BLOG

 
 

 

 

先日行われたお引き渡しでのこと

 

 

思いもよらぬほど感動的な、私たちへのちょっと早めのクリスマスプレゼント…


 

送り主のサンタクロースは、お客様でした。。。

 

 

 


 

 5958
 

 

 

 

 

本来は、私たちがお客様を盛り上げる役目

 

 

 

しかし、反対に、お客様から感動的な言葉を

 

頂き、こちらの方がふんわりとした気持ちに

 

包まれることがあるのです。

 

 

 

 

今回お客様からプレゼントされたのは、

 

書写の教科書からそのまま飛び出されたような、

 

上品で達筆な文字が一文字一文字

 

 ゆっくりと丁寧につづられたのが一目でわかる

 

心に響く印象深いお礼状でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5枚にも連なるその手紙にあったのは、今まで、私たちが知り得なかった、お客様の家づくりまでの軌跡と、


 

スタッフへの感謝の言葉の数々。。。


 

 

 

 

 

 

950
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりわけ感動を呼んだのは、直接対応させていただいた

 

ひとりひとりのスタッフへのエピソードとともに

 

紹介された ありがたい言葉・・・・

 

 

 

いえ、もっと深く感動したのは、それだけに留まらず、

 

普段は、直接対応することのない

 

ほかのスタッフに対してもの深い感謝の念でした。

 

 

 

 

 

 

 

建物は、決してひとりだけの力では完成しません。


 

 

お客様を含め、みんなの力が結集して、初めて完成度の高い理想の住まいをつくることができるのです。


 

 

 

 

Kさまご家族は、打ち合わせで担当者から紡がれるプランの数々に、家づくりの楽しさを味わい、


 

1つの建物が完成するまでにたくさんの人々がかかわっているということを深く理解され、

 

顔を合わせたことのないスタッフのこともしっかりと心に刻まれていました。

 

 

 



建物の窓を通して見える野趣あふれる原風景

建物の窓を通して見える野趣あふれる原風景



 

 

 

 

お客様と直接対話し、表に出てくるスタッフは、ケントハウスのほんの一部にすぎません。


 

 

寒い中、厳しく現場を管理する者、減額に知恵を絞る者、お客様の建物の模型を作る者、

 

土地を調査する者、設備を取り仕切る者。。。。


 

 

 

たくさんの汗が流され結実された建物です。


 

 

 

 

4160
 

 

 

 温かい目でオーナー様に見守っていただいていたことは、非常にありがたく、

 

細やかな目で洞察して頂いていていたことに頭が下がります。


 

 

 

 

 

現場のご案内の際にも、ご案内文をわざわざ取りに来てくださり、


 

うれしそうに 何度もお家への感謝の気持ちを告げられたご家族。。。


 

 

 

 

 

毎回、ご案内時にお客様がわざわざお立ち寄りいただくことは、個人的にも非常にうれしいこと。


 

 

 

 

 

しかし、いつも喜びの声をお聞かせいただいても、それをそのまま社内に伝えるのは、

 

“身内”ゆえの照れがあり、なかなか難しいもの。


 

 

 

 

せいぜい、担当者に、ボソッと喜んで下さっています。。。と伝えられるのが精いっぱい(笑)


 

 

 

 

 

 

 

お客様自身から発信されたこの手紙は、何より説得力のある

 

ケント・スタッフにとってかけがえのない宝物になるに違いありません。

 

 

 

時に、言葉は、“物”以上に深く心に浸透します。


 

 

 14501
 

 

 

 

 

このお手紙をいただき、それぞれの担当者が、

 

Kさまの邸宅が完成するまでの歴史を振り返り

 

 

より印象的なケント・ハウスの自慢の実績

 

となったのは言うまでもありません。

 

 

 

 

 

 

 

“ケントハウスイズムを集約したこのキーワードには、有形無形の価値が凝縮しているものと確信しています”


 

 

… 文中にあったKさまの言葉です。


 

 

 

この言葉に、Kさまの想いが集約されているような気がします。


 

 

 

 

 

現場でお話されていたご夫婦の横で、伸び伸び遊ぶお子様に苦笑しながら、

 

真新しい家が汚されることを一瞬 懸念しつつも、すぐに思い直したように、

 


 

でも、子供たちのために家を建てたんだからね。。。 と笑顔を浮かべたご主人は

 

100点満点のお父様に見えました。


 

 

 

 

最後に、100点パパたる所以と感じた、Kさまの素敵な言葉をご紹介します。


 

 

 

 

 私どもにとって、今回の家づくりとは。。。

 

今後の子育てをより豊かにするための大切な人生設計のひとつでかけがえのない財産 


 

 

あぁ…そういうことなのだと 私自身もふとわが身を振り返りました。

 


 

 

本当に大切なものは、家そのものではなく、“家”という宝箱に入った、“宝石”なのだと、、、


 

 

 

 

   そんな我が家から、ささやかなお礼。。。

 

 3328
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シンちゃんの横で、目を細めて微笑むKさま像

 

 作 我が家のワイルドな“宝石たち”(笑)

   

 

 

 

 

 ~ あとがき ~

 

 

 1850
 

ご案内が終わり、ご家族と私だけになったお家の中で、

 

ホッとしながら、実は靴下に穴があいていたことを告白

 

 

キリっと決めた…つもりのパンツスーツに、

 

マヌケな靴下は、スタイリッシュな建物に似つかぬことこの上なし。。。

 

 

ほかのお客様にバレないように、

 

ずっと足を重ねてモジモジしていた長い一日を白状すると・・・

 

 

私の足元を見下ろして、一同爆笑、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな恥ずかしい失態を笑って披露できるのは、


 

何度も顔を合わせ、家づくりを共有させて頂いたオーナー様だからこそ。


 

 

次回はキチンと靴下を確認して、宝物を育む宝箱のご提案をさせてただく所存です。。。

 

 

素敵なクリスマスプレゼント、本当にありがとうございました。。。