﨑





10月に入り秋のお便りがモデルハウスにも・・・










こんにちは モデルハウス担当の川﨑です。





季節がめぐり、年月が経つごとに新しい世界が開けていくなか、


すっかり定着してきた一つに “ SNS ( ソーシャルネットワーキングサービス )”


というものがあります。




フェイスブックやミクシーと言った、ネットの中で様々なコミュニケーションが


図れるというものですが、その中で私はかれこれ2・3年ほどツイッターを利用しています。




そのツイッター、私の利用の仕方は少し変わっていて、凡そ700人ほどの学者


研究者・各種専門家・ジャーナリスト・公的アカウント(官公庁・企業)などのプロの方を含め


“ 情報集め&お勉強 ” として1000人程度の方をフォロー(登録)しています。




その位の人数をフォローしていますと、私のTL ( タイムライン ) は連日、報道前や


報道にならない 『 えっ?! 』 というニュースなども流れてきます。










ちょっと面白アカウントはゆるくお知らせ NHKさん







数ヵ月前にはキッチンメーカーCEOの方がつい発表前の商品を呟いてしまい、


スタッフの方が 『 あの、それはまだ・・・ 』 などのやり取りが・・・(笑)




そんなハプニングをみていると、今もすぐそこで沢山の人が切磋琢磨し


頑張っているんだなぁという親近感さえ湧いてきます。





最近ではショップのアカウントも増えてきており、フランフランさんカッシーナさん


札幌ファニシングさんなどが、商品やイベントのPRもタイムリーに呟いていたり、





あるいは北海道近代美術館主任学芸員さんの個人アカウント


多くの情報なども読ませて頂くことが出来たりします。



また、個人の方のアカウントで、お勧めのジャズについて詳しく解説付でPRされており、


音楽の幅を広げられる特典も・・・




テレビでは見られないニュースや真実あるいは情報操作なども錯綜しており、


受け取る側がしっかりとした “ 目 ” を持つというのが大前提のネット情報ですが、




“ 誰が 今 どうしてこの情報を出したのか ” という点を見極めつつ、



お天気が不安定なこの季節、お茶をしながら暖かい室内で、


ネットの中の “ その人 ” に見て触れて楽しんでみるのも如何でしょうか。








追伸  ステマ逆ステマは遠くから静観するに限りますね・・




川﨑


2ヵ月ぶりのご無沙汰です。モデルハウス担当の川崎です。





先日、北海道立近代美術館へ行ってきました。







連続する窓が大きく張り出した2階部分と、それを載しピロティー部分がコルビジェを連想させるこの建物は、

1979年、故太田實北大名誉教授(建築都市環境学研究者)の設計により建てられ

日本建築学会 “ 北海道建築賞 ” を 受賞 した建物です。







【 東山魁夷展 】
約20年ぶりの大規模な回顧展が行われています。



『 なぜ、今日、私は涙が落ちそうになるほど感動したのだろう。

なぜ、あんなにも空が遠く澄んで、連なる山並みが落着いた威厳に充ち、

平野の緑は生き生きと輝き、森の木々が充実した、たたずまいを示したのだろう。

今まで旅から旅をしてきたのに、こんなにも美しい風景を見たであろうか。 』

( 「 風景との対話 」 新潮選書 1967年 )





記念にポストカードを一枚購入しました。



今回の展示は、前期と後期に作品の一部入れ替えもあり、二度のお楽しみがありますね。

私は次回 “ 静唱 ” を 楽しみに 足を運ぼうと思います。

皆様も是非、『 今日 』 かも知れない その日に 足を運んでは如何でしょうか・・
川﨑



こんにちは モデルハウスの川崎です。




北海道は初夏から夏に向かう 良い季節になりましたね。


マイホームのご計画も年内竣工予定の方は佳境に入る頃でしょうか。




私が家づくりの会社 『 ケント・ハウス 』 に入社したのは かれこれ8年前。


異業種からの転職でしたが、振り返ると 私の “ 家好き” “デザイン好き ” は



小さい頃からで、学生時代を中央区で過ごした私は 藻岩・伏見・界川など


スタイリッシュな家々を見にお散歩がてらよく歩いたものです。




今日はその “ 家 ” に関する 私のバイブル 『 ケース・スタディ・ハウス 』 をご紹介します。







こちらは 1945年~1966年に渡り 当時の著名な建築家の方々に依頼し実行された


実験的住宅建築プログラム。(原因不明の二重採番があります)







