BLOG

ケント・ハウスの暖房パネルは全てピーエス(株)で作られたパネルを使用しています。








その理由としては室内を暖める際に放射暖房を行うので、送風型の暖房機器と違い、空気が乾燥しづらい事や空間自体が自然に暖かいので、暖房しているという感覚にならない心地よさがあります。また他社にも同様の放射暖房器がありますがデザイン性とカラーリングの多さはピーエス製品だからこそできる技術だと思います。



今回はそのパネルが作られている工場見学と新技術の紹介ということで参加してきました。



営業所は全国にありますが、工場の一つは北広島市内の雑木林で囲まれた広大な土地の中にあります。






商業地区で働いているとこんな自然を毎日見ながらの仕事は羨ましく思いますが、冬の通勤を考えるとやっぱり札幌駅北口で良いかとも思いますね。





社内には暖房パネルで作られた階段手摺(冬はしっかり持ち手までやさしい温度で暖かくなります)







食堂には目隠しルーバー型の放射冷房パネルもあります。パネル内に冷水を通すことで周囲から熱を吸収します。熱を奪うことで冷気を作り出す原理です。
エアコンや扇風機と異なり、風を起こさず、やさしい涼しさを体感できます。
燃焼ボイラーと異なる動力源が必要になるので場合によっては通常よりコストが掛かりますが機会があれば付けてみたい装置です。





冬でも一定の温度で暖かく生活できることの例として廊下にはビオトープが設けられ南国の木も育てられていました。



工場内はピーエス技術の集合地なので写真撮影はNG。
でも、実際に見れたことはとても参考になりました。
工場内での加工・組立を見ていると様々な形を作れることがわかります。


冷暖房のパネルという存在ではなく、家具や建築デザインの一部になるピーエスパネルは今後も進化していくようです。


我々も共に進化できるよう勉強していきます。











KENT HOUSE  草 野