BLOG

研修旅行の報告

2012年02月11日

 
 

 今回の研修旅行の報告を致します。

 

 

 今年の旅先は、アラブ首長国連邦のドバイ

 
 

 
 
ご存じのとおり、 ドバイはアラブ首長国連邦(UAE)の7つある

「首長国」の一つです。

 
ドバイには、世界遺産や大自然など、歴史的な見どころや観光資源は

ありませが、ドバイショックでピークを過ぎた後も尚、エネルギッシュな

観光都市としての魅力は尽きません。

 
画像は、世界一の高さを誇るバージュ・ハリファ(カリファ)

 

ほかにも、世界一と称される噴水ショー(ドバイファウンテン)や

メトロ、ショッピングモール(ドバイモール)など“世界一”のこだわりのもと、

世界中に訴求力のある“数々の話題”を仕掛け、実現し続けた結果

生まれたであろう他国にはない独特の熱気、活気に満ちていました。

 

 

 

そもそもアラブ首長国連邦の中でドバイだけがここまで急速に発展した背景には大きな理由があります。

先代の首長だったムハンマド氏は30年以上前から将来の石油枯渇に備え、石油に頼らない観光と金融による立国を目指し、

UAE全体の豊富なオイルマネーを使って商業と観光のインフラ整備を推し進めてきました。

 

さらに産業構築のために様々な事業に投資を行い、規制緩和などの政策を行うことで、外国資本の受け入れを容易にし

着々と現在のドバイの礎を築きあげたのです。

砂漠の中にある小さな国の突拍子もない壮大な計画に、当時は無茶だとの反対の声も少なくありませんでしたが、

それを押し切って実行したリーダーたちの先見の目、判断力と行動力には頭が下がります。

 

その原動力が、不可能を可能にする国というイメージを位置づけたのでしょう。
 


 


  

 

 

 

 

 

 

 

急速に発展したこの国の建造物は比較的新しく、個性的なものが多くあるのも印象的でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、高いところから眺めると、砂漠の中にビルが点在していて、やはりここは砂漠の国だということを再認識します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドバイに行ったことがあるという人々の感想を聞くと、皆一様に声を揃えます。

「スゴイ国」 だと。。。



実際に行ってみると、確かにスゴイ、、、

 

個人のとらえ方がそれぞれあるにせよ、スゴイという表現の裏にあるのは、発想の大胆さやスケール感で見る者をリスペクトさせる説得力。
 

 
 

 

 

今回そんなスゴイドバイで主に学んだのは、様々なホテル視察を通じたインテリア・デザイン・空間について

 
  

5つ星~7つ星のホテルが集まるドバイでは、ホテルそれぞれのコンセプトを元につくりあげた世界観があります。

絢爛豪華なホテルから、有名ブランドが手掛けるクールでシックなテイストのホテルまで実に様々。

観光に力を注ぐ国ならではの、おもてなしを体験できます。

 

それぞれの企業が、空間やインテリアとして楽しませてくれる“おもてなし”や、笑顔で歓迎する“おもてなし”はもちろん朝飯前。

特徴的なのが、国全体が一丸となってエンターテイメントで感動させてくれるダイナミックな“おもてなし”

たとえ、観光マネーを見込んだ国全体の策略ということは百も承知だったとしても、理屈を超えた興奮をついつい感じてしまいます。

 
   

くつろぎ、ショッピング、食事、そして宿泊・・・

いずれをとっても、非日常的なゴージャス気分を味わせ るセッティングは万全で

訪れる人をワクワクさせ、お財布のひもを思わず緩ませるプレゼンテーションがとても充実しています。

 

  
ゆえにドバイを堪能するならお金をなるべく惜しまないこと。

 

これはドバイについてよく語られるアドバイスです。

 

つまり、極端過ぎるくらい妥協せずにどっぷりハマるのが吉・・・ということ。

。。。あれ?、、、なんだか、ケント・ハウス哲学と似ています(笑)

 

心地よいサービスで気持ちよくお金を支払う・・・

 

全世界共通の理想ですね。



 

ここは、まるでお国自体がレジャースポット・・・

 

 

訪れた多くの人が自然とラグジュアリーな雰囲気に包まれ酔いしれる国・・・・

 

 
 

それがドバイの最大の魅力です。

 

 

KENT HOUSE 富 沢 (撮影:kusano・masuda・nishida・tomizawa)