個人的にはピエール・コーニッグ氏のデザイン1958年竣工 #21 と1966年竣工 #22 が好きです。







こんなに古い時代の “ 安くて効率的で複製可能なモデル ” というコンセプトで作られた


建物のデザインや小物・インテリア・外構デザインなど、現代においても通じるという


先見の目・デザイン力・プロデュース力・・・・圧巻です。




好みが少しづつ変化しても、ベースとなる価値観というのは意外と不変なのかしら


それとも時代を超え飽きのこないスタイルが結局は人の癒し空間となるのかしらと



今もなお大事にしているこの冊子を手に取りながら、これからも何かの機会に


ふと手に取ってみる一冊に変わりはないのだろうと感じる今日この頃です。





皆さんのバイブルは、今どこにありますか。




                                                                         川﨑

 

ご無沙汰しておりました、モデルハウスの川﨑です。

 

体制が替わり、2ヵ月に一度 またこちらに登場させて頂きます。

 

どうぞ宜しくお願いします。

 

 

 

 

 

早速ですが 今回は【ミシュランガイド北海道 特別版】のお話です。

 

 

4月20日発売のこちらの本には、皆様にもお馴染みのお店がずらりと並んでいます。

 

ニュース

 

 

残念ながら選ばれなかった美味しいお店も沢山あると思いますが、

 

接客・格調・お店構えに至るまでの審査なので、なかなか厳しいものですね。

 

 

 

その厳しい審査で選ばれた中の一つ レストランコートドール さん

 

 

 

 

 

 

かれこれ22年ほど経つ建物ではないでしょうか。

 

 

グランメゾンに相応しい重厚感のある外観、ムーディーなイントロダクション

 

1階はお花屋さん 2階がバーになっており 3階がメインのサルとなっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

カトラリーやテーブルスイーパーに至るまでクリストフル

 

 

 

 

 

 

セクシーな大人のためのデザート

 

 

 

 

個人的な印象ですが、評価に最大の彩りを添えたのは、

 

卓越したメートルドテルをこなすシニアソムリエ 福田氏による

 

きめ細やかなユーモアのセンス溢れた接客サービスではないのかと感じます。

 

 

“全てを本物の一流でおもてなしをする”

 

 

CP(コストパフォーマンス)が良いということは

 

 決して“お安い”のではなく、支払った以上の付加価値が付いてくる

 

 

そういう事が人の心を感動させるのではないかと

 

ニュースで流れるミシュランガイドのお話を聞きながら改めて思うのでした。

 

 

 

今頃は相当な混雑かと思われますので、

 

平日のランチなど予約されてみてはいかがでしょうか。

 

 

レストランコートドール

 

KENT HOUSE 川 﨑 

 

 

マイホームセンター会場近隣の交通規制のお知らせ

 

 

 

 

 

e38388e382a4e383ace785a7e6988e 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海道マイホームセンター駐車場に隣接しております道路の一部で 

 

 

 

 

 

送電線地下埋設工事が行われ、下記の日程にて順次、交通規制がございます。 

 

 

 

 

 

当日は、交通誘導員による誘導も行いますが、

 

現地での誘導案内、または道新広告等でご確認下さい。

 

 

 

 

 

工事期間  平成22年7月12日(月)より 11月中旬 (予定)  

 

時間 9:00~17:00   ※日・祝日は工事を行いません 

 

 

ご迷惑をお掛け致しますが、何卒宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

また、マイホームセンター札幌会場では、7・8月のイベントが盛り沢山です。

 

 

夏休みも近いこの機会に、是非 マイホームセンターへお越し下さい。

 

 

イベント情報 

 

 

 

 

 

 

三連休中は沢山のご来場 誠に有難うございました。

 

