BLOG

コラボレーション

2007年09月12日

9月11・12日

本来、アフターサービスの行き届く範囲での”地場に根付いた家造り”をモットーに日々励んでおりますが、
色々なご縁のなか、福岡にマイホーム計画のあるお客様のご要望で、

福岡で同じ様に、木造住宅に取り組んでいらっしゃいます「トップハウス様」とのコラボレーションにより、
ご計画をスタートさせる事になりました。

当社のラフプランを元に、トップハウス様の設計・施工技術にて、地場に合わせた家造りをして頂く。
当社のデザインした家が、福岡の街でどんな「顔」を見せてくれるのか・・・大変楽しみです。

福岡よりご来社頂きました、営業部長の上田様と2日間の短い時間でしたが、
少しでもお客様にとって良い家造りが出来れば・・・と皆同じ気持ちで過ごした有意義な2日間でした。

初めてお会いしたのにも関わらず、社長や上田様とお客様、
しっかりとタックルを組み、何とも頼もしい!!

これからまた、沢山の想いと思い出を積み重ねた家造りがスタートします。R0012350.jpg



P.S 上田様は、ソフトな印象のイケメン!な方でしたのに、
やっぱり社長と同じく、熱い熱い「男」でした(笑) 家造り 大好きなんですね68
                                            川崎

s-Rimg0002.jpg

こちらは撮影でおじゃましたO邸です。
当日はちょうどエクステリアの工事を行っていました。
アプローチにかわいい子犬!がいましたので思わずパチリ。
(こちらは動かないので私の技術でも何とかなりました)
s-rimg0001.jpg

エクステリアが完成するのが楽しみですね。  横田

ベネツィア二日目。朝外に出てみると、霧が濃く遠くの景色は全く見えないほどに街全体が霧に覆われていました。(行った時期がたまたま霧の濃い時期に当たったのかもしれないけれど)
観光中心地に近いホテルだった為、サン・マルコ広場は歩いて2、3分という距離。
s-dscn0536.jpg

広場にはすでに観光客がたくさん集まって建物をじっくり見ている人、記念撮影や、ハトに餌を与えている人など朝早くから賑わっていました。
s-dscn0540.jpg

また、朝の広場の光景は今まで見たこともないものだったので茫然。
今まで生活してきた風景とはまるで別世界が広がっていました。
s-dscn0533.jpg

ここで初めて、イタリアに来たのか〜という実感が湧いてきました。 続く。
草野 

美しいものを見る

2007年09月07日

今年のお盆休みは、お墓参りの前に、帯広「勝毎花火大会」へ。
峠は混むと脅された私は、8月13日(月)早朝4時起きでおにぎり268作って、6時出発197

20070828163411.jpg   20070828163417.jpg

始まる前の夕焼けに2万発の花火、とても美しい場面に出会い感激でした。
おまけに到着が早すぎ327、美術館の美しい建物も見る事が出来ました。

http://www.aku.co.jp/works/tokusyu/obihiro/index.html

http://www.dokyoi.pref.hokkaido.jp/hk-obimu/index1.html 20070914130345.jpg

 

美術館は月曜閉館のようです。
中もご覧になりたい方、是非月曜以外に行ってみて下さい290

                                              川崎

img_0109.jpg

 先日H邸におじゃましたときの写真です。
コンクリートテラスは20畳位の大きさがありダイナミックな空間になっています。
Hさんの愛犬が元気よく走り回っていたのが印象的でした。
img_0110.jpg

テラスにテーブルセットがあるので天気の良い日はここでお茶しているそうです。
ペットも家族の一員として建物を喜んでくれているのが嬉しかったです。
(あまりにも動いていたので写真うまく撮れませんでしたスイマセン...)   横田

昨年のマンション構造偽装問題に端を発した、今年6月20日施行建築基準法改正で、3階建住宅の構造計算基準が大幅に改正されました。最近の法改正で特に不思議なことは、平成15年7月1日シックハウス対策に係る規制の時もそうでしたが、施行一ヶ月前になってやっと施行内容が発表され、いきなり7月1日以降に実施されました。
この時は、7月1日施行とは発表されていましたが、内容が一切発表されず、業界が混乱したの覚えています。内容が決まらず、今回は延長されるのだろうとの大方の予想に反して、予定通り7月1日施工となりました。この時驚いたことは、施行と同時に、法改正に伴う大手メーカーの新基準シックハウス対応品として建材や換気扇等の新しい分厚いカタログが発表されたことです。
何だ、これだけの新商品とカタログが出来ているのであれば、とっくに改正内容が確定し、一部のメーカーに当然知らされていた事実。
今回も耐震偽装という改正の建前は分かりますが、また改正内容が事前に発表されず、平成19年6月20日直前になって発表、そして同時に改正法施行となりました。今回は建築確認申請受付機関でさえもこれから相当混乱が続きそうです。
特に今回は木造在来工法にとっては、構造計算のマニュアルも計算方法も示されず、元々鉄筋コンクリート造や、鉄骨構造の構造計算よりは、木造の複雑な構造上数倍も難しいと言われ、一般の設計事務所や構造計算事務所では対応すら難しいのが現状です。
たまたま、当社でも改正後の3階建住宅が有り、改正基準法に沿って構造計算をやり直したのですが、RC部はともかく、木造部での強度計算を満たすためには、異常なまでの特殊な金物(現在では市販されていない)だらけの構造となりました。
s-R0010722.jpg