今度はエジプトではなくエジプトのピラミットを再現して作ったホテル。
s-dscf1573.jpg
s-dscf1580.jpg
ピラミッドの中は大空間が広がっており、カジノ、ショー、ショッピングモールなどあり
外見より巨大な建物です。
ホテル設備等より娯楽を一番に考えた感じで、歩き回ると結構楽しいです。
s-dscf1586.jpg
写真の上部に写っている光の点々が宿泊部屋になっているそうです。
ホテル内部は大き過ぎてほとんど写真に入りきりませんでした。
s-dscf1591.jpg
ピラミッドを見ているうちにいつの間に日が暮れて
いました。
外に出ると街はさらにネオンの光で綺麗でした。
s-dscf1592.jpg
s-dscf1601.jpg
s-dscf1604.jpg
s-dscf1589.jpg
自由の女神、エッフェル、塔凱旋門、お城のようなホテル
まさに、これからラスベガスの一日が始まるような光景でした。
続く。                              草野

海外放浪記を都合により長らく休んでおりましたが
少しの間ですが再開させていただきます。
今年の2月2日から7日まで社員研修行ってきましたラスベガス。
成田からラスベガスまでロサンゼルス経由で約10時間?
空の上では熟睡だったので3時間くらいしか記憶がありません。
空港に着くと、車で20分程ですぐにラスベガスのネオン街が見えてきました。
s-dscf1570.jpg
歩道は世界各国たくさんの人が行き交い、車道は片道6〜7車線の大きな道路。
歩道を越えるだけでも一苦労です。
s-dscf1571.jpg
そんな街でいきなり見つけました自由の女神。(ラスベガス版)
ホテルニューヨークニューヨークのシンボルです。
本場のニューヨークには負けますが結構大きいです。
ラスベガスでの女神の意味は”自由に遊びなさい”という意味で勝手に解釈しました。
s-dscf1558.jpg
続いて、巨大ライオン像。MGMホテルのシンボルライオン。
s-dscf1554.jpg
以前札幌でもパチンコ屋の正面でライオン像を見かけたことがありましたが
それよりもはるかに巨大です。
黄金の像はまさに、一夜にして億万長者を志す象徴だと勝手に解釈しました。
続く。                                      草野

オーストラリア研修1

2008年10月15日

オーストラリアに行ったのは今年の2月頃です。
北海道は真冬なのに南半球に行くと真夏。地球は広いなと感じました。
まず始めに訪れたのはオーストラリア最大の都市シドニー。
s-dscf0081.jpg
しかもいきなりオペラハウスを見学。 中には入れなかったので外観だけ。
s-dscf0083.jpg
長い年月と膨大な費用をかけた価値が表れてくる程みごとに堂々と建っています。
青い海と青い空に挟まれて白いオペラハウスが建っているのがとても自然で違和感が全くありません。
s-dscf0086.jpg
そのフォルムはヨットの帆をイメージしたと言われていますが
僕の印象では青い海の中で白い大きな貝が折り重なり、口を開いているような感じでした。
オーストラリアの魚介類は大きく、とてもおいしそうでした。                草野

イタリア研修もいよいよ最終回です。
ミラノの観光名所と言えばミラノ大聖堂。
dscn0741.jpg  dscn0748.jpg

事前に観光本等で写真は見ていましたがやっぱり実物は迫力があります。
行った時期は一部補修中だったのが少し残念でしたが
それでも細かい装飾の表現や全体のバランスは素晴らしいものでした。
dscn0743.jpg  dscn0746.jpg

建物内も床のモザイク模様の大理石、壁の装飾、絵画、ステンドグラスなど
まさに大聖堂に相応しいところでした。
大聖堂の近くにはアーチ型のアーケードがあります。
dscn0738.jpg

アーケードは十字型に交差している形で観光客で賑わっていました。
高級ブランドショップが並んでいるのですが特に興味もなく歩くと
中央付近に金色のマクドナルドを発見。
そこだけ興味を持ち、なんとなく入ってしましました・・。
dscn0739.jpg

店内は普通です。
その日は夜まで町を探索し続けてクタクタ。
夜のミラノ大聖堂とアーケードも賑わっていてまた良いものでした。
dscn0756.jpg  dscn0754.jpg

これでイタリア研修は終わりです。
またイタリアに行けることを期待したいと思います。
                             草野

いよいよ今回の研修最後の都市ミラノです。
ミラノでは近郊の住宅街を初めに散策。
低層住宅街から集合住宅までいろいろ見て回りました。
s-s-dscn0682.jpg  s-s-dscn0689.jpg
どの家にも窓にはシャッター、玄関には何重もの扉が一般的に付いているみたいです。
s-s-dscn0700.jpg s-s-dscn0696.jpg
防犯対策で付いていると思うのですが、遮光カーテン代わりのような感じにも見えます。
s-s-dscn0719.jpg s-s-dscn0711.jpg