ゆっくりお話出来なかったお客様には大変失礼を致しました。

 

ご質問・ご相談などございましたら、本社またはモデルハウスへ、

 

どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

モデルハウス担当  川崎

 

 

 

 

 

 

 

 

***  ちょっと寄り道  ***

 

 

 

 

 

 

 

 

 

e3839ae383b3e38380e383b3e38388e383a9e382a4e38388e785a7e6988e1 

 

 

 

 

 

当社の建物や、当社の建物をお好みの方がお好きなタイプ(テイスト・スタイル)は、

 

どちらかというと ” シンプル ” ” シンプルモダン ” が多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

私もどちらかというと、シンプルだったりシャープな印象の物を

 

好む傾向にありますが、それでも昔からの”伝統技術”には、素晴らしさ

 

美しさを感じ、ほんの少しですが日常生活にも取り入れ楽しんでいます。

 

 

 

 

美術館に ” 華やかで美しい芸術品 ” が 映える様に、 

 

 

 

シンプルな空間には、様々なテイストの ” 美しいもの ” が 良く似合います。 

 

 

 

 

今日は、そんな美しい芸術品の一つ ” 和食器 ” を ご紹介してみようと思います。

 

 

 

 

 

 

和食器というと、一番に思い描くのは”陶磁器”いわゆる瀬戸物という物ですね。

 

日本の主な陶磁器のブランドは、旧財閥系森村グループの「ノリタケ」「大倉陶園」 

 

洋食器での国内シェアno,2の「ナルミ」・和食器国内シェアno,1の「たち吉」

 

シンプルに合わせやすい「白山陶器」などと、どれも有名どころですが

 

 

 

 

e381a1e381bee3818d 

こちらは、明治8年(1875年)創業の 「 香蘭社 」 

 

宮内庁御用達で、どのシリーズも本当に美しい物を

 

取り揃えていますが、こちらは”マーブル”というシリーズ

 

墨流しの様な、清涼感溢れる模様が夏にぴったり。

 

こちらは和洋どちらにも合いますが、他のシリーズ同様

 

有田磁器独特の白く硬い透明な生地の上に

 

有田色絵磁器の多様な文様を集大成しています。

 

 

 

 

 

e3818de38285e38186e3828ae381a8e6b9afe8918921また、こちらは香蘭社の創業者深川栄左ヱ門さんの

 

二男 深川忠次氏の独立による 「 深川製磁 」 

 

香蘭社さん同様に宮内庁御用達の陶磁器ですが、

 

ミラノサローネに出展し、国内外からも高い評価を受け

 

「伝統技術と革新」というテーマを創業時から守り通しています

 

” 青磁 菊割小付揃 ” 5枚セットの美しい竹青色は、

 

夏の涼しげな香りを演出します。

 

 

 

 

 

e4b99de8b0b71 

こちらは 「 九谷焼 」 のお猪口ですが、

 

純和風な絵柄でも、こんな風に盛り付けてしまえば、

 

”先付け”としても楽しんで頂けますね。

 

親戚が金沢で窯元をしておりまして・・ちょっと拝借(笑)

 

 

和風・洋風問わず、本物の美しさは

 

美しい景色に一層の”華”を演出してくれます。

 

 

 

 

 

 

シンプルなマイホームに、お手持ちの和食器の”華々”を 皆様も是非

 

あちらこちらに散りばめて、活用してみては如何でしょう。

 

 

 

 

 

*** おまけ ***

 

 

 

 

e88f8ae381aee5bea1e7b48b 

 

 

我が家で一番出番の少ない和食器です。

 

 

 

 

”勲何とか”(何だったかしら・汗)という受章の記念に頂いた”菊の御紋”付きで

 

大きく羽ばたく二羽の鶴は、「夫婦仲睦まじい」「長寿」を意味する縁起物。

 

 

 

 

お祝いの席にはぴったりなんですが、生憎その様な会食は

 

お外で済ませてしまいまして・・・もう少しお料理上手になってからですね。

 

梅干しなんて入れては、器が台無しですしね・・(涙) 残念な私です。トホホ・・

 

 

 

川崎