改正法の強度を満たすために必要とはいえ、ボルトを太くしたり、柱が穴だらけとなり、木造本来の良さや耐久性を考えた時、非常にバランスが悪く、本当にこれで良いのだろうかと疑問が残る今回の法改正です。
しかし、準備期間も金物メーカー等の開発期間も無く、いきなりのスタートで、これ以上の方法が無く時間が無さ過ぎます。
今回構造計算書だけで、A4コピー厚さで25mm位となり、申請して期限の3週間近くなって何度催促しても無しのつぶて。ぎりぎりの3週間目でやっと無修正で確認が降り、無事着工することはできましたが、こんなに分厚い計算書をチェックされた方も大変だった事と、お察し申し上げます。
s-R0010723.jpg

ちなみに、自動車の排ガス規制マスキー法のときには1972年に排ガス規制目標値を定め、4年間の準備期間を経て1976年に法施工することを発表、実施されましたが、それまでに各自動車メーカーの開発が間に合いました。
同じとは言えなくとも一部の業者・メーカーにしか内容を知らされず、いきなり実施する最近の法改正で、一番得をする人は誰か?疑問に感じるのは私だけでは無いはずです。    FUJIMOTO

素敵な夏の訪問者

2007年08月19日

8月18日(土)

今日は突然、夏川玲さんが豊平にあるモデルハウスへご来場されました。夏川玲さんと言えば、今年3月にホテルロイトンにて行った「15周年パーティー」で歌って頂いたシャンソン歌手の方です。 http://www.sound.jp/reycafe/

ご多忙なのにも関わらず、モデルハウス来場の後、本社へもお立ち寄り下さいました。お忙しい方ですのに、お住まいの話、普段から気を付けていらっしゃるライフケアの話やお弟子さんとのレッスンの話など色々聞かせて下さり、楽しい時間を過ごさせて頂きました。

本当にプライベートでご来場頂き、「私服でそのまま来ました」という夏川さんに無理を言って記念写真まで撮らせて頂きました[emoji:v-290] (プライベートの夏川玲さんは、本当に気さくで笑顔いっぱいの素敵な方でした)

現在、8月24日まで札幌にある「銀巴里」さんの方で歌っていらっしゃるそうです。 http://epstmlgy.ddo.jp/essay/music2.html

皆様も是非、素敵な歌声と気さくな夏川玲さんを見に訪ねてみて下さい。

s-img_0354.jpg  img_0103.jpg

エリート達

2007年08月09日

先日、千歳基地にて行われた航空際の一部
ブルーインパルス[emoji:e-168]』の航空ショーの模様です。
時々小雨の降る中、颯爽と行進するエリート達
飛び立つ前にパイロットの経歴等が紹介され、
客席に手を振り[emoji:e-287]曲芸飛行に飛び立ちました。
トムクルーズ[emoji:e-90]・・・・とはチョッと違いますね[emoji:e-263]
(あぁ〜 古い話題でしたね)
上手いショット[emoji:e-94]が撮れず、少し残念です
s-dscf0363.jpg

s-dscf0365.jpg

s-dscf0366.jpg

平尾

今年の二月頃、研修旅行でイタリアへ行ってきました。
12時間の飛行を経て、イタリアのヴェネツィアに着いたのは夜中。
italy01.jpg
水の都ということもあり、入り江にあるため、濃い霧が
立ち込めていました。その中でぼんやりと古い建物が並んでいるのは
不気味でした。それがヴェネツィアの第一印象。
italy02.jpg
誰も街を歩いていないのもまた不気味。 続く
草野

お客様ご案内係として、普段は内覧会の開催も担当しております。
年間25棟前後受注頂く中で、施主様のご好意により開催しておりますが、
ご来場者様全件ご案内出来ないという現状も然る事ながら、
一番の悩みは「内覧会のご案内文」です。
どちらかというと理系の私羅琉 喜 幼少期、初めて欲しいとおねだりした本は”学研の図鑑”
現在は、北方謙三・大沢在昌・パトリシアコーンウェルetc
ハードボイルドや医学物(ゴットハンド輝/含[emoji:v-290])・工作員物が好きな私は、
内覧会を計画する度、前後2段に詰め込んだ本棚の前に座り込む日々を送っています。
P1010002.jpg

良いアイディアがございましたら、本社 川崎まで お知らせ下さい あ (ちなみに本棚の寿命ってどの位なのでしょうか?かれこれ20年経つんです・・・)