今回行った住宅街は霧がかかっていたせいか全体に静かで重く感じられました。 草野

イタリア研修の続編5回目です。
ベネツィア三日目は、早朝から朝市に出かけました。
s-dscn0644.jpg  s-dscn0642.jpg 

市場は新鮮な野菜や見たことのない魚で盛り沢山。
肉類もボリュームたっぷりで、業務用サイズで売っていました。
市場をぐるりと一通り見たあとは、地元では定番の朝ワインを飲みに
朝から営業している立ち飲みワインバーへ

s-dscn0651.jpg  s-dscn0652.jpg

行ってみるとそこには本当にワインとおつまみ程度のチーズやパンなどが置いてあるだけでした。
とりあえず1杯のワインを注文し、朝から飲酒。
地元の通勤者は慣れたもので、店内に入るとすぐにグラスワインを頼み、一気に飲み干し、数十秒で去っていきました。
恐るべしイタリア人。
午後からはベネツィアから離れ、ロミオとジュリエットの舞台となった街、ヴェローナへツアーバスで移動。
ヴェローナに着くとすぐに観光名所であるジュリエッタの家のバルコニーを見に行きました。

s-dscn0663.jpg  s-dscn0666.jpg

ロミオとジュリエットにそんなに興味がなかった為か、普通のバルコニーにしか見えなかったです
ヴェローナでもう一つ有名な円形競技場を外観だけですが見ることができました。外壁は一度地震でほとんどが崩れたみたいですが、昔からの街のシンボルとしての存在感は十分にありました。
ミラノ編へ続く
        
草野

イタリア研修の続編4回目です。そろそろベネツィア編も飽きたと思いますが、まだがんばります。
ベネツィアと言えば水路の町。どこまで歩いても近くには水路があり小型の船やボートなどがあちこちで見かけました。
水路には対向車線も信号もありませんが、自動車道路のような役割を果たしています。
ゴミ収集車も船。陸地である程度カゴに一般ゴミを集めて、ユニッククレーンで船に載せ運んでいるのを見ました。

dscn0573.jpgdscn0575.jpg
dscn0579.jpg

もう一つ、ベネツィアと言えば仮面。おみやげ店でたくさんの表情をした仮面を見かけました。

dscn0576.jpg

全部不気味です。家には飾りたくないですね。
夜はショッピング街をぶらぶら。ブランド店が立ち並んでいましたが、高そうなのでウィンドウショッピングで終わりました・・。

 dscn0633.jpg  dscn0628.jpg  dscn0621.jpg

草野

s-dscn0545.jpg s-dscn0547.jpg

サン・マルコ広場にある時計塔です。
塔の上の方から翼を持つ獅子がこちらを睨んでいます。
塔屋上では右写真のブロンズ像の二体が、定時になると手に
持つ槌で鐘打って時間を知らせていました。動くと本物の人のようでした。
s-dscn0548.jpg s-dscn0564.jpg

大運河に面して建つドゥカーレ宮殿です。
基本的に写真を撮ってはいけない場所なので中庭の写真しかありません。
ここは国会、行政、裁判を行っていた場所のようです。内部の装飾がとても綺麗でした。
装飾がとても綺麗な大広間がたくさんあったのですが、〜の間、〜の間と次々と巡り部屋の名称全然覚えていません。
とにかく華麗で豪華な絵画が壁と天井をうめつくし、その時代の富と権力が表れていました。

s-dscn0546.jpg

ドゥカーレ宮殿の目の前にはサン・マルコ小広場があります。
ここには二本の石柱があり、その昔は柱の間に死刑執行台が置かれていたそうです。
柱の間を歩くと不吉だと言われるそうですが、観光客は普通に歩いていました。

s-dscn0572.jpg s-dscn0571.jpg

ベネツィアガラスの見学も行ってきました。製作工程の見たのですが
写真に写っているガラス職人、あっという間に綺麗なグラスを作ってしまいました。
またそのグラスが丈夫で、グラスとグラスを合わせると良い音がしますよと実演販売されました。
巧みな話術(日本語ペラペラ)で危なく高額なグラスを買ってしまうところでした。
草野

ベネツィア二日目。朝外に出てみると、霧が濃く遠くの景色は全く見えないほどに街全体が霧に覆われていました。(行った時期がたまたま霧の濃い時期に当たったのかもしれないけれど)
観光中心地に近いホテルだった為、サン・マルコ広場は歩いて2、3分という距離。
s-dscn0536.jpg

広場にはすでに観光客がたくさん集まって建物をじっくり見ている人、記念撮影や、ハトに餌を与えている人など朝早くから賑わっていました。
s-dscn0540.jpg

また、朝の広場の光景は今まで見たこともないものだったので茫然。
今まで生活してきた風景とはまるで別世界が広がっていました。
s-dscn0533.jpg

ここで初めて、イタリアに来たのか〜という実感が湧いてきました。 続く。
草野