BLOG

建築散歩

2019年08月31日




今より涼しかった初夏、札幌をはなれスイスへ訪れていました。

東に位置するクールから旅は始まり、チューリッヒ、ベルン、バーゼル、ローザンヌと、

拠点を移しながら国内を一周ぐるり。

隣接する国にも少し立ち寄りました。



今回はその中より、フランスのロンシャンの礼拝堂を。







ノートルダム・デュ・オー礼拝堂(ロンシャンの礼拝堂)/1955/ル・コルビュジェ




近代建築の巨匠、コルビュジェ。

彼が生まれ育ったスイスは、世界で活躍する建築家を多く輩出し、

国内はもちろん、世界中に優れたデザインを残しています。

次回はそんなスイス建築をご紹介できれば、、、




KENT HOUSE 三